NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ハワイ島観光を満喫!人気観光スポット&おすすめモデルコース5選!

ハワイ諸島で最も大きい島、ハワイ島。オアフ島につづき人気の観光スポットが多く、キラウエア火山やマウナケア山などの大自然が満喫できる島です。 この記事では、初めてハワイ島を訪れる方向けに、ハワイ島観光を楽しめるモデルコースをご紹介!おすすめの過ごし方や観光スポットの見どころを解説します。

ライター
NEWT編集部

ハワイ諸島で最も大きい島、ハワイ島。オアフ島につづき人気の観光スポットが多く、キラウエア火山やマウナケア山などの大自然が満喫できる島です。

この記事では、初めてハワイ島を訪れる方向けに、ハワイ島観光を楽しめるモデルコースをご紹介!おすすめの過ごし方や観光スポットの見どころを解説します。

Contents

ハワイ島の基本情報

まずはハワイ諸島でもっとも大きな島、ハワイ島についての基本情報を解説します。

ハワイ島には自然が満喫できる観光スポットがいっぱい!


photo by shutterstock

ハワイ島は、ハワイ諸島でもっとも大きな島でビッグアイランドという名称で親しまれています。ハワイといえば、ワイキキビーチやダイヤモンドヘッドのあるオアフ島が人気の観光地ですが、ハワイ島には大自然が満喫できる観光スポットがたくさん!世界遺産のキラウエア火山や、星空観察ができるマウナケア山など、美しい自然に囲まれているのがハワイ島の魅力です。

ハワイ島は、ハワイ随一の有名店が並ぶ東のヒロや、シュノーケリングやダイビングで有名な西部のカイルア・コナ&コースト、高級リゾートホテルが並ぶコハラ・コーストなど、エリアにより街の特徴はさまざま。観光スポットも点在しているので、レンタカーやトロリーバス、オプショナルツアーを利用して効率よく観光するのがおすすめです。

ハワイ島旅行は何泊がおすすめ?


photo by shutterstock

ホノルルから乗り継いで行くことも多い、ハワイ島。日本からハワイ島西部のコナまでは直行便が運航されています。ハワイ島は面積が広く、観光地やアクティビティも充実しているため、初めてハワイ島を旅行する場合は3泊5日以上の旅行日数がおすすめです。

休暇の長さの関係であまり時間がない人は2泊4日、1週間以上滞在できる余裕があれば、最初の3泊はハワイ島、残りの2〜3泊はオアフ島やマウイ島などの他の島へ足を運んでみるのも定番コースのひとつです。

ハワイ島観光を楽しむポイント


photo by shutterstock

ハワイ島は地球にある17の気候帯のうち10の気候帯が存在する、自然のバラエティが豊かな神秘的な島です。今でも活動を続ける火山キラウエアや海底からの標高が1万メートルを超える世界最高峰のマクナウア、世界一巨大といわれる山マロナウア、ハワイ州最大の国立公園・ハワイ火山国立公園など、ダイナミックな自然があふれています。

そんなハワイ島を訪れる際にハズせないキーワードはやはり、自然。火山や黒砂ビーチなど、ハワイ島の雄大な自然を満喫できる観光スポットをたくさん巡るのがおすすめです!

さらに、アクティビティが充実したリゾートホテルでの体験や、ショッピングセンターでのお買い物も楽しめるため、自然もリゾートもお買い物も満喫したい方にぴったりの旅先です。

\NEWTでおトクなハワイ島旅行をチェック/

旅スタイル別!ハワイ島の観光モデルコース5選

ハワイ島は海も山も食べ物も充実しており、見どころがたくさん!ハワイ島でぜひ訪れてほしいおすすめスポットをぎゅっと組み込んだ観光モデルコースを5つご紹介します。ハワイ島旅行の目的やシーンに合わせて、旅行計画を立てる際の参考にしてくださいね。

ハワイ島の気軽な観光モデルコース!ゆったり派におすすめ

まずはリゾートホテルが立ち並び、ハワイ島で2番目に多い人口を持つ街、カイルア・コナ地区を拠点とした観光モデルコース!市街地からコナ国際空港は車で20〜30分ほどの距離のため、空港に降り立ったその日からアクティブに観光地を訪れることができるのが魅力です。

ここでは、飛行機の移動で疲れている1日目や、市街地周辺でゆったり過ごしたいときにおすすめの、気軽に観光できるハワイ島の1日モデルコースをご紹介します。

12時~ UCCハワイ直営農園/UCC Hawaii


photo by shutterstock

UCCハワイ直営農園では、ハワイで栽培されている代表的なコーヒー豆「コナコーヒー」を栽培。コナ空港から車を使って約30分で到着するアクセスの良さから、フライトの疲れが残るハワイ島1日目の観光スケジュールとしてもおすすめのスポットです。

自分好みの色に焙煎したり、パッケージに自分のお気に入りの写真を貼ったりしてオリジナルのコーヒーが作れる焙煎体験ツアーや、農園内を見学して写真撮影が楽しめる農園見学ツアー、コーヒー豆の収穫から精製までを実際に学べる収穫体験ツアー(期間限定)など体験の種類も豊富!

敷地内のキオスクではコナコーヒーをはじめ、マカダミアナッツチョコやUCCハワイのオリジナルグッズなども購入できます。コーヒー好きならぜひ訪れてほしいスポットです。

UCCハワイ直営農園(UCC Hawaii)の基本情報
住所:75-5568 Mamalahoa Hwy, Holualoa, HI 96725 アメリカ合衆国
電話:+1 808-322-3789
営業時間:9:00~16:30
休業日:元旦、サンクスギビング、クリスマス
アクセス:コナ空港から車で約30分
料金:ツアーにより異なる
公式サイト:https://www.ucc-hawaii.com/ja/

13時~ 【昼食】パパ・コナ・レストラン&バー/Papa Kona Restaurant & Bar


photo by shutterstock

UCCハワイ直営農園から車で20分ほどのところにあるPapa Kona Restaurant & Bar。海沿いに位置する店内からはハワイ島の美しい海の景色を一望できます。特にテラス席では潮風を感じながら優雅に食事を楽しむことも!

ランチはアヒポケやハンバーガーのプレート、サンドイッチ、タコスなどのハワイらしいメニューが豊富です。カイルア・コナ地区の市街地にあるため、比較的アクセスが良いのも嬉しいポイント!

パパ・コナ・レストラン&バー(Papa Kona Restaurant & Bar)の基本情報
住所:The Waterfront Row, 75-5770 Ali‘i Dr 1st Floor, Kailua-Kona, HI 96740 アメリカ合衆国
電話:+1 808-300-0044
営業時間:7:00~21:00
休業日:なし
アクセス:コナ空港から車で約20分
料金:LOCO MOCO/16ドル(約2,403円)
※2023年10月26日現在のレート、1ドル=150.19円で計算しています
公式サイト:https://papakonarestaurant.com/

15時~ コナ・イン・ショッピングビレッジ/Kona Inn Shopping Village 


photo by shutterstock

赤い屋根が目を引くショッピングセンター、コナ・イン・ショッピングビレッジには雑貨屋さんやカフェ、お土産屋さんなどのさまざまなお店が入っています。変わったデザインのTシャツが所狭しと並んでいるお店があったり、サーフショップがあったりと敷地内を散歩するだけでもハワイの朗らかな雰囲気を満喫できる観光スポットです。


photo by shutterstock

中庭は海に面しているので、コーヒーをテイクアウトして浜辺でのんびり過ごすのもおすすめ!ハワイ島観光のお土産探しにぜひ立ち寄ってみてくださいね。

コナ・イン・ショッピングビレッジ(Kona Inn Shopping Village)の基本情報
住所:75-5744 Ali‘i Dr, Kailua-Kona, HI 96740 アメリカ合衆国
電話:+1 808-329-6573
営業時間:10:00~19:00※時期により異なる
休業日:なし
アクセス:コナ空港から車で約20分
料金:無料
公式サイト:https://www.konainnshoppingvillage.com/

18時~ 【ホテル】ロイヤルコナリゾート/ROYAL KONA RESORT


photo by expedia

カイルア・コナで宿泊するのにおすすめのホテルは、市街地にある大型ホテル、ロイヤルコナリゾート。カイルア・コナ中心部の便利な立地にあるにも関わらず、リーズナブルな価格で人気のホテル。リゾート内のほぼすべてのレストランから、カイルアの海を眺めることができ、運が良いときには近くにイルカの群れが来ることも!


photo by expedia

レストランの他にもプール、バー、テニスコート、フィットネス、スパなどの施設が充実しており、敷地内で存分にもハワイ島の魅力を満喫できます。疲れたら少し早くホテルに戻ってリゾート内を散策するのもおすすめ。ホテル内では日本語も通じるので安心ですね。

ロイヤルコナリゾート(ROYAL KONA RESORT)の基本情報
住所:75-5852 Ali‘i Dr, Kailua-Kona, HI 96740 アメリカ合衆国
電話: +1 808-329-3111
チェックイン:16:00
チェックアウト:11:00
アクセス:コナ空港から車で約25分
料金:29,233円/1泊(スタンダードルーム)
※掲載料金は2023年10月26日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。
ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
公式サイト:https://www.royalkona.com/

ロイヤルコナリゾートはハワイ島の高級リゾートホテル!部屋やレストランを紹介

ハワイ島の名所をめぐる観光モデルコース!よくばり派におすすめ

見どころ満載のハワイ島を存分に楽しみたい方には、1日でハワイ島の食べ物も自然も満喫できるモデルコースがおすすめ。

活火山があるハワイ島ならではの黒い砂浜や、南国の透き通った海で自由に泳ぎ回るマンタに会えるツアーなど、朝から夜まで盛りだくさんのハワイ島モデルプランです!

7時~ 【朝食】パインツリーカフェ/Pine Tree Cafe


photo by shutterstock ※画像はイメージです

パインツリーカフェは、朝6時からオープンしているハワイ島の人気カフェ。朝食はパンケーキやロコモコ、ブリトーなどハワイらしいメニューが充実しています。

ランチではプレートメニューがあり、テリヤキビーフやチキンカツ、醤油チキンなどの日本人に馴染みあるメニューも豊富。旅行中にそろそろ日本の味が恋しくなってきた…なんてときにもおすすめ。全体的にどのメニューもボリュームたっぷりで、朝からお腹いっぱいになれると評判です!

空港からほど近いため、飛行機の搭乗前にサクッと朝食を済ませたいときにも嬉しいスポット。ここなら、出発ギリギリまでハワイ島を満喫できますね。

パインツリーカフェ(Pine Tree Cafe)の基本情報
住所:73-4040 Hulikoa Dr, Kailua-Kona, HI 96740 アメリカ合衆国
電話: +1 808-327-1234
営業時間:6:00~19:00
休業日:なし
アクセス:コナ空港から車で約10分
料金:TWO EGG PLATE/11.95ドル(約1,794円)
※2023年10月26日現在のレート、1ドル=150.19円で計算しています
公式サイト:https://www.pinetreecafehi.com/

10時~ プナルウ黒砂海岸/Punaluʻu Beach


photo by shutterstock

早起きした日は少しハワイ島の奥まで足を運んでみましょう。コナ空港から車で約2時間のところにあるプナルウ黒砂海岸は、ハワイ島で最も有名な黒砂海岸のひとつ。火山の溶岩流が海に流れ込んだことで黒い砂浜ができたのだそう。見たことのない真っ黒な砂浜が広がる圧巻の景色に、自然の神秘を感じられますよ。


photo by shutterstock

ビーチ沿いにはココヤシの木が生えていて、アオウミガメが日光浴をしていることも!ただし、アオウミガメは絶滅危惧種に指定されており、米国連邦法およびハワイ州法によって保護されています。触ると罰金が発生する可能性があるので、見つけても遠くからそっと眺めるだけにしてくださいね!

プナルウ黒砂海岸(Punaluʻu Beach)の基本情報
住所:アメリカ合衆国 Hawaii, Naalehu
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:コナ空港から車で約2時間
料金:無料

16時~ マンタ・ナイト・シュノーケル


photo by shutterstock

プナルウ黒砂海岸から市街地カイルア・コナのホテルに戻り、ひと休みしてから夜のマンタ・ナイト・シュノーケルツアーへ!ツアーはホテルまで送迎付きの場合が多く、軽食が含まれていることもあるので、ハワイ島での夜のアクティビティにぴったりです。

船でシュノーケルスポットに到着すると、夜の海中をライトで照らします。照らされた場所に集まったプランクトンを食べるためにマンタがやってくるのです。マンタは性格が温厚といわれており、泳ぎもゆっくり。そのため、シュノーケリングツアーではハワイの海でのびのびと泳ぐマンタをじっくり観察できます。


photo by shutterstock

しかしマンタは野生動物。必ず会えるわけではない、ということを頭に入れて、おおらかな気持ちでツアーに参加してくださいね。

マンタ・ナイト・シュノーケル(manta ray night snorkel)の基本情報
住所:カイルア・コナ各地
電話:-
営業時間:ツアーにより異なる
休業日:ツアーにより異なる
アクセス:コナ空港から車で約20分
料金:ツアーにより異なる

21時~ 【ホテル】コートヤード・バイ・マリオット キング カメハメハズ コナビーチ ホテル/Courtyard by Marriott King Kamehameha's Kona Beach Hotel


photo by expedia

「コートヤード・バイ・マリオット キング カメハメハズ コナビーチ ホテル」はビーチに面しており、美しい海と砂浜をホテルの敷地内で楽しめます。ホテル内には5つのカフェやレストランがある他、周辺にも中華料理やシーフードレストランがあります。24時間営業のジムもあるのでついつい食べすぎてしまう旅行中もしっかり運動できますね!


photo by expedia

ホテルにはシュノーケルやサウナ、カヤッキング、家族向けのアクティビティなども充実。こちらのホテルも日本語が通じるので安心です。

コートヤード・バイ・マリオット キング カメハメハズ コナビーチ ホテル(Courtyard by Marriott King Kamehameha's Kona Beach Hotel)の基本情報
住所:75-5660 Palani Rd, Kailua-Kona, HI 96740 アメリカ合衆国
電話: +1 808-329-2911
チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00
アクセス:コナ空港から車で約20分
料金:53,915円/1泊
※掲載料金は2023年10月26日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。
ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
公式サイト:https://www.marriott.com/ja/hotels/koacy-courtyard-king-kamehamehas-kona-beach-hotel/overview/

ハワイ島の迫力ある火山に圧倒!アクティブ派におすすめのモデルコース

オアフ島2つめの空港、ヒロ国際空港からはハワイ島内最大といわれる街ヒロへのアクセスが良好。ヒロには虹の滝として知られるレインボーフォールズや、ハワイ島のシンボルともいえるキラウエア火山などの人気観光スポットへも行きやすいので、アクティブに観光したい人は、1泊でもぜひ滞在したいエリアです!

ここでは、ヒロ地区に宿泊することを想定したおすすめのハワイ島観光モデルコースをご紹介します。

7時~ 虹の滝/Rainbow Falls


photo by shutterstock

ヒロ市街から気軽にアクセスできる虹の滝。英語名のレインボーフォールズは、ハワイ語でワイアヌエヌエといいます。これは、水にかかる虹という意味で、その名の通り虹がかかることで有名な滝です。


photo by shutterstock

天候にもよりますが、午前中の早い時間に虹が現れることが多いそう。朝食前の散歩がてら訪れるのもおすすめです!滝まではヒロの市街地から徒歩数分で行けるので、早起きして散歩がてら向かいやすいスポットでもあります。落差24メートルの滝にかかった虹はとても美しく神秘的!


photo by shutterstock

また、滝の裏手にある巨大なガジュマルの樹も人気の穴場観光スポット。中に入ってみたり樹に座ってみたりとガジュマルの迫力を全身で感じることができます。

虹の滝(Rainbow Falls)の基本情報
住所:Hilo, HI 96720 アメリカ合衆国
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:ヒロ国際空港から車で約15分
料金:無料

9時~ カメハメハ大王像/King Kamehameha Statue


photo by shutterstock

レインボーフォールズを観光したあとは、一度ヒロ地区の市街地に戻って海沿いを散策するのがおすすめ。ヒロの市街地から少し歩いたところに、カメハメハ大王像があります。

カメハメハ大王はハワイ諸島を統一して王国を築きあげたハワイ建国の祖といわれる人物。大王の像はハワイ州内に3か所、アメリカ本土に1か所建てられていますが、中でもハワイ島ヒロ地区にある大王像はハワイ州の中では最も新しい1997年に建てられたもの。

ハワイのシンボルともいえるカメハメハ大王像で写真撮影をしたあとは、海沿いのカフェなどで朝食やブランチを済ませたり、ビーチで少し休憩したりと、ハワイ島で気ままに過ごしてみて。

カメハメハ大王像(King Kamehameha Statue)の基本情報
住所:Hilo, HI 96720 アメリカ合衆国
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:コナ空港から車で約10分
料金:無料

14時~ ハワイ火山国立公園 ハレマウマウ火口/Hawaii Volcanoes National Park


photo by shutterstock

美しい自然豊かなハワイですが、なかでもハワイ島屈指の観光スポットが、世界自然遺産に登録されている、ハワイ火山国立公園。とくに、公園内にあるハレマウマウ火口は、キラウエア火山の象徴ともいえる見逃せないハワイ島の観光スポットです。

キラウエア火山の火口には、ハワイ島で有名な火の神ペレが住んでいるという伝説も。沸き出る溶岩や黒くてごつごつした岩肌からは自然のパワーがあふれ、地球を肌で感じることができるパワフルな場所です。


photo by shutterstock

火口が見学できる場所にはジャガー博物館があり、ハワイ諸島誕生の歴史や火山活動のしくみ、噴火したときの映像などを見ることができます。

ハレマウマウ火口は、2018年の噴火で一帯が大きく陥没し姿が一変し、さらに2020年12月に再噴火。姿が変わり続ける危険なスポットのため、訪れる際は、ぜひ事前に最新情報を確認の上、プランニングすることをおすすめします!

ハワイ火山国立公園 ハレマウマウ火口(Hawaii Volcanoes National Park)の基本情報
住所:Hawaii Volcanoes National Park, HI 96718 アメリカ合衆国
電話:+1 808-985-6011
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:ヒロ国際空港から車で約50分
料金:15ドル/1名(約2,252円)または30ドル/車1台(約4,505円)
※2023年10月26日現在のレート、1ドル=150.19円で計算しています
公式サイト:https://www.nps.gov/havo/index.htm

世界遺産・キラウエア火山の見どころを紹介!現在噴火の影響はあるの?

17時~ 夜のキラウエア火山と星空観測


photo by shutterstock

キラウエア火山は過去30年間で50回もの噴火を繰り返し、地球上で最も活発な活火山といわれるまさにダイナミックなスポットです。火山から海に流れ出た溶岩は急速に冷やされ陸となり、ハワイ島は今でも面積を広げ続けています。

そんな大迫力のキラウエア火山ですが、夜には幻想的な顔を見せてくれます。火口から流れ出た溶岩がメラメラと光って見える様子は圧巻!


photo by shutterstock

また、星空観測では、晴れていれば天の川が見えることも。満天の星空を眺めながら、自然の美しさを存分に味わうぜいたくな時間を楽しめます。各旅行会社が星空観察ツアーを企画しているので、夜の観光が不安な方はツアーに参加するのもおすすめ!

キラウエア火山は現在でも活動している火山のため、タイミングによっては噴火して危険度が高まっていることも。訪れるときは事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。

\NEWTのおトクなハワイ島旅行をチェック/

子連れにおすすめのハワイ島観光モデルコース【アクティブ編】

せっかく家族でハワイ島に行くのなら、子どもがハワイの自然を存分に感じられる観光スポットを巡りましょう!ここでは、ヒロ発着でキラウエア火山の付近も通る大迫力のヘリコプターツアーに参加する子連れ旅行におすすめのハワイ島モデルコースをご紹介します!

10時~ ヒロ発ヘリコプターツアー


photo by shutterstock

ヘリコプターツアーはハワイ島ではよく行われるオプショナルツアーで、ヒロ発、コナ発、とさまざまな発着地があります。ヒロ発はハワイ火山国立公園が近いため、キラウエア火山を上から見ることも可能。ヘリコプターツアーでは、陸からは見えない場所も上空から見えるので、実際に火山まで足を運んだ人も、新しい発見があるかもしれません!


photo by shutterstock ※画像はイメージです

日本にいるとヘリコプターに乗る体験はなかなかできない貴重なもの。ツアーの内容によりますが、年齢制限が設けられていない場合も多いので、子連れ旅行でも楽しめます。所要時間も約1時間とサクッと終わるので子どもが飽きづらいのも魅力。家族での特別な思い出作りにぜひおすすめしたいツアーです。

13時~ KTAスーパーストア/KTA Super Stores


photo by shutterstock

ヘリコプターツアーで動き回ったあとは、スーパーで食料を調達してホテルの部屋でのんびりしながら食べるのはいかが?現地のスーパーマーケットに行くことも、海外旅行の醍醐味のひとつ。

KTAスーパーマーケットは、地元産の肉を量り売りで購入できたり、ハワイのローカルフード・ポケが何種類も並んでいたり、デリコーナーがあったりと、歩くだけでも楽しいお店です。日本人観光客にも人気で、お手頃な価格でハワイ島現地の食材が手に入ると評判です。

KTAでは自社ブランドのお菓子やオリジナルグッズも販売しているので、ハワイ島でのお土産を選ぶのにもおすすめです!

KTAスーパーストア(KTA Super Stores)の基本情報
住所:50 E Puainako St, Hilo, HI 96720 アメリカ合衆国
電話:+1 808-300-0044
営業時間:日~木 5:30~21:00、金・土 5:30~22:00
休業日:なし
アクセス:ヒロ空港から車で約10分
料金:無料
公式サイト:https://www.ktasuperstores.com/kta-puainako-hilo

17時~ マウナ・ケア山で星空観測


photo by shutterstock

夕方から夜にかけてはハワイ島きっての天体観測地で星空観測はいかが?ハワイ語で白い山という意味をもつマウナ・ケア山は、ハワイで唯一山頂に雪が降る珍しい山です!

標高は4,000メートルを超え、ハワイ島で街灯の数を制限する取り組みを行っていることや、晴れの日が多いことなどの理由から、世界でも有数の天体観測地として知られています。


photo by shutterstock

特に夕方から行くと、刻々と変わりゆく雲海の変化や沈む夕陽など、壮大な景色を見ることができます!山頂への登山は高山病が懸念されるため、年齢制限が設けられていることもありますが、山麓は小さな子どもから高齢者まで安心してアクティビティに参加できるのもうれしいポイント。

マウナ・ケア山(Mauna Kea)の基本情報
住所:アメリカ合衆国 〒96720 ハワイ州
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:コナ空港から車で約1時間30分、ヒロ空港から車で約1時間20分
料金:無料※ツアーにより異なる

20時〜 【ホテル】コナ シーサイド ホテル/Kona Seaside Hotel


photo by expedia

コナ シーサイド ホテルは、コナ国際空港から車で約15分、カイルア・コナに位置するホテル。ホテルの周辺にはトロリーの停留所や23時まで営業しているABCマートがあり、歩いてすぐのところにビーチもあります。

軽食やちょっとしたお土産も購入できる大きなスーパーが近くにあるためとても便利。施設内は、南国の自然を感じさせてくれる屋外プールやオーシャンビューのレストラン、お土産屋さんなど充実しており、アクティブに過ごせます。 


photo by expedia

フロントは親切で丁寧な接客に定評があり、24時間の観光案内や荷物を預かってくれるサービスも。全館禁煙で、ベビーベッドも利用できます。無料のバスアメニティはシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、フェイスソープなどがあり、そのほかにもドライヤーやエアコン、冷蔵庫など必需品が備わっています。

ホテル内や部屋の設備、アメニティ、心地良い接客で評判が高く、コスパが良いと人気のホテルなので、子連れにもうれしいですね!

コナ シーサイド ホテル(Kona Seaside Hotel)の基本情報
住所:75-5652 Likana Ln, Kailua-Kona, HI 96740 アメリカ合衆国
電話:+1 808-329-2455
チェックイン:16:00
チェックアウト:12:00
アクセス:コナ空港から車で約15分
料金:要確認
公式サイト:https://www.konaseasidehotel.com/ja/

子連れに嬉しいハワイ島おすすめモデルコース【ゆったり編】

子連れ旅行は1日に予定を詰め込んでも、計画通りに行かないこともありがち。ここではゆったりした日程でリラックスしつつ、子どもも大人も存分にハワイ島観光を満喫できるおすすめモデルコースを紹介します!

8時~ コナ・ファーマーズマーケット/Kona Farmers Market


photo by shutterstock

水曜日から日曜日の朝7時からコナ市街地内の駐車場で開催されるファーマーズマーケット。店舗は15店ほどと少なめですが、ハワイ島でとれた新鮮な野菜や果物、観光客向けのハンドメイド雑貨やTシャツなどのお土産が並びます。

日本ではあまり見かけないドラゴンフルーツや大きなイチゴなども売られていて、マーケットを見渡せば新しい発見がいっぱい!地元の果物を持ち帰ってあとからお部屋で軽食として食べるのもいいですね。

コナ地区のホテルに宿泊していれば歩いて行きやすいのもポイント。お祭りのようにお店が並んでいる様子に子どもも喜んでくれるでしょう!大人も子どもも楽しめる、朝の散歩にちょうどいい観光スポットです。

コナ・ファーマーズマーケット(Kona Farmers Market)の基本情報
住所:75-5767 Ali‘i Dr, Kailua-Kona, HI 96740 アメリカ合衆国
電話:-
営業時間:7:00~16:00
休業日:月曜・火曜
アクセス:コナ空港から車で約20分
料金:無料

11時~【ホテル】ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ/Hilton Waikōloa Village


photo by expedia

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジは、高級リゾートが並ぶハワイ島北部のコハラ・コーストに位置するホテル。東京ドーム7個分の広さを誇るテーマパークのような敷地内にはトラムが走り、なんと水路をボートで移動することもできます。

ゴルフコースが2つにレストランが10店舗、プールが3つと、まるでリゾート内が一つの立派な観光地といえるほど設備が充実!ラグーンではたくさんの魚やカメが自由に泳いでおりシュノーケリングをしたり、イルカとふれ合ったりすることも可能です。


photo by expedia

特に子どもを連れた家族におすすめしたいポイントは、砂場付きの浅いプールがあること。ホテルの外に出なくて楽しめる施設やアクティビティが豊富にあるので、リラックスしながら楽しめるでしょう。

同じヒルトン系列のホテル・キングスランドへの無料シャトルバスも出ており、施設内の散策やプールの利用ができます。

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ(Hilton Waikōloa Village)の基本情報
住所:69-425 Waikōloa Beach Dr, Waikoloa Village, HI 96738 アメリカ合衆国
電話:+1 808-886-1234
チェックイン:16:00
チェックアウト:11:00
アクセス:コナ空港から車で約30分
料金:57,819円/1泊
※掲載料金は2023年10月26日時点での、1部屋の最低宿泊代金です。
ご予約時と異なることがありますので予めご了承ください。
公式サイト:https://hiltonhotels.jp/hotel/hawaii/hilton-waikoloa-village

ヒルトン ワイコロア ビレッジはハワイの人気リゾートホテル!楽しみ方を紹介

15時~ ドルフィン・クエスト


photo by shutterstock

ドルフィン・クエストはヒルトン・ワイコロア・ビレッジ内で開催されているアクティビティ。イルカとふれ合ったり一緒に泳いだりでき、イルカとのコミュニケーションが楽しめるため、子どもにも人気です。海洋哺乳動物の専門家がサポートしてくれるため、楽しむだけではなく、海に住む動物を保護することの大切さを学べる良い体験にもなるでしょう。

イルカとふれ合えるプログラムだけでも7種類ほどのプランがあり、対象となる年齢や所要時間、内容はさまざま。5歳から参加できるものや家族で貸し切って過ごせるものなどもあるので、自分に合ったプログラムを見つけてみてくださいね!

\NEWTでおトクなハワイ島旅行をチェック/

目的に合わせてハワイ島観光を満喫しよう!


photo by shutterstock

今回は、ハワイ島を満喫できるおすすめの観光モデルコースを5つご紹介しました。気になる観光スポットやコースは見つかりましたか?ハワイ諸島最大の広さで、今もなおその面積を拡大しているハワイ島。豊かな自然で美しい海と山に囲まれ、訪れてほしい魅力的なスポットがたくさんあります!今回ご紹介したモデルコースを参考に、ぜひハワイ島を楽しんでくださいね。

cover photo by shutterstock

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ハワイ島の東京発のおすすめツアー

ハワイ島旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる