韓国旅行・ツアー

おトクな韓国旅行・ツアー |格安からラグジュアリーまで

NEWT(ニュート)でおトクな韓国旅行・ツアーをみつけましょう✈️

韓国旅行・ツアーのポイント

  1. 流行りのスイーツや絶品ストリートフードが楽しめる🍧

  2. 高品質でリーズナブルなコスメやファッションが豊富👚

  3. 美容大国の本場のエステやマッサージも盛りだくさん✨

出発空港ごとの韓国の旅行・ツアー

韓国旅行におすすめのJAL利用ツアー

JALの快適なフライトで韓国へ。ソウルの活気溢れるショッピングエリアや古宮殿の見学、仁川の現代的な観光スポットなど、韓国の魅力的な都市を巡ることが可能です。JALと共に、韓国の魅力的な文化を堪能する旅行をお楽しみください。

チェジュ島の旅行・ツアー

韓国渡航のルール

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新たな手続方法が必要となります。 予告なく変更となる場合がありますので、必ず最新情報を確認の上お手続きをお願いいたします。

出発前

2023年4月29日以降、新型コロナウイルスのワクチン接種証明書や陰性証明書等の提示は不要です。

韓国出国後

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

日本入国前

2023年4月29日以降、有効なワクチン接種証明書と出国前検査証明書が不要になりました。到着時検査と入国後待機はございません。

2024年2月14日現在

韓国の旅行・ツアーにおすすめの動画

韓国旅行におすすめのエリア

  • 韓国のソウル

    ソウル

    韓国の首都ソウルは、およそ1000万人が住む大都市であり、国民の約5分の1が暮らしています。日本からおよそ2時間の飛行機でアクセスが便利であり、日帰りでも楽しめる人気の観光地です。明洞は原宿や渋谷に似た若者に人気のショッピング街で、最新のファッション、コスメ、エステ、グルメなどが楽しめます。東大門では地元の食べ物を試食したり、お土産を手に入れることができます。また、ソウルはかつて朝鮮王朝の都であり、昌徳宮や宗廟、朝鮮王陵など多くの歴史的建造物があり、世界遺産に登録されています。

  • 韓国の釜山

    釜山

    釜山は韓国の第2の都市で、日本からおよそ2時間の飛行機でアクセスが便利です。港町であり、多くのビーチがあります。海雲台海水浴場は特に人気のリゾート地です。海東龍宮寺は願い事が叶うと言われるパワースポットであり、甘川洞文化村やチャガルチ市場も観光客に人気です。釜山では新鮮なシーフードや韓国料理の代表的な料理であるサムギョプサルやデジクッパ、ナッチポックンを楽しむことができます。若者に人気の西面(ソミョン)に行けば、グルメ、ショッピング、エステなど、韓国を満喫することができます。

  • 韓国の済州島

    済州島

    済州島は韓国最南部の火山島であり、東シナ海に位置しています。面積は大阪府とほぼ同じくらいで、約55万人が住んでいます。温暖な気候が特徴で、観光地として東洋のハワイと称されています。2007年には済州の火山島と溶岩洞窟群が世界遺産に登録されました。日本からは直行便でおよそ2時間、ソウルから国内線でおよそ1時間で日帰り旅行も可能です。また、ハルラ山トヤジや鯛、アワビなどの魚介類は名物グルメとして知られており、市場や島内のレストランで味わうことができます。

  • 韓国の水原

    水原

    水原は韓国中央部に位置し、ソウルから特急で約30分のアクセスが魅力の都市です。。特に水原華城は李氏朝鮮時代の建造物であり、世界遺産にも登録されています。広大な敷地内には5.7㎞にわたる城郭や水門、将台、錬武台などがあり、見どころがたくさんあります。水原華城周辺には栄洞市場や八達門市場があり、水原カルビなどのご当地名物の味付け焼肉を楽しむこともおすすめです。水原駅周辺にはホテル、飲食店、商店街が集まっており、食事やショッピングも楽しむことができます。

  • 韓国の慶州

    慶州

    慶州は韓国南東部にあり、釜山から鉄道で30分で行ける日帰り観光が魅力です。かつて新羅王朝の首都で、面積は約1300㎢。世界遺産や歴史的建造物が残っています。古墳公園には23基の古墳があり、仏国寺や石窟院は必見の観光スポットです。また、郊外の良洞民俗村では李氏朝鮮時代の風景を楽しめ、韓服の着付けや豆腐作り、書道などの文化体験、韓屋での宿泊もできます。食事には慶州名物のサンパプを慶州サンパッ通りで楽しんでみましょう。

  • 韓国の仁川

    仁川

    仁川は韓国の黄海に面した港湾都市で、日本の租界を元にした伝統的建造物やチャイナタウンが特徴の異国情緒あふれる街です。仁川駅前には観光案内所やツアーバスの停留所、ホテルなどがあり、ビジネスや観光の拠点に最適です。チャイナタウンで韓国風のジャージャー麺やチャジャンミョンを楽しんだり、市場で新鮮な海の幸を味わうこともできます。ビーチ沿いにはレストランやカフェがあり、1年中食事を楽しめます。

ソウルでおすすめの観光スポット

  • 韓国の景福宮(キョンボックン)

    景福宮(キョンボックン)

    ソウルの最大規模の古宮である景福宮は、1395年に李成桂によって建設された朝鮮王朝の王宮です。広大な敷地内には皇后・后の寝殿や慶事の宴会場などがあり、韓国の歴史や文化を感じることができます。また、ドラマのロケ地としてもよく使われています。季節ごとの自然も楽しめ、韓服を着ると入場料が無料になるほか、写真映えもするため、韓国らしい雰囲気を楽しむことができます。

  • 韓国の昌徳宮(チャンドックン)

    昌徳宮(チャンドックン)

    ソウル観光の名所スポット、昌徳宮は、五大王宮の一つであり、1405年に建立された歴史的な建物です。自然と建築の美しい組み合わせから、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。仁政殿や秘苑、宣政殿など、見どころがたくさんあります。四季折々の自然も楽しめ、特に秋の紅葉が美しいです。日本語ガイドもあり、韓国の歴史を深く知るためにも活用することをおすすめします。

  • 韓国の宗廟(チョンミョ)

    宗廟(チョンミョ)

    世界遺産に登録された宗廟は、朝鮮王国の歴代の王や王妃の位牌を祀る建物です。正殿と別廟には多くの位牌が安置され、ユネスコの世界文化遺産にも認定されています。毎年5月には宗廟大祭が行われ、荘厳な祭礼儀式が執り行われます。500年以上の歴史を持つ宗廟は、圧巻の雰囲気を醸し出しています。日本語ガイドもあり、韓国の歴史や伝統、建築様式を詳しく学ぶには最適です。神聖な場所で韓国の歴史を感じましょう。

  • 韓国の北村韓屋村(プクチョンハノクマウル)

    北村韓屋村(プクチョンハノクマウル)

    韓国の伝統様式を学ぶなら北村韓屋村へ!景福宮と昌徳宮の間に位置し、伝統的な韓屋が密集しているエリアです。古風な街並みが残る観光地で、ソウルの現代的な街並みとのコントラストも楽しめます。懐かしい異国情緒漂う路地を散策し、写真を撮るのもおすすめです。また、エリアの西側には三清洞通りというカフェや雑貨店が集まるスポットや、韓屋を改装した雰囲気のあるカフェやレストランなどが並んでいるのが魅力です。

  • 韓国のNソウルタワー

    Nソウルタワー

    ソウルの夜景が美しい観光スポットです。南山公園の頂上に位置し、ライトアップされたNソウルタワーは市内からも見ることができ、ソウルのランドマークとして有名です。最大の魅力は展望台で、南山の頂上に建っているため、展望台からはソウル市内を360度見渡すことができ、壮大な景色を楽しめます。昼間や夕方は南山公園を散策し、夜にタワーに登って夜景を楽しむことをおすすめします。レストランやカフェもあり、食事をしながら観光を楽しむことができます。

  • 韓国のロッテワールド

    ロッテワールド

    ロッテワールドは、ソウル市内にある屋内型テーマパークで、映画館やショッピングモールも併設しています。アトラクションの種類も豊富で、ジュラシック・パークやノリや速さが楽しめるジャイアント・ループなどが人気です。また、屋内にあるため天候に左右されず、年中楽しめます。ロッテワールド内には、ホテルも併設しており、アクセスも良いので、近隣を観光する際には立ち寄りたい場所です。初めてのソウル旅行で、ロッテワールドを訪れるなら、事前にオンラインでチケットを購入しておくと混雑時にもスムーズに入園できます。

  • 韓国の63スクエア

    63スクエア

    ヨイド(汝矣島)の象徴、63 SQUAREは、地上60階・地下3階の超高層アミューズメントビル。韓国ドラマの撮影にも利用される話題のスポットです。ソウル市内を一望できる展望フロアや水族館、公演会場など多彩な施設が魅力です。特筆すべきは、金色に輝く壁面。K24ガラスを使用し、約14,000枚のガラスに0.36gの金が使われています。光が反射し、金・銀・赤と色鮮やかに変わる美しいビルは、「ゴールデンタワー」と呼ばれ親しまれています。ビルから見渡す景色は、昼はもちろん夜も素晴らしく、ソウルの夜景は圧巻です。カフェやレストランで食事をしながら楽しむこともでき、ロマンチックな時間が過ごせますよ。

  • 韓国のピョルマダン図書館

    ピョルマダン図書館

    ピョルマダン図書館は、ソウルの江南エリアに位置するショッピングモール、スターフィールド・コエックスモール内にあります。ガラス張りの天井と巨大な本棚が、非日常的で美しい空間を演出しています。蔵書は5万冊以上で、多彩なジャンルを網羅しています。入場や図書館内での閲覧は無料ですが、貸し出しは行われていません。館内は外光が差し込む開放的な天井で、ウッディなブラウンを基調としたシンプルなインテリアとなっています。テーブルやソファも配置され、カフェもあるので、読書やくつろぎの場として最適ですよ。ピョルマダン図書館で、心躍るひとときを楽しんでみてくださいね。

  • 韓国の奉恩寺(ポンウンサ)

    奉恩寺(ポンウンサ)

    奉恩寺は、江南区に位置する仏教寺院です。スターフィールドコエックスモールの近くにあり、地下鉄9号線奉恩寺駅から徒歩2分ほどでアクセスが可能です。周囲は近代的な高層ビルやモールで賑やかですが、寺院内は静かで、おおらかな雰囲気に包まれます。色鮮やかな壁画や祭壇を見ることができ、特に大雄殿とジジャン殿堂がおすすめ。白い提灯と三重塔が美しい大雄殿、地獄の王と弥勒菩薩の壁画がある霊山殿も見どころ。木版画や高さ32メートルの弥勒仏像など、著名な工芸品も展示されています。寺院宿泊プログラムでは、仏教の生活体験やガイドツアーなどを楽しめます。韓国仏教の伝統と歴史を感じながら、のんびりとしたひとときを過ごしてみませんか。

釜山でおすすめの観光スポット

  • 韓国の海雲台海水浴場(ヘウンデヘスヨクチャン)

    海雲台海水浴場(ヘウンデヘスヨクチャン)

    釜山の海雲台海水浴場は、夏だけでなく一年中観光客に人気のスポットで、釜山のダイナミックな雰囲気を楽しむことができます。サマーシーズンには全国から100万人もの人々が集まり、韓国最大級のビーチとして知られています。 約1.8kmの砂浜に並ぶパラソルの数は、ギネスブックにものるほど。赤と青のパラソルが印象的です。ビーチ内にはシャワーや更衣室、ロッカーなどが完備されており、ビーチパラソルや浮き輪等も有料でレンタルできます。周辺の海岸通りには水族館をはじめ、オーシャンビューのホテルやカフェ、焼肉店などが立ち並びます。

  • 韓国の甘川文化村(カムチョンムナマウル)

    甘川文化村(カムチョンムナマウル)

    この集落は山のふもとにあり、階段状に美しい家々が並んでいます。釜山の「マチュピチュ」と称され、地域の住民たちによって再生された体験観光スポットとして注目を浴びています。村の案内センターで購入できるスタンプマップを使って路地ツアーが楽しめます。入口の小さな博物館で村の物語を聞いてツアーを始めましょう。テーマのあるホームプロジェクトや造形作品ツアーなどがあり、楽しむことができます。山肌にカラフルな家が階段状に広がり、路地が迷路のように入り組んでいます。 カラフルでポップな家々はまるでおもちゃの世界のように魅力的です。快適な散策のために歩きやすい靴を履いて行くことをおすすめします。

  • 韓国の五六島スカイウォーク(オリュクト スカイウォーク)

    五六島スカイウォーク(オリュクト スカイウォーク)

    釜山湾の入口にある「五六島」は、潮の満ち引きによって5つや6つのに見える島で、2007年に国の文化財に指定されました。2013年にガラス張りの展望台「五六島スカイウォーク」がオープンし、人気の観光スポットとなりました。約15メートルの長さのガラスの橋が、24枚のガラス板で作られています。この橋は馬の蹄の形をしており、床ガラスは4枚のガラス板を特殊製作した厚さ55.49ミリの防弾ガラスに防弾フィルムを取り付けて作られています。橋の床ガラスを通して、荒波が絶壁を打ちつけている迫力ある様子を楽しめます。晴天の日には対馬の景色を眺めることがきます。

  • 韓国の南浦洞市場(チャガルチ市場)

    南浦洞市場(チャガルチ市場)

    新鮮な海産物を食べるならここ。グルメにもショッピングにもおすすめの市場です。7,500坪の広大な敷地に約1,200ものお店が連なるこの南浦洞市場は、韓国でも最大規模の水産市場のひとつです。新鮮な魚介類が種類豊富にそろっていて、タイやヒラメなどのよく見る魚からウニやアワビなどの高級なもの、さらにはマンボウなど珍しい魚も売っています。2006年に新しく地上7階建てのビルとなったチャガルチ市場は、遠目からも目立ちますね。ビルになる前のちょっと汚いイメージの市場とは印象も変わって、きれいで観光客も入りやすい場所となりました。食べたい魚があれば、1階で購入して2階で調理してもらうこともできます。

  • 韓国の釜山ダイヤモンドタワー(プサンダイヤモンドタワー)

    釜山ダイヤモンドタワー(プサンダイヤモンドタワー)

    釜山ダイヤモンドタワーは、高さ120メートルの展望台から360度の釜山の街並みが見渡せます。ダイヤモンドタワーは龍頭山公園にあります。1973年に完成し、親しまれてきた釜山タワーが全面リニューアルされ、2021年12月15日に再オープンしました。展望台から見渡す街の様子や海の風景は観光客に人気です。また夜に行われる花火マッピングショー、各種フォトゾーン、ロボットアームが飲み物を作ってくれるカフェなど見どころが満載です。釜山港やロッテモールなど、遮るものが何もないので遠くまで見渡せますよ。展望台へはエスカレーターで登ります。昼間の景色のみならず夜景もとてもロマンチック。タワーやその周辺には公園や売店もあるので、散策におすすめです。

  • 韓国の海東龍宮寺(ヘドンヨングンサ)

    海東龍宮寺(ヘドンヨングンサ)

    波打ち際の岩場に建てられた珍しいお寺で、観音信仰の聖地として韓国でも有名です。その歴史は1300年代までさかのぼり、一度は焼失したものの、1930年代に再建され、今に至ります。高さ10メートルもある海水観音大仏は、ひとつの石から作られた仏像としては韓国最大級です。1974年に普門寺から現在の海東龍宮寺に改名され、誰もが心から祈りさえすれば、ひとつだけ願い事を叶えてくれると言われています。お寺入口までの参道には屋台が並んでおり、地元民にも観光客にも人気のお寺です。海雲台から車で30分ほどでアクセス可能です。釜山の不思議な海のお寺で、願い事かなえてみませんか?

  • 韓国の広安里海水浴場(クァンアルリ ヘスヨクチャン)

    広安里海水浴場(クァンアルリ ヘスヨクチャン)

    海雲台海水浴場のすぐ隣にある広安里海水浴場も、釜山で有名な海水浴場です。美しい砂浜、広々としたエリアで観光客に大人気です。 広安里は若者に愛され、レストラン、カフェ、ファッションブランドの店が立ち並びます。美食と観光スポットが充実しており、夜には広安大橋の美しい夜景が楽しめます。釣りや新鮮な刺身も楽しめ、オリンピックヨット競技場でヨットも体験できます。 宿泊施設も充実しており、文化施設や放送局にも近くにあり、夏のシーズンには様々なお祭りと文化スペースが楽しめます。また野外ステージもあることから釜山海祭りをはじめとしたさまざまなお祭りも観光客向けに開催されています。

  • 韓国の釜山港大橋(プサンハンテギョ)

    釜山港大橋(プサンハンテギョ)

    2014年に開通した海上橋で、影島と南区を結びます。最長3,368メートルのこの橋はスタイリッシュなデザインで、主塔は馬が走る姿をイメージしています。美しいライトアップが実施され、釜山の代表的な橋として輝きます。橋からの景色は圧巻で、影島、釜山港、景色を一望できます。毎年5月に開催される「釜山港祭り」では、釜山港大橋と花火の壮観な光景を楽しめます。釜山港大橋を利用すると、影島と海雲台などの観光スポットに20〜30分でアクセス可能です。

  • 韓国の太宗台(テジョンデ)

    太宗台(テジョンデ)

    太宗台は、釜山・影島南端に位置し、緑豊かな森を歩きながら青い海を眺めることができます。波によって削られた岩の海岸が神秘的な風景を演出しています。展望ポイントから海を見るだけでなく、階段の散策路を通じて海岸の砂利広場にもアクセスできます。変化し続ける風景にワクワクすること間違いなしです。都心からのアクセスも良く、まだ素朴な魅力が残っています。影島の突端に位置し、約180万平方メートルに広がるこの場所には、断崖絶壁に立つ灯台や展望台があります。リニューアルされた灯台は、モダンなデザインで現代的な魅力を放っています。 晴れた日には海岸線の向こうには対馬が見えることもあるそうです。ぜひ訪れて美しい自然と景観を楽しんでください。

韓国旅行におすすめのレストラン

  • 韓国の又来屋 Woo Lae Oak(ウレオク)

    又来屋 Woo Lae Oak(ウレオク)

    「又来屋 Woo Lae Oak(ウレオク)」は、ミシュラン・ビブグルマンを獲得した老舗のレストランです。1946年創業のこの店では、絶品の韓国冷麺とカルビを堪能できます。ソウル随一の冷麺で、スパイシーなスープと絡む麺は絶対に味わいたい逸品です。辛さと美味しさにやみつきになること間違いなし。辛さが苦手な方にもあっさりしたスープの冷麺もあります。カルビも評判で行列必至です。お昼の12時ごろは混雑するため、時間をずらして訪れることをおすすめします。整理券があるので、順番待ちの間に周辺を散策するのもおすすめですよ。賑やかなビジネス街に位置し、アクセスも便利です。

  • 韓国の金豚食堂(クムテジシッタン)

    金豚食堂(クムテジシッタン)

    「金豚食堂(クムテジシッタン)」は、韓国アイドルも愛する人気店です。こちらの看板メニューは骨付きサムギョプサル。香ばしく焼かれた肉をネギ入りの特製ダレでサンチュに包んで食べるのがおすすめです。香ばしい味わいと肉のうまみがぎゅっと口の中に溶け出して、いくつでも食べられるおいしさですよ。2019年にはミシュランにも掲載され、その評価も高まっています。駅から徒歩で行ける薬水駅周辺は芸能人が住む高級エリアで、観光客にも人気です。開店直後か、お早めに来店することをおすすめします。骨付きサムギョプサルのおいしさと芸能人に遭遇する可能性を楽しんでくださいね。

  • 韓国の広蔵市場(クァンジャンシジャン)

    広蔵市場(クァンジャンシジャン)

    ソウルのグルメマーケット、広蔵市場(クァンジャンシジャン)。1905年に設立されたこのマーケットは、ソウル市民と観光客に愛される活気ある市場です。歴史的な雰囲気が漂い、本場の韓国グルメが集まる台所となっています。賑やかな雰囲気で店員との交流を楽しんでください。キムチやキンパッ(韓国風海苔巻き)などの本格的な料理を試してみましょう。お酒も楽しめ、おつまみとしてのマッコリもおすすめです。食べ物だけでなく、工芸品や衣類も販売されており、お土産探しにも最適。食べ歩きながらマーケットを楽しむことができます。本物のソウルの味と雰囲気を思いっきり楽しんでくださいね。

  • 韓国のGhiwon22(ジウォン22)

    Ghiwon22(ジウォン22)

    明洞(ミョンドン)から近くにある高級バー。クラシカルな雰囲気で上質なソウルの夜を楽しめます。定番のカクテルやウイスキー、このお店オリジナルのカクテルも味わえるので、ぜひマスターに今日のおすすめを聞いてみてくださいね。スタッフの親切でプロフェッショナルな接客にも間違いなく満足できますよ。光化門駅から徒歩15分、明洞から徒歩5分程度でアクセスが便利です。ショッピングやディナー後にも最適です。ほろ酔い気分で清渓川(チョンゲチョン)へ散歩もおすすめ。ライトアップされた川のほとりは、なんともロマンチックな雰囲気です。心地よいジャズが流れ、高級な雰囲気の中で贅沢な夜をお楽しみください。

  • 韓国のClos de Yong(クロス・デ・ヨン)

    Clos de Yong(クロス・デ・ヨン)

    高級ワインリストが充実のワインバー「Clos de Yong(クロス・デ・ヨン)」。オーナーは数々のコンクールで優勝した経歴を持つ、ソウルのトップソムリエです。ブルゴーニュやシャンパーニュに詳しいオーナーとの会話を楽しみながら様々なワインを堪能できます。カジュアルから高級まで幅広いラインナップがあり、お好みに合わせて選べます。お店は高級感あふれる雰囲気の狎鴎亭(アックジョン)エリアに位置します。人気のロデオ通りやギャラリア百貨店名品館WESTも近く、ショッピングやディナーの後にリラックスしてワインを楽しむのに最適です。ぜひソウルで特別な夜を過ごしてくださいね。

韓国の基本情報

公用語
韓国語
宗教
仏教、キリスト教
通貨
韓国では通貨としてウォンが使われています。レストランやタクシーなどでチップを渡す習慣はありませんが、サービス料が含まれていない場合は10%程度のチップを渡すこともできます。
費用
韓国旅行の費用の目安は2泊3日で約7.5万円〜。4泊5日の場合は、約11万円〜です。 事前にかかる費用: ・航空券代:1.9万円~5万円 ・ホテル代:1泊5,000円~2.5万円 ・海外保険代:1,000円~ 現地でかかる費用: ・食費:1万円~3万円 ・交通費:3,000円~ ・観光・アクティビティ費:5,000円~ ・インターネット、Wi-Fi代:4,000円~ ・お土産代:5,000円~5万円 これらにその他の費用を加えて予算を計画しましょう。
ビザ
韓国への90日以内の観光の場合、ビザを取得する必要はありません。 ただし、入国時にパスポートの有効期間が3ヶ月以上求められます。 ※2022年11月から2023年4月1日までは事前に「電子旅行許可制度(K-ETA)」への登録申請が必要とでしたが、韓国政府は、2024年12月31日までの間、日本を含む22か国・地域に対し、一時的に電子旅行許可制度(K-ETA)の適用を免除することを発表しました。詳細はK-ETAウェブサイト(https://www.k-eta.go.kr/portal/apply/index.do )をご参照ください。
日本との時差
なし
気候
韓国の気候は、日本と比較して四季がはっきりしています。夏は30℃前後で、湿度が高いため蒸し暑いです。冬は氷点下になることもあり、寒さが厳しいです。春と秋は過ごしやすく、20℃前後の気温が続きます。
治安
韓国は比較的安全な国ですが、観光地や繁華街などでは盗難や置き引きに注意が必要です。また、夜間の一人歩きは避けるようにしましょう。日本と比較すると、韓国は若者の飲酒文化が根強く、酔っ払いに注意が必要です。また、北朝鮮との関係が緊張しているため、国境地帯や軍事施設周辺では厳重な警備が行われています。
物価
韓国は日本と比べて物価が安い傾向にあります。特に食事や交通費が格安で、観光地でもリーズナブルな価格で楽しめます。ただし、日本と同様に高級ブランド品やホテルなどの高級なものは高価です。また、最近は外国人観光客の増加により、物価が上がっている傾向にあるため、事前に予算を立てておくことが大切です。
交通手段
韓国の交通手段は、地下鉄やバスが主流です。特に地下鉄は、観光地や市街地を網羅しており、便利です。ただし、ラッシュ時は混雑することがあります。また、渋滞も多いため、車での移動は避けた方が良いでしょう。日本と比べると、地下鉄の路線数は少なく、バスの本数も少ない傾向があります。また、韓国の運転マナーは日本とは異なり、車線変更や急ブレーキが多いため、注意が必要です。
インターネット
韓国では市内やホテル、カフェなどでWifiがある場所もありますが、ご自身で用意されるのをおすすめします。旅行日程が短い場合、日本でWifiをレンタルするのが手軽でおすすめです。旅行日程が長い場合、現地でSIMカードを購入すると価格を安く抑えられます。この場合、契約している通信キャリア以外のSIMが使えないSIMロックがかかっているスマートフォンがあるので、事前に確認が必要です。
電源プラグ
韓国では、電源プラグは日本と異なり、タイプCとFが使用されます。日本から持参する場合は、変換プラグが必要です。また、一部のホテルや空港などでは、変換プラグを貸し出している場合もあります。旅行前に確認しておくことをおすすめします。
飲水
韓国の水道水は、飲用も可能ですが、特定のホテルなどでは推奨していないこともあります。もしもの場合に備えて、できるだけミネラルウォーターを飲むことをおすすめします。
トイレ
ホテル、レストラン、デパートなどでは、水洗トイレが整備されており安心です。最近では公衆トイレも改善されていますが、トイレットペーパーが不足していることもあります。公衆トイレを利用する際には、ティッシュペーパーを持参しておくことをおすすめします。設備が整っておらず、使用済みの紙を流さずに、備え付けのゴミ箱に捨てる仕様の場合もあるので注意が必要です。
海外旅行保険
現地で体調を崩し治療や入院が必要になってしまった際や、スリや盗難などのトラブルにあった際に海外旅行保険に入っていると安心です。NEWTではツアーやホテルのご予約完了後に任意で簡単に加入することができます。

韓国のよくある質問

  • 日本から韓国のフライト時間はどのくらいですか?
    日本とソウル(韓国 の首都)間の平均フライト時間は 2時間35分 です。
  • 韓国のおすすめの旅行日数は何日ですか?
    2泊3日以上がおすすめです。
  • 韓国旅行のベストシーズンはいつですか?
    春(3月~5月)と秋(9月~11月)がおすすめです。晴れの日が多く、観光として歩きまわるのにちょうどいい気候です。
  • 韓国旅行の費用の安い時期はいつですか?
    5~7月、12~1月が比較的安くお得です。
  • 韓国語が話せないのですが、大丈夫ですか?
    大丈夫です。明洞(ミョンドン)や東大門(トンデムン)などの市街地には、日本語のメニューや案内が提供されていることもあります。不安な場合は、韓国に行く前に翻訳アプリ「Papago」をダウンロードしておくことをおすすめします。
  • 現金 or クレジットカード、 おすすめはどちらですか?
    T-moneyカードのチャージや市場、地下モールなどでのお買い物では現金を使う必要がありますが、それ以外の支払いにはほとんどクレジットカードを利用できます。2泊3日の韓国旅行を考えると、1万円を両替すれば十分かなと思います。
  • 韓国ではチップを払う必要はありますか?
    基本的に不要です。
  • 韓国旅行でおすすめの交通系ICカードは何ですか?
    T-moneyカードがおすすめです。韓国版のSuicaのような便利な交通系ICカードで、電車やバス移動で大いに役立ちます。しかも、このカードは約300円台でコンビニで手に入れることができます。
  • 韓国旅行でおすすめの交通系アプリは何ですか?
    カカオタクシーがおすすめです。タクシーを簡単に呼べるアプリです。事前に登録しておけば、タクシーを呼ぶ手間が省けて便利です。配車は、出勤や終電時に少し待つことがあるかもしれませんが、ほとんどの場合、すぐにタクシーを見つけることができます。
  • 韓国に来たら絶対に食べておきたい!有名な食べ物は何ですか?
    「サムギョプサル」「カンジャンケジャン」などがおすすめです。「サムギョプサル」は、スライスされた豚バラ肉を焼いて食べる料理です。韓国では、焼肉と言えば豚肉が主に使われます。肉を薬味と一緒にサンチュ(生のキャベツの葉)で巻いて食べます。焼きキムチ、韓国味噌、ネギサラダなどをトッピングして、美味しくお楽しみいただけます。 「カンジャンケジャン」は、生のワタリガニを塩と絡めダレで熟成させた魅力的な料理です。この料理は醤油ベースであり、韓国料理特有の辛さはありません。 生のワタリガニのプリプリとした食感と、とろけるようなカニみそでカニの旨味を堪能できます。

NEWTのおすすめ

NEWTならではの旅行・ツアーの特徴

  • Tour & Hotel

    5%分のポイントがたまる

    旅行代金の5%分、NEWTポイントを還元👛 1ポイント=1円として次回の旅行予約で使えます。詳細

  • Tour & Hotel

    現地での24時間サポート

    旅行中のトラブルからアクティビティ予約まで、24時間365日いつでも日本語でサポート!

  • Tour

    ツアー料金は最低価格を保証

    他社のツアーより料金が高い場合は、こちらよりお問い合わせください✉️ ※1

  • Tour

    ご希望のアレンジに対応

    空港からホテルまでの送迎、海外旅行保険、Wi-Fiなど、ご希望にあわせてご案内します💁‍♀️ ※2

  • Tour

    万が一のキャンセルも安心

    1人あたり最大10万円まで、NEWTがキャンセル料を負担します💪 適用条件はこちら。※3

※1 同日程・同条件などの適用条件があります。 ※2 ツアーに含まれていない場合は、追加代金がかかります。※3 サポート金額はキャンセル料の70%となります。

メディア掲載実績

  • ITmedia
  • Asahi Shinbun
  • ABEMA
  • Oggi
  • Kankou Keizai
  • Nakai Masahiro
  • CanCan
  • Jigyou Kouso
  • wbs
  • Seven News
  • NEWS watch 9
  • NEWSPICS
  • non-no
  • Hiruobi
  • Pivot
  • Bridge
  • Mezamashi TV

受賞歴

  • 東洋経済すごいベンチャー100
2021

    東洋経済すごいベンチャー100 2021

  • 日本経済新聞
NEXTユニコーン(105位)

    日本経済新聞 NEXTユニコーン(105位)

  • Forbes japan
『日本の起業家BEST10』

    Forbes japan 『日本の起業家BEST10』

オンラインで旅行相談

海外旅行のことなら、どんなことでも!NEWTトラベルコンシェルジュにご相談ください🤝

  • 自分に合ったホテルを提案してほしい
  • さまざまなエリアを周遊したい
  • ハネムーンプランがあるか確認したい など
LINEで相談する

運営会社

  • 社名
    株式会社 令和トラベル
  • 創業
    2021年4月5日
  • 代表
    篠塚孝哉
  • 登録番号
    観光庁長官登録旅行業第2123号
  • 資本金
    23億円(資本剰余金を含む)
  • 住所
    〒150-0031東京都渋谷区桜丘町16-13 桜丘フロントⅡビル 6F

NEWT(ニュート)
スマートに海外旅行

NEWTアプリ画面イメージ

Follow Us

最新の渡航ニュースやおすすめスポットなど、
海外旅行の情報をお届けします✈️
  • LINE
  • X
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube