NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】沖縄北部のおすすめ観光スポット30選!名所や穴場を厳選

沖縄・北部エリアには、美ら海水族館や古宇利島などの有名な観光地がいっぱい! 今回は、沖縄旅行で訪れたい北部エリアのおすすめ観光スポット30選をご紹介します。一度は訪れたい名所から、あまり知られていない穴場スポットまでエリア別に厳選したので、沖縄旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

沖縄・北部エリアには、美ら海水族館や古宇利島などの有名な観光地がいっぱい!

今回は、沖縄旅行で訪れたい北部エリアのおすすめ観光スポット30選をご紹介します。一度は訪れたい名所から、あまり知られていない穴場スポットまでエリア別に厳選したので、沖縄旅行の参考にしてくださいね!

Contents

沖縄・北部エリアには人気の観光スポットがいっぱい!

photo by Unsplash

沖縄は、美しい海や温暖な気候、独自の文化などで国内外の人々を魅了する、人気の南国リゾート。

特に沖縄の北部エリアは、やんばると呼ばれる亜熱帯の深い森林をはじめ、豊かな自然に恵まれた地域。自然を活かした観光スポットから、体験アクティビティを楽しめる場所まで、見どころがたくさんあります。海の透明度の高さも特徴で、古宇利島や瀬底島など、本島から車でアクセスできる離島も人気です。

効率的に観光プランを立てれば、海や山、沖縄独特の文化体験など、さまざまな魅力を詰め込んだコースを楽しむことができますよ。

今回は沖縄・北部エリアで人気の観光スポットを紹介します。沖縄ならではの美しいビーチや、雄大な自然を感じられるスポットなどをエリア別に厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【2024年最新】沖縄のおすすめ観光スポット65選!エリア別に厳選

沖縄北部・名護市の観光スポット8選

まずは沖縄北部最大の都市、名護市の観光スポットをご紹介します。名護市は沖縄北部のなかでも唯一の市で、昔から北部近隣の町や村から人が集まり、拠点としての役割を果たしていた場所です。沖縄の美しい海を観察できるブセナ海中公園をはじめ、市民の憩いの場となっている21世紀の森公園、沖縄自慢のオリオンビールの工場オリオンハッピーパークまで、見どころがたくさんありますよ。

ブセナ海中公園

沖縄本島唯一の海中展望塔がある公園

663highland - 投稿者自身による著作物, CC 表示 2.5,

ブセナ海中公園は、沖縄県内有数のリゾートホテルとして知られているブセナテラスがあるブセナリゾート内にある施設。沖縄の美しい海に息づく熱帯魚を観察できるスポットです。

名物のひとつは海中展望塔!筒状の展望台は海中につながっていて、らせん階段を降りると、丸窓越しに熱帯魚が泳ぐ姿を眺めることができます。屋内なので天候を気にせず楽しめるのがうれしいポイントです。

もうひとつは、グラス底ボート。足元が透明のガラスになっているクジラ型のボートに乗って、水に濡れることなく、沖合での熱帯魚観察を楽しむことができますよ。

ブセナ海中公園の基本情報

住所

〒905-0026 沖縄県名護市喜瀬1744-1

電話

+81980523379

営業時間

海中展望塔:4月~10月9:00〜18:00(最終入場 17:30)、11月~3月9:00〜17:30(最終入場 17:00)

グラス底ボート:4月~10月9:10〜17:30、11月~3月9:10〜17:00

休業日

年中無休 ※臨時休業日あり

アクセス

那覇空港から車で約1時間30分

料金

海中展望塔:大人1,050円、小人(4歳~中学生)530円

グラス底ボート:大人1,560円、小人(4歳~中学生)780円

セット料金(海中展望塔+グラス底ボート):大人2,100円、小人(4歳~中学生)1,050円

公式サイト

https://www.busena-marinepark.com/

21世紀の森公園

白い砂浜がきれいな憩いの場所

photo by とむにい

21世紀の森公園は、名護市の中心街近くにある、市民の憩いの場として愛されている公園です。公園内にはバーベキュー広場やスポーツ施設などが充実していて、家族や友人同士で楽しむのにぴったり。白い砂浜の人工ビーチは潮の干満の影響が少なく、波も穏やかなので、子ども連れの方も安心して利用できますよ。

また、夕日が美しく見えるスポットとしても人気があります。夕日が水平線に沈んでいく景色は絶景です!

21世紀の森公園の基本情報

住所

〒905-0011 沖縄県名護市大南2丁目1−番25号

電話

+81980523183

営業時間

施設によって異なります

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間15分

料金

施設によって異なります

公式サイト

https://www.city.nago.okinawa.jp/kurashi/2018071901650/

ナゴパイナップルパーク

パイナップルを見て食べて楽しむテーマパーク

Pineapple carts! by Almighty Franklinstein is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

ナゴパイナップルパークは、植物園や資料館、さらにはワイナリーまでがそろうパイナップルのテーマパーク!園内には、パイナップルをはじめとする南国の花や木々が豊かに広がり、緑に囲まれた空間では、まるで亜熱帯ジャングルに入り込んだかのような感覚を味わえます。

亜熱帯の植物を観察しながら散策したり、パイナップルの歴史を学んだりと、さまざまな楽しみ方ができますよ。新鮮なパイナップルを使用したピザやタルト、ジュースなどが楽しめるカフェも併設されているので、南国フルーツの美味しさを存分に味わってみてくださいね!

ナゴパイナップルパークの基本情報

住所

〒905-0005 沖縄県名護市為又1195

電話

+81980533659

営業時間

10:00~18:00

休業日

月曜(祝日の場合は開館)

アクセス

那覇空港から車で約1時間20分

料金

大人(16歳以上)1,200円、小人(4歳〜15歳)600円、4歳未満 無料

公式サイト

https://www.nagopine.com/

トロピカル王国 OKINAWAフルーツらんど

絵本の世界を題材にした、南国感あふれるテーマパーク

photo by pixabay ※写真はイメージです

トロピカル王国 OKINAWAフルーツらんどは、絵本の世界を題材にしたテーマパーク。王様を救うために必要な19個のフルーツの魔法と、4つの鍵のしるしを集めながら、物語に沿って園内を巡るのが、OKINAWAフルーツらんどの楽しみ方!フルーツにまつわる問題を解きながら、スタンプラリーを進めていくスタイルは、童心にかえって楽しむと同時に、フルーツについても学ぶことができます。

園内には、バナナやパラミツなど、沖縄ならではのさまざまな南国フルーツが実っているので、見て味わって楽しんでみてくださいね。

トロピカル王国 OKINAWAフルーツらんどの基本情報

住所

〒905-0005 沖縄県名護市為又1220-71

電話

+81980521568

営業時間

10:00〜18:00(最終入園受付17:30) 

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間20分

料金

大人 (高校生以上)1,200円、子ども(4歳以上)600円 

公式サイト

https://www.okinawa-fruitsland.jp/

ネオパークオキナワ

自然を感じながら、動植物と触れ合える

User:OpenCage - http://opencage.info/pics/large_16913.asp, CC 表示-継承 2.5,

ネオパークオキナワは、人と動植物の共存を体感してほしいという理念に基づいた動植物公園です。園内には、アフリカ、南米、オーストラリアなどを再現した3つのゾーンがあり、それぞれの地域に生息する動植物や特徴を体験しながら学ぶことができます。特に注目すべきなのは、日本最大のフライングケージ方式。ネットをかけた状態で動物たちを自由に放つことで、近い距離で動物たちの自然行動を楽しむことができます。

カピバラやゾウガメがいるふれあい広場や、希少種や天然記念物なども見どころです。

ネオパークオキナワの基本情報

住所

沖縄県名護市名護4607-41

電話

+81980526348

営業時間

9:30~17:30(最終入場 17:00)

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間15分

料金

公式サイト

https://www.neopark.co.jp/

オリオンハッピーパーク

できたてのオリオンビールを楽しめる!

Orion Happy Park by othree is licensed under CC BY 2.0 DEED

オリオンハッピーパークは、沖縄自慢のオリオンビールを作る工場です。工場見学ができ、見学後には、できたてのビールを無料で試飲できるのが魅力的!未成年者や運転手の方には、ソフトドリンクも用意されています。土日祝祭日をはじめ、製造ラインが稼働していない場合があるので、事前に確認してくださいね。

オリオンオリジナルグッズをはじめ、お土産も豊富にそろっているので、沖縄北部観光の休憩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

オリオンハッピーパークの基本情報

住所

〒 905-0021 沖縄県名護市東江2-2-1

電話

+810570004103

営業時間

9:00~17:00

休業日

水曜日、木曜日
年末年始休業期間12月31日~1月3日

アクセス

那覇空港から車で約1時間15分

料金

大人(18歳以上)500円、子ども(7歳以上17歳以下)200円、幼児(0歳以上6歳以下)大人1名につき1名無料

公式サイト

https://www.orionbeer.co.jp/happypark/

道の駅 許田やんばる物産センター

沖縄の名産物がたくさん!海に面した道の駅

Kugel~commonswiki - 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 4.0,

道の駅 許田やんばる物産センターは、名護湾を一望できる道の駅です。特産品売場では、やんばる地域12市町村の名産品が豊富にそろっていたり、農産物売場では季節ごとの新鮮な野菜やフルーツが並んでいたりと、地域の特産品を通じて生産者と消費者をつなぐ役割を果たしています。

さらに、直営のパン工房やフードコートでは、沖縄のソウルフードを楽しむことができます。特におすすめなのは、リーズナブルな価格で美味しい天ぷらが味わえる天ぷら屋さんです。ぜひ試してみてくださいね!

道の駅許田やんばる物産センターの基本情報

住所

〒905-0024 沖縄県名護市許田 17-1

電話

+81980540880

営業時間

8:30~19:00 ※旧盆、年末年始は短縮営業となります

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間15分

料金

無料

公式サイト

https://www.yanbaru-b.co.jp/

屋我地島

沖縄らしさを存分に味わえる離島

日本語版ウィキペディアのSnap55さん, CC 表示 3.0,

屋我地島(やがじしま)は、羽地内海に浮かぶ面積約7.82平方キロメートルの小さな島です。本島からは約10キロメートル離れたところにあります。名護市に属し、本島とつなぐ屋我地大橋、古宇利島とつなぐ古宇利大橋、名護市と今帰仁村とつなぐワルミ大橋がかかっていて、ドライブスポットとしても人気です。

島内には済井出、饒平名、屋我、運天原、我部などの集落があり、沖縄らしい住まいが見られます。また、マングローブやサトウキビ畑など、沖縄特有の自然が豊かに残っていて、散策するだけでもその風景を楽しむことができますよ。

屋我地島(やがじしま)の基本情報

住所

〒905-1632 沖縄県名護市饒平名

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間30分

料金

無料

【2024年最新】名護市のおすすめ観光スポット30選!定番から穴場まで

沖縄北部・本部町の観光スポット6選

つづいては本部町(もとぶちょう)の人気の観光スポットをご紹介!本部町は、名護市から約20キロメートル離れた場所に位置していて、美ら海水族館がある海洋博公園や、橋でつながる瀬底島などがある人気のエリアです。緑も豊かで、自然を楽しむことができる魅力的な観光スポットがたくさんあります。

沖縄美ら海水族館

自然豊かな沖縄の海を感じられる

photo by Unsplash

沖縄美ら海水族館は、海洋博公園内に位置する有名な水族館です。太陽の光が差し込むなか、沖縄の美しい海の生き物たちを観察することができます。特に見どころなのは、世界最大のジンベエザメやナンヨウマンタが泳ぐ巨大水槽です。高さ約8.2メートル、幅約22.5メートルもある巨大水槽は、圧巻の迫力!

そのほかにも、大規模なサンゴ飼育の展示や、沖縄の自然を感じさせる展示などもあり、沖縄の海の美しさや神秘を存分に楽しむことができます。

沖縄美ら海水族館の基本情報

住所

〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424番地

電話

+81980483748

営業時間

通常期8:30~18:30(入館締切17:30)、繁忙期8:30~20:00(入館締切19:00)

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間45分

料金

大人 2,180円、高校生 1,440円、子ども(小・中学生)710円、6歳未満 無料

公式サイト

https://churaumi.okinawa/

【2024年最新】那覇空港から美ら海水族館への行き方3選!高速バスがおすすめ

備瀬のフクギ並木

沖縄の原風景が広がるフォトジェニックなスポット

photo by とむにい

備瀬(びせ)のフクギ並木は、沖縄の昔ながらの風景が残る貴重なスポットです。備瀬地区は、約250戸の住宅が繁茂したフクギの屋敷林に囲まれた村落で、備瀬崎までは約1キロメートルのフクギ並木が続いています。

なかには、推定樹齢300年の古木も!フクギは古くから防風林として用いられていて、台風の多い沖縄ならではの風景と歴史を感じることができます。琉球の情緒溢れる風景は、フォトジェニックなスポットとしてもおすすめです。

備瀬(びせ)のフクギ並木の基本情報

住所

〒905-0207 沖縄県国頭郡本部町備瀬389

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間50分

料金

無料

公式サイト

https://www.motobu-ka.com/tourist_info/tourist_info-post-687/

備瀬のあそびば

パワースポットでレジャーを楽しめる

朝の備瀬の海 by cyawan is licensed under CC BY 2.0 DEED

備瀬のあそびばは、昔ながらの沖縄の風景が残る、自然を全身で感じられる施設です。風水の概念に基づいて形成されていることから、パワースポットとしても知られています。豊富な体験プログラムが魅力で、粘土でシーサーを作ったり、沖縄のお菓子を作ったり、沖縄の薬草を使ったハーブティを楽しんだりと、ここでしかできない珍しいものがたくさん!

特におすすめなのは、1日1グループ限定の豪華なリラックスキャンプです。リラックスキャンプは、室内でも楽しむことができるうえに、3時間のショートコースから1日遊べるフルデイコースまで好きなものを選ぶことができるので、キャンプ経験がない方でも安心して参加できますよ。

備瀬のあそびばの基本情報

住所

〒905-0207 沖縄県国頭郡本部町備瀬505

電話

+818030409543

営業時間

リラックスキャンプ:11:00~21:00※完全予約制
カフェアンテナ:10:00~17:00

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間50分

料金

アクティビティによって異なります

公式サイト

https://www.no3ice.com/

瀬底島

コバルトブルーの海に囲まれた小さな島

a pier by [cipher] is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

瀬底島は、本部港の西に浮かぶ周囲約8キロメートルの小さな島です。1985年には全長約762mの瀬底大橋が完成し、沖縄本島とのアクセスが可能になりました。

島の西側に広がる瀬底ビーチは、砂浜から伊江島や水納島を望むことができ、リゾートとしても絶大な人気を誇っています。なかでもおすすめなのは、サンセットの時間帯!周囲の空を赤く染める夕焼けは、息をのむほどの絶景です。

瀬底島の基本情報

住所

〒905-0227 沖縄県国頭郡本部町瀬底

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間40分

料金

無料

公式サイト

https://www.motobu-ka.com/tourist_info/tourist_info-post-696/

水納島

人口約50人の小さな島

日本語版ウィキペディアのSnap55さん, CC 表示 3.0,

水納島(みんなじま)は、人口わずか50人あまり、面積は約0.5キロ平方メートルの小さな島です。本部町の渡久地港から、高速船で約15分でアクセス可能!上空から見ると、島の形状がクロワッサンに似ていることから、クロワッサンアイランドとも呼ばれています。島を囲む美しいエメラルドグリーンの海と珊瑚礁が特徴です。沖縄本島とは異なる、小さな島ならではの魅力を感じてみてください。

水納島(みんなじま)の基本情報

住所

〒905-0227 沖縄県国頭郡本部町瀬底

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

那覇空港から渡久地港まで車で約1時間50分
渡久地港から水納島までフェリーで約15分

料金

【フェリー】大人 往復 1,730円 片道 910円、子ども 往復 880円 片道 460円

公式サイト

https://www.motobu-ka.com/tourist_info/tourist_info-post-690/

伊江島

沖縄の自然の恵みが集まる島

Iejima Island by Christophe Robin is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

伊江島(いえじま)は、伊江村に属する人里離れた小さな島です。本島からは本部港発のフェリーで、約30分でアクセスできます。周囲は約22キロメートルで、島のシンボルである城山を中心に、美しいエメラルドグリーンの海に囲まれています。

小さい島なので、自転車で島を1周することも可能!南側には約1キロメートルにわたる白砂のビーチが広がり、海水浴やダイビングなどのマリンアクティビティを楽しめます。日帰りすることもできますが、満点の星空が広がる伊江島では、1泊してみるのもおすすめです。

伊江島(いえじま)の基本情報

住所

沖縄県国頭郡伊江村

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

那覇空港から本部港まで車で約1時間30分、本部港から伊江港までフェリーで約30分

料金

フェリー:大人(12歳以上) 本部発往復 1,390円 伊江発往復 1,250円 片道 730円、子ども(6歳以上12歳未満)本部発往復 710円 伊江発往復 630円 片道 370円

公式サイト

https://www.iejima.org/

沖縄北部・国頭村の観光スポット5選

国頭村(くにがみそん)は沖縄最北端に位置する、太平洋と東シナ海の両方に面した村です。面積は沖縄県で5番目に面積の大きい市町村ですが、全体の約84%が森林に覆われています。2021年には日本で5番目の世界自然遺産に登録されました。国頭村の観光スポットは、豊かな自然を存分に楽しめるのが特徴です。

辺戸岬

断崖絶壁から太平洋と東シナ海を一望できる

辺戸岬 by Hajime NAKANO is licensed under CC BY 2.0 DEED

辺戸岬(へどみさき)は、沖縄本島最北端に位置する、サンゴ礁の隆起によって形成された岬です。沖縄でも有数の絶景スポットで、太平洋と東シナ海の荒波が打ち寄せる断崖からは、水平線上に鹿児島県の与論島や沖永良部島を眺めることができます。1972年に沖縄が日本に返還された際の拠点としても知られていて、岬の中心には日本祖国復帰闘争碑が建てられています。

辺戸岬(へどみさき)の基本情報

住所

〒905-1421 沖縄県国頭郡国頭村辺戸

電話

なし

営業時間

24時間(観光案内所は10:00~17:00)

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約2時間15分

料金

無料

公式サイト

http://kunigami-kikakukanko.com/itiran/06.html

大石林山

自然の神秘が息づく世界最北端の熱帯カルスト地形

Yanbaru917 - 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 4.0,

大石林山(だいせきりんざん)は、やんばる国立公園内にある世界最北端の熱帯カルスト地形です。2億5千万年前の古生代に形成された石灰岩が、長い年月を経て雨水などによる侵食を受けて形成されました。特別天然記念物のヤンバルクイナをはじめ、多くの固有種が生息していることが特徴です。

さらに、トレッキングを楽しめるのも魅力のひとつ。さまざまなテーマに沿ったトレッキングコースが整備されていて、奇岩や巨石を楽しむコースや美しい海の展望台を巡るコースなどがあります。完全予約制のガイドツアーもあり、専門ガイドが熱帯カルスト地形の成り立ちや地域の生態系について詳しく解説しながら案内してくれますよ。

大石林山(だいせきりんざん)の基本情報

住所

〒905-1422 沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241

電話

+81980418117

営業時間

9:30〜16:30(17:30閉館)

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約2時間15分

料金

大人(15歳以上)1,200円、子ども(4歳〜14歳)600円、シニア(65歳以上)1,140円
※ツアーは別途料金がかかります

公式サイト

https://www.sekirinzan.com/

茅打バンタ

高さ約80メートルの絶景スポット

国頭村 茅打バンタ by Hajime NAKANO is licensed under CC BY 2.0 DEED

茅打(かやうち)バンタは、沖縄本島最北端の辺戸岬近くに位置する、高さ約80メートルの断崖絶壁。バンタは沖縄の言葉で崖を意味していて、束ねた茅を崖から投げると、風の力でバラバラになるということに由来して、茅打ちバンタと名付けられました。

東シナ海を一望できる絶景スポットで、壮大な景色が広がります。辺戸岬を観光する際に、一緒に立ち寄るのがおすすめです!

茅打(かやうち)バンタの基本情報

住所

〒905-1422 沖縄県国頭郡国頭村宜名真

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約2時間15分

料金

無料

公式サイト

http://kunigami-kikakukanko.com/itiran/05.html

国頭村環境教育センター やんばる学びの森

やんばるの豊かな自然を楽しめる

photo by pixabay

やんばる学びの森は、やんばるの大自然で野外活動を堪能できる施設です。沖縄本島北部に広がる亜熱帯の森は、世界でもめずらしい希少種や固有種が生息していることから、その自然の多様性が高く評価され、世界自然遺産に登録されました。

施設内には、遊びのゾーンと学びのゾーンがあります。遊びのゾーンは、オートキャンプ場やアスレチック広場などがあり、自然体験や野外活動を楽しめるエリア。学びのゾーンには、宿泊棟や森の生態系を学べる展示ルーム、ネイチャートレイルなどがあります。自然を見て、体験して、肌で感じることができる、子どもから大人まで幅広い年齢層の人が楽しめるスポットです。

国頭村環境教育センター やんばる学びの森の基本情報

住所

〒905-1504 沖縄県国頭郡国頭村安波1301-7

電話

+81980417979

営業時間

8:30~17:30

休業日

水曜日

アクセス

那覇空港から車で約2時間15分

料金

入場料は無料
※アクティビティや宿泊には料金がかかります

公式サイト

https://yanbaru-manabi.com/

道の駅 ゆいゆい国頭

沖縄本島最北端にある道の駅

えぬ - 沖縄発!役に立たない写真集, パブリック・ドメイン,

道の駅 ゆいゆい国頭は、沖縄本島最北端の道の駅です。地元で採れた新鮮な野菜がならぶ直売所や、道の駅直営のレストランやカフェなどが集まっているので、ドライブ途中の休憩や食事にぴったりです。国頭村の特産品や沖縄ならではの商品もそろっていて、お土産を買うのにもおすすめ!沖縄北部観光の際には、休憩がてら立ち寄ってみてくださいね。

道の駅 ゆいゆい国頭の基本情報

住所

〒905-1412 沖縄県国頭郡国頭村字奥間1605

電話

+81980415555

営業時間

9:00~18:00

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間50分

料金

無料

公式サイト

https://www.yuiyui-k.jp/

沖縄北部・今帰仁村の観光スポット4選

今帰仁村(なきじんそん)は、本部半島の北側に位置しています。古くから農業や漁業が盛んに行われてきた地域で、現在でも、手つかずの大自然や、昔ながらの沖縄らしい景色がたくさん残っています。

今帰仁城跡

沖縄が誇る世界遺産のひとつ

今帰仁城跡 Nakijinn-jo Castle by nekotank is licensed under CC BY-ND 2.0 DEED

今帰仁城跡(なきじんじょうあと)は、標高約100メートルの場所に位置する歴史的なスポット。琉球が北山、中山、南山の3つの勢力に分かれていた時代には、やんばるの地を支配していた北山王の居城でした。しかし、中山を支配していた尚巴志(しょうはし)によって滅ぼされ、琉球王国が誕生した後は、琉球王府によって派遣された看守役人の居城となりました。

琉球王国のグスク及び関連遺産群の一部にもなっていて、世界遺産に登録されています。城壁の長さは約1.5キロメートル、最も高い所で約8メートルにも達し、首里城に次ぐ大きさを誇っています。

今帰仁城跡(なきじんじょうあと)の基本情報

住所

〒905-0428 沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101番地

電話

+81980564400

営業時間

通常期間(1~4、9~12月)8:00~18:00(最終入場17:30)

夏期延長期間(5~8月)8:00~19:00(最終入場18:30)

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間30分

料金

大人 600円、中高生 450円、小学生以下 無料

公式サイト

https://www.nakijinjoseki-osi.jp/

古宇利島

気軽にアクセスできる美しい島

photo by Unsplash

古宇利島(こうりじま)は、今帰仁村にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた美しい島です。2005年に古宇利大橋が開通して以来、沖縄本島から車でアクセスできるようになりました。

島内には透明度の高い美しいビーチや、古民家やさとうきび畑などの沖縄の原風景など、沖縄らしい雰囲気が広がっていて、レンタサイクルで島内を散策するのもおすすめです。島の北側にはハートの形に見える岩があり、カップルに人気のスポットとして知られています。

古宇利島(こうりじま)の基本情報

住所

〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間35分

料金

無料

公式サイト

https://kourijima.info/

古宇利大橋

海上を走る絶景ドライブコース

photo by Unsplash

古宇利大橋は、全長約1,960メートルの橋。今帰仁村の古宇利島(こうりじま)と名護市(やがじしま)の屋我地島をつないでいます。沖縄県の通行が無料の橋の中では、2番目に長い橋で、2005年に開通しました。橋の両側にはエメラルドグリーンの美しい海が広がり、まるで海の上を走っているような感覚を味わうことができる、人気のドライブコースです。

古宇利大橋の基本情報

住所

〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間30分

料金

無料

公式サイト

https://www.okinawastory.jp/spot/1321

ウッパマビーチ

白い砂浜が広がるおしゃれビーチ

photo by pixabay ※画像はイメージです

ウッパマビーチは、リゾートホテル・ベル・パライソの目の前にあるビーチ!ウッパマとは、沖縄の言葉で大きな浜を意味する通り、1キロメートル以上につづく白い砂浜が特徴です。

青い海を背景に置かれたピンクのドアや、海に向かってかかる白い桟橋など、数々のフォトジェニックなスポットが点在していて、写真撮影スポットとしても人気を集めています。海水浴だけでなく、ドラゴンボートやマリンジェットなどのアクティビティも楽しめますよ。

ウッパマビーチの基本情報

住所

〒905-0403 沖縄県国頭郡今帰仁村

電話

なし

営業時間

24時間 ※遊泳は4~10月の9:00~18:00のみ

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約1時間30分

料金

施設使用料:300円

公式サイト

https://www.nakijinson.jp/spot.php?id=28&ct=1

沖縄北部・恩納村の観光スポット7選

最後は、恩納村(おんなそん)の観光スポットをご紹介します。沖縄北部の西海岸に位置し、那覇空港から車で約50分の距離にある、沖縄県内でも屈指のリゾートエリアです。美しいビーチや豊かな自然を生かした観光スポットにご注目!

万座毛

東シナ海を望むサンゴ礁の断崖

photo by pixabay

万座毛(まんざもう)は、沖縄を代表する絶景スポット!東シナ海に面した西海岸エリアにあります。万座毛に到着してまず目に入るのは、高さ約20メートルの断崖!象の鼻のような形をしているこの断崖は、自然の力によって隆起したサンゴ礁で形成されています。周囲には芝生が広がっていて、琉球王尚敬が万人が座るに足る野原と賞賛したことから、万座毛という名がつけられました。

岬からは、水平線まで広がる大海原を一望でき、時間帯によって色合いが変化する海を楽しめます。夕方には美しいサンセットを眺められる名所としても有名です。

万座毛(まんざもう)の基本情報

住所

〒904-0411 沖縄県国頭郡恩納村字恩納2767

電話

+81989668080

営業時間

9:00~19:00
※万座毛見学は日没まで

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約55分

料金

100円、小学生未満 無料

公式サイト

https://www.manzamo.jp/

真栄田岬

透明度の高いダイビングスポット

Onna Point by Nelo Hotsuma is licensed under CC BY 2.0 DEED

真栄田岬(まえだみさき)は、崖の上から東シナ海を一望できる絶景スポット。隆起サンゴ礁でできている断崖は、先端まで歩けるように形作られていて、コバルトブルーの海を間近で見下ろすことができます。

崖の真下には、沖縄のなかでも屈指の人気を誇る青の洞窟があります。たくさんの熱帯魚が生息しているので、シュノーケリングやダイビングのスポットとして人気です。洞窟内に差し込む太陽光が海面を青く照らす光景は、まさに神秘的!おすすめの時間帯は、特に海の青さが際立つ早朝か夕方です。

真栄田岬(まえだみさき)の基本情報

住所

〒904-0417 沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1

電話

+81989825339

営業時間

【駐車場利用時間】7:00〜17:30【トイレ・シャワー室】7:00~17:00

休業日

1月1日・1月2日・1月3日

※ 台風及び緊急を要する事態が発生した場合は臨時休業

アクセス

 那覇空港から車で約55分

料金

入場料は無料

公式サイト

https://maedamisaki.jp/

恩納村海浜公園ナビービーチ

バーベキューやマリンスポーツを楽しめる

20060303DSC_0130 by Marufish is licensed under CC BY-SA 2.0 DEED

恩納村海浜公園のナビービーチは、カヤックやバナナボート、バーベキューなどの多彩なアクティビティが楽しめるビーチ!なかでも人気なカヤッククルージングは、カヤックで万座毛の近くまで行き、違う角度から迫力のある万座毛を眺めることができます。

バーベキューは前もって予約しておけば食材を用意してもらえるので、手ぶらでOK!さらに、万座毛とビーチを一望できる食事処、海人料理 亀ぬ浜では、沖縄料理や海鮮を楽しめます。海からの心地よい風を感じながらの食事やアクティビティ、ぜひ1日コースで満喫してみてくださいね。

恩納村海浜公園ナビービーチの基本情報

住所

〒904-0411 沖縄県国頭郡恩納村恩納419-4

電話

+81989668839

営業時間

9:00~17:00、海人料理 亀ぬ浜:ランチ 11:00~15:00(L.O 14:30)、ディナー 17:00~22:00(L.O 21:00)

休業日

不定休、海人料理 亀ぬ浜:木曜日・日曜日

アクセス

那覇空港から車で約50分

料金

無料 ※アクティビティは料金がかかります

公式サイト

https://www.nabee.info/

琉球村

沖縄の歴史や文化を体験できるテーマパーク

琉球村 by 芳蘭 徐芳蘭 is licensed under CC BY 2.0 DEED

琉球村は、沖縄の歴史や文化を学んだり、体験したりできるテーマパークです。施設のなかには約200年前の赤瓦屋根の古民家が立ち並んでいて、まるで昔の沖縄の町並みそのもの!昔ながらの沖縄の風景や生活様式を見ることができて、歩いているだけでも楽しめます。

さらに、琉球の伝統衣装を着用できたり、アクセサリー作りやシーサーの色付けができたりと、体験プログラムの種類が豊富なのも魅力的!沖縄の魅力を見て感じて、楽しんでみてはいかがでしょうか。

琉球村の基本情報

住所

〒904-0416 沖縄県国頭郡恩納村山田1130

電話

+81989651234

営業時間

9:30~17:00

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約50分

料金

大人 1,500円、小人 600円、5歳以下 無料
※高校生は学生証提示で1,200円

公式サイト

https://www.ryukyumura.co.jp/

琉球ガラス てぃだ工房

吹きガラス体験ができる

photo by Unsplash ※画像はイメージです

琉球ガラス てぃだ工房は、海岸沿いにある本格的なガラス工房。オリジナルガラスの販売から、琉球ガラスの制作体験まで、さまざまな体験ができます。1番人気の吹きガラス体験は、職人と一緒につくるコースと、難しい工程に挑戦するコースなど自分好みで選べるのがポイント!

デザイン選びから仕上げまで自分で作り上げたグラスは、旅の思い出がつまった大切なおみやげになりますよ。作成した作品は、翌日に受け取ることも、郵送で送ってもらうことも可能です。

琉球ガラスてぃだ工房の基本情報

住所

〒904-0404 沖縄県恩納村字瀬良垣1780-3

電話

+81989661040

営業時間

9:00~18:00

休業日

不定休

アクセス

那覇空港から車で約50分

料金

体験プログラムは料金がかかります

公式サイト

https://www.teida.ryukyu/

おんなの駅なかゆくい市場

おみやげや地元の食材がそろう

photo by とむにい ※写真はイメージです

おんなの駅なかゆくい市場は、沖縄の味覚を存分に味わえる道の駅です。恩納村と周辺の地域で採れた農産物を産直市場でもあり、登録している農家の数はなんと約1,300人!新鮮な島野菜やフルーツ、沖縄らしいお土産も手に入れることができるので、地元民と観光客の両方でにぎわっています。

てびちの唐揚げやポークたまごおにぎり、サーターアンダギーなど、その場で食べられる沖縄のB級グルメも大人気!観光の途中に、小腹が減ったときに立ち寄るのもおすすめですよ。

おんなの駅 なかゆくい市場の基本情報

住所

〒904-0415 沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-9

電話

+810989641188

営業時間

10:00~19:00

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約45分

料金

無料

公式サイト

https://onnanoeki.com/

ムーンビーチ

三日月形のプライベートビーチ

えぬ - 沖縄発!役に立たない写真集, パブリック・ドメイン,

ムーンビーチは、ホテルムーンビーチ内にある三日月形のビーチ。恩納村のなかでも人気のリゾートエリアに位置する老舗リゾートのひとつで、宿泊者以外も利用することができます。ジェット噴射でバランスをとるフライボートや、ジェットスキーなど、マリンスポーツの種類も豊富ですが、なかでも1番の魅力は、オフシーズンでも海水浴が楽しめること!天気によっては11月や1月も泳げますよ。

沖縄のビーチは、遊泳可能な時期が決まっているのがほとんどですが、ムーンビーチは、常に適切な水深を維持する仕組みが整っているので、年間を通して安心して遊べます。

ムーンビーチの基本情報

住所

〒904-0414 沖縄県国頭郡恩納村前兼久1203

電話

+81989651020

営業時間

施設にお問い合わせください

休業日

なし

アクセス

那覇空港から車で約50分

料金

大人(中学生以上)2,000円、小学生 1,000円、未就学児 無料 ※宿泊者は無料

公式サイト

https://www.moonbeach.co.jp/

【2024年最新】恩納村のおすすめ観光スポット20選!定番から穴場まで

沖縄北部の人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、沖縄・北部エリアのおすすめの観光スポットを紹介しました。北部は豊かな自然に恵まれたエリアで、自然が活かされた名所や見どころがたくさん!日々の生活からリフレッシュしたいときにぴったりの旅先です。効率よく計画を立てれば、より多くの観光地を楽しめますよ。

ぜひ紹介した観光地を参考に、沖縄旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

cover photo by Unsplash

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる