NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】サンノゼ空港を徹底解説!アクセスからターミナル、ラウンジまで

IT産業の集積地・シリコンバレーに位置するサンノゼ空港。ビジネスマンの利用が多く、日本では成田国際空港と羽田空港から直行便が就航しています。この記事ではサンノゼ空港のターミナル情報やラウンジ、免税店、食事スポットを徹底解説!サンフランシスコ空港や市内へのアクセス、空港周辺のおすすめホテルについても触れているので、サンノゼ旅行を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

IT産業の集積地・シリコンバレーに位置するサンノゼ空港。ビジネスマンの利用が多く、日本では成田国際空港と羽田空港から直行便が就航しています。

この記事では、サンノゼ空港のターミナル情報やラウンジ、免税店、食事スポットを徹底解説!サンフランシスコ空港や市内へのアクセス、空港周辺のおすすめホテルについても触れているので、サンノゼ旅行を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

Contents

サンノゼ空港とは?


https://flic.kr/p/2kqjNoG
Boeing 737-800 ‘N355PU’ American Airlines by Alan Wilson  is licensed under CC BY-SA 2.0

サンノゼ空港(空港コード:SJC)は、シリコンバレーへの玄関口として機能する国際空港です。サンフランシスコ国際空港に比べると規模は小さいですが、ビジネスマンの利用客が多いことで知られています。

正式名称はノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港で、日系人として初のアメリカ閣僚となったノーマン・ヨシオ・ミネタに由来して名付けられました。

就航している航空会社は12社と少なく、日本からはJAL系列のLCC・ZIPAIRで直行便を利用できます。利用客がそこまで多くないため、入国審査やチェックイン手続きをスムーズに行えるのがうれしいポイントです。

空港内にはレストランや免税店、お土産店などが充実しています。ターミナルに点在している、デジタル技術を駆使したパブリックアートも見どころですよ。

サンノゼ空港のターミナルは2ヶ所!


https://flic.kr/p/4J4SPy
San Jose Airport by Gunther Hagleitner  is licensed under CC BY 2.0

サンノゼ空港にはAとBの2つのターミナルがあり、徒歩でも行き来できる距離に位置しています。国際線はAターミナルを利用しますが、トランジットで国内線を利用する場合はBターミナルに移動するケースもあるでしょう。

ここでは、それぞれのターミナルについて詳しく解説します。

ターミナルA


https://flic.kr/p/apxBv2
SJO by Monica PC  is licensed under CC BY 2.0
※画像はイメージです

国際線と国内線が発着するターミナルA。2009年にリニューアルを行い、チケットカウンターや保安検査場などが拡張されました。1~16の搭乗ゲートで構成されており、15・16番が国際線のゲートとなっています。

就航している航空会社は、エアカナダやアメリカン航空、ユナイテッド航空、ジェットブルーなど。これらの航空会社の経由便を利用する場合は、ターミナルAに到着することが多いでしょう。

日本からの直行便があるZIPAIRは、ターミナルBにチェックインカウンターがあります。ただし、飛行機が出発・到着するのはターミナルAとなっているので、間違わないよう注意が必要です。

ターミナルB


https://flic.kr/p/2k5z6DY
Terminal B Departures Sign - Norman Y. Mineta San Jose International Airport - San Jose - California by Will Buckner is licensed under CC BY 2.0

ターミナルBは、空港の国内線ターミナルとして2010年に開業しました。アラスカ航空やブリティッシュエアウェイズ、サウスウェスト航空が就航しており、アメリカ各地へのフライトが充実しています。

搭乗ゲートは17〜35番と多いので、搭乗する際は時間に余裕を持って移動するのがおすすめです。待合席にはUSBソケットやコンセントが多く設置されているので、ビジネスマンにもうれしいですね。

ターミナル間の移動方法


https://flic.kr/p/bm6hh1
photo by Marty B  is licensed under CC BY-SA 2.0

ターミナル間は徒歩でも移動できますが、端から端まで移動したい場合はシャトルバスを利用するのもおすすめです。各ターミナルとレンタカーセンター、駐車場を結んでおり、約7~10分おきに24時間運行しています。

どちらのターミナルも手荷物受取所を出たところに停留所があるので、利用予定がある方は場所を確認しておきましょう。

サンノゼ空港のラウンジは?


https://flic.kr/p/6Q6xN5
San Jose Airport by madrazz  is licensed under CC BY 2.0

サンノゼ空港では、The Club at SJCと呼ばれるラウンジを利用できます。航空会社の会員ステータス保有者は無料で使えるほか、1日パスを購入すれば誰でも利用可能です。

世界各地の空港ラウンジを利用できるPriority Passを所有している方も、無料で使用できますよ。搭乗までの時間が長いという方はぜひチェックしてみてくださいね。

The Club at SJC Lounge


photo by Unsplash
※画像はイメージです

The Club at SJCは、ターミナルAの搭乗ゲート8と15付近にあるラウンジです。会員ステータスを保有している方はもちろん、50USドル(約7,379円)の1日券を購入すれば誰でも利用できます。

ラウンジ内は、自然光が差し込む開放的な雰囲気。壁際の窓からは、サンノゼのうつくしいサンセットや景色を眺めることができます。

複数のソファ席やテーブル、充電器をそなえており、居心地もばつぐん!最大153名を収容できるので、混雑の心配も少なそうですね。無料の軽食やソフトドリンク、アルコール類も用意されているので、ランチタイムに利用するのもいいでしょう。

さらに、乗り継ぎ時や長時間フライト後にうれしいシャワー設備も完備!無料のタオルやシャンプー、コンディショナーなどもあるので、しっかり身体をリフレッシュできますよ。

営業時間は、ゲート8が5時から20時30分、ゲート15が5時から22時00分までとなっています。

サンノゼ空港での過ごし方

大規模ではないサンノゼ空港ですが、フライトまでに時間があると何をして過ごすか迷いますよね。各ターミナルには、飲食店や免税店などが点在しており、ゆっくり食事をしたりショッピングを楽しんだりすることができますよ。

どんなお店があるのか詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

飲食スポット&レストランで食事をとる


photo by Unsplash
※画像はイメージです

空港内では、スターバックスやダンキンドーナツなどの有名チェーン店のほか、ハンバーガーやフライドポテトを提供するファストフード店、コーヒーやサンドウィッチを楽しめるカフェなど、バラエティ豊かな飲食店が営業しています。

お酒好きの方は、Aターミナルのゲート7にあるSan José Beer Unionに足を運ぶのがおすすめ。地元で醸造されたクラフトビールを飲めるレストランで、スナックはもちろん、フルコースの料理も提供しています。

また、甘いものが食べたくなったときは、Bターミナルのゲート30と31の間にあるGreenlee's Bakeryを訪れてみましょう。特性のシナモンブレッドやペストリーを提供しており、やさしくて甘い味わいが地元でも人気を集めているんだとか。コーヒーと合わせて、優雅なカフェタイムを過ごすのもよいですね。

免税店・お土産店でショッピングを楽しむ


https://flic.kr/p/2aPVtdN
Intel Xeon vs. AMD EPYC Ad, San Jose Mineta International Airport - SJC by Will Buckner is licensed under CC BY 2.0

空港に訪れたら、ショッピングも楽しみたいところ。AターミナルとBターミナル沿いには、お土産店や免税店が立ち並んでいるため、ゆっくり見て回るのがおすすめです。

買い忘れたお土産がある場合は、Discover San Joséを覗いてみては?地元の美術品や工芸品、Tシャツ、帽子など、お土産の定番商品がずらりと並んでいます。

また、アメリカ限定のグッズが欲しい方は、CNN Newsstandへ行ってみましょう。アメリカのニュース専門テレビ局CNNのニューススタンドで、ロゴ入りのタンブラーやTシャツといったオリジナルグッズが販売されています。

コスメやサングラス、お酒などを販売している免税店は、Aターミナルのゲート14と15 の間にあるので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

サンノゼ空港に近いおすすめホテル

深夜便や早朝便を利用する方は、サンノゼ空港に近いホテルに宿泊するのがおすすめです。空港送迎サービスがあるホテルも多いので、すぐに身体を休めたい方にもぴったりですよ。サンノゼ空港近くのおすすめのホテルを2つご紹介します。

ホリデイ イン サンホセ - シリコン バレー IHG ホテル


photo by Expedia

有名ビジネスホテルチェーンが運営するホテルで、空港から車で約4分という絶好のロケーションに位置しています。無料の空港送迎シャトルがあるので、荷物が多いときにも安心です。鉄道の駅へも徒歩でアクセスできるため、サンノゼ観光をしたいときにも便利ですよ。

広々としたホテル内には、プールやジム、レストラン&バー、ビジネスセンターなどの施設が充実しています。お部屋はシンプルながらもモダンなつくりで、シャワー付きのバスルームを完備。冷蔵庫のレンタルやランドリーサービスもあるので、快適に滞在したい方におすすめのホテルです。

ホリデイ イン サンホセ - シリコン バレー IHG ホテル(Holiday Inn San Jose - Silicon Valley, an IHG Hotel)の基本情報
住所:95112, San Jose, 1350 N 1st Street
電話:+1 408-453-6200
チェックイン:16時~
チェックアウト:~11時
料金:約21,819円/1泊
※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2023年9月7日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
アクセス:サンノゼ際空港から車で約4分
公式サイト:https://www.ihg.com/holidayinn/hotels/jp/ja/san-jose/sjccc/hoteldetail


レジデンス イン バイ マリオット サンノゼ エアポート


photo by Expedia

シリコンバレーの中心に位置するレジデンス イン バイ マリオット サンノゼ エアポート。空港からも車で約4分と非常に近く、こちらも無料の空港シャトルサービスを利用できます。

ホテルには、屋外温水プールやフィットネスセンターがあるほか、レストランも併設。宿泊者は、無料でビュッフェ形式のアメリカンブレックファーストを食べられます。

浴槽付きバスルームをそなえたお部屋は、スタイリッシュで上品な雰囲気。大きめの窓からは、サンノゼの豊かな自然を眺められます。フルキッチンやパントリー、冷蔵庫、電子レンジなどを完備しており、長期滞在にもおすすめですよ。

レジデンス イン バイ マリオット サンノゼ エアポート(Residence Inn by Marriott San Jose Airport)の基本情報
住所:95110, San Jose, 10 Skyport Drive
電話:+1 408-650-0580
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時
料金:約21,077円/円/1泊
※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2023年9月7日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
アクセス:サンノゼ空港から車で約4分
公式サイト:https://www.marriott.com/en-us/hotels/sjcjr-residence-inn-san-jose-airport/overview/


サンノゼ空港からダウンタウン・サンフランシスコ空港へのアクセス

最後にサンノゼ空港からダウンタウンへのアクセス方法をご紹介します。乗り継ぎに便利なサンフランシスコ国際空港への移動方法もお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

バス&カルトレインの場合


https://flic.kr/p/2nwhbKc
The VTA Light Rail in downtown San Jose by Daniel Ramirez is licensed under CC BY 2.0

サンノゼ空港からサンノゼのダウンタウン、またはサンフランシスコ市内へは、カルトレインと呼ばれる列車を利用するのがおすすめです。カルトレインはサンフランシスコを始発とする列車で、サンノゼとサンフランシスコ間を最短1時間で結んでいます。

まず、サンノゼ空港の出口近くにあるバスターミナルへ行き、VTA Airport Flyerのバスを探してください。10番バスに乗車し、サンタクララ駅で下車します。サンタクララ駅からカルトレインが出発しているので、サンフランシスコ方面もしくはサンノゼ市内の列車に乗り込みましょう。

また、サンノゼ市内へは路面電車のVTAライトレールを利用するのもおすすめです。VTA Airport Flyer10番のバスでメトロエアポート駅へ向かい、ライトレールに乗り換えます。ダウンタウン周辺までは約30分ほどで、料金は一律2.5USドル(約368円)です。料金を安く抑えたいという方にぴったりのアクセス方法ですよ。

タクシーやUberの場合


photo by Unsplash
※画像はイメージです

サンノゼ市内へ楽に移動したい方はタクシーを利用しましょう。乗車してしまえば約15分で到着するので、荷物が多い場合におすすめです。料金も約15~20USドル(約2,213円~約2,951円)が目安なので、比較的良心的と言えます。より安く移動したい場合は、UberやLyftなどの配車アプリの利用も検討しましょう。

また、サンノゼ空港からサンフランシスコ空港までタクシーで移動する場合は、約100USドル(約14,759円)以上の料金がかかります。決して安くはないので、サンフランシスコ空港までお得に移動したい場合はシャトルサービスを利用するのがおすすめです。

グルームシャトルというシャトルサービスを使えば、大人1名が25USドル(約3,689円)でサンフランシスコ空港まで移動できますよ。所要時間は約50分から1時間ほど。利用する場合は、公式サイトで事前予約が必要です。

サンノゼ空港を便利に利用して、旅行を楽しもう!

サンノゼ空港からダウンタウン、サンフランシスコ市内へのアクセス方法やラウンジ情報、おすすめのレストランについて解説しました。空港での時間を最後まで楽しめば、サンノゼ旅行をより充実させられるはず。各施設の特徴を押さえ、空港での時間をより有効に使ってみてはいかがでしょうか?


※記事内の金額は2023年9月7日のレート、1USドル=147.592円で計算しています。

cover photo by Unsplash

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

アメリカの東京発のおすすめツアー

アメリカ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報