ヘルシンキ旅行・ツアー

ヘルシンキ旅行・ツアー・観光をおトクに予約

NEWT(ニュート)でおトクなヘルシンキ旅行・ツアーをみつけましょう✈️

ヘルシンキ旅行・ツアーのポイント

  1. フィンランドの歴史を感じられる建築物を巡る⚓️

  2. 洗練された現代都市、ヘルシンキの美しい現代建築物を巡る🌟

  3. フィンランドデザインのインテリアや、ファッションアイテムをチェック🛍️

出発空港ごとのヘルシンキの旅行・ツアー

北海道発のヘルシンキの旅行・ツアー

北海道発のヘルシンキのおトクな旅行・ツアー

中部発のヘルシンキの旅行・ツアー

中部発のヘルシンキのおトクな旅行・ツアー

九州発のヘルシンキの旅行・ツアー

九州発のヘルシンキのおトクな旅行・ツアー

ヘルシンキ渡航のルール

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新たな手続方法が必要となります。 予告なく変更となる場合がありますので、必ず最新情報を確認の上お手続きをお願いいたします。

出発前

2022年7月1日以降、新型コロナウイルスのワクチン接種証明書や陰性証明書等の提示は不要です。

フィンランド出国後

2022年7月1日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

日本入国前

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

2023年9月28日現在

ヘルシンキ旅行におすすめの観光スポット

  • ヘルシンキのヘルシンキ大聖堂

    ヘルシンキ大聖堂

    ヘルシンキにあるフィンランド国教会の大聖堂です。白く輝く美しい大聖堂は、ヘルシンキのシンボルとも言える存在です。建物内部も白で統一されシンプルであるため、黄金に輝くシャンデリアやパイプオルガンの美しさを引き立たせています。また、周囲のセナーティントリ広場とともに、ヘルシンキ市内で最も有名な観光名所の一つです。他の大聖堂とは一味違う、フィンランドに来たら絶対に訪れて欲しい美しい観光スポットです。

  • ヘルシンキのウスペンスキー大聖堂

    ウスペンスキー大聖堂

    ヘルシンキにあるロシア正教会の大聖堂です。小高い丘の上にあり、赤レンガと黄金の装飾が美しい建物です。ヘルシンキ大聖堂とともにヘルシンキのランドマークとして知られており、多くの観光客が訪れます。建物の内部はヘルシンキ大聖堂と対照的で、黄金の装飾や色鮮やかなドーム、美しいイコン画など、豪華な装飾がなされています。ロシアとフィンランドの歴史的な結びつきを感じられる場所としてもおすすめの観光スポットです。

  • ヘルシンキのテンペリアウキオ教会

    テンペリアウキオ教会

    ヘルシンキにある教会で、別名「岩の教会」とも呼ばれています。教会全体が岩の中に埋まっているようなユニークな建築です。天然岩をくり抜いて作られており、建物内部に入るとゴツゴツとした岩肌と現代的なデザインが見事に融合した神秘的な空間が広がっています。教会上部にある窓から差し込む自然光が差し込むとても美しい空間です。シンプルな空間ながら自然の壮大さも感じられる、おすすめの観光スポットです。

  • ヘルシンキのマーケット広場(Kauppatori)

    マーケット広場(Kauppatori)

    ヘルシンキの中心地にあるKauppatori(カウッパトリ)と呼ばれるマーケット広場です。カウッパトリは、ヘルシンキ湾に面しており、観光客や地元住民に人気のあるスポットです。新鮮な食材や地元の特産品、お土産やハンドメイドの雑貨などを扱うお店で賑わっています。特に夏季には、新鮮なベリーや魚介類、フィンランドの伝統的な食べ物を楽しむことができます。海を眺めながら食事ができる屋台で昼食を取るのにもおすすめです。

  • ヘルシンキのヘルシンキ中央図書館(Oodi)

    ヘルシンキ中央図書館(Oodi)

    ヘルシンキのカンサリストリ広場にあるOodi(オーディ)と呼ばれる公共図書館です。美しいガラス張りの建築は市内のランドマークとなっています。フィンランド独立100周年を記念し、「市民の交流のためのリビングルーム」をコンセプトとして建設されました。図書館スペースだけでなく、カフェやワークショップスペースなどが併設されています。また、屋上庭園からはヘルシンキの街並みを一望することができます。

  • ヘルシンキのカンピ礼拝堂

    カンピ礼拝堂

    ヘルシンキにある特徴的な礼拝堂です。若者で賑わう街中に突如丸い建物が現れます。フィンランドの建築家ユヒ・パルヴィネンによって設計され、2002年に完成しました。この礼拝堂は「沈黙の礼拝堂」とも呼ばれ、人々が静寂と平和を求める場所として設計されました。建物内部の装飾はほとんどなくシンプルで、天窓から差し込む自然光と木の温もりが際立ちます。都会の喧騒から離れ、一息つきに立ち寄るのにもおすすめのスポットです。

  • ヘルシンキのデザインミュージアム

    デザインミュージアム

    ヘルシンキにあるこのミュージアムは、ムーミンの作者トーベヤンソンが通っていた小学校を改装して作られています。レンガ造りのとても美しい建物です。フィンランドデザインの家具やファッション、工業デザインなどのコレクションが展示されています。また、フィンランドのデザイナーや建築家の紹介も充実しており、北欧デザインについて深く学ぶことができます。ミュージアムショップやカフェも併設されています。

  • ヘルシンキのマリトリ

    マリトリ

    このマリトリは、ヘルシンキ郊外にあるマリメッコ本社に併設された社員食堂です。一般の方も利用することができます。ランチはビュッフェ形式となっており、なんと食器は全てマリメッコのもので提供されます。また、この本社内にはアウトレットの店舗も併設されており、サンプル服や生地の端切れなどもお得に買うことができます。マリメッコ好きには絶対に訪れてほしい観光スポットです。※画像はイメージです。

  • ヘルシンキのスオメンリンナ要塞

    スオメンリンナ要塞

    ヘルシンキ港からフェリーで15分ほどのところにある6つの島からなる要塞群です。1991年に世界遺産に登録されています。18世紀にスウェーデン帝国によって建設され、その後ロシア帝国、そしてフィンランドの歴史的な要所となりました。要塞内には博物館、レストラン、カフェ、美しい公園があり、さまざまな楽しみ方ができます。歴史的な遺産と美しい自然景観が調和した見どころ満載の観光スポットです。

ヘルシンキの基本情報

公用語
フィンランド語、スウェーデン語
宗教
キリスト教、その他
通貨
ユーロ
ビザ
ヘルシンキへの90日間以内の観光の場合、ビザを取得する必要はありません。しかし、パスポートの残存有効期間が(シェンゲン協定加盟国からの)出国予定日から3か月以上残っている必要があります。
日本との時差
フィンランドと日本の時差は7時間です。サマータイムの期間は時差が1時間縮まり、6時間となるので注意が必要です。
気候
ヘルシンキは日本と比較して寒冷な気候です。冬季は氷点下になることもあり、平均気温は-5℃から0℃程度です。夏季は比較的涼しく、平均気温は15℃から20℃程度です。日本と比較すると、冬季はより寒く、夏季は涼しい傾向があります。
治安
ヘルシンキは非常に安全な都市です。犯罪率が低く、夜間でも街を歩くことができます。日本と同様に、貴重品には注意が必要ですが、一般的には安心して旅行を楽しめます。
物価
ヘルシンキは日本と比べて物価が高いです。特にアルコールやタバコは高額で、レストランやカフェも日本よりも高めです。ただし、公共交通機関は比較的安価で、観光地の入場料も日本と同じくらいか、それ以下の場合もあります。
交通手段
ヘルシンキは公共交通機関が充実しており、バスや地下鉄、トラムなどがあります。渋滞もあるものの、日本に比べると比較的少ないです。また、自転車を利用する人も多く、レンタルサービスも充実しています。
インターネット
ヘルシンキでは市内やホテル、カフェなどでWifiがある場所もありますが、ご自身で用意されるのをおすすめします。旅行日程が短い場合、日本でWifiをレンタルするのが手軽でおすすめです。旅行日程が長い場合、現地でSIMカードを購入すると価格を安く抑えられます。この場合、契約している通信キャリア以外のSIMが使えない、SIMロックがかかっているスマートフォンがあるので、事前に確認が必要です。
電源プラグ
ヘルシンキでは、電源プラグは日本と異なるCタイプのものが使われています。日本の電源プラグを持参する場合は、変換プラグが必要です。また、電圧も日本の100Vとは異なり、220Vです。注意が必要です。
海外旅行保険
現地で体調を崩し治療や入院が必要になってしまった際や、スリや盗難などのトラブルにあった際に海外旅行保険に入っていると安心です。NEWTではツアーやホテルのご予約完了後に任意で簡単に保険に加入することができます。
飲水
ヘルシンキの水道水は安全に飲むことができます。水の硬度も日本の水とほとんど同じです。
トイレ事情
ヘルシンキの公衆トイレは日本と比べて数が少なく、有料のものが多いです。最近ではタッチ式のクレジットカードで支払いができるトイレも増えてきています。空港や美術館、レストラン、カフェのトイレは基本的には無料で利用できるので、利用できるときに利用しておくことをおすすめします。

ヘルシンキのよくある質問

  • 日本からヘルシンキのフライト時間はどのくらいですか?
    一般的に10〜15時間です。航空会社や乗り継ぎの回数、天候にもよりますが、直行便ですと最短で10時間程度で行くことができます。
  • ヘルシンキ旅行の費用はどのくらいですか?
    4泊6日の場合、一般的に30万円程度です。(航空券20万円、ホテル代5万円、現地での滞在費等5万円程度)航空券費用が高い時期の場合、35万円程度かかることもあります。 詳しくはこちらの記事もご覧ください!https://newt.net/mag/50310555734
  • ヘルシンキ旅行におすすめの時期はいつですか?
    ヘルシンキ観光のベストシーズンは6月〜8月の夏です。日本と比較して夏は涼しく過ごしやすく、また日照時間が長いため、観光しやすいです。
  • ヘルシンキ旅行の費用が安い時期はいつですか?
    年末年始や春休みを除いた11月~3月頃が比較的費用が抑えられます。ただし、フィンランド冬の寒さは厳しく、日照時間も短いため、寒さ対策は必須です。

NEWTのおすすめ

NEWTならではの旅行・ツアーの特徴

  • Tour & Hotel

    5%分のポイントがたまる

    旅行代金の5%分、NEWTポイントを還元!1ポイント=1円として次回の旅行予約で使えます。詳細

  • Tour & Hotel

    現地での24時間サポート

    旅行中のトラブルからアクティビティ予約まで、24時間365日いつでも日本語でサポートします。

  • Tour

    ツアー料金は最低価格を保証

    他社のツアーより料金が高い場合は、こちらよりお問い合わせください。※1

  • Tour

    出入国手続きもらくらく

    PCR検査の予約やビザ申請など、出入国に必要な手続きもおまかせください。※2

  • Tour

    ご希望のアレンジに対応

    空港からホテルまでの送迎、海外旅行保険、Wi-Fiなど、ご希望に応じてご案内! ※3

  • Tour

    万が一のキャンセルも安心

    1人あたり最大10万円まで、NEWTがキャンセル料を負担します。適用条件はこちら。※4

※1 同日程・同条件などの適用条件があります。 ※2,3 ツアーに含まれていない場合は、追加代金がかかります ※4 サポート金額はキャンセル料の70%となります。

メディア掲載実績

  • ITmedia
  • Asahi Shinbun
  • ABEMA
  • Oggi
  • Kankou Keizai
  • Nakai Masahiro
  • CanCan
  • Jigyou Kouso
  • wbs
  • Seven News
  • NEWS watch 9
  • NEWSPICS
  • non-no
  • Hiruobi
  • Pivot
  • Bridge
  • Mezamashi TV

受賞歴

  • 東洋経済すごいベンチャー100
2021

    東洋経済すごいベンチャー100 2021

  • 日本経済新聞
NEXTユニコーン(105位)

    日本経済新聞 NEXTユニコーン(105位)

  • Forbes japan
『日本の起業家BEST10』

    Forbes japan 『日本の起業家BEST10』

オンラインで旅行相談

海外旅行のことなら、どんなことでも!NEWTトラベルコンシェルジュにご相談ください🤝

  • 自分に合ったホテルを提案してほしい
  • さまざまなエリアを周遊したい
  • ハネムーンプランがあるか確認したい など
LINEで相談する

運営会社

  • 社名
    株式会社 令和トラベル
  • 創業
    2021年4月5日
  • 代表
    篠塚孝哉
  • 登録番号
    観光庁長官登録旅行業第2123号
  • 資本金
    23億円(資本剰余金を含む)
  • 住所
    〒150-0031東京都渋谷区桜丘町16-13 桜丘フロントⅡビル 6F

NEWT(ニュート)
スマートに海外旅行

NEWTアプリ画面イメージ

Follow Us

最新の渡航ニュースやおすすめスポットなど、
海外旅行の情報をお届けします✈️
  • LINE
  • X
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube