NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】バンコク・ドンムアン空港を徹底解説!アクセス方法からラウンジまで

バンコクの主要空港のひとつとして知られるドンムアン国際空港。この記事では、ドンムアン国際空港のラウンジやレストラン、免税店、暇つぶし、空港からバンコク市内へのアクセス方法などについて徹底解説!

ライター
NEWT編集部

バンコクの主要空港のひとつとして知られるドンムアン国際空港。この記事では、ドンムアン国際空港のラウンジやレストラン、免税店、空港からバンコク市内へのアクセス方法などについて徹底解説!

空港内での乗り継ぎ方法やおすすめの過ごし方もご紹介します。事前にリサーチして、スムーズなバンコク旅行を実現してみてくださいね!

Contents

ドンムアン空港とは?


A first glance at the Don Mueang International Airport by Daniel Taka is licensed under CC BY-ND 2.0

ドンムアン国際空港(空港コード:DMK)は、1904年に開港した歴史ある空港で、かつてはバンコクの主要な国際空港でしたが、スワンナプーム国際空港の開港に伴い、現在は格安航空会社(LCC)の便や国内線のハブ空港として利用されています。バンコク中心部から北へ約20kmのドンムアン地区に位置しており、アクセスしやすいのも魅力の一つです。

日本からは主に格安航空会社(LCC)が就航しており、スクート(TR)、ノックスクート(TR)、タイ・エアアジアX(XJ)、タイ・ライオンエア(SL)など。また、タイの国内線の航空会社が多いため、スワンナプーム国際空港から乗り継ぎでドンムアン空港を利用する方も多いです。

\おトクなバンコク旅行をチェック!/

ドンムアン空港のターミナルは2ヶ所!


photo by pixabay

ドンムアン国際空港の敷地には、国際線と国内線に分かれた2つのターミナルがあります。日本から就航しているスクート(TR)、ノックスクート(TR)、タイ・エアアジアX(XJ)、タイ・ライオンエア(SL)などの国際線の離着陸は第1ターミナルです。

国際線のある第2ターミナルと国内線の第1ターミナルは隣接しており、連絡通路を利用して行き来が可能です。移動時間も徒歩5分以内のため、乗り継ぎする場合にもとても便利ですよね!

以下で、それぞれのターミナルについて詳しくご紹介します。

第1ターミナル(国際線)

国際線が離着陸する国際線ターミナルは、ターミナル1( Terminal1)とも呼ばれているターミナルです。

発着する航空会社は主に、スクート(TR)、ノックスクート(TR)、タイ・エアアジアX(XJ)、タイ・ライオンエア(SL)が利用するターミナルとなります。

ターミナルビル内はスワンナプームに比べると規模が小さいため、施設内はスムーズに移動することができます。また、レストランやカフェもそろっており、条件を満たせば利用できるラウンジもあります。コンパクトなお土産屋さんや、免税店もあるのでショッピングを楽しむこともできますよ!

第2ターミナル(国内線)

国内線が離着陸する国内線ターミナルは、ターミナル2( Terminal2)とも呼ばれているターミナルです。

発着する航空会社は主に、タイ・エアアジア(FD)、タイ・ライオンエア(SL)、ノックエア(DD)が利用するターミナルとなります。

ターミナルビル内は、コンパクトでありながらも飲食街やフードコートが密集しているため、食事で利用する人も多いです。第1ターミナルからも連絡通路があり移動がしやすいので便利ですよね。また、有料のラウンジやお土産屋さんもあるので早めにチェックインしてもゆっくり過ごすことができますよ!

ドンムアン空港のラウンジは?


photo by Unsplash

ドンムアン国際空港には、国際線と国内線ともにいくつか空港ラウンジがあります。格安航空会社(LCC)のハブ空港ということもあり、プライオリティパスで利用できるラウンジがほとんどです。また、現金を支払えば一般でも利用できるラウンジもあるので待ち時間に快適に過ごしたい方におすすめ!

以下がドンムアン国際空港にあるラウンジです。空港ラウンジの利用条件などの最新情報は、必ず公式サイトでご確認ください。

(空港内にあるラウンジ一覧)
①第1ターミナル(国際線)にあるラウンジ

  • ミラクル・ラウンジ
  • ザ・コーラル・エグゼクティブ・ラウンジ


②第2ターミナル(国内線)にあるラウンジ

  • ザ・コーラル・フォレスト・ラウンジ
  • ノック・エア・ラウンジ
  • ミラクルラウンジ
  • ザ・コーラル・エグゼクティブ・ラウンジ
  • ミラクル・コワーキング・スペース


ご紹介したラウンジは全てプライオリティパスでの利用が可能です。航空会社のステータスがある方限定のラウンジはないため、利用しやすいラウンジが多いのも魅力の一つです。

また、国際線のラウンジは第1ターミナルビル3階のエリアに集結しており、国内線のラウンジは第2ターミナルビル2階やエアサイドに集結しているのでスムーズに行くことができます。

ザ・コーラル・エグゼクティブ・ラウンジ


photo by Unsplash
※写真はイメージです。

ザ・コーラル・エグゼクティブ・ラウンジ(The Coral Executive Lounge)は2つのターミナルにある空港ラウンジです。

どちらも広々としたラウンジとなっており、レトロモダンな雰囲気で高級感ばつぐんです。広々としたソファが設置されているので、快適に過ごすことができます。また、タイ料理はもちろんのこと、洋・中・和食の種類豊富なメニューとデザートがビュッフェ式で食事が楽しめます。ドリンクやアルコールも充実しているので、待ち時間を優雅に過ごすことができますよね。ただし、ラウンジ内は冷房が効いているため、防寒対策をしておくといいでしょう。

食事を楽しみたいプライオリティパスを持っている方に特におすすめ。受付ロビーで現金を支払えば一般の人でも利用が可能です!

ミラクル・ラウンジ


photo by Unsplash

ミラクル・ラウンジ(Miracle Lounge)も、国際線と国内線どちらにもある空港ラウンジ。
プライオリティパスだけでなく、受付で利用料金を支払うことで条件なく利用することができます。

ラウンジ内は、清潔かつシンプルなデザインとなっており、ソファー席や縦に並んでいるテーブル席があります。さらに、滑走路や飛行機の駐機ゲート方面を眺められるカウンター席があるのも魅力の一つです。

食事はタイ料理がメインとなっていますが、パンやフルーツ、サラダもあるので、さまざまなメニューを楽しむことができます。さらにアルコール類も豊富で、ビールやワインなどが楽しめます。

ミラクル・ラウンジの営業時間は5:30〜19:30となっているので、遅めのフライトで利用する場合は営業時間にご注意ください。

ドンムアン国際空港での過ごし方・暇つぶし方法

ドンムアン国際空港は、フードコートやファーストフード、カフェといった飲食店が充実しているので、待ち時間を有効的に過ごすことができます。また、小規模ではありますがタイのお土産が買えるショップや免税店もあります。フライト前にショッピングを楽しんだり、カフェでひと休みしたりと過ごし方はさまざまです。

ここでは、ドンムアン空港でのおすすめの過ごし方をご紹介します。

飲食スポット&レストランで食事をとる


photo by pixabay

国際線の第1ターミナルは、レストランやファーストフード店、カフェがいくつかあるので、待ち時間でひと休みしたい時や小腹が空いた時に便利です。

また、国内線の第2ターミナルの4階は、レストランからカフェまでお店が集結した飲食街となっています。国内線は、海外の観光客だけでなく地元の人も地方に行く時に利用することが多いため、第1ターミナルに比べると飲食店の規模が大きいです。スターバックスやマクドナルドといった有名なチェーン店も点在しているのは嬉しいですよね!


photo by Unsplash

ドンムアン国際空港の第1ターミナルと第2ターミナルの連絡通路には、多くの店舗が集結しているフードコート「MAGIC GARDEN」があります。ここは24時間営業なので、早朝や深夜のフライトの際にも、大変便利なフードコートです。

タイ料理がリーズナブルな価格で食べることができる上、さまざまな料理が出店されているので、タイ料理を食べたい方には特におすすめです。他にもラーメンや定食屋さんなど日本料理が食べられるのも嬉しいですよね。

格安航空会社(LCC)は、長時間のフライトでも食事が追加オプションとなっていることが多いです。そのため長時間のフライトの場合mフードコートでご飯を食べておくのをおすすめします!

免税店・お土産店でショッピングを楽しむ


photo by pixabay
※写真はイメージです

ドンムアン国際空港は国際線の第1ターミナル、保安検査を通過したあとのインサイドビルにKing Power Duty Freeという免税店があります。ハイブランドの商品はありませんが、お菓子や化粧品、お酒などの人気ブランドの商品があるので、免税でお土産を買いたい時にぴったりです!

その他にも、タイ王室が認定したお土産品を取り扱っているロイヤル・プロジェクト店や、タイの調味料などが買えるお土産屋さんもあります。さらに、ドラッグストアやコンビニもあるので、搭乗時間までお土産を買って回るのもおすすめですよ!


photo by pixabay
※写真はイメージです

また有名なブランドの店舗も点在しているので、お土産以外にショッピングを楽しむこともできます。

スポーツウェアメーカーのアディダス(adidas)、ジュエリーショップのパンドラ(PANDORA)、グローバルブランドのラルフローレン(Ralph Lauren)やチャールズアンドキース(CHARLES & KEITH)などがあります。アパレルからジュエリーまで、多彩なジャンルのお店があるのは嬉しいですよね!

ドンムアン国際空港に近いホテル

乗り継ぎが長時間の人や深夜便・早朝便を利用する方は、ドンムアン国際空港周辺ホテルを利用すると良いでしょう。空港に寝泊まりするのは、盗難やスリなどに巻き込まれる可能性もあるため、おすすめできません。また空港内にも簡易的な仮眠室があるので、フライト時間が気になるという方にも便利です。ドンムアン空港周辺にあるホテルと仮眠室をそれぞれご紹介します。

スリープ・ボックス・バイ・ミラクル


photo by Expedia

スリープ ボックス バイ ミラクルは、第2ターミナルの4階にある簡易的な仮眠室。木の温もりが感じられる広々とした部屋で、専用シャワールームがあるのも魅力です!

Wi-Fiやエアコン、バスアメニティも完備しているので快適に過ごすことができます。さらに受付に繋がる電話機もあり、モーニングコールのサービスを受けることも。次のフライトを控えている人には便利なサービスとなっています。

利用時間は1時間から選ぶことができるのも特徴で、フライト時間に合わせて利用時間を決めることができます。乗り継ぎで利用する方には特におすすめの仮眠室です!

スリープ ボックス バイ ミラクル(Sleep Box by Miracle)の基本情報
住所:10210, Bangkok, 4th Flr., Domestic Passenger Terminal 2
電話: +66 (0) 2 738 4599 
チェックイン:14:00
チェックアウト:12:00
料金:約12,348円/10時間
※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2023年10月5日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
アクセス:ドンムアン国際空港直結
公式サイト:https://www.sleepboxbymiracle.com/rooms/

アマリ ドン ムアン エアポート バンコク


photo by Expedia

アマリ・ドン・ムア・ エアポート・バンコクは、ドンムアン国際空港から徒歩5分の場所にある、空港直結のラグジュアリーなホテルです。

高級感漂うモダンな室内は、エアコン、デスク、冷蔵庫、液晶テレビ、アメニティも完備。広々とした浴室シャワー付きなので、フライト前はゆっくり湯船に浸かって旅の疲れを癒せます。他にもルームサービスやプール、バー・ラウンジまであるので、ホテルで優雅なひとときを過ごすこともできます。コインランドリーもあるので、フライト前の宿泊にも便利です!

アマリ ドン ムアン エアポート バンコク(Amari Don Muang Airport Bangkok)の基本情報
住所:10210, Bangkok, 333 Chert Wudthakas Road
電話: +66 2 566 1020
チェックイン:14:00
チェックアウト:12:00
料金:約9,689円/1泊
※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2023年10月5日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
アクセス:ドンムアン国際空港直結
公式サイト:https://www.amari.com/donmuang

ザ プリマ レジデンス


photo by Expedia

ザ・プリマ・レジデンスは、ドンムアン空港から車で約12分の場所に位置する、アパートメント型のホテルです。2017年にオープンした比較的新しいホテルということもあって、リーズナブルな価格ですが、外観や内装は清潔で綺麗なのも魅力です。
部屋の中はエアコン、デスク、液晶テレビ、アメニティ、シャワーを完備しているので、滞在中も快適に過ごせます。さらに、4:00〜12:00まで空港の送迎サービスを行っているので、早朝フライトの方には特におすすめのホテルです!

ザ プリマ レジデンス(The Prima Residence)の基本情報
住所:10210, Bangkok, 44 ChangAkatUthit 8 yak 2
電話: +66 2 102 8489
チェックイン:14:00
チェックアウト:12:00
料金:約4,908円/1泊
※税金が別途かかる場合があります。
※掲載料金は2023年10月5日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
アクセス:ドンムアン国際空港から車で約10分
公式サイト:https://www.theprimaresidence.com/

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセス

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセス方法は、おもに4つです。

  • 国鉄
  • エアポートバス
  • 路線バス
  • タクシー


ホテルやツアーによっては空港からホテルまでの送迎がついている場合もあります。自分でホテルまで向かう場合は、タクシーまたはエアポートバスを利用するのがおすすめです。詳しく料金や所要時間を説明します。

メータータクシーの場合


photo by Unsplash

タクシーでドンムアン空港からバンコク市内への所要時間は30〜40分ほど。料金は下車する場所にもよりますが、300バーツほど(約1,209円)です。このほかに高速道路使用料(高速道路使用時に限る)と空港使用料が上乗せされます。決済方法が現金のみのタクシーも多いため、空港でバーツを両替して現金を持ち歩くようにしましょう。

ぼったくりなどにあわないためにも、空港内にある配車カウンターを利用して、メータータクシーに乗車するのがおすすめです。第1ターミナルのタクシー乗り場は24時間営業です。

エアポートバスの場合


photo by Unsplash
※写真はイメージです

エアポートバスはBMTA BUSとLimo Busの2種類あります。BMTA BUSはA1からA4までの4系統あり、それぞれのエリアを巡回するバスです。最もリーズナブルな値段で行くことができますが、目的地周辺に到着するバスを事前に調べ、降りるバス停も把握しておく必要があるため、海外のバスに乗り慣れている人におすすめのアクセス方法となります。

初めてバスを利用する人には、Limo Busがおすすめです。Limo Busは、ドンムアン空港~シーロム〜サイアム〜カオサン通りを通過するエアポートバスで、バンコク市内までの所要時間は45〜60分ほどです。乗車料金は一律で150バーツ(約605円)なので、タクシーよりも安く市内へ行くことができます。

観光名所やショッピングエリアを通過する際に途中下車もできるので、立ち寄りたいエリアがある場合は、公式サイトでルートを確認しておくのもおすすめですよ!

ドンムアン空港を便利に利用して、旅行を楽しもう!

この記事では、ドンムアン国際空港からバンコク市内までのアクセス方法や、空港ラウンジの様子、暇つぶしの方法、空港周辺のホテルついて解説してきました。空港での時間を最後まで楽しめば、タイ・バンコク旅行もぐっと充実したものになるはず。ターミナル内の施設を事前に調べ、空港での時間をより有効に使ってみてはいかがでしょうか?

※記事内の金額は2023年10月5日のレート、1バーツ=4.03円で計算しています。
※空港内の設備・航空機の発着情報については変更となることも多いため、利用時は最新情報をご確認ください。

cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

タイの東京発のおすすめツアー

タイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる