NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2023年最新】マルタ旅行4泊6日の費用&予算を解説!安い時期も紹介

地中海に浮かぶ小さな島、マルタは世界遺産にも登録されている街並みと、うつくしい海が魅力です。今回はマルタ旅行でかかる費用や予算、安い時期などを解説します。4泊6日で実際にかかる観光や航空券などの費用や旅費をより格安にする方法も紹介しているので、マルタ旅行を考えている方は参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

地中海に浮かぶ小さな島、マルタは世界遺産にも登録されている街並みと、うつくしい海が魅力です。今回はマルタ旅行でかかる費用や予算、安い時期などを解説します。4泊6日で実際にかかる観光や航空券などの費用や旅費をより格安にする方法も紹介しているので、マルタ旅行を考えている方は参考にしてくださいね。

Contents

4泊6日のマルタ旅行でかかる費用は?

小さな島のマルタは、見どころがコンパクトにまとまっているため、4泊6日の旅行で十分たのしめます。ゴゾ島やコミノ島など複数の島へ行きたいという方は、さらに1泊ほど旅行の日程をのばすとビーチでのんびりする時間も確保できます。

また、せっかくヨーロッパまで行くのにマルタ旅行だけではもったいないという方には、ドバイやイタリア、フランスなどとの周遊旅行がおすすめです!

マルタ旅行の相場は1人約22万円から


photo by pixabay

マルタ旅行にかかる費用の内訳は以下の通りです。

  • 航空券費用
  • ホテル費用
  • 食費
  • 現地での交通費
  • 観光&オプショナルツアー費用
  • お土産費用
  • 海外旅行保険やPCR検査の費用


マルタの物価はヨーロッパでは安い方とされていますが、日本と比べると若干高いです。そのため、少しぜいたくをしようとするとかなりのお金がかかります。

4泊6日のマルタ旅行なら、利用するフライトや宿泊するホテルのランクによっても異なりますが、旅費の予算は1人あたり約22万円からです。これからマルタ旅行を計画される方は、ぜひ予算の参考にしてみてください。

それでは、各項目の費用についてくわしく解説します。

マルタへの航空券費用


photo by pixabay

費用の目安:往復で約18万円~約40万円
日本からマルタへの直行便はなく、中東またはヨーロッパの主要都市を経由するのが一般的なルートです。最低でも1回の乗り継ぎが発生するため、所要時間は20時間前後とじかんがかかります。

・マルタへの航空券費用(東京発 往復1名分・乗り継ぎ便)
安い時期(日本の長期休暇以外):18万円~22万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):32万円~40万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

2回以上乗り継ぎをするフライトなら、少し安い航空券もありますが、その分時間がかかるため、お財布と時間と相談しながら、購入する航空券を検討しましょう。

マルタ旅行でのホテル費用


photo by pixabay

費用の目安:1泊で約5,000円〜
マルタ旅行でホテル宿泊にかかる費用は、1泊(1室2人分)あたり約5,000円からです。ヨーロッパの多くの都市は1泊あたり1万円前後からのところが多いので、それに比べるとリーズナブルなのがわかります。

主要観光スポットが集まっているバレッタは、ホテルの宿泊料金が高い傾向です。バレッタから少し離れたエリアのホテルは、価格が安くなる傾向ですが、旅行中に行きたいスポットなどにあわせて宿泊するホテルを選ぶのがおすすめです。

それぞれのエリアには、特徴があります。その特徴を参考に宿泊するエリアを決めると旅行の目的にあったホテルステイができます。
バレッタはバスが充実していてどこへでもアクセスばつぐんなエリアです。その一方でスリーマはおしゃれな街並みが広がり、ショッピングにぴったりな港町。セントジュリアンは高級ホテルが多いエリアなので、ホテルステイをたのしめます。

・バレッタのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:1万円~2万円前後
スタンダードホテル:2万円前後
高級ホテル:2万円~5万円前後

・スリーマのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:5千円~1万5千円前後
スタンダードホテル:1万円~3万円前後
高級ホテル:3万円前後

・セントジュリアンのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:5千円~1万円前後
スタンダードホテル:1万円~2万円前後
高級ホテル:2万円前後

ベストシーズンを迎える夏は、多くの観光客が訪れ、ホテルの価格が高騰しやすくなるため、早めの予約をするようにしましょう。

マルタ旅行での食費


photo by pixabay

費用の目安:1日あたり約5,000円〜
マルタ旅行でかかる食費は、1日あたり約5,000円からです。カジュアルなレストランでの食事なら、1食あたり約1,000円からです。旅行中は休憩がてら、カフェを利用することも多いはず。カフェでコーヒーとスイーツをいただくとおよそ1,000円前後かかります。

観光地近くのレストランは、観光客向けの価格設定になっていることが多いので注意しましょう。また、お酒を飲みたいという方は、1日あたり5,000円以上かかることも多いので、予算を少し多めに見積もっておくと安心です。

ヨーロッパの中では外食費用は安いですが、毎食外食となるとそれなりにお金がかかります。時にはスーパーを活用するなど、工夫次第で旅行中にかかる食費は抑えられます。

マルタ旅行での交通費


photo by Unsplash

費用の目安:1日あたり約1,000円〜
マルタ旅行で1日あたりにかかる交通費は、1日あたり約1,000円からです。マルタは電車がない国なので、主な交通手段はバスです。

バスの運賃は2時間券(乗り継ぎ可能)が夏季(6月中旬~10月中旬)で2ユーロ(約290円)、冬季(上記以外)で1.5ユーロ(約約220円)です。夜間にバスを利用する場合は、割増料金の3ユーロ(約430円)となります。
また、マルタ旅行中に複数回バスを利用する予定なら、15ユーロ(約2,150円)で購入できる12回券がおすすめです!

国土面積が約300平方キロメートルの小さな国なので、主な観光スポットは密集しています。そのため、中心部まで行ってしまえば、街歩きをしながら観光をたのしむことも可能です!

海外では、日本のように時間通りにバスが走らないことは当たり前です。必ず公共交通機関を利用する際は、時間に余裕を持って行動しましょう。

マルタでの観光&オプショナルツアーの費用


photo by pixabay​​

費用の目安:1スポットあたり約1,500 円〜
マルタ旅行で観光にかかる費用は1スポットあたり約1,500円からです。
マルタ旅行で代表的な観光スポットの入場料は以下の通りです。

  • 聖ヨハネ大聖堂:15ユーロ(約2,150円)
  • 聖パウロ大聖堂:10ユーロ(約1,440円)


マルタの街並みやビーチはうつくしく、ゆっくり街歩きをしているだけでもたのしい旅行先なので、お金をかけずに満喫する方法もあります!また、コミノ島やゴゾ島などマルタ本島から離島へフェリーやクルーズで行ってみるのもおすすめです。

マルタで人気の観光スポット、青の洞門やゴゾ島へのオプショナルツアーの相場は、1日のツアーは1万円前後からです。プライベートツアーやアクティビティが充実しているものは2万円以上するものもあります。

マルタ旅行のお土産費用


photo by pixabay

費用の目安:約1万円〜
マルタ旅行でお土産購入にかかる費用は、約1万円からが目安です。

マルタ旅行のお土産として定番となっている、ヌガーやハニーリング、Twisteesなどの食品系はバラマキ用にぴったり!スーパーなら、まとめ買いしやすいので、観光ついでに立ち寄ってみてください。

自分用や大切な人へのお土産には、ハチミツやマルタレース、ワインなどがおすすめです。ワインはビンなので、持ち帰る際の梱包には注意しましょう。また、おしゃれでかわいらしい小物もさまざまなところで売られているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

海外旅行保険やPCR検査にかかる費用


photo by pixabay

費用の目安:約2万円〜
・海外旅行保険
4泊6日のマルタ旅行の海外旅行保険にかかる費用は、約1,500円〜4,000円が相場です。加入する保険によって、補償内容や適用条件が異なるため、必ず詳細まで確認してから加入するようにしましょう。

クレジットカードを保有している方は、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するという選択肢があります。クレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償内容は手薄な場合もあるので、補償内容や適用条件を出発前までに確認しておくと安心です。

・PCR検査
マルタでPCR検査を受ける場合は、130ユーロ(約18,660円)前後が相場です。
PCR検査を受けるには事前予約が必要なクリニックが多いので、日本出発前までにPCR検査の予約をしておくようにしましょう。

新型コロナウイルスのワクチン接種を3回完了し、帰国時にワクチン接種証明書を提示できる場合は、PCR検査の陰性証明書の提出が免除されます。ワクチン接種証明書を忘れず、持参するようにしましょう。

マルタ旅行の費用を節約する3つのコツ

それでは、マルタ旅行にかかる旅費をなるべく安くするコツを紹介します。

①マルタへの旅行が安い時期を狙う


photo by pixabay

マルタ旅行になるべく安く行きたいなら、年末年始を除く11月~3月の冬季を狙うのがおすすめです!マルタ旅行は年末年始を除く11月〜3月が安い時期です。

冬場のマルタは、曇りや雨の日が増え、自慢のコバルトブルーの海が濁りがちになります。気温は東京よりも暖かく、最低気温は10度前後とそれほど厳しい冷え込みはありません。

マルタの海を思いっきりたのしみたいという方には、ベストシーズンを迎える夏がおすすめですが、なるべく旅費を節約したい方や、街歩き中心の旅行で十分という方には、冬場のマルタ旅行もおすすめです!観光客の数が少なくなる分、人気のレストランなども空いていて、予約なしで入れることもありますよ。

②ツアーで予約する


photo by pixabay

マルタ旅行になるべく費用を抑えて行きたいなら、航空券とホテルがセットになったフリープランのツアーを利用するのがおすすめです!フリープランなら、マルタに滞在中の時間は自由にすごせるので、旅行中に集団行動するのは苦手という方にもぴったり。

フリープランのツアーは、セールで安くなることも多いので、マルタ旅行を考え始めたら、まずはセール情報をチェックしてみるようにしましょう。

③食事やお土産はスーパーを活用する


photo by pixabay

物価はそこまで高くないマルタですが、旅行中は連日外食になるため、お金がかかります。そこでおすすめなのが、スーパーを賢く活用する方法です。

スーパーでサラダやデリなどを購入してテイクアウトすれば、外食するより費用を抑えられます。また、毎食外食をしていると胃腸が疲れてきてしまう原因にもなりかねないので、節約目的でない場合も時にはスーパーで食事を購入するといいですよ。

また、お土産もスーパーでの購入することで節約になります。お土産屋さんでお土産を購入すると割高になりがちです。バラマキ用や食品系などまとめ買いに適しているお土産は、スーパーで購入するのに適しています。逆に、おしゃれな小物などそのお店でしか購入できないようなお土産は少し奮発してみるのがおすすめです。

マルタ旅​​行にかかる費用のまとめ

4泊6日のマルタ旅行にかかる費用は、1人あたり約22万円からです。しかし、宿泊するホテルのランクや、旅行中の過ごし方によって、旅行にかかる費用は異なります。マルタはヨーロッパでありながら、比較的物価が安く、旅行しやすい国なので、地中海リゾートを安く堪能したいという方にもぴったり!

ぜひマルタ旅行を計画される際の参考にしてみてください。

※2023年2月19日のレート、1ユーロは143.52円で計算しています。

よくある質問

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

マルタの東京発のおすすめツアー

マルタ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる