ハワイ旅行・ツアー

おトクなハワイ旅行・ツアー |格安からラグジュアリーまで

NEWT(ニュート)でおトクなハワイ旅行・ツアーをみつけましょう✈️

ハワイ旅行・ツアーのポイント

  1. 美しいビーチからショッピングまで楽しめる楽園リゾート🌺

  2. 治安がよく日本語も通じやすい旅先で家族旅行やハネムーンにも人気🌴

  3. ロコモコからシェイブアイスまで絶品ハワイアングルメを堪能🌈

出発空港ごとのハワイの旅行・ツアー

ハワイ渡航のルール

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新たな手続方法が必要となります。 予告なく変更となる場合がありますので、必ず最新情報を確認の上お手続きをお願いいたします。

出発前

アメリカ入国のためにはESTAの事前申請・取得が必要になります。詳しくはESTAの公式サイトからご確認ください。

ハワイ出国後

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

日本入国前

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

2024年5月27日現在

ハワイの旅行・ツアーにおすすめの動画

ハワイ旅行におすすめのエリア

  • ハワイのオアフ島

    オアフ島

    オアフ島はハワイ諸島の一つで、ハワイ州に属しています。ハワイ州最大の人口を誇り、オアフ島は政治、経済、観光の中心であり、州都のホノルル市が位置しています。ホノルルには主要な施設が集中しており、ホノルル国際空港や港湾もあり、隣の島への交通の要となっています。ワイキキという地域は世界的に有名なリゾート地であり、ホテル、コンドミニアム、ショッピングセンターなどが集まっています。また、オアフ島はサーフィンの名所としても知られており、世界中のサーファーが訪れ、大会も開催されています。

  • ハワイのハワイ島

    ハワイ島

    ハワイ島はハワイ諸島で最大の島で面積が四国とほぼ同じくらいです。島は海底火山の爆発によって100万年ほど前に形成されました。キラウェア火山やマウナケア火山、マウナロア火山などの活火山があります。島では溶岩ウォークや天文台での星空観察が楽しめます。また、パーカー牧場は全米最大の広さで、牧畜道具の展示やお土産の購入ができます。カパアウにはカメハメハ大王の生誕地があり、大王像が設置されています。

  • ハワイのマウイ島

    マウイ島

    マウイ島はハワイ州(ハワイ諸島)に位置する島で、ハワイで2番目に大きいです。現在の形は、ハレアカラ火山の噴火による溶岩の流れでつながった結果です。マウイ島はValley Islandとも呼ばれ、冬には多くのザトウクジラが出産や子育てのために訪れるため、ホエールウォッチングが有名です(シーズンは年末から4月初めまで)。また、毎年4月にはマウイ・マラソンが開催され、カフルイ空港近くMaui Veterans Hwyにあるシュガーミルからカアナパリまでの26.2マイル(42.195km)のコースが走られます。

  • ハワイのカウアイ島

    カウアイ島

    カウアイ島はハワイ諸島の最北端に位置してます。自然豊かな地形からガーデンアイランドとも呼ばれる島で、キャプテン・クックが初めて上陸したとされるハワイ最古の島でもあります。 面積はオアフ島とほぼ同じ1,430km²で、中央部には山岳地帯が広がり、太平洋のグランドキャニオンとも称されるワイメア渓谷がそびえ立つほか、熱帯雨林が茂り美しいビーチも望める島です。ボートやヘリなどで訪れることのできる秘境としても有名な西部海岸線に切り立つナ・パリ・コースト、壮大な2本の滝が広大な大地に注がれるワイルア滝も景勝地として知られています。 また、南部は美しいビーチが広がり、リゾート地として多くの観光客に人気です。

  • ハワイのラナイ島

    ラナイ島

    ラナイ島はアメリカのハワイ州に属する火山島で、最高峰はラナイハレ山です。かつてはパイナップルの主要生産地であり、愛称としてパイナップル・アイランドやプライベート・アイランドとして知られていました。また、島のほとんどをキャッスル&クックが所有していました。ゴルフ・リゾートとしても有名で、トップ10にランクされるデザイナーコースがあります。また、フロポエ・ビーチではシュノーケリングやスキューバダイビングも人気です。

  • ハワイのモロカイ島

    モロカイ島

    モロカイ島はハワイ諸島に位置する火山島で、最高地点はカマコウ山の標高1,512mです。ホノルルから航空路でハワイ島へ向かう際に左側に見えます。モロカイ島はハワイ州内のマウイ郡に属していますが、カラウパパ半島は別の郡となっています。主な産業は牧牛、パイナップル栽培、観光などです。モロカイ島はダミアン神父のゆかりの地としても知られ、フラダンスの発祥地とされています。毎年5月にはカフラピコ・フェスティヴァルが開催され、それを祝います。

ホノルル(オアフ島)でおすすめの観光スポット

ハワイ島でおすすめの観光スポット

その他エリアでおすすめの観光スポット

ハワイ旅行におすすめのレストラン

  • ハワイのSushi Sho(スシ ショー)

    Sushi Sho(スシ ショー)

    ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキ・ビーチ内にあるお寿司屋さん「すし匠」。江戸前鮨の先駆者として知られる寿司職人が、国外の初店舗としてオープンさせたレストランです。職人はみな、日本の方なので、日本流のおもてなしをハワイで受けられるのも魅力的。食材は主にハワイのものを使用しており、ハワイの食材と日本の寿司職人の職人技が融合した味はここでしか味わえません。ネタによってシャリの温度や、下ごしらえの方法が違っているなど、細かいところまでこだわったお寿司の味わいはまさに絶品です。料理にあわせてセレクトされた日本酒もお寿司と一緒に味わうことができ、極上のお寿司とおいしい日本酒を堪能する、ぜいたくな夜を過ごせますよ。

  • ハワイのMargotto Hawaii(マルゴットハワイ)

    Margotto Hawaii(マルゴットハワイ)

    香り高いトリュフ料理が人気の高級フレンチレストラン。アラモアナショッピングセンター近くに2022年4月にオープンした「Margotto Hawaii」は、東京の広尾にあるフレンチの人気店がハワイに初出店したお店。トリュフやキャビアなど、高級食材を使ったメニューをぜいたくに味わうことができます。こちらでぜひ味わってほしいのが、トリュフを使った料理です。薄くスライスされたトリュフを丸ごと大胆に味わうのがマルゴット流で、豊潤なトリュフの香りをお肉やパスタと一緒に堪能できますよ。また、サクサクの最中(もなか)と一緒にキャビアを味わう「キャビア最中」もぜひ試してみたいメニュー。素材の魅力を最大限に引き出した、極上の一皿となっています。

  • ハワイの Zigu(ジグ)

    Zigu(ジグ)

    地元の食材を日本風にアレンジした、今までにない和食を味わえるレストラン。築79年の建物をリノベーションした、古民家レストランのような落ちついた雰囲気の中で食事を楽しめます。開放的なテラス席もありますよ。ここでは、ハワイ産のマグロを使ったカツレツがとくにおすすめ。ほかにもサーモンの西京味噌焼き、オアフ島の地豚を使った生姜焼きなど、ハワイの食材が見事に日本食の中に取り入れられ、和食の新しい味わいを堪能できますよ。ポテトサラダやだし巻き玉子など、お酒と一緒に注文したくなるメニューもそろっており、居酒屋感覚で楽しめるのも魅力的。長期間ハワイに滞在して、日本食が恋しくなった頃に訪れるのもおすすめです。

  • ハワイのHau Tree(ハウツリー)

    Hau Tree(ハウツリー)

    木陰のテラスは海が目の前!ハワイアン料理を堪能できるレストランです。カイマナ ビーチ ホテル内のエントランス近くにあるレストラン。お店の人気メニューは「ハウツリー・エッグス・ベネディクト」。そのほか、新鮮な地元の食材を使用したサラダや前菜、肉汁たっぷりのアメリカンビーフを使用した「カイマナ・ビーチ・バーガー」、カクテルやデザートなど、バラエティ豊かなハワイアン料理が楽しめます!

  • ハワイのIstanbul Hawaii(イスタンブールハワイ)

    Istanbul Hawaii(イスタンブールハワイ)

    ハレ・アイナ賞で「最高の地中海料理店」金賞を受賞したトルコ料理店です。女性オーナーの親子とスタッフのサービスも行き届いており、雰囲気もとても良くおすすめです!2021年には、ハレ・アイナ賞で「最高の地中海料理店」金賞を受賞したこともあり、その味はお墨付きで地元民にも観光客にも注目されています。ぜひハワイで最高レベルのトルコ料理を味わってみてくださいね!

  • ハワイのPodmore(ポッドモア)

    Podmore(ポッドモア)

    魔法のようなカクテルが楽しめる英国風ブランチバーです。「Senia」の元オーナーシェフがオープンした英国風ブランチバーです。カクテルを主軸にしており、創作料理も提供しています。見た目から心踊るようなカクテルと各種料理が並んでいるメニューは圧巻!細部までこだわって創作された彩豊かな料理はどれも絶品ですよ。30ドル(約4,148円)のオリジナルカクテルがいくつかあるので、必ず注文してみてください!見たこともない、魔法のようなカクテルが多数楽しめますよ。

ハワイの基本情報

公用語
英語・ハワイ語
宗教
キリスト教が多いです。
通貨
米ドル【USD】
費用
ハワイ旅行の費用の目安は4泊6日で1人約20万円~です。 事前にかかる費用: ・航空券代:5万円~10万円(エコノミークラス往復1名) ・ESTA代:21ドル(約2,816円) ・ホテル代:5万円~(4泊・2名1室を2名で利用する場合) ・WiーFi代:3,000円~5,000円(6日間) ・海外保険代:3,000円(4泊6日)~ 現地でかかる費用: ・食事代:1日あたり約1万円 ・交通費:【レンタカー】2万円~(空港到着から空港返却まで)【バス】1Dayパス7.5ドル(約1,005円) ・オプショナルツアー代:1日あたり1万円~ ・お土産代:1万円~ ・チップ代:1ドル~(サービス内容によって異なる) これらにその他の費用を加えて予算を計画しましょう。
ビザ
ハワイへの90日以内の観光(米国における乗り継ぎ含む)の場合、ビザを取得する必要はありません。ただし、ハワイ行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインで渡航認証(ESTA)を取得する必要があります。事前にESTAの認証を取得していない場合、航空機等への搭乗やハワイへの入国を拒否されますのでご注意ください。一度ESTAの認証を受けると2年間有効です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますのでご注意ください。
クレジットカードの利用について
防犯上、現金の持ち歩きは最小限がおすすめ。キャッシュレス化は日本よりも遥かに進んでおり、クレジットカードが使えるお店がほとんどです。ホテル清掃などのチップで現金が必要になることもありますので、多少用意しておくと便利です。
日本との時差
ハワイは、日本との時差は19時間あります。日本がAM10時のとき、ハワイは前日のPM3時です。サマータイムは実施されていません。
気候
ハワイは年間を通して温暖で、平均気温は摂氏24度前後です。日本と比較すると、夏場は湿度が低く、冬は摂氏20度以上あるので非常に過ごしやすいと言えます。なお、夏場は摂氏30度以上になることもありますので熱中症などには気をつけましょう。特に5〜10月は乾季で、気温が高く天候が安定しており、観光にぴったりです。
服装・持ち物
日本の夏を想定した服装がベスト。室内は冷房がきいているので、羽織るものがあると安心です。
治安
ハワイは比較的治安が良いとされていますが、ダウンタウンエリアや夜間は治安が大幅に悪化します。一人歩きや、多額の貴重品を持ち歩くといった行動は避けるようにしましょう。
物価
ハワイは日本と比べて物価が高いです。2023年6月現在は円安で1ドル140円であることも響いています。また、食事や宿泊費は高く、カジュアルなランチでも15ドル=2,000円以上が相場です。また、多くの店舗ではクレジットカードが利用できるので、現金を持ち歩く必要はほとんどありません。
空港から市街地までのアクセス
ダニエル・K・イノウエ国際空港から市街地までは、車で約30分少々で、渋滞があると1時間弱かかります。バスやタクシーやUber(などの配車サービス)を利用できますが、シャトルバスの利用がもっともお得です。
インターネット
ハワイでは市内やホテル、カフェなどでWifiがある場所もありますが、ご自身で用意されるのをおすすめします。旅行日程が短い場合、日本でWifiをレンタルするのが手軽でおすすめです。旅行日程が長い場合、現地でSIMカードを購入すると価格を安く抑えられます。この場合、契約している通信キャリア以外のSIMが使えないSIMロックがかかっているスマートフォンがあるので、事前に確認が必要です。
電源プラグ
日本と同様のAタイプです。電圧は110〜120Vで日本よりやや高め。電化製品によっては変圧器が必要ですが、最近の電化製品は240Vまで対応してるものも多いので、持っていきたい電化製品の電圧を事前に確認しておきましょう。
飲水
ハワイの主要な観光地や都市部では、水道水が飲用可能な高品質なものとして知られています。水質基準が厳格に守られており、一般的にはそのまま安心して飲用できます。ただし、個人の体調や健康状態によっては、新しい環境に適応する際に一時的な胃腸の不調が起こることもあります。そのような場合、ミネラルウォーターを飲用することをおすすめします。スーパーやコンビニエンスストアで手軽に入手できるため、旅行中も安心して水分補給を行えます。熱中症対策として、日中の暑い時間帯や、アウトドアでの活動中にこまめに水分補給することを心がけましょう。
トイレ
洋式の水洗トイレが一般的です。トイレの扉は上下が空いていることも。12歳未満の子どもを一人にすることは法律違反となるため、1人でトイレに行かせるなどもNG。12歳以下のこどもを連れている場合は要注意してくださいね。
海外旅行保険
現地で体調を崩し治療や入院が必要になってしまった際や、スリや盗難などのトラブルにあった際に海外旅行保険に入っていると安心です。NEWTではツアーやホテルのご予約完了後に任意で簡単に加入することができます。

ハワイのよくある質問

  • 日本からハワイのフライト時間はどのくらいですか?
    日本の主要都市からダニエル・K・イノウエ国際空港への飛行時間は約6時間半から7時間半程度が目安です。
  • ハワイのおすすめの旅行日数は何日ですか?
    5泊7日以上がおすすめです。
  • ハワイ旅行のベストシーズンはいつですか?
    ①5月中旬〜7月中旬、②11月〜クリスマス1週間前がおすすめです。①5月中旬から7月中旬はハワイの乾季で、平均気温は24度であり、夜は肌寒くなることもあります。 一方、5〜9月は平均気温が27度で湿度は低く、過ごしやすい季節ですが、紫外線には要注意です。海水温も上昇し、水中アクティビティやトレッキングが楽しめます。乾季は屋外での体験を重視する方におすすめの時期です。②11月からクリスマス前のハワイは雨季の前半で、気温は平均的に過ごしやすい23度ですが、日中は暖かくてもずっと肌寒いことがあります。また、12月は降水量が多く、雨具がこの季節にハワイを楽しむオススメはショッピングとイルミネーション鑑賞で、クリスマス商戦や冬のセールが行われ、街はイルミネーションで彩られます。乾季と雨季、どちらも楽しみ方が違うため、旅行の目的に合わせて選ぶことが大切です。
  • ハワイ旅行の費用の安い時期はいつですか?
    ゴールデンウィーク明けの5月下旬、連休の少ない年末までの10月~12月が比較的安くてお得です。
  • ハワイではチップを払う必要はありますか?
    サービスを受けたら都度チップを渡すことが一般的です。チップは紙幣で渡すのがマナーです。1ドル紙幣を多めに用意しておくことをおすすめします。ハワイの交通機関でのチップの相場と渡し方: タクシー:乗車料金の18%+荷物1個につき1ドル Uber:荷物1個につき1ドル(チップ支払いはアプリ) バス:シャトル1個につき1ドル ハワイのホテルでのチップの相場と渡し方: ポーター:荷物1個につき1ドル ベッドメイキング:1泊につき1人1〜2ドル ルームサービス:注文金額の18〜20%(サービス料込みの場合、チップは不要) バレーパーキング:1回の受け取りにつき2〜3ドル ハワイのレストランでのチップの相場と渡し方: 一般的なレストラン:注文金額の18〜20% 高級レストラン:注文金額の20〜25% チップが不要なシーン: ファストフード店 フードコート テイクアウト スーパーマーケットや小売店 バスやトロリー ツアーデスクのスタッフ レンタカーのスタッフ Airbnbを利用した滞在 パックツアー利用時の各種サービス(荷物など)
  • ハワイに来たら絶対に食べておきたい!有名な食べ物は何ですか?
    ロコモコ、ポキ丼、ガーリックシュリンプなどがおすすめです。ロコモコは、温かいご飯の上にハンバーグと目玉焼きを、グレービーソース(肉のジュースをベース)に調理されたソース)で絶妙な味付けされる、ハワイのポピュラーな料理です。ポキは、アヒ(ハワイ語でマグロ)をしょうゆベースのタレにじっくり作られる料理で、アボカドやオニオンスライスなども一緒に漬けることもあります。 アヒはサイコロ状に小さく四角く切られているため漬け込むため、スプーンですくって食べやすいです。新鮮なプリプリのエビを殻ごとガーリックバターで炒めたガーリックシュリンプは、ハワイの人気ローカルフードの一つです。ニンニクの香りが心地よく漂い、食欲をそそります。
  • ハワイのおすすめのお土産は何ですか?
    ホノルル・クッキー・カンパニーがおすすめです。ハワイを代表するお土産で、パイナップルの形をした特徴的なクッキーです。パイナップル、マカデミアナッツ、ココナッツ、コナコーヒー、グアバ、マンゴーなど、ハワイを連想させる様々なフレーバーを味わえますよ。
  • ハワイの路上での注意点は何ですか?
    横断歩道以外の場所で横断することをジェイウォークと呼びます。130ドルの罰金が科せられますのでご注意ください。横断歩道での歩きスマホは禁止されており、公共の場所での飲酒や喫煙もき禁止されているので注意しましょう。
  • ハワイの交通ルールの注意点は何ですか?
    自転車は歩道での走行が禁止されています。車を運転する際はシートベルト着用は法律で義務づけられており、子供のチャイルドシートも必須です。赤信号の右折は場所によってOKとNG両方が混在しているので注意が必要です。
  • ハワイの海辺での注意点は何ですか?
    ハワイではウミガメやハワイアン・モンクシール、イルカなどの海洋生物は州法と連邦法のもとで保護されております。触ったりや餌付けすることも厳禁されているので、ある程度距離を保って見学しましょう。ビーチの砂や石の持ち帰りも避けましょう。これらの法律を違反した場合、罰金が課せられます。

NEWTのおすすめ

NEWTならではの旅行・ツアーの特徴

  • Tour & Hotel

    5%分のポイントがたまる

    旅行代金の5%分、NEWTポイントを還元👛 1ポイント=1円として次回の旅行予約で使えます。詳細

  • Tour & Hotel

    現地での24時間サポート

    旅行中のトラブルからアクティビティ予約まで、24時間365日いつでも日本語でサポート!

  • Tour

    ツアー料金は最低価格を保証

    他社のツアーより料金が高い場合は、こちらよりお問い合わせください✉️ ※1

  • Tour

    ご希望のアレンジに対応

    空港からホテルまでの送迎、海外旅行保険、Wi-Fiなど、ご希望にあわせてご案内します💁‍♀️ ※2

  • Tour

    万が一のキャンセルも安心

    1人あたり最大10万円まで、NEWTがキャンセル料を負担します💪 適用条件はこちら。※3

※1 同日程・同条件などの適用条件があります。 ※2 ツアーに含まれていない場合は、追加代金がかかります。※3 サポート金額はキャンセル料の70%となります。

メディア掲載実績

  • ITmedia
  • Asahi Shinbun
  • ABEMA
  • Oggi
  • Kankou Keizai
  • Nakai Masahiro
  • CanCan
  • Jigyou Kouso
  • wbs
  • Seven News
  • NEWS watch 9
  • NEWSPICS
  • non-no
  • Hiruobi
  • Pivot
  • Bridge
  • Mezamashi TV

受賞歴

  • 東洋経済すごいベンチャー100
2021

    東洋経済すごいベンチャー100 2021

  • 日本経済新聞
NEXTユニコーン(105位)

    日本経済新聞 NEXTユニコーン(105位)

  • Forbes japan
『日本の起業家BEST10』

    Forbes japan 『日本の起業家BEST10』

オンラインで旅行相談

海外旅行のことなら、どんなことでも!NEWTトラベルコンシェルジュにご相談ください🤝

  • 自分に合ったホテルを提案してほしい
  • さまざまなエリアを周遊したい
  • ハネムーンプランがあるか確認したい など
LINEで相談する

運営会社

  • 社名
    株式会社 令和トラベル
  • 創業
    2021年4月5日
  • 代表
    篠塚孝哉
  • 登録番号
    観光庁長官登録旅行業第2123号
  • 資本金
    23億円(資本剰余金を含む)
  • 住所
    〒150-0031東京都渋谷区桜丘町16-13 桜丘フロントⅡビル 6F