フィジー旅行・ツアー

おトクなフィジー旅行・ツアー |格安からラグジュアリーまで

NEWT(ニュート)でおトクなフィジー旅行・ツアーをみつけましょう✈️

フィジー旅行・ツアーのポイント

  1. 美しい砂浜、透明な海、コーラルリーフのシュノーケリングスポット!🤿

  2. 新鮮なシーフードやココナッツ🥥をつかった絶品のフィジー料理!

  3. サンセットビューを眺めながらリラックス、スパで癒やされる!✨

出発空港ごとのフィジーの旅行・ツアー

北海道発のフィジーの旅行・ツアー

北海道発のフィジーのおトクな旅行・ツアー

中部発のフィジーの旅行・ツアー

中部発のフィジーのおトクな旅行・ツアー

関西発のフィジーの旅行・ツアー

関西発のフィジーのおトクな旅行・ツアー

九州発のフィジーの旅行・ツアー

九州発のフィジーのおトクな旅行・ツアー

フィジー渡航のルール

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新たな手続方法が必要となります。 予告なく変更となる場合がありますので、必ず最新情報を確認の上お手続きをお願いいたします。

出発前

2023年4月29日以降、新型コロナウイルスのワクチン接種証明書や陰性証明書等の提示は不要です。

フィジー出国後

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

日本入国前

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

2023年10月3日現在

フィジー旅行におすすめのエリア

  • フィジーのナンディ

    ナンディ

    フィジーの観光の中心地。日本からフィジーを訪れるときは、ほとんどの方はこのナンディから旅行がスタートします。ナンディ国際空港や離島へ向かうためのフェリーが発着するマリーナもあるので、観光の拠点にはぴったり。美しい白砂のビーチや青い海を楽しむことができます。透明度の高い海でのダイビングやシュノーケリング、美しい自然の中でのトレッキングなど、アクティビティも盛りだくさん。さまざまなショップが集まるショッピングストリート、自然あふれる植物園など、魅力ある観光スポットがたくさんあります。フィジー文化に触れることもでき、心温まる滞在を楽しむことができます。

  • フィジーのコーラル・コースト

    コーラル・コースト

    ナンディから車で約1時間30分の場所にあり、フィジー本島で特にリゾート地が集中しているエリアです。本島でも有数の美しいビーチが広がり、マリンアクティビティが充実している場所でもあります。手つかずの美しい自然が多く残されていて、リゾートエリアながらきれいな海と山を満喫することができます。シンガトカ大砂丘やナタドラ・ビーチなどの人気で魅力的な観光地がいっぱい。透き通るような海水でシュノーケリングやダイビングを楽しむことができ、カラフルなサンゴ礁や魚たちと触れ合うことができます。リゾートでの贅沢な時間をお楽しみください。

  • フィジーのスバ

    スバ

    スバはフィジーの首都であり、美しいビーチやリゾート、歴史的な建物など、さまざまな魅力があります。スバの市場では、新鮮なフルーツや野菜、伝統的なクラフト品を手に入れることができます。また、ハーバーフロントにはレストランやショッピングエリアもあり、現地の食事やショッピングを楽しむことができます。さらに、スバにはフィジーの歴史や文化を学べる博物館や美術館もあります。楽しいアクティビティやリラックスできる空間で、心が満たされること間違いなしですよ。

フィジー旅行におすすめの観光地

  • フィジーのナンディタウン

    ナンディタウン

    フィジーの西部に位置する美しい港町です。ここでは白砂のビーチ、青い海、きれいな夕焼けを楽しむことができます。ナンディタウンは、ナンディ国際空港から車で約20分ほどの場所にある市街地です。メインストリートから少し入った場所にあるナンディマーケットは、南国らしいさまざまな食品やクラフト製品を販売している市場です。トロピカルフルーツが購入でき、そのまま食べたり、ジュースにしてもらったりとフィジーならではの新鮮な果物を楽しめます。近くには、ハンドメイド製品が揃うハンディクラフトマーケットもあります。フィジーの伝統衣装をはじめ、ウクレレやアロハシャツ、ジュエリーなどさまざまなお店が揃っていて、お土産の購入にぴったりですよ。

  • フィジーのサンベド泥温泉

    サンベド泥温泉

    美肌効果が期待できる天然の泥パックと、ゆったりとくつろげる極上の天然温泉体験ができます。ちなみに、温泉も濃厚な泥プールになっているので、思う存分泥まみれになれますよ。サンベド泥温泉では、まずは真っ黒な泥を体中に塗りたくります。この真っ黒な泥はとてもきめが細かく、地元の人からは美容や自浄作用の効果があるといわれています。泥が乾いたら、温泉に飛び込みましょう。泉質は日本でいう硫黄泉になっていて、とてもリラックスできるといわれています。また、フィジー流のマッサージ体験もできます。天然の温泉で、心も体も思う存分癒やされましょう。

  • フィジーのスリーピング・ジャイアント植物園

    スリーピング・ジャイアント植物園

    ナウソリという自然あふれる高原にある観光スポットです。植物園といっても完全に人工的に作られたものではなく、フィジーの自然環境の一部を切り取ったような場所になっていて、フィジーでしか咲かない花や南国ならではのカラフルな植物を、ありのままの姿で見学できます。園内にはピクニックエリアや子供向けの遊び場もあり、家族連れにもおすすめ。開放的な雰囲気と美しい景色を楽しみながら、リフレッシュできる場所です。かなり整備された遊歩道ですが、段差や階段などもあるので、歩きやすい靴で訪れるのがおすすめです。入口の近くにはゆっくりと休憩できるラウンジが用意されていて、トロピカルジュースも提供されていますので、散策が終わったら一息つくのも良いですね。

  • フィジーのシンガトカ大砂丘

    シンガトカ大砂丘

    コーラルコーストにある、シガトカ川の河口から海岸沿いに広がる砂丘。フィジーで初の国立公園で、穴場的な観光スポットでもあります。長年の海の浸食によってシンガトカ大砂丘は作られたため、数千年前からこの場所にあったとされています。そのため、砂丘の下には石器時代の遺跡が埋まっていて、考古学的にも貴重な場所となっています。丘の高さが約60メートルにも達する場所もあり、エメラルドグリーンの海と真っ白な砂丘のコントラストを満喫できます。大砂丘では、砂の山を登ったり、砂のスキーを楽しんだりすることができます。砂は足をとられて歩きにくいこともあるので、歩きやすい靴で訪れることをおすすめします。

  • フィジーのクラ ワイルド アドベンチャーパーク(クラ・エコ・パーク)

    クラ ワイルド アドベンチャーパーク(クラ・エコ・パーク)

    シンガトカから車で約10分ほどの場所にあるテーマパークで、自然環境とアドベンチャーが融合した魅力的な場所です。ジャングルでのトレッキングやキャニオニング、滝での滑り台など、さまざまなエキサイティングなアクティビティが楽しめます。また、周囲の美しい自然環境を満喫しながら、野生生物と触れ合う絶好の機会もあります。広大な敷地は、フィジーの自然があふれる3つの谷にまたがっていて、熱帯に住むイグアナや、フィジー特有の海洋生物など、日本ではお目にかかれない貴重な生き物に出会えますよ。

  • フィジーのナタンドラ・ビーチ

    ナタンドラ・ビーチ

    世界で最も美しいビーチのひとつにも選ばれていて、南国らしい透明な海と白い砂浜が広がっています。ここではマリンスポーツを楽しむことができ、シュノーケリングやダイビングが人気です。また潮の満ち引きに関係なく泳ぐことができ、湾の内側にあるため波も比較的落ち着いているのが特徴。逆に湾の外側は波が高く、サーフィンなどを楽しむのにぴったりです。もう一つの魅力は、海岸沿いを馬に乗って散歩するホースライディング。ビーチには観光客向けに乗馬体験を提供している人がいて、交渉次第では格安で乗馬体験ができます。海風を感じながら、のんびりと馬に揺られて散策するのはまた格別ですよ。

  • フィジーのティブア島

    ティブア島

    フィジーの西部に浮かぶ島で、周囲をサンゴ礁に囲まれた美しいエリアです。ナンディからは船で約1時間30分の場所にあります。本島から近く、日帰りで訪れられるのでおすすめ。ティブア島の一番の魅力は、なんといっても美しいサンゴ礁が広がる海。約200万平米にもわたって広がるサンゴ礁には、たくさんの海の生き物が住んでいて、絶好のダイビングスポットになっています。ほかにも、シュノーケリングやスタンドアップパドルボート、カヤック、グラスボトムボートなどのマリンアクティビティが充実していて、南国の海を思う存分満喫できますよ。島内にはリラックスできるスパや美味しいグルメもあります。

  • フィジーのママヌザ諸島

    ママヌザ諸島

    自然が多く残された美しいリゾート地で、ナンディから船や飛行機で行ける離島です。フェリーなら約2時間で到着できます。人の手が加わっていない、自然が多く残されていることが魅力。白い砂浜や透き通った海をはじめ、熱帯雨林や珊瑚礁など豊かな自然に恵まれています。まさにパラダイスといった雰囲気で、落ち着いた静かな時間が流れます。透明度の高い海や美しい砂浜が特徴で、ダイビングやスノーケリングなどマリンスポーツが楽しめます。ハイキングや自然散策もおすすめですよ。

  • フィジーのヤサワ諸島

    ヤサワ諸島

    フィジー本島から北に約100キロメートルほどの場所にあり、約20の火山島から構成されています。フィジーの他の島に比べて観光地になった時期が遅く、ありのままの自然が残されていることがポイント。美しい白い砂浜、透明度の高いエメラルドグリーンの海、美しいコーラルリーフが特徴です。静かな環境の中でリラックスした時間を過ごすことができ、シュノーケリングやダイビングなどの水中アクティビティも楽しめます。その美しさはフィジーの秘境といわれ、訪れた人の心を癒やしてくれます。都会を離れてスローライフを満喫したい人におすすめ。世界中のセレブがバカンスに訪れる場所でもあり、隠れ家的な高級リゾートでゆっくりと滞在できるのも魅力です。

  • フィジーのタベウニ島

    タベウニ島

    透明度の高い海や白い砂浜が特徴です。また、島の自然環境が豊かで、トレッキングやホワイトウォーターラフティングもおすすめです。アクセスも便利で、ナンディ国際空港からは国内線で約1時間30分ほどの場所にあります。北岸のソモソモ海峡やワイタブの広大な海洋公園などがあり、シュノーケリングなどの自然体験型アクティビティが楽しめます。山や森の中を歩くことになりますので、もしハイキングに慣れていない場合は、安全のためにガイドツアーなどに参加することをおすすめします。

フィジーの基本情報

公用語
フィジーの公用語は英語とフィジー語です。英語は観光地や主要な都市で広く通じますが、地元の人々と交流する際にはフィジー語が役立ちます。フィジーでは他にもヒンディー語も話されています。
宗教
フィジーは宗教的に多様な国です。主な宗教はキリスト教(カトリック、プロテスタント)、ヒンドゥー教、イスラム教などがあります。現地の人々は宗教を大切にしており、礼拝や宗教行事に参加することが多いです。文化や伝統と深く結びついた宗教の風景を見ることができます。旅行の際は、宗教施設や聖地を訪れ、敬意を持った態度で参加しましょう。
通貨
フィジーの通貨はフィジードルです。現地では主に現金が使用されますが、一部の大きなホテルや観光地ではクレジットカードも利用可能です。空港や銀行、両替所で外貨を現地通貨に両替することができます。旅行中は小額の現金を持ち歩くことが一般的ですが、安全を考慮して必要最小限の金額を持参し、安全な場所に保管してください。また、外貨両替の手数料や為替レートにも注意が必要です。
費用
フィジー旅行の費用の目安は、3泊5日で1人あたり約12万円〜です。 事前にかかる費用: ・航空券代:往復で約7万円~約15万円 ・ホテル代:1泊で約5,000円〜 ・WiーFi代:1日あたり500円 ・海外保険代:約1,500円〜3,000円 現地でかかる費用: ・食事代:1日あたり約5,000円〜 ・交通費:1日あたり約300円〜 ・観光やオプショナルツアー代:1ツアーあたり約1万円〜 ・お土産代:約5,000円〜 これらにその他の費用を加えて予算を計画しましょう。
ビザ
観光目的の短期滞在の場合、無査証での入国が認められています。パスポート(入国時に6か月以上の残存有効期間があるもの)と出国のための航空券を提示すれば、通常4か月の滞在許可が与えられます。滞在期間は最長2か月間延長可能で、申請には91フィジー・ドルが必要です。
日本との時差
フィジーと日本の時差は、フィジーは日本よりも3時間進んでいます。
気候
フィジーの気候は熱帯気候であり、一年を通して温暖です。12月から4月が湿度が高い季節であり、シトロンバーム、乾燥した風が吹くことがあります。5月から11月は乾季で、快適な気候であり、海やビーチで過ごすのに最適です。年間を通じて気温は25〜30度で、太平洋の暖かい海からの風が吹き抜けるため、爽やかな気候です。水着や軽い服装がおすすめですが、夜は少し肌寒くなることもあるため、薄手のジャケットを持っていくことをおすすめします。ビーチでの日焼けや熱中症には十分な日焼け止めや帽子、水分補給を心がけましょう。フィジーの美しい自然や海を楽しむには、軽装で快適に過ごせる準備をしましょう。
治安
フィジーは一般的に治安が良いですが、一部地域では注意が必要です。観光地やリゾートエリアでは安全ですが、人ごみや治安の悪い地域では貴重品の管理に注意しましょう。また、夜間の外出や不明な人からの声かけは避け、信頼できるタクシーや公共交通機関を利用しましょう。旅行中も常に周囲の状況に気を配り、安全意識を持って行動しましょう。最新の情報は外務省の渡航情報を確認することをおすすめします。
物価
食事や宿泊施設の料金は一般的に日本よりも安いですが、観光地やリゾートエリアでは価格が上がる傾向があります。また、現地の交通手段はバスが主な公共交通機関で、料金はリーズナブルです。フィジーはハネムーンの行き先としても人気の国なので、すごし方によって旅行にかかる費用が大きく異なります。
交通手段
フィジーでの交通手段は、主にバス、タクシー、レンタカー、フェリーがあります。バスは経済的な選択肢で、予算に優しいです。タクシーは公式の料金が設定されているため、安心して利用できます。レンタカーは自由度が高く、観光地を自分のペースで巡ることができます。フェリーは島々をつなぐ手段で、美しい景色を楽しみながら移動できます。
インターネット
フィジーでは市内やホテル、カフェなどでWifiがある場所もありますが、ご自身で用意されるのをおすすめします。旅行日程が短い場合、日本でWifiをレンタルするのが手軽でおすすめです。旅行日程が長い場合、現地でSIMカードを購入すると価格を安く抑えられます。この場合、契約している通信キャリア以外のSIMが使えないSIMロックがかかっているスマートフォンがあるので、事前に確認が必要です。
電源プラグ
フィジーでは、電源プラグの形状はタイプI(O)となっています。タイプIのプラグは3つの平行な平面と、上部に地面を接続するピンを持っています。日本やオーストラリアなど一部の国と同じ形状です。電圧は240ボルトで、周波数は50ヘルツとなっています。フィジーへの旅行では、国際プラグアダプターを持参することをおすすめします。
飲水
フィジーの都市部では、安全な水道水が提供されており、安心して飲むことができます。しかし、都市部以外の地域では、貯水タンクが使われていることがあり、そのため水道水を飲むことは危険です。また、水の安全性は場所に関係なく、シャワーの水も安全ではないことがあります。したがって、シャワーを浴びる際には口を閉じておくことをおすすめします。
トイレ
フィジーのトイレは、日本の洋式トイレとほぼ同様です。また、フィジーではトイレットペーパーを流せます。ただし、公共のトイレには必ずしもトイレットペーパーが常備されていないことがあるので、ティッシュペーパーを持ち歩くことをおすすめします。
海外旅行保険
現地で体調を崩し治療や入院が必要になってしまった際や、スリや盗難などのトラブルにあった際に海外旅行保険に入っていると安心です。NEWTではツアーやホテルのご予約完了後に任意で簡単に加入することができます。

フィジーのよくある質問

  • 日本からフィジーのフライト時間はどのくらいですか?
    成田空港からナンディ国際空港まで直行便で約9時間が目安です。
  • フィジーのおすすめの旅行日数は何日ですか?
    3泊5日以上がおすすめです。
  • フィジー旅行の費用の安い時期はいつですか?
    3月~4月、5月中旬~6月(ゴールデンウィークを除く)が比較的安くお得です。
  • フィジーの有名な食べ物は何ですか?
    ロロ料理などが有名です。フィジー語で「ココナッツ」を意味する言葉であり、ココナッツミルクを主要な材料として使用した料理です。ロロ料理には、野菜やチキンなど様々なバリエーションがありますが、「イカバカロロ」は特に有名です。この料理は、白身魚1匹をまるごとフライにしてから、ココナッツミルクでじっくりと煮込むスタイルで調理されます。

NEWTのおすすめ

NEWTならではの旅行・ツアーの特徴

  • Tour & Hotel

    5%分のポイントがたまる

    旅行代金の5%分、NEWTポイントを還元👛 1ポイント=1円として次回の旅行予約で使えます。詳細

  • Tour & Hotel

    現地での24時間サポート

    旅行中のトラブルからアクティビティ予約まで、24時間365日いつでも日本語でサポート!

  • Tour

    ツアー料金は最低価格を保証

    他社のツアーより料金が高い場合は、こちらよりお問い合わせください✉️ ※1

  • Tour

    ご希望のアレンジに対応

    空港からホテルまでの送迎、海外旅行保険、Wi-Fiなど、ご希望にあわせてご案内します💁‍♀️ ※2

  • Tour

    万が一のキャンセルも安心

    1人あたり最大10万円まで、NEWTがキャンセル料を負担します💪 適用条件はこちら。※3

※1 同日程・同条件などの適用条件があります。 ※2 ツアーに含まれていない場合は、追加代金がかかります。※3 サポート金額はキャンセル料の70%となります。

メディア掲載実績

  • ITmedia
  • Asahi Shinbun
  • ABEMA
  • Oggi
  • Kankou Keizai
  • Nakai Masahiro
  • CanCan
  • Jigyou Kouso
  • wbs
  • Seven News
  • NEWS watch 9
  • NEWSPICS
  • non-no
  • Hiruobi
  • Pivot
  • Bridge
  • Mezamashi TV

受賞歴

  • 東洋経済すごいベンチャー100
2021

    東洋経済すごいベンチャー100 2021

  • 日本経済新聞
NEXTユニコーン(105位)

    日本経済新聞 NEXTユニコーン(105位)

  • Forbes japan
『日本の起業家BEST10』

    Forbes japan 『日本の起業家BEST10』

オンラインで旅行相談

海外旅行のことなら、どんなことでも!NEWTトラベルコンシェルジュにご相談ください🤝

  • 自分に合ったホテルを提案してほしい
  • さまざまなエリアを周遊したい
  • ハネムーンプランがあるか確認したい など
LINEで相談する

運営会社

  • 社名
    株式会社 令和トラベル
  • 創業
    2021年4月5日
  • 代表
    篠塚孝哉
  • 登録番号
    観光庁長官登録旅行業第2123号
  • 資本金
    23億円(資本剰余金を含む)
  • 住所
    〒150-0031東京都渋谷区桜丘町16-13 桜丘フロントⅡビル 6F

NEWT(ニュート)
スマートに海外旅行

NEWTアプリ画面イメージ

Follow Us

最新の渡航ニュースやおすすめスポットなど、
海外旅行の情報をお届けします✈️
  • LINE
  • X
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube