NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】ハワイ旅行の費用を解説!おすすめの安い時期や物価も紹介

ハワイは世界有数の人気リゾート地。今回はハワイ旅行にかかる費用・予算を徹底解説!4泊6日と5泊7日のハワイ旅行にかかる費用2人分をはじめ、ホテルや航空券などの必要な費用相場からハワイの物価、安い時期、ハワイ旅行のベストシーズンまでくわしくご紹介します。 安くハワイ旅行をするためのコツもご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

ライター
NEWT編集部

ハワイは世界有数の人気リゾート地。今回はハワイ旅行にかかる費用・予算を徹底解説!4泊6日と5泊7日のハワイ旅行にかかる費用2人分をはじめ、ホテルや航空券などの必要な費用相場からハワイの物価、安い時期、ハワイ旅行のベストシーズンまでくわしくご紹介します。

安くハワイ旅行をするためのコツもご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

Contents

ハワイ旅行の費用は4泊6日と5泊7日でいくらかかる?


photo by pixabay

日本からハワイまでは、移動時間が往路で6時間半~7時間半程度(冬季の所要時間、夏季は7時間半~8時間半程度)、復路で9時間~11時間半(冬季の所要時間、夏季は8~10時間)かかります。そのため、現地での宿泊日数が全体の旅行日数より短くなる点に、注意が必要です。

ハワイ旅行におすすめの旅行日数は、4泊6日または5泊7日。4泊または5泊の日程で渡航すれば、ハワイ現地で3~4日間の自由時間を楽しめます。アクティビティや観光スポットが多いハワイ旅行では、ゆとりのあるスケジュールを組んでおくのがおすすめですよ。

ここでは、ハワイ旅行の4泊6日、5泊7日のそれぞれの旅行日数にかかる費用や予算相場を解説します。

4泊6日のハワイ旅行の費用・予算

4泊6日のハワイ旅行の費用相場は、1人あたり約20万円から30万円です。2人で行く場合は、合計40万円から60万円ほど。下記が1人あたりのハワイ旅行4泊6日の旅行費用の目安・相場です。

  • 飛行機代:7万円
  • ESTA代:3,000円
  • ホテル代:4万円
  • WiーFi代:5,000円
  • 海外保険代:3,000円
  • 食事代:5万円
  • 交通費:2万円(レンタカーの場合)
  • オプショナルツアー代:3万円
  • お土産代:1万円

ハワイ旅行は、目的や過ごし方によって旅費相場が異なるので、あくまで目安として考えてくださいね。

5泊7日のハワイ旅行の費用・予算

5泊7日のハワイ旅行の費用相場は、1人あたり約23万円から35万円です。2人で行く場合は、合計45万円から70万円ほど。下記が1人あたりのハワイ旅行5泊7日の旅行費用の目安・相場です。

  • 飛行機代:7万円
  • ESTA代:3,000円
  • ホテル代:5万円
  • WiーFi代:5,000円
  • 海外保険代:4,000円
  • 食事代:6万円
  • 交通費:3万円(レンタカーの場合)
  • オプショナルツアー代:4万円
  • お土産代:1万円

こちらも目的や過ごし方によって旅費相場が異なるので、あくまで目安として考えてくださいね。

ハワイ旅行ではホテルと航空券がセットのツアーでの参加が便利です。ホテルのグレードにより異なりますが、ホテル+航空券のセットで13万円~20万円程(2名で1室を利用の場合、4泊6日の旅程を想定)です。そのほか、現地でかかる食事代やオプショナルツアー費で、10万円ほど見積もっておくとよいでしょう。

ツアーを利用すれば、自分でホテルや航空券を手配する必要がなく、準備の手間がかかりません。また空港送迎がついているツアーもあるので、ハワイ旅行初心者の方でも安心ですよ。

\NEWTでハワイ旅行ツアーをチェック!/

ハワイ旅行のベストシーズン、安い時期、物価は?

安くハワイ旅行に行きたい方は、訪れるシーズンを選ぶのがおすすめ!ハワイ旅行のベストシーズンと安い時期を知って、いつハワイ旅行へ行くかの計画を立てましょう。旅行の予算立てにも役立つ、ハワイの物価もご紹介します。

ハワイ旅行のベストシーズンは?


photo by pixabay

ハワイ旅行のベストシーズンは、5月から10月の乾季。降水量が少なくカラッと晴れた日が続くので、ハワイ旅行でマリンアクティビティやビーチでの時間を楽しみたい方にはぴったりのベストシーズンです。常夏のハワイを満喫するなら、乾季の時期にハワイ旅行をスケジューリングするといいでしょう。

ハワイ旅行の安い時期は?


photo by pixabay

時期により金額は変動しますが、リーズナブルにハワイ旅行を楽しみたい方は、ハワイ旅行が安い時期を狙うのもおすすめ!とくに、ゴールデンウィーク明けの5月下旬、連休の少ない年末までの10月~12月はハワイ旅行の安い時期といわれています。柔軟に休みが取れる方は、安い時期を狙ってお得にハワイ旅行を楽しむのもありですね。

\YouTubeで詳しく解説!/


ハワイの物価は?


photo by shutterstock

ハワイの物価は、日本よりも高いといわれています。ハワイの物価高と円安の影響で、食費やお土産代も高くなっているので、ハワイ旅行の予算を立てるときには最新の物価をチェックしておくのがおすすめです。

ハワイ旅行中に物価に左右される費用として一番大きいのが、食事費用。コーヒーが1杯1,000円、地元のレストランで食事をしても1食2,000円ほどかかるので、日本で外食をするよりも多めの予算を見積もっておきましょう。スーパーやファーマーズマーケットなどを活用して購入すると食費が安く済みますよ。

ハワイ旅行で予約時に必要な費用・予算は?

ハワイ旅行 格安
photo by shutterstock

まずは、日本での予約時にかかるハワイ旅行の費用を紹介します。おもな項目は、

  • 飛行機代
  • ESTA代
  • ホテル代
  • WiーFi代
  • 海外保険代

です。とくに飛行機やホテルは、シーズンやグレードによってさまざま。予算や目的などを洗い出して念入りにチェックしてみてください。また、ESTAや海外保険など、事前準備が必須のものもあります。

ハワイ旅行の航空券費用

ハワイ 飛行機
photo by shutterstock

費用の目安:5万円~10万円(エコノミークラス往復1名)
まず大きな金額となるのが、飛行機代。日本からハワイまでは、オアフ島ホノルル行きの直行便を利用する方がほとんどです。離島を目指す方もまずはホノルルへ移動することが多いでしょう。所要時間は約7時間です。

そんなハワイへの航空券費用の相場は、往復で平均5万円~10万円ほど。航空券のほかに、燃油サーチャージ、空港使用料、米国入国税を合わせると10万円前後が相場です。

日本の休暇や時期によって価格は変動するため、安い時期を狙いたい方は事前にチェックしておくのがいいでしょう。例えば、年末年始やゴールデンウィーク、お盆、卒業旅行シーズンなどは値上がりします。この時期は、往復20万円以上かかるところもあるので、注意してくださいね。

航空券費用は、日系航空会社と海外航空会社というように、航空会社によっても価格はさまざま。シーズンや航空会社によって変動するため、安い時期を狙いたい場合は価格をこまめにチェックしましょう。

\NEWTでハワイ旅行ツアーをチェック!/

ハワイ旅行のESTA代

ハワイ ESTA
photo by shutterstock Picturesque Japan / shutterstock

費用の目安:21ドル(約3,149円)
ESTAは、ハワイを含むアメリカを訪問する際に申請が必要となる電子渡航認証システムのこと。ビザを取得せず90日以内の観光をする場合は、必ず申請するよう義務づけられています。米国大使館公式サイト内(ESTAウェブサイト)で事前に申請をしましょう。

旅行会社に代行で申請してもらう場合は、別途約5,000円の代行手数料がかかります。ESTAは、一度申請すると2年間有効です。

申請をせずに渡航すると、飛行機への搭乗や入国ができません。必ず旅行前に申請を!くわしくは下記の記事でESTAの申請方法を紹介しているので、参考にしてみてください。

【2023年最新】ESTA(エスタ)とは?申請方法や料金、有効期限などを詳しく解説!

ハワイ旅行のホテル費用

ハワイ ホテル 2人
photo by Expedia

費用の目安:5万円~(4泊・2名1室を2名で利用する場合)
ハワイには、お財布にやさしいエコノミーホテルから高級リゾートまで幅広い価格帯のホテルがそろっています。また、ビーチに近い、ショッピングモールに近いなど、立地条件でも価格はさまざま。

1泊1万円以下のものもあれば、7万円以上のハイクラスリゾートホテルまで。参考までに例をあげると、日本人に人気の大型リゾートホテル、シェラトンワイキキで1泊4万円ほどが相場です。2人でのハワイ旅行の場合、1泊2万円~4万円ほどを相場の予算として考えておくといいでしょう。

また、旅のスタイルによっても費用の目安は変わります。

  • 友達同士でリーズナブルな旅行
  • 家族4人でのファミリー旅行
  • 新婚旅行で一生に一度の贅沢な旅行
  • 自由きままな1人旅

などのハワイ旅行の目的によって選ぶ部屋のグレードや広さ、求めるものが変わります。また、同じホテルであったとしても、

  • 海の見えるオーシャンビューの部屋か、シティビューの部屋か
  • スタンダードルームか、スイートルームか
  • 朝食付きのプランか

など部屋の広さやグレード、景色、プランなどで金額は変わります。ホテルに何を求めているのか、目的やプラン、予算などを考えて最適なグレードのホテルを選んでみましょう。NEWTで予約すれば、航空券とホテル代込みの金額なのでおトクですよ。

\NEWTでハワイ旅行のホテルをチェック!/

ハワイ旅行中のインターネット・Wi-Fi代

ハワイ Wi-Fi
photo by shutterstock

費用の目安:3,000円~5,000円(6日間)
ハワイ旅行中にあるとうれしいのが、インターネット環境。おでかけ先の地図を出したり、好きな時に旅行中の様子をSNSにアップしたりと、いつでもWi-Fiが使えたら、旅行がより充実しますよね。ホテルではフリーWi-Fiが使える場所がほとんどですが、ホテル以外ではネットが使えなくなるため、外出先ではWi-Fiルーターがあると便利です。

持ち歩きタイプのWi-Fiルーターは、日本の空港で受けとり、ハワイ旅行後に空港で返すだけの便利なレンタルサービスがおすすめ。6日間のハワイ旅行の日程で3,000円~5,000円で利用できます。プランによってデータ容量や受けとり・返却方法が異なるので、事前に要チェックです!

さらに、費用を節約する場合は、現地のSIMカードを購入するのもおすすめ。SIMフリーのスマートフォンであれば、SIMカードを現地で差し替えるだけでネットの利用ができます。

ハワイ旅行の海外旅行保険費用

海外旅行 保険
photo by shutterstock

費用の目安:3,000円(4泊6日)~
ハワイ旅行先での怪我(けが)や病気、盗難など、もしもに備えて、旅行保険に入っておくと安心です。保険料は4泊6日の旅行日数で3,000円ほどが相場。旅行会社のツアー申し込みと同じタイミングでの加入や、インターネット・空港の窓口での加入ができます。

クレジットカード付帯の海外保険もありますが、治療費の上限があったり、旅行費用の一部を該当のクレジットカードで支払わないと適用されないなどの条件付きの場合もあるので注意が必要です。不安をしっかりとカバーしてくれる保証内容か、事前にチェックしておきましょう。

ハワイ旅行中に必要な費用・予算とは?

ハワイ現地で必要な旅行費用は、主に以下の項目です。

  • 食事代
  • 交通費
  • オプショナルツアー代
  • お土産代

せっかくのハワイ旅行、お金のことを気にせずに楽しみたい場合は、4泊6日の日程で7万円~10万円ほどの金額を用意しておくといいかもしれません!

ハワイ旅行の食事費用

ハワイ レストラン カフェ
photo by shutterstock

費用の目安:1日あたり約1万円
ハワイの物価は日本よりも高いため、食事代も日本より少し高めの金額を予算としておきましょう。ホテル内のレストラン、街中のレストラン、ファストフード、カフェなど、場所によっても費用は異なります。コーヒーが1杯1,000円、地元のレストランで食事をしても1食2,000円ほどかかる場合も。

そのため、朝食・昼食は1,500円~2,000円、夕食は5,000円ほどを見ておくといいでしょう。さらにアルコールを頼むとなれば、金額は高くなります。

さらに、ハワイ旅行ではチップの習慣があるので注意が必要です。食事代金の15%~20%ほど(ハイクラスなレストランでは20%~)のチップが目安です。そのため、1日あたり1万円を食事費用の予算として組んでおくと気兼ねなくハワイの食事も楽しめますよ!

フードコートやテイクアウトでは基本的にチップが必要ないので、食事費用を節約したい方は利用してみるのもいいでしょう。

ハワイ旅行中の交通費

ハワイ レンタカー バス
photo by cleanfotos / shutterstock

費用の目安:【レンタカー】2万円~(空港到着から空港返却まで)【バス】1Dayパス7.5ドル(約1,124円)
ハワイ島内での移動手段はレンタカーやシャトルバス、タクシーがメイン。それぞれの特徴や目安となる料金をお伝えします。

レンタカー

ハワイ旅行、自由に動きまわるならレンタカーが楽でお得です。車種や大きさで金額は変わりますが、4日間で2万円ほど、空港で借りて空港で返すなど手間なく利用できますよ。引き取りの際は、日本の免許証、クレジットカード、国際免許証、パスポートなどを忘れずに。

ザ・バス/トロリー

国際免許を持っていない方やお得に移動したいという方には、島内全体を網羅するザ・バスの利用もおすすめ。料金は、大人3ドル(約449円)、子ども1.5ドル(約224円)です。乗り放題の1Dayパスは大人7.5ドル(約1,124円)、子ども3.75ドル(約562円)。ハワイの街へのショッピングや食事に出かけるために重宝しますよ!

トロリーは、HIS・JTB・ANAの3社が運行しているものとワイキキトロリーとよばれる現地のものがあります。とくにワイキキトロリーはお得に使えるのでおすすめ。1日5ドル(約749円)で利用できる路線や、ダイヤモンドヘッドに停まる路線があります。オープンエアで観光気分も味わえますよ!

タクシー

空港から中心部までや長距離の移動ではタクシーも一つの手段です。ただ、タクシー代の15%をチップとして支払う習慣があるため、利用する頻度によってはレンタカーより高めになることも。流しのタクシーはほとんどないので、ホテルで手配してもらうかUberなどの配車アプリで手配しましょう。

ハワイ旅行のお土産費用

ハワイ お土産
photo by Jeff Whyte / shutterstock

費用の目安:1万円~
ハワイ旅行のお土産費用は何を買うか、どれだけの人に買うかなどで異なります。1万円という人もいれば5万円ほどという方もいますよね。そのため、あらかじめほしいものをリストアップしておいたうえで、ハワイ旅行前に予算を決めるのがおすすめです。

ハワイのお土産として人気なのが、パンケーキミックス、ハワイアンホースト(チョコレート)、スターバックスのハワイ限定グッズ、オーガニックコーヒーなどです。

ハワイ旅行の観光・オプショナルツアー費用

ハワイ ダイビング シュノーケリング
photo by shutterstock

費用の目安:1日あたり1万円~
ハワイ旅行をより充実させるために欠かせないのが、現地でのオプショナルツアー。絶景を堪能できるダイヤモンドヘッドやモアナルア・ガーデンなどを効率よくめぐる日帰りツアーや、アラモアナセンターをはじめ人気のショッピングモールをめぐるツアーなど、種類は豊富です。

また、ホノルル動物園(21ドル/約3,149円)やホノルル美術館(20ドル/約3,000円)など、入場料がかかる観光施設もあります。

さらに、ハワイといえば、マリンアクティビティも欠かせません!ハワイでは、ダイビングやシュノーケリング、ホエールウォッチング、水上ヨガなど多彩なアクティビティが楽しめます。

より充実したハワイ旅行にするためにも、1日あたり1万円を相場として考えておくのと楽しめますよ。

ハワイ旅行中のチップ代

ハワイ チップ
photo by shutterstock

費用の目安:1ドル~(サービス内容によって異なる)
ハワイではあらゆるサービスを受ける際に、お礼としてチップを渡す習慣があります。日本ではチップの習慣がないため、最初は慣れないかもしれませんね。そのため、旅行前に基本のルールや金額の目安を確認しておくと現地でスムーズに対応できますよ。基本のルールは、以下のような項目です。

  • 受け取りやすいよう紙幣で渡す
  • うれしいサービスや迷惑をかけてしまったときには上乗せして気持ちを伝える
  • ファーストフード店ではチップは不要

スムーズに受け渡しができるように、出かける際には多めに1ドル紙幣を用意しておくのがおすすめ。各チップの目安はこちら。

ハワイの旅行費用の予算を立てて満喫しよう!

本記事では、ハワイ旅行の費用や相場の金額を紹介し、ハワイ旅行にはいくら必要かをお伝えしました。ハワイには、魅力あふれる観光スポット・アクティビティがたくさんあるので、つい思ったよりお金を使ってしまった、と感じてしまうこともあるかもしれません。

だからこそ、充実したハワイ旅行にするためにまずは費用を把握することが大切!あらかじめ予算を立てておくと、ホテルやアクティビティなどの旅行の計画もスムーズに考えられますよ。ぜひ本記事を参考に、事前に予算を立てて、ハワイ旅行をより楽しく充実したものにしてみてくださいね。

※2024年2月19日現在、1ドル=149.95円のレートで計算しています
cover photo by shutterstock

よくある質問

この記事で紹介したホテルはこちら🌟

NEWT(ニュート)ならアプリでかんたんに予約できます🤳 いつでも5%ポイント還元!

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ハワイの東京発のおすすめツアー

ハワイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる