NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)空港を徹底解説!アクセスなど

日本人観光客に絶大な人気を誇るリゾート地、ハワイ。この記事では、ハワイ旅行の起点となるダニエル・K・イノウエ空港からの各アクセス、ラウンジや免税店について、徹底解説していきます。 空港から送迎バス、レンタカー、タクシーなどでのアクセス方法などを事前にリサーチして、南国ハワイでの旅行を満喫してくださいね!

ライター
NEWT編集部

日本人観光客に絶大な人気を誇るリゾート地、ハワイ。この記事では、ハワイ旅行の起点となるダニエル・K・イノウエ空港からの各アクセス、ラウンジや免税店について、徹底解説していきます。

空港から送迎バス、レンタカー、タクシーなどでのアクセス方法などを事前にリサーチして、南国ハワイでの旅行を満喫してくださいね!

Contents

ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)空港とは?


photo by Unsplash

ダニエル・K・イノウエ空港(空港コード:HNL)は、1927年3月に開港したオアフ島にある空港です。元々はジョン・ロジャース空港という名前でしたが、1947年5月に名称をホノルル国際空港に変更。そして2017年4月、日系アメリカ人初の米国上院議員であったダニエル・ケン・イノウエ氏に由来して、空港名が再び変わりました。

空港からワイキキ市内まで車で25分ほどで到着するため、人気の観光スポットにもアクセスしやすいです。日本からの発着便は、JAL(日本航空)、ANA(全日本空輸)、ハワイアン航空、デルタ航空、ZIPAIRなど。ハワイの離島やアメリカ本土、その他の地域など1日に400便以上のフライトが乗り入れている大きな空港です。

\NEWTでハワイ旅行ツアーをチェック!/

ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)空港のターミナルは3ヶ所!


https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Daniel_Inouye_Airport_Aloha_Sign.jpg#/media/ファイル:Daniel_Inouye_Airport_Aloha_Sign.jpg
photo by expedia

ダニエル・K・イノウエ空港の敷地内には、全部で3つのターミナルがあります。ハワイアン航空専用のターミナル1、国際線があるメインターミナルと呼ばれるターミナル2、ハワイの離島へのフライトがあるターミナル3から構成されています。以下でそれぞれのターミナルについて詳しくご紹介します。

ターミナル1


Terminal A at Honolulu International by Daniel Ramirez is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/danramarch/52645270527
※画像はイメージです

ターミナル1は、ハワイアン航空のアメリカ国内発着便が就航しており、A1〜A20とB1〜B5までのゲートがあります。2021年に拡張工事が行われ、白を基調とした明るい館内はハワイの大自然をモチーフにデザインされています。そのため空港内でも、ハワイの雰囲気を存分に感じることができますよ。

またターミナル1には、空港の名前の由来にもなっているダニエル・ケン・イノウエ氏がワシントンD.C.にて着任していた際のオフィスのレプリカが設置されています。

ターミナル2


Honolulu International Airport, Hawaii by Sharon Hahn Darlin is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/sharonhahndarlin/50408035921

メインターミナルとも呼ばれるターミナル2は、ハワイアン航空以外の航空会社のフライトが発着するため空港の中心ともいえます。ちなみにハワイアン航空の日本往復便は、例外的にターミナル2を使用しています。

ターミナル2のゲートはC、D、E、F、Gの5つあり、エバ・コンコース 、セントラル・コンコース、ダイヤモンドヘッド・コンコースに分けられています。日本発着便はJAL(日本航空)、ANA(全日本空輸)、ハワイアン航空、デルタ航空、ZIPAIRなどがあり、ほかにも大韓航空やチャイナエアライン、エアカナダやニュージーランド航空など、世界各国からのフライトが乗り入れているターミナルです。

到着フロアは2階にあり、入国審査を受けたあと1階に降りて手荷物を受け取ります。ターミナルにはラウンジや20以上の飲食店、30店舗ほどのショッピング施設が入っており、旅行の最後までハワイの雰囲気を楽しめますよ。

ターミナル3


※画像はイメージです

ターミナル3は、小型機専用のモクレレ航空が就航しています。ハワイ島やマウイ島などへのフライトが出ており、乗客人数9人の小型プロペラ機を運航している比較的小さなターミナルです。

ターミナル間の移動方法


photo by Unsplash

ターミナル1とターミナル2の移動は3分ほど歩くと到着しますが、シャトルバスも出ています。ターミナル間移動専用のバスは15〜20分間隔で出ているので、乗り継ぎでターミナルを移動する際は使ってみてもよさそうですね。

日本から乗り継ぐ際の荷物は、一度受け取ってから税関前で再び預けます。直接日本から離島まで荷物を預けることができないため、乗り継ぐ際の荷物の移動には気をつけてください。

ちなみにターミナル1とターミナル3は隣接しているので、歩いてすぐに到着します。

ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)空港のラウンジは?


Delta Sky Club at Honolulu Airport by Tony Webster is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/diversey/49493424543

ダニエル・K・イノウエ空港には、たくさんの空港ラウンジがあります。航空会社のステータスやビジネスクラス以上に搭乗する方が利用できるラウンジや、特定のクレジットカードをお持ちの方や海外のラウンジが利用できる会員サービスのプライオリティーパスで使えるラウンジがあります。

ダニエル・K・イノウエ空港で利用できるラウンジは、以下の通りです。

  • IASSラウンジ
  • サクララウンジ(休業中)
  • ANAラウンジ
  • HIS レアレア エアポートラウンジ
  • ユナイテッドクラブ
  • KALラウンジ
  • チャイナエアラインラウンジ
  • デルタスカイクラブ
  • プルメリアラウンジ
  • カンタスラウンジ
  • アドミラルズクラブ


利用条件やラウンジの内容などは各ラウンジで異なりますので、詳しくは受付でご確認ください。ここでは、利用しやすい人気のラウンジをご紹介します。

IASSラウンジ



IASSラウンジは、ターミナル2の1階・ガーデンコートエリアにあるラウンジ。南国の雰囲気がただようハワイアンテイストのインテリアが特徴のラウンジは、7時30分から18時まで営業しています。約30のクレジットカードが対象になっており、比較的どなたでも利用しやすいラウンジです。

新聞や雑誌、ソフトドリンクの提供をしており、出国までの時間を有効に使えるでしょう。座席は60席ありますが、時間帯によっては入場まで待つ場合もあるため、時間に余裕を持っておくことをおすすめします。

特定のクレジットカードをお持ちの方は無料で利用できますが、同伴者が利用する際はカード会社によって料金が異なる場合もあるため、受付でご確認ください。4〜12歳は6ドル(約887円)、3歳以下は無料で利用可能です。

ANAラウンジ


signet (ANA & StarAlliance Gold Member's Lounge) @ SDJ/RJSS by Hideyuki KAMON is licensed under CC BY-SA 2.0
https://www.flickr.com/photos/hyougushi/1872904642
※画像はイメージです

ANAラウンジとANAスイートラウンジは、Cゲートの3階に位置しています。ここではANAラウンジをご紹介します。ANAのプレミアムエコノミー以上に搭乗する方やANAのステータス会員の方などが利用可能ですが、航空券番号が205で始まる航空券を持っている方が事前申し込みをすると、40ドル(約5,914円)でラウンジの利用ができますよ。

ANAラウンジは8時30分からANAの最終出発便の時間まで営業しています。ハワイらしさもありながら、日本の伝統家屋をモチーフにしてつくられたエントランスが豪華な雰囲気!大きな窓ガラスからは、フライングホヌをはじめとした飛行機が目の前でみられます。

ラウンジではビュッフェ式の食事が楽しめ、ホットミールやアサイーボールなどのハワイアンテイストの料理もいただけます。アルコールやドリンクも提供しているため、ゆっくりとラウンジで時間を過ごしたい方にぴったりです。

ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)空港での過ごし方

ダニエル・K・イノウエ空港は広い空港のため、旅行を最後まで満喫できる設備やサービスが揃っています。空港には、お土産屋さんや免税店などのショッピング、カフェやレストランがあったりと、過ごし方はさまざま。ここでは、ダニエル・K・イノウエ空港での過ごし方をご紹介します。

飲食スポット&レストランで食事をとる



ダニエル・K・イノウエ空港のターミナル2には、20以上の飲食店があります。日本でもお馴染みのバーガーキングやスターバックスコーヒー、アラモアナセンターで人気のラハイナチキンカンパニーやThe Local@HNLなどハワイならではの飲食店も揃っていますよ。

さらに2023年6月には、ターミナル1にフードコート・マウカマーケットが新しくオープンしました。ロコモコやハウピアフレンチトースト、ダイヤモンドベーカリーのクッキーなど、ハワイらしさを感じるメニューをいただけるのが魅力的!ほかにも豊富な種類のカフェレストランがあるので、空港での食事も十分楽しめるでしょう。

免税店・お土産店でショッピングを楽しむ


Concourse with shops by Chris Rycroft is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/193316968

保安検査場を通過したあとに、DFS Duty FreeやDFS From Hawaii with Loveをはじめとする免税店が並んでいます。コスメやファッション雑貨、お酒やタバコ類などが購入可能で、DFS From Hawaii with Loveではチョコレートやコーヒーなどのハワイらしいお土産が購入できますよ。

BurberryやHermes、PradaやCoachなどのハイブランドも立ち並んでいるため、オトクに買い物するチャンス!20以上を超えるお土産屋さんやブランドショップがあるので、旅行の最後までショッピングが楽しめるでしょう。ターミナル2の保安検査場を通過したあとにお店が集中しているため、日本へ帰国する際や国際線を利用するときに立ち寄りやすいですね。

ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)空港に近いホテル

ハワイから日本各地へのフライトで深夜便はありませんが、帰国する際に早朝便を利用する場合、ダニエル・K・イノウエ空港に近いホテルに宿泊すると時間に余裕が持てますよね。また、空港に寝泊まりするのは、盗難やスリなどに巻き込まれる可能性もあるため、おすすめできません。そこで、ダニエル・K・イノウエ空港近くのおすすめのホテルをいくつかご紹介します。

エアポート ホノルル ホテル


photo by Expedia

エアポート ホノルル ホテルは、ダニエル・K・イノウエ空港から歩いて16分ほどで到着するアクセスばつぐんのホテルです。ワイキキ市内まで車で約20分なので、観光スポットにもスムーズに移動ができますよ。

17歳以下の子どもと同室利用の場合、子ども2名まで宿泊が無料になる嬉しいポイントも!オプションで可動式のベッドが付けられたり、セルフパーキングが利用できたりするので、ファミリーでも利用しやすいでしょう。

エアポート ホノルル ホテル(Airport Honolulu Hotell)の基本情報
住所:96819, Honolulu, 3401 N Nimitz Hwy
電話:+1-303-369-7777
チェックイン:15:00〜24:00
チェックアウト:11:00
料金:25,480円/1泊
※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2023年10月4日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
アクセス:ダニエル・K・イノウエ空港から徒歩約16分、車で約3分
公式サイト:https://www.theairporthonoluluhotel.com/


ベストウェスタン ザ プラザ ホテル


photo by Expedia

世界最大規模のホテルグループであるベストウェスタンホテルズ&リゾーツのホテルで、ダニエル・K・イノウエ空港から徒歩約13分で到着する好立地なホテルです。部屋には有線のネット回線や冷蔵庫、テレビやバスアメニティなどが備わっています。

毎日7時から9時まで無料の朝食がいただけるのが嬉しいところ。さらに空港送迎のサービスも無料で行っています。日本語対応も可能なため、英語がわからなくても安心して利用できますね!

ベストウェスタン ザ プラザ ホテル(Best Western The Plaza Hotel)の基本情報
住所:96819, Honolulu, 3253 N Nimitz Hwy
電話:+1-808-836-3636
チェックイン:15:00〜24:00
チェックアウト:11:00
料金:26,838円/1泊
※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2023年10月4日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
アクセス:ダニエル・K・イノウエ空港から徒歩約13分、車で約5分
公式サイト:https://www.bestwestern.com/en_US/book/hotels-in-honolulu/best-western-the-plaza-hotel/propertyCode.12008.html


パシフィック マリーナ イン エアポート ホテル


photo by Expedia

パシフィック マリーナ イン エアポート ホテルは、ダニエル・K・イノウエ空港から車で約5分の場所に位置しています。24時間対応のフロントデスクだけでなく 、空港送迎のシャトルサービスも24時間無料で利用できますよ。

1泊あたりの料金が比較的安いのも魅力のひとつ。さらにプライベートたっぷりの屋外プールは9時30分から21時30分まで利用可能なため、南国の風を感じながらリラックスするのもよさそうですね!

パシフィック マリーナ イン エアポート ホテル(Pacific Marina Inn Airport Hotel)の基本情報
住所:96819, Honolulu, 2628 Waiwai Loop
電話:+1808-836-1131
チェックイン:15:00〜24:00
チェックアウト:11:00
料金:21,577円/1泊
※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2023年10月4日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
アクセス:ダニエル・K・イノウエ空港から車で約5分
公式サイト:https://www.pacificmarinainn.com/

ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)空港とワイキキとのアクセス

ダニエル・K・イノウエ空港からワイキキ市内への行き方は、おもに以下の5つがあります。

  • シャトルバス
  • タクシー
  • レンタカー
  • Uber
  • ザバス(スーツケース持ち込み不可)

ツアーによっては、空港からホテルまでの送迎がオプションで付けられる場合もあります。ダニエル・K・イノウエ空港からワイキキ市内への移動は、シャトルバス、タクシー、レンタカーがおすすめです。以下で詳しい料金や所要時間を説明します。

シャトルバスの場合


photo by Unsplash
※画像はイメージです

シャトルバスで空港からワイキキ市内まで移動する場合の所要時間は、30分から1時間ほどです。

ロバーツハワイの送迎シャトルは日本語対応が可能で、ホテルまで直接アクセスできる便利なシャトルバス。停車するホテルは最大5ヶ所なので、ホテルに到着するまで時間がかかってしまう心配もありません。ワイキキエリアであれば荷物2つを含み、片道25ドル(約3,696円)、カハラエリアまでは片道37.5ドル(約5,544円)で利用できます。ちなみにチップは別なので、気をつけてください。

コストを少しでも抑えるなら、フライシャトルツアーズのシャトルバスがおすすめ。ワイキキ市内のホテルまで片道18.99ドル(約2,807円)で移動できますよ。こちらも手荷物2つまでなら無料で預けることが可能です。

シャトルバスの乗り場は、空港の団体専用出口から出るとスタッフが立っているので、迷いにくいでしょう。ご自身で予約するのが不安であれば、ツアーのオプションで付けられる場合もあるのでチェックしてみてくださいね。

タクシーの場合


photo by pixabay
※画像はイメージです

空港からワイキキ市内まで約25分で到着するので、スムーズな移動ができるタクシー。一緒に旅行する人数が多い場合、タクシーで移動すれば安く抑えられることもあります。ハナタクシーは、LINEアプリで問い合わせができたり日本語が通じたりする人気のタクシー会社です。空港からワイキキ市内まで、チップ込みで35ドル(約5,174円)でアクセスできます。

チャーリーズタクシーも日本語で予約できる便利なタクシー会社。手荷物はひとり1つまで持ち込み可能で、最大4名まで乗車できます。ワイキキ市内なら片道33ドル(約4,879円)、ダウンタウンエリアなら片道22ドル(約3,252円)、カカアコエリアなら片道28ドル(約4,139円)で利用でき、ワイキキ以外の場所にもアクセスしやすいでしょう。

タクシー乗り場は国際線出口の向かいにあり、到着したら予約したタクシーに電話をすると5分ほどでピックアップしてくれますよ。

レンタカーの場合


photo by Unsplash
※画像はイメージです

レンタカーを利用すれば、他の人と乗り合いにならないので目的地までスムーズに移動できます。ハワイでレンタカーを利用する場合、以下の条件があるのでご確認ください。

  • 運転者が21歳以上であること
  • 有効期間内の日本の運転免許証を持っていること
  • 運転者がハワイで利用できる本人名義のクレジットカードを持っていること

空港内にあるカウンターで手続き可能で、料金は保険込みで24時間で120ドル(約17,741円)からです。

詳しくはこちら

ハワイはレンタカーがおすすめ!利用方法から料金比較まで解説

ダニエル・K・イノウエ(ホノルル)空港を便利に利用して、旅行を楽しもう!

ダニエル・K・イノウエ空港のターミナル情報や空港ラウンジ、空港からワイキキ市内への移動方法などについて解説してきました。日本からの発着便はターミナル2を利用しますが、ターミナル2にはカフェやショップなど充実した設備が揃っていて、空港での時間も最後まで楽しめます。

空港の情報を押さえて、ハワイ旅行をより充実したものにしてくださいね!

※記事内の金額は2023年9月18日のレート、1アメリカドル=147.84円で計算しています。
※空港内の設備・航空機の発着情報については変更となることも多いため、利用時は最新情報をご確認ください。

cover photo by Unsplash


おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ハワイの東京発のおすすめツアー

ハワイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる