マルタ旅行・ツアー

おトクなマルタ旅行・ツアー |格安からラグジュアリーまで

NEWT(ニュート)でおトクなマルタ旅行・ツアーをみつけましょう✈️

マルタ旅行・ツアーのポイント

  1. 地中海の暖かい気候の中で美しい海にうっとり🐚

  2. 街が丸ごと世界遺産の首都ヴァレッタの街歩きを楽しむ👒

  3. 1年を通して過ごしやすい憧れの地中海リゾートを堪能🌴

出発空港ごとのマルタの旅行・ツアー

北海道発のマルタの旅行・ツアー

北海道発のマルタのおトクな旅行・ツアー

中部発のマルタの旅行・ツアー

中部発のマルタのおトクな旅行・ツアー

九州発のマルタの旅行・ツアー

九州発のマルタのおトクな旅行・ツアー

マルタ渡航のルール

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新たな手続方法が必要となります。 予告なく変更となる場合がありますので、必ず最新情報を確認の上お手続きをお願いいたします。

出発前

2023年4月29日以降、新型コロナウイルスのワクチン接種証明書や陰性証明書等の提示は不要です。

マルタ出国後

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

日本入国前

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

2024年2月16日現在

マルタ旅行におすすめのエリア

  • マルタのヴァレッタ

    ヴァレッタ

    マルタの首都でもあるヴァレッタは街全体が、世界遺産に登録されているほど美しく歴史に彩られた街です。城壁に囲まれた旧市街地や、マルタストーンと呼ばれる“はちみつ色”をした石灰岩で造られた建物が16世紀当時のままの姿で残されています。街のどこを切り取っても絵になるようなおしゃれなエリアで、豪華なバロック様式の建築物が立ち並んでいることからも、ヴァレッタは「ルネサンスの理想都市」とも称されていました。代表的な観光地として、聖ヨハネ大聖堂や国立考古学博物館、カーサ・ロッカ・ピッコラなどがあります。

  • マルタのセントジュリアン

    セントジュリアン

    マルタ随一のリゾートエリアでもあるセントジュリアンは、首都ヴァレッタからバスで30分ほどの場所に位置します。もともとは小さな漁村でしたが、近年は観光開発が進んだこともあり、今では多くの高級ホテルが立ち並ぶほど!街には多くのお土産ショップやおしゃれなバーやレストランなどもあり、マルタ最大のリゾート地として1年中多くの観光客で賑わっています。セントジュリアンの魅力はなんといっても物価が比較的安いこと。ヨーロッパのリゾート地でありながらも、比較的費用を抑えられるのがポイントです。

  • マルタのイムディーナ

    イムディーナ

    イムディーナはマルタの中部に位置する城壁都市で、中世ヨーロッパの面影が残る魅力がたくさん詰まったエリアです。かつてはマルタの首都だったイムディーナは、世界遺産に登録されるほど歴史的建造物が現代になった今でも多く残っています。当時造られた建物や美しい庭園などを楽しむことができ、まるで中世ヨーロッパの時代にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わえます。別名「静寂の街」と呼ばれるほど静かで落ち着いた雰囲気が漂うのもイムディーナの特徴の1つ。比較的コンパクトな街になるので半日あれば十分に観光を楽しめるので、ぜひ訪れてみてください。

  • マルタのゴゾ島

    ゴゾ島

    ゴゾ島はマルタ島よりも北にある、マルタ島に次ぐ2番目の大きさを誇る島です。島の面積はマルタ島の半分以下とコンパクトで、マルタ島のヴァレッタやセントジュリアンなどと比較すると、かなり落ち着いた雰囲気のあるエリアです。マルタ島と比べても自然も多く、古い建物が多く立ち並んでいることから、ゆったりとした時間を過ごしたい人におすすめの観光地です。まさに “古き良きマルタ”を感じるのにはもってこいの場所です。ゴゾ島にある代表的な観光地は、聖ヨハネバプテスト教会やゴゾ大聖堂、チタデルと呼ばれる大城壁などが挙げられます。

  • マルタのコミノ島

    コミノ島

    地球界の中でも一際高い透明度を誇るとされているブルーラグーン。そのブルーラグーンが見れる場所こそがマルタにあるコミノ島です。海に浮かぶ船の影が水底に映る景色は絶景そのもの。自然界が作り出したものとは思えないほどの青々とした世界が広がり、夏になると多くの観光客がコミノ島の絶景を求めてやってきます。コミノ島は、島全体の面積は3.5㎢とコンパクトな島ですが、騎士団が建てたとされているメント・メリアーズ・タワーなど観光名所も点在している、見どころが詰まったエリアとなっています。

マルタ旅行におすすめの観光スポット

  • マルタの聖ヨハネ大聖堂

    聖ヨハネ大聖堂

    マルタを代表する観光地である聖ヨハネ大聖堂。聖ヨハネ大聖堂は、街全体が世界遺産にも登録されているヴァレッタにある、マルタ騎士団の礼拝堂として有名な観光スポットです。外観こそ少し歴史を感じさせますが、一歩中に足を踏み入れるとそこには“マルタで最も豪華な教会”と称されるほど、華やかで煌びやかな空間が広がっています。聖堂内のほとんどが金や銀、大理石で作られており、その素晴らしい芸術作品に思わず見入ってしまう人も多いんだとか。聖ヨハネ大聖堂は宗教的な場所になるので、ヒールや露出度の高い服装はNGとされており、観光の際には注意が必要です。

  • マルタの騎士団長の宮殿

    騎士団長の宮殿

    騎士団長の宮殿は、かつて聖ヨハネ騎士団の団長ピエトロ・デル・モンテが公邸として使っていた場所です。宮殿の中では中世ヨーロッパの3大騎士団とされているマルタ騎士団が、実際に使用していた大砲や道具などを見学できます。壁一面が絵画で覆われた「最高審議の間」や赤いタペストリーで彩られた「大使の間」などが見どころ。中世ヨーロッパを感じさせる煌びやかな内装や、当時の戦いの雰囲気を味わえる空間として人気を集めている観光スポットです。この騎士団長の宮殿は聖ヨハネ大聖堂を手がけたとされる建築家によって設計され、現在では大統領府や政府機関としても使用されています。※画像はイメージです。

  • マルタの国立考古学博物館

    国立考古学博物館

    国立考古学博物館はヴァレッタの中心でもあるリパブリック通りの近くに構える観光スポットです。マルタ国内で発掘された、紀元前頃の出土品が多く展示されています。国立考古学博物館の1番の見どころはなんと言っても、地下神殿のハイポジュームから発掘された「眠れる女神」別名 “マルタヴィーナス”や“スリーピングレディ”とも呼ばれる神秘的な石像です。美しい曲線を描いたその石像は洗練された雰囲気が漂い来る人々を魅了するんだとか。その他にも神殿付近で発見された像や、マルタの歴史を感じさせる装飾品なども多く展示されており人気の観光スポットの1つとなっています。※画像はイメージです。

  • マルタのアッパー・バラッカ・ガーデン

    アッパー・バラッカ・ガーデン

    アッパー・バラッカ・ガーデンは、ヴァレッタや美しい港を一望できる公園スポットです。展望デッキからは、対岸にあるスリー・シティーズやどこまでも続く地中海の水平線までをも見渡せます。公園内は緑が多く自然豊かで、地元の人々の憩いの場でもあります。毎日正午になると大砲が発射されるその迫力から、観光客からも多くの人気を集めている観光スポットでもあるんですよ。アッパー・バラッカ・ガーデンの魅力は大砲の発射や展望デッキからの眺望ですが、壁に描かれたイギリス統治時代の記念碑や、倉庫をリノベーションしたレストランで食事を楽しむのもおすすめです。

  • マルタの聖パウロ大聖堂

    聖パウロ大聖堂

    聖パウロ大聖堂は、12世紀に建てられたマルタ初のキリスト教聖堂として有名です。現在のマルタ首都・ヴァレッタが築かれる前の首都だったイムディーナにあることからも、聖パウロ大聖堂はイムディーナ大聖堂とも呼ばれていました。1693年には地震に見舞われ大聖堂の一部が破損してしまいましたが、建築家のロレンツォカファによって1705年に再建され現在の姿となっています。「聖パウロの難破」が描かれたフレスコ画など、聖パウロ大聖堂には美しい壁画や歴史的作品、天井画も見ることができますよ。

  • マルタのゴゾ大聖堂

    ゴゾ大聖堂

    城壁に囲まれた要塞のチタデルの中にあるゴゾ大聖堂。もともとは神殿があったとされる場所に建てられた長い歴史を誇る大聖堂です。外観こそシンプルな見た目をしていますが、1歩中に足を踏み入れるとそこには赤やゴールドの煌びやかな内装が広がっています。ゴゾ大聖堂はだまし絵が見れることでも有名で、360を超える教会があるマルタの中でだまし絵を見れるのはこのゴゾ大聖堂のみと言われています。当初の予定でドーム状の天井を作るはずでしたが資金が足りず、ドーム型に見えるようにだまし絵を施したと言われています。今ではこのだまし絵が有名になり、世界中から人気を集める観光スポットとなっています。

  • マルタのマルサシュロック

    マルサシュロック

    マルサシュロックは、マルタ北部の海岸沿いに位置する大きな漁村かつリゾート地です。マルサシュロック周辺の海は透明度が特に高く、美しい砂浜とのコラボは絶景そのもの。綺麗な海の上にはカラフルな色で彩られたルッツと呼ばれる船が浮かんでおり、フォトジェニックな写真が撮れることでも高い人気を集めています。日曜日にはマーケットが開催されており、海沿いならではの海産物やショッピングを楽しみたい人にもおすすめです。マーケット市場から徒歩圏内にも多くのレストランやバーもあるのでぜひ行ってみてくださいね。

  • マルタの青の洞門

    青の洞門

    イタリア・カプリ島の青の洞窟は世界的に有名ですが、実はマルタにも美しい青の洞門があります。マルタの青の洞門は「ブルーグロット」と呼ばれる場所にあり、船の上からいくつかの洞門を巡って観光できます。自然の波によって形作られた洞門は迫力満点で、美しい地中海の青さとのコントラストにも注目です。船やエンジンボートからの見学が人気で、洞窟内に光が入りやすい午前中の時間帯がベストタイミングだと言われています。ただ、ブルーグロットのツアーの開催は天候や波の状況によって左右されるので事前に天気予報をチェックしておきましょう。

  • マルタのポパイビレッジ

    ポパイビレッジ

    ポパイビレッジはその名前からも連想できるように、映画「ポパイ」の舞台だった場所として観光客からも人気です。当時撮影されたセットが残っているのも見どころ!マルタの北部に位置しており、美しい海岸線もこのポパイビレッジの魅力の1つです。しかもエリア内にはカラフルに色づけられた建物が多く立ち並んでいることもあり、まるでおとぎの国の世界のような景色を見れます。そのほかにもアンカーベイと呼ばれるプライベートビーチや、キッズプールなどもあり家族でのバカンスの旅先としても人気の観光スポットです。

マルタの基本情報

公用語
マルタ語、英語
宗教
キリスト教(カトリック)、その他
通貨
ユーロ
費用
マルタ旅行1週間の場合、1人あたり30~35万円程度です。 ・飛行機代:往復20万円~ ・ホテル代:5万円~ ・インターネット、WiーFi代:4,000円~ ・食費:35,000万円〜 ・交通費:10,000円~ ・観光やオプショナルツアー費用:5,000円~ これらにその他の費用を加えて予算を計画しましょう。
ビザ
マルタでの滞在期間が90日以内であればビザは必要ありません。ですが、パスポートは10年以内に発行されたもので有効期間が出国予定日から3か月以上残っているものが必要です。
日本との時差
日本時間から-8時間
気候
マルタは地中海気候と呼ばれるエリアにあり、夏の乾季と冬の雨季があります。4~10月が乾季で11~3月が雨季だとされており、日本と比べると蒸し暑さなどはなく、比較的カラッとした気候になるので過ごしやすい気候です。
治安
マルタの治安は比較的良いとされていますが油断は禁物です。夜や繁華街でのひとり歩きやできるだけ避けた方が良いですし、現金などの貴重品の持ち歩きも避けていただくのをおすすめします。
物価
マルタの物価は他のヨーロッパ諸国に比べると安価だとされています。宿泊代や食費は日本と同等程度で、各観光名所の入場料や交通費などもリーズナブルな値段です。
交通手段
マルタの主な交通手段はバスやフェリー、タクシーなどが挙げられます。マルタには鉄道がありませんので、バスやフェリーを使って観光する人が多いですよ。ヴァレッタやスリーマ、ゴゾ島間の移動は基本的にフェリーになり1時間に1~2本ほど運行されています。
電源プラグ
マルタで使用されている電源プラグはBFタイプ、もしくはB3タイプですが、ほとんどはイギリスと同じBFタイプが多く使用されています。
海外旅行保険
海外では何かとトラブルが起きがちなので、海外旅行保険に入ることをおすすめします。現地で体調を崩して病院通いが必要になったり、盗難などの犯罪に巻き込まれたりなど万が一の時にも海外旅行保険に加入していれば安心です。NEWTではツアーやホテルのご予約完了後に任意で簡単に保険に加入することができます。

監修者について

遠藤 真吾

プロフィール

マルタ観光局 日本・韓国支局 代表遠藤 真吾
2002年より在職。マルタ共和国への日本人ならびに韓国人年間渡航者数拡大に尽力。 2012年~2019年の間に日本人渡航者を5倍の25,950人に、韓国人渡航者数を 10倍の6,088人に延した実績を持つ。2009年マルタ国際マラソン大会において ウォーキング部門『ENDOウォーカソン』を創設、2024年で15年目を迎える。 ロケ地誘致も勢力を注ぎ、2021年、念願のマルタを舞台にした日本映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」が公開となった。

コメント

総面積316k㎡、東京23区の半分ほどの国、約53万の人々が暮らす、地中海の真ん中に浮かぶ7000年の歴史を持つ小さな島、それがマルタ共和国です。 ヨーロッパとアフリカ、それぞれの文化の影響を受けてきたマルタは、独特な魅力溢れる国として注目を浴びています。治安もよく、地中海沿いで唯一の英語圏なので、安心してお楽しみいただけます。 ぜひ、日常の喧騒を忘れてマルタの魅力をご自身でご体験ください。

コメント

総面積316k㎡、東京23区の半分ほどの国、約53万の人々が暮らす、地中海の真ん中に浮かぶ7000年の歴史を持つ小さな島、それがマルタ共和国です。 ヨーロッパとアフリカ、それぞれの文化の影響を受けてきたマルタは、独特な魅力溢れる国として注目を浴びています。治安もよく、地中海沿いで唯一の英語圏なので、安心してお楽しみいただけます。 ぜひ、日常の喧騒を忘れてマルタの魅力をご自身でご体験ください。

マルタのよくある質問

  • 日本からのフライト時間はどのくらいですか?
    日本からマルタへの飛行時間は約20時間です。日本からはマルタ行きの直行便が出ておらず、他のヨーロッパ諸国などで乗り継ぎが必要です。
  • 費用はどのくらいですか?
    航空券は時期によっても異なりますが、往復で20万円程度です。ホテルも1泊1~4万円程度で、食費は比較的安価に抑えることも可能です。
  • 費用の安い時期はいつですか?
    マルタはリゾート地としても人気が高いことから春~夏にかけて多くの観光客が訪れます。逆に秋から冬にかけては雨季が重なることからも比較的落ち着いており、費用を抑えて旅行ができる傾向にあります。
  • マルタの有名な食べ物は何ですか?
    マルタで有名な食べ物は地中海で採れる新鮮な海鮮類と、ウサギ料理です。あまり日本では馴染みのないウサギの肉を使った料理が人気となっています。

NEWTのおすすめ

NEWTならではの旅行・ツアーの特徴

  • Tour & Hotel

    5%分のポイントがたまる

    旅行代金の5%分、NEWTポイントを還元👛 1ポイント=1円として次回の旅行予約で使えます。詳細

  • Tour & Hotel

    現地での24時間サポート

    旅行中のトラブルからアクティビティ予約まで、24時間365日いつでも日本語でサポート!

  • Tour

    ツアー料金は最低価格を保証

    他社のツアーより料金が高い場合は、こちらよりお問い合わせください✉️ ※1

  • Tour

    ご希望のアレンジに対応

    空港からホテルまでの送迎、海外旅行保険、Wi-Fiなど、ご希望にあわせてご案内します💁‍♀️ ※2

  • Tour

    万が一のキャンセルも安心

    1人あたり最大10万円まで、NEWTがキャンセル料を負担します💪 適用条件はこちら。※3

※1 同日程・同条件などの適用条件があります。 ※2 ツアーに含まれていない場合は、追加代金がかかります。※3 サポート金額はキャンセル料の70%となります。

メディア掲載実績

  • ITmedia
  • Asahi Shinbun
  • ABEMA
  • Oggi
  • Kankou Keizai
  • Nakai Masahiro
  • CanCan
  • Jigyou Kouso
  • wbs
  • Seven News
  • NEWS watch 9
  • NEWSPICS
  • non-no
  • Hiruobi
  • Pivot
  • Bridge
  • Mezamashi TV

受賞歴

  • 東洋経済すごいベンチャー100
2021

    東洋経済すごいベンチャー100 2021

  • 日本経済新聞
NEXTユニコーン(105位)

    日本経済新聞 NEXTユニコーン(105位)

  • Forbes japan
『日本の起業家BEST10』

    Forbes japan 『日本の起業家BEST10』

オンラインで旅行相談

海外旅行のことなら、どんなことでも!NEWTトラベルコンシェルジュにご相談ください🤝

  • 自分に合ったホテルを提案してほしい
  • さまざまなエリアを周遊したい
  • ハネムーンプランがあるか確認したい など
LINEで相談する

運営会社

  • 社名
    株式会社 令和トラベル
  • 創業
    2021年4月5日
  • 代表
    篠塚孝哉
  • 登録番号
    観光庁長官登録旅行業第2123号
  • 資本金
    23億円(資本剰余金を含む)
  • 住所
    〒150-0031東京都渋谷区桜丘町16-13 桜丘フロントⅡビル 6F

NEWT(ニュート)
スマートに海外旅行

NEWTアプリ画面イメージ

Follow Us

最新の渡航ニュースやおすすめスポットなど、
海外旅行の情報をお届けします✈️
  • LINE
  • X
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube