ボホール旅行・ツアー

おトクなボホール旅行・ツアー |格安からラグジュアリーまで

NEWT(ニュート)でおトクなボホール旅行・ツアーをみつけましょう✈️

ボホール旅行・ツアーのポイント

  1. 手付かずの自然を満喫!美しい絶景スポットが点在🏝️

  2. 透き通った海でダイビング!ドルフィンウォッチングを体験🐬

  3. 南国のリゾート気分を堪能🌴空色が変わるサンセットに注目🌇

出発空港ごとのボホールの旅行・ツアー

北海道発のボホールの旅行・ツアー

北海道発のボホールのおトクな旅行・ツアー

中部発のボホールの旅行・ツアー

中部発のボホールのおトクな旅行・ツアー

ボホール渡航のルール

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新たな手続方法が必要となります。 予告なく変更となる場合がありますので、必ず最新情報を確認の上お手続きをお願いいたします。

出発前

2023年4月29日以降、新型コロナウイルスのワクチン接種証明書や陰性証明書等の提示は不要です。

フィリピン出国後

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

日本入国前

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

2024年2月22日現在

ボホールの基本情報

公用語
ビサヤ語、タガログ語、英語。ボホールではビサヤ語が主流ですが、現地の方は英語を話せる方も多いようです。
宗教
キリスト教(人口の8割がカトリック教徒)
通貨
ペソ
費用
2泊3日でボホールへ旅行される場合のトータルの費用は、15万円〜17万円前後が目安です。 航空券:往復12万〜(マニラ経由の場合) 宿泊費:1泊あたり1万円〜 食費:1日あたり3,000円前後  交通費:1日あたり6,000円〜(タクシーを1日チャーター) インターネット代:1,000円〜 これらにその他の費用を加えて予算を計算しましょう。
ビザ
30日間以内の短期間の滞在であれば、ビザは不要です。ただし、パスポートの有効期限が滞在日数+6ヶ月以上残っている必要があります。
日本との時差
日本とボホールの時差は1時間です。日本のほうがボホールよりも1時間進んでいます。
気候
ボホールでは、12月〜5月頃が乾季、6月〜11月頃までが雨季と呼ばれています。乾季は、平均気温も26度前後で晴れ間が続き、観光におすすめのシーズンです。雨季は、雨が降りやすく激しい雨となることもあります。
治安
ボホールの治安はフィリピンのなかでは比較的安全と言われています。ただし、スリやぼったくりなどの軽犯罪やトラブルは起こる可能性もあるため注意しましょう。
物価
ボホールの物価は安いと言われていますが、近年は物価が上昇傾向にあります。
交通手段
ボホールでの移動は、タクシーか三輪バイクのトライシクルが利用できます。行きたい観光スポットが複数ある場合は1日タクシーをチャーターするのがおすすめです。ただし、ぼったくりにあう可能性もあるため値段交渉はしてみましょう。
インターネット
ボホールでもインターネットは使えますが、日本よりも速度が遅かったり、突然止まったりと回線が不安定になることもあるでしょう。あらかじめ空港でポケットWi-Fiをレンタルしておくことをおすすめします。
電源プラグ
電源プラグは、Aタイプが主流です。日本と同じ形状のため、ほとんどの場合は変換プラグがなくてもそのまま使えるでしょう。ただし、電圧が日本よりも220Vと高いので変圧器を持っておくのが安心です。
飲水
ボホールでは水道水を飲むのは避けておきましょう。腹痛や下痢を引き起こす可能性があるため、水は市販で売られているペットボトル飲料を飲むようにしましょう。
トイレ
ボホールのトイレはほとんどがトイレットペーパーを流せないためゴミ箱に捨てる必要があります。トイレットペーパーも備え付けられていない場所もあるため、ポケットティッシュや持ち運び用のトイレットペーパーを持っておくと安心です。
海外旅行保険
現地で体調を崩し治療や入院が必要になってしまった際や、スリや盗難などのトラブルにあった際に海外旅行保険に入っていると安心です。NEWTではツアーやホテルのご予約完了後に任意で簡単に保険に加入することができます。

ボホールのよくある質問

  • 日本からのフライト時間はどのくらいですか?
    日本からボホール島へのフライト時間は、計6時間前後です。アクセス方法としては、フィリピンのマニラ市かセブ島を経由する必要があります。マニラ市経由の場合は、ニノイ・アキノ国際空港で乗り換えて、ボホール島のパングラオ国際空港まで行きましょう。セブ島からは、ボホールのタグビララン港までフェリーで行けます。
  • 費用はどのくらいですか?
    マニラ経由でボホールに行かれる場合は、往復12万〜15万程度かかるでしょう。 ・成田空港〜ニノイ・アキノ国際空港:往復で10万円〜 ・ニノイ・アキノ国際空港〜パングラオ国際空港:往復で1万円〜2万円。 セブ島を経由する場合は、往復11万円前後かかるでしょう。 ・セブ島〜タグビララン港:往復4,000円〜
  • 費用の安い時期はいつですか?
    マニラおよびボホールまでの飛行機の最安値は3月から6月頃までです。12月から5月頃まではボホール島では乾季にあたり穏やかな気候が続く季節のため、旅行にはおすすめの時期でしょう。
  • ボホールの有名な食べ物は何ですか?
    ボホールでは、もち米とココナッツミルク、砂糖などを混ぜた「カラマイ」や「ピーナッツ・キス」というお菓子が有名です。ボホールのお土産としても観光客から人気がある食べ物です。

NEWTのおすすめ

NEWTならではの旅行・ツアーの特徴

  • Tour & Hotel

    5%分のポイントがたまる

    旅行代金の5%分、NEWTポイントを還元👛 1ポイント=1円として次回の旅行予約で使えます。詳細

  • Tour & Hotel

    現地での24時間サポート

    旅行中のトラブルからアクティビティ予約まで、24時間365日いつでも日本語でサポート!

  • Tour

    ツアー料金は最低価格を保証

    他社のツアーより料金が高い場合は、こちらよりお問い合わせください✉️ ※1

  • Tour

    ご希望のアレンジに対応

    空港からホテルまでの送迎、海外旅行保険、Wi-Fiなど、ご希望にあわせてご案内します💁‍♀️ ※2

  • Tour

    万が一のキャンセルも安心

    1人あたり最大10万円まで、NEWTがキャンセル料を負担します💪 適用条件はこちら。※3

※1 同日程・同条件などの適用条件があります。 ※2 ツアーに含まれていない場合は、追加代金がかかります。※3 サポート金額はキャンセル料の70%となります。

メディア掲載実績

  • ITmedia
  • Asahi Shinbun
  • ABEMA
  • Oggi
  • Kankou Keizai
  • Nakai Masahiro
  • CanCan
  • Jigyou Kouso
  • wbs
  • Seven News
  • NEWS watch 9
  • NEWSPICS
  • non-no
  • Hiruobi
  • Pivot
  • Bridge
  • Mezamashi TV

受賞歴

  • 東洋経済すごいベンチャー100
2021

    東洋経済すごいベンチャー100 2021

  • 日本経済新聞
NEXTユニコーン(105位)

    日本経済新聞 NEXTユニコーン(105位)

  • Forbes japan
『日本の起業家BEST10』

    Forbes japan 『日本の起業家BEST10』

オンラインで旅行相談

海外旅行のことなら、どんなことでも!NEWTトラベルコンシェルジュにご相談ください🤝

  • 自分に合ったホテルを提案してほしい
  • さまざまなエリアを周遊したい
  • ハネムーンプランがあるか確認したい など
LINEで相談する

運営会社

  • 社名
    株式会社 令和トラベル
  • 創業
    2021年4月5日
  • 代表
    篠塚孝哉
  • 登録番号
    観光庁長官登録旅行業第2123号
  • 資本金
    23億円(資本剰余金を含む)
  • 住所
    〒150-0031東京都渋谷区桜丘町16-13 桜丘フロントⅡビル 6F

NEWT(ニュート)
スマートに海外旅行

NEWTアプリ画面イメージ

Follow Us

最新の渡航ニュースやおすすめスポットなど、
海外旅行の情報をお届けします✈️
  • LINE
  • X
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube