NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【保存版】ホノルル動物園を楽しみ尽くすために知っておきたい6のこと

ハワイの定番観光地として人気のあるホノルル動物園。ゆったりとした園内には芝生広場や遊具などもあり、小さな子ども連れのファミリー旅行にもぴったり!本記事では園内の概要を紹介するとともに、ホノルル動物園を楽しみ尽くすコツをお伝えします。

更新日:
NEWT編集部

ワイキキ中心部から徒歩でも行けるアクセス抜群のホノルル動物園。園内はとても広く、さまざまな動物を見学できます。本記事では、そんなホノルル動物園の園内の様子や展示内容をご紹介。ホノルル動物園を楽しみ尽くすためのとっておきのコツをお伝えします!

小さな子どもから大人まで楽しめる見応えある展示が多いので、ハワイ旅行の際の家族でのおでかけスポットとして旅の予定に組み込んでみては?

Contents

ハワイの人気スポット「ホノルル動物園」って?


photo by sutterstock

ホノルル動物園は、ハワイの中心地・ワイキキから徒歩10~15分ほどで行ける、アクセス抜群の観光地。1947年、クイーン・カピオラニ・パークの一角で開園して以来、ハワイの定番観光地としても人気の高い場所です。

動物園の敷地面積は0.17平方キロメートル、上野動物園とほぼ同じ広さ。そこでは220種ほどの動物や鳥たちが暮らしていて、さまざまな動物たちの様子をゆったりと見てまわることができます。


photo by sutterstock

ホノルル動物園の特徴は、自然環境に寄せた展示方法を行っていること。檻のなかはとても広く、動物たちがのびのびと自然体で過ごす様子を間近で楽しめます。そのため、なかなか姿を現さない夜行性の動物もいますが、どこに隠れているか姿を探すワクワク感や、まるで本物の野生の動物たちを見ているかのような気分を味わえるのも魅力のひとつ。

エリアによって木や土の性質を変えているので、こちら側が動物の敷地に迷い込んだかのような気分に。迫力満点の自然に囲まれた環境で、自然体の動物たちを見学できますよ!


photo by Smithy55 / shutterstock

さらに、夕方から開催される「トワイライト・ツアー」も人気のアクティビティです。毎週金曜日と土曜日の動物園が閉園されたあと、2時間ほどのナイトツアーが開催されます。トワイライト・ツアーは日本語ガイドによる説明付き!昼間に自分たちで巡るのとはひと味違う見学が楽しめますよ。

なかでも、昼間にはなかなか姿を現さない夜行性の動物が、夜になると姿を現す可能性も!ライオンやトラなどの夜行性の動物たちを眺めるチャンスです。

ホノルル動物園の基本情報

ホノルル動物園がもっと好きになる、6の楽しみ方

では、さっそくホノルル動物園を楽しみ尽くすための6のコツをお伝えします!

①日本では巡り会えない珍しい動物の様子を眺めてみる


photo by Smithy55 / Shutterstock

気候や土地の状態など、ハワイと日本では異なります。そのため、日本の動物園では見られない動物やハワイでしか生息していない動物など、バラエティーに富んだたくさんの動物たちに出会えるのが、ホノルル動物園の大きな魅力のひとつです。

園内はいくつかのエリアに分けられています。おもなエリアは以下のとおり。



園内には、ハワイに生息している現地の動物や、絶滅危惧種や国際保護鳥に指定された動物や鳥たちもたくさん飼育されています。たとえば、エリマキ・キツネザル、クロサイ、ワオキツネザルなどの絶滅危惧種の動物たちもここで暮らしています。貴重な動物たちやハワイでしか出会えない動物たちをしっかりと目に焼きつけましょう!


photo by shutterstock

②園内に併設されている子ども動物園「ケイキ・ズー」で動物と触れ合う


photo by shutterstock

ケイキ・ズーは子ども向けのエリア。こぶたやヤギ、リャマなどの小動物と触れ合えるコーナーです。園内のなかでもとくに動物の様子を身近に感じられるので、動物と触れ合いたい方や動物を間近でじっくりと眺めたい方にぴったり!動物たちとの触れ合いを楽しめるため、小さな子どもも楽しみながら時間を過ごせますよ。向かいにはアスレチック広場もあります。

③迫力にびっくり!よく知る動物たちの自然体な姿に癒やされよう


photo by shutterstock

アフリカの雰囲気をそのまま感じられる「アフリカン・サバンナ」エリア。動物園の3分の1ほどの面積のなかで、カバ、サイ、ダチョウ、ライオン、キリン、チーターなどの動物たちが飼育されています。

このエリアの魅力は、動物の自然な姿が見られること。まるで本当のアフリカの土地のように大地や自然を再現しているので、サバンナのなかで動物たちを見ている気分に!自然に近い環境でのびのびと暮らす様子を見られるのは、ホノルル動物園ならではの魅力です!

④レアアイテムいっぱいのお土産店でショッピングを満喫!


photo by Molly NZ / shutterstock

園内のお土産店でのショッピングもホノルル動物園での楽しみのひとつ。園内には多数のお土産が並ぶギフトショップがエントランス付近に併設されています。Tシャツやぬいぐるみ、キーホルダーや文房具など、ここでしか手に入らないかわいいアイテムがいっぱい。観光の思い出にぜひお気に入りを見つけてくださいね。

⑤子どもに大人気!壮大な敷地内に作られたアスレチック

園内には、動物ゾーンだけでなく広々とした芝生やプレイグランドも整備されています。動物を見てまわる途中の休憩スポットとして大人も子どももほっと休める空間です。地面がクッション製のやわらかい素材になっているので、小さな子どもでも安心して遊べますね。

芝生広場では小さな子どもが思いきり走り回れるほどのスペースも。飽きずに動物園での時間をまるごと楽しめる工夫がされています。

⑥豊かな自然に包まれた芝生広場でピクニック気分を満喫!


photo by Frozen Bayberry / shutterstock

園内には、至るところに芝生広場が整備されています。大きな木々に覆われているので木陰でほっとひと休みするのに絶好の場所。ピクニック気分で昼食をとったり休憩したりと自由に過ごせます。

屋外の広い園内を見てまわるのは想像以上に体力が消耗するもの。所々で休憩をはさみながら無理なく動物園を楽しみましょう!

ホノルル動物園で楽しい一日を過ごそう!

本記事では、ホノルル動物園を目いっぱい楽しむためのコツやおすすめのエリアなどをご紹介しました。

自然環境に近い空間のなかで暮らす動物たちののびのびとした姿を見られるのが、ホノルル動物園の魅力のひとつ。園内にはアスレチックや芝生広場もあるので、ピクニック気分で訪れてみるのもおすすめです!

ハワイでしか目にできない動物たちを見たり、ときには小動物と触れ合ったりしながら、楽しい思い出を作ってくださいね。

cover photo by shutterstock

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる