NEWTスマートに海外旅行
おトクなバンクーバーツアー

おトクなバンクーバーツアー

日付を入力して、NEWT(ニュート)のバンクーバーツアーの最新料金をチェックしましょう✈️

バンクーバー(カナダ)の海外旅行・ツアー

    • 検索結果
    • 6

バンクーバー(カナダ)

/ 5-7日間

立地ばつぐんで由緒あるホテルに宿泊。周辺の観光スポットも充実!

  • バークレー ホテル
    • 直行便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

バンクーバー(カナダ)

/ 5-7日間

観光に便利な立地がうれしい!エレガントなロビーが印象的なホテルに滞在

  • ハイアットリージェンシー バンクーバー
    • 直行便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

バンクーバー(カナダ)

/ 5-7日間

ダウンタウンの中心地に泊まろう!プールやレストランなど施設も充実ホテル

  • シェラトン バンクーバー ウォールセンター
    • 直行便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

バンクーバー(カナダ)

/ 5-7日間

ヨーロッパの雰囲気が漂うおしゃれホテルにステイ!観光もショッピングも満喫プラン

  • ザ サットン プレイス ホテル バンクーバー
    • 直行便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

バンクーバー(カナダ)

/ 5-7日間

まるで自宅にいるような心地よさ。キッチンつき1ベッドルームでゆったり滞在!

  • カルマーナホテル&スイーツ
    • 直行便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

バンクーバー(カナダ)

/ 5-7日間

徒歩圏内にみどころ満載!好ロケーションホテルに滞在してバンクーバーを遊びつくそう

  • サンドマン ホテル バンクーバー ダウンタウン
    • 直行便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

バンクーバー旅行におすすめの人気観光スポット

  • バンクーバーのギャスタウン

    ギャスタウン

    レトロなインテリアなどが魅力的な観光スポット。石畳の道とレンガ造りの建造物が、レトロな雰囲気を演出しています。カフェやショップ、レストランも多く、散策しながら昔ながらの雰囲気を楽しむことができます。最近では、クラシカルなカフェやブティックショップなどが増えており、若者を中心に人気を集めています。最大の見どころは、世界で唯一の蒸気を動力とした時計です。15分ごとに蒸気の力で汽笛を鳴らし、時間を知らせてくれます。夜には街全体がライトアップされ、お昼とは違った雰囲気に。映画の中の世界のように幻想的な風景が広がります。バンクーバー屈指のおしゃれエリアなので、SNS映えもばつぐん。

  • バンクーバーのスタンレーパーク

    スタンレーパーク

    広大な面積を誇り、散策やベンチでくつろいだりするのに最適な場所です。水族館やプールもあり、四季に応じてさまざまな表情を見せてくれるスタンレーパークは、地元民の憩いの場として親しまれています。色とりどりの草花に囲まれた豊かな自然。カナダ国定史跡に登録されているだけでなく、世界のうつくしい公園ランキングにも選出。周辺の観光スポットからもアクセスしやすく、屋内にあるので、雨の日のおでかけでも安心です。

  • バンクーバーのバンクーバールックアウト

    バンクーバールックアウト

    バンクーバーの絶景を360度見渡して。ダウンタウンの絶景を楽しみたい方は、バンクーバールックアウトへ足を運んでみては?ダウンタウンから徒歩で行けるところにある展望台です。ここからは、バンクーバー市内や周辺の山々や海が一望できます。バンクーバーの市街地を一望できる素晴らしい景色をぜひお楽しみください。展望台へ行くまでのエレベーターはガラス張り。オレンジの光に照らされたダウンタウンの景色は圧巻で、幻想的な光景に思わずうっとりしてしまうでしょう。展望台の下には、コンチネンタルダイニングを楽しめるレストランも。沿岸の山々や海、スカイラインのパノラマ景色を堪能できます。夜景と料理のハーモニーはまさに格別。

  • バンクーバーのグランビルアイランド

    グランビルアイランド

    再開発されショッピングやグルメを楽しめる人気スポットとなっている島です。島内にはカナダ最大級の屋外市場「グランビルアイランド公設市場」があり、新鮮な野菜や果物、魚介類やお肉、手芸品やアクセサリーなど様々なものが売られています。スイーツショップや雑貨店など、見ているだけでも楽しいお店が盛りだくさん。アートセンターやクラフト蒸留所といった施設もあるので、1日中楽しめます。また、島内には美しい公園や花壇、彫刻作品が多数点在しており、まるで美術館内を散策しているかのような感覚に。

  • バンクーバーのイングリッシュベイ

    イングリッシュベイ

    カナダで最も魅力的なビーチの一つ。ここでは、砂浜での日光浴や、のんびりとした散歩を楽しむことができます。また、美しい夕日で有名であり、夕方になるとたくさんの人々が集まって美しい景色を楽しんでいます。グラデーションカラーの空とゆらゆらと波を打つ海の景色は圧巻。特に夏には、ビーチバレーや野外映画上映などのイベントも開催され、楽しみ方はさまざまです。その他、ビーチ周辺には多くのレストランやカフェがあり、美味しい食事やドリンクを楽しむこともできます。

  • バンクーバーのキャピラノ吊り橋(キャピラノ渓谷)

    キャピラノ吊り橋(キャピラノ渓谷)

    世界有数の絶景吊り橋ともいわれ、歩くたびに橋がぐらぐらと揺れ、思わず足がすくんでしまうかもしれません。スリルも満点ですが、空中から眺める壮大な景色はまさに圧巻。一歩渡れば、まるで大自然をひとりじめしているような気分を味わえますよ。吊り橋を離れた場所から撮影できるポイントもあるので、カメラに収めるのをお忘れなく森を歩いていると、運が良ければ野生動物にも出会えるかもしれません。リスやサギ、虹色のトラウトなど多様な生き物が暮らす渓谷の自然美も堪能できます。

バンクーバーの基本情報

公用語
英語、フランス語
宗教
キリスト教
通貨
バンクーバーでは、通貨としてカナダドルが使用されています。レストランやホテルでのサービスに対しては、チップを渡すことが一般的です。
費用
バンクーバー旅行の費用の目安は、5泊7日で30万円〜です。 事前にかかる費用: ・航空券代:(東京発 往復1名分) 安い時期(日本の長期休暇以外):15万円~27万円ほど(燃油・諸税込み)が相場 高い時期(GWや夏休み、年末年始):22万円~32万円ほど(燃油・諸税込み)が相場 ・ホテル代:(1泊1室2人分) リーズナブルなシティホテル:1万円~2万円前後 スタンダードホテル:2万円~3万円前後 高級ホテル:4万円~6万円前後 ・WiーFi代:約5,000円〜 ・海外保険代:約2,500円 ・eTA代:約740円 現地でかかる費用: ・食事代:1日あたり約1万円〜 ・交通費:1日あたり約1,500円〜 ・観光とオプショナルツアー代:1スポットあたり約2,000円〜 ・お土産代:約1万円〜 ・チップ代:食事の合計金額に対して10〜15%程度(高級店の場合は20%前後) これらにその他の費用を加えて予算を計画しましょう。
ビザ
(1) 日本からカナダへ航空機で入国する際は、3か月以内の観光目的での滞在の場合、特別な査証は不要です。ただし、米国のESTAと同様に、事前にパスポート情報などをオンラインで登録し、電子渡航認証(Electronic Travel Authorization、略称:eTA)を取得する必要があります。ただし、永住者カードを持っている場合はこの要件は適用されません。また、陸路や海路でのカナダ入国はこの要件の対象外です。2015年8月1日以前に就労許可や就学許可を取得した人が、カナダから出国し、空路で再入国する場合もeTAが必要です。 (2) eTAの申請は、カナダ政府の専用ウェブサイトから行う必要があります。eTAを取得していない場合、カナダ行きの航空機に搭乗できません。また、日本とカナダの二重国籍者はeTAの申請ができませんので、旅行の際にはカナダのパスポートを持参してください。
日本との時差
バンクーバーは日本と時差があります。サマータイムがあるため時期によって異なり、16〜17時間の時差があります。
気候
バンクーバーは日本と比較して温暖な気候です。夏は平均気温が摂氏20度から25度程度で、冬は摂氏0度から5度程度です。日本の冬に比べると比較的暖かいですが、夏は日本と同じくらいの気温です。
治安
バンクーバーは比較的治安が良いとされています。ただし、夜間の一人歩きや、人気のない場所での行動には注意が必要です。また、自転車や車の盗難が多いため、貴重品は常に持ち歩かずに宿泊先のセーフティボックスに預けることをおすすめします。
物価
バンクーバーは日本と比べて物価が高めです。特に食事や交通費が高く、観光地の入場料も日本より高めです。ただし、アウトドアアクティビティや自然の美しさは日本とは異なる魅力があります。
交通手段
バンクーバーは公共交通機関が充実しており、バスや地下鉄、トラムなどがあります。渋滞も日本の都市に比べると比較的少なく、車での移動もスムーズです。ただし、冬季には積雪があるため、運転には注意が必要です。
インターネット
バンクーバーでは市内やホテル、カフェなどでWifiがある場所もありますが、ご自身で用意されるのをおすすめします。旅行日程が短い場合、日本でWifiをレンタルするのが手軽でおすすめです。旅行日程が長い場合、現地でSIMカードを購入すると価格を安く抑えられます。この場合、契約している通信キャリア以外のSIMが使えないSIMロックがかかっているスマートフォンがあるので、事前に確認が必要です。
電源プラグ
バンクーバーでは、電源プラグは日本と同じAタイプです。電圧は110V~120Vです。
飲水
バンクーバーの水道水は安全に飲むことができますが、一部の地域ではミネラル分が豊富な場合があります。胃腸が敏感な方にはミネラルウォーターの利用をおすすめします。
トイレ
トイレは、バンクーバーではウォッシュルームやレストルームと呼ばれています。カナダの街中には一般的な公衆トイレが少ないため、外出前にトイレを済ませたり、レストランやデパートなど立ち寄る際に利用することをおすすめします。
海外旅行保険
現地で体調を崩し治療や入院が必要になってしまった際や、スリや盗難などのトラブルにあった際に海外旅行保険に入っていると安心です。NEWTではツアーやホテルのご予約完了後に任意で簡単に加入することができます。

バンクーバーのよくある質問

  • 日本からバンクーバーのフライト時間はどのくらいですか?
    成田空港からバンクーバー国際空港まで直行便で約9時間が目安です。
  • バンクーバーのおすすめの旅行日数は何日ですか?
    3泊5日以上がおすすめです。
  • バンクーバー旅行のベストシーズンはいつですか?
    5月〜10月(乾季)です。この期間は涼しく、晴天が続き、アウトドア活動に最適です。
  • バンクーバー旅行で費用の安い時期はいつですか?
    年末年始明けの1月~3月が比較的安くお得です。
  • バンクーバーではチップを払う必要はありますか?
    レストランやタクシーなどでサービスに満足した場合は、チップを渡すことが一般的です。合計金額の10%〜20%が相場です。
  • バンクーバー旅行の交通手段におすすめアプリは何ですか?
    Uber(ウーバー)がおすすめです。Uberはタクシーと同じように利用できる配車サービスです。アプリを使って予約し、日時と場所を指定して目的地まで送迎してもらえます。タクシーよりも安価で、行き先を事前に指定できるので言葉が通じなくても安心して利用可能です。ドライバーはプロではなく一般人も登録できるため、事前にドライバーの評判を確認し、安全性を確認するように注意しましょう。
  • バンクーバー旅行におすすめの交通案内アプリは何ですか?
    Transitがおすすめです。バンクーバーの電車やバスなどの公共交通機関を利用する際に便利なアプリです。出発や到着時刻、目的地までのルートを確認できます。
  • バンクーバーの有名な食べ物は何ですか?
    サーモン、プーティン(グレイビーソースとチーズがかかったポテト)などが有名です。

NEWTならではの旅行・ツアーの特徴

  • Tour & Hotel

    5%分のポイントがたまる

    旅行代金の5%分、NEWTポイントを還元👛 1ポイント=1円として次回の旅行予約で使えます。詳細

  • Tour & Hotel

    現地での24時間サポート

    旅行中のトラブルからアクティビティ予約まで、24時間365日いつでも日本語でサポート!

  • Tour

    ツアー料金は最低価格を保証

    他社のツアーより料金が高い場合は、こちらよりお問い合わせください✉️ ※1

  • Tour

    ご希望のアレンジに対応

    空港からホテルまでの送迎、海外旅行保険、Wi-Fiなど、ご希望にあわせてご案内します💁‍♀️ ※2

  • Tour

    万が一のキャンセルも安心

    1人あたり最大10万円まで、NEWTがキャンセル料を負担します💪 適用条件はこちら。※3

※1 同日程・同条件などの適用条件があります。 ※2 ツアーに含まれていない場合は、追加代金がかかります。※3 サポート金額はキャンセル料の70%となります。

NEWT(ニュート)
スマートに海外旅行

NEWTアプリ画面イメージ

Follow Us

最新の渡航ニュースやおすすめスポットなど、
海外旅行の情報をお届けします✈️
  • LINE
  • X
  • Instagram
  • TikTok
  • YouTube