NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ハナウマ湾はハワイ・オアフ島にある人気のビーチ!観光ポイントや入場の最新情報を解説

美しいビーチが多いハワイ・オハフ島の中でも、透明度の高さとサンゴ礁の美しさから人気が高いハナウマ湾。この記事ではハナウマ湾の魅力やアクセス方法、最新の入場方法などを詳しく解説します。ハワイ旅行の前にチェックして、是非参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

美しいビーチが多いハワイ・オハフ島の中でも、透明度の高さとサンゴ礁の美しさから人気が高いハナウマ湾。2004年・2016年と2度も全米ベストビーチランキングで1位に選ばれていて、ハワイでも屈指の人気を誇るビーチです。この記事ではハナウマ湾の魅力やアクセス方法、最新の入場方法などを詳しく解説します。ハワイ旅行の前にチェックして、是非参考にしてくださいね。


Contents
ハワイ旅行におすすめのツアー8選!お得に予約する方法や安い時期も紹介

ハナウマ湾の基本情報

photo by Unsplash

ハナウマ湾は、馬蹄形の独特な形をしています。どのような経緯で今の湾が形成されたのか、成り立ちや地形の特徴などの基本情報を解説します。

ハナウマ湾の成り立ちや地形の特徴について

photo by Unsplash

ハナウマ湾の独特な馬蹄形の湾の形は、火山活動の影響によりできたクレーターに風や波による侵食が加えられて作られたものです。現在は誰でも立ち入ることができますが、ハワイ王朝時代には霊的な力の集まる禁忌(カプ)の地として、王族以外は立ち入りが禁止されていたと伝えられています。

自然保護区に指定されているハナウマ湾

photo by Unsplash

ハナウマ湾がロケ地となったエルビス・プレスリー主演の映画「ブルーハワイ」(1961年)が公開されて以降、多くの観光客が訪れるようになりましたが、それと同時に環境の悪化が問題になりました。

そのため貴重な海洋資源を保護することを目的に、1967年にハワイ初の海洋生物保護区に、1978年には市の海洋公園に指定されました。そのため現在の正式名称は、「Hanauma Bay Nature Preserve」(ハナウマ湾自然保護区)となっています。

ハナウマ湾の見どころ

photo by Unsplash

ハワイの中でも海の美しさや、海洋生物の豊富さで知られるハナウマ湾。そこでハナウマ湾の楽しさを満喫するために足を運ぶべきスポットや、体験したいアクティビティーをご紹介します!

ハナウマ湾について学ぶ!海洋教育センター

photo by pixabay

海洋教育センターは、ハナウマ湾に生息する生物たちの生態系や、自然保護活動について学べる施設です。観光客が視聴を義務付けられている自然保護に関するビデオ鑑賞も、この施設内で行われます(日本語音声ガイド有。1年以内の再訪の場合は動画の視聴は不要)。

センター内にはギフトショップがあり、ハナウマ湾で見られる海洋生物たちがデザインされたTシャツやハワイアンスタイルのアクセサリーのほか、子ども向けのおもちゃなども販売されています。ハナウマ湾訪問の記念やお土産用に、買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ウミガメに会えるかも!?ハナウマ湾シュノーケリング

photo by pixabay

サンゴ礁に生息する熱帯魚を鑑賞できるハナウマ湾は、ハワイの中でも有数のシュノーケリングスポットとして知られています。レンタルセンターがあり、シュノーケリングに必要な道具一式はレンタルサービスが活用できます(20ドル=約3,000円)。​​

ハナウマ湾の海はオアフ島随一の透明度を誇るともいわれるだけに、シュノーケリング初心者でそれほど深く潜れなくても、十分に楽しむことができます。ハワイでは「幸せを運んでくれる」として見ると幸運が訪れると伝えられているウミガメにも、運が良ければ遭遇できますよ!

ハナウマ湾観光に最適なシーズンは?

photo by Unsplash

「常夏の島」と称されるように、温暖なハワイは1年中観光シーズンといえますが、やはりマリンリゾートに来て雨や寒さでビーチで遊べない!という事態は避けたいもの。そこでハナウマ湾訪問のベストシーズンについて解説します。

ベストシーズンは雨の少ない5〜10月!

photo by Unsplash

ハワイは年間を通して雨も少なく平均気温は24~30℃ですが、5月~10月は夏、11月〜4月が冬にあたります。このうち夏が乾季に当たるので、ビーチで遊ぶには最適な季節で、その中でも4〜6月は花の季節でもあるので、3世代旅行などに最適です。

観光客が少ない時期を狙うなら12~3月

photo by pixabay

雨季とされる冬は、比較的観光客が少ないシーズンです。ただし雨季といっても日本のように1日中雨が降り続くことはなく、朝夕を中心に「シャワー」と呼ばれる通り雨が降る程度です。

冬の海水温の平均は23.3℃ですが、潮流の関係でうねりが高くなる傾向があるのでマリンスポーツを楽しむ際には注意が必要です。

ハナウマ湾の入場方法は?予約は必要?

photo by Unsplash

海洋生物保護区に指定されているハナウマ湾に入場するためには、事前予約が必要です。ここでは予約方法や気になる料金について詳しく解説します。

予約は便利なオンラインで!

photo by pixabay

ハナウマ湾への入場予約は、オンライン予約の活用が便利です。予約受付は訪問の48時間前までで、現地時間午前7時から受け付けが開始されます。サイトオープン後すぐに予約が埋まってしまうことも多いので、目的の日時のサイトオープン時間を狙ってアクセスすることをお勧めします。


予約時に必要なのは代表者の氏名・Eメールアドレス・携帯電話番号・クレジットカードで、訪問日の時間と合わせて入場の際に義務化されているビデオ視聴日時の予約も必要です。

入園料は1人25ドル(約3,700円。12歳以下の子どもは無料)。予約が完了するとメールが届くので、メールを保存して当日持参しましょう。

入場券の予約に不安がある場合はオプショナルツアーの活用も

入場券の予約に不安がある、希望の日時に予約ができなかったといった場合には、入場券込みでシュノーケリングなどが楽しめる現地ツアーを活用する方法もあります。

ハナウマ湾へのアクセス・行き方

photo by Unsplash

ワイキキをベースに、バス・タクシー・レンタカー・ウーバー・リフトによるハナウマ湾までのアクセス方法について解説します。

費用を節約するならバス

photo by Unsplash

ハナウマ湾へのアクセスで最も費用を節約できるのは、ハワイの公共交通機関のThe bus(ザ・バス)​​の利用です。

現在ハナウマ湾の入口までいけるバスはなく、ワイキキのKuhio Ave(クヒオ通り)にあるKuhio Ave + Seaside Aveのバス停から23番、13番、2番​​のバスを利用し、途中1Lバスに乗り換えが必要です。最寄りのバス停はLunalilo Home Rd + Kalanianaole Hwy(ルナリオ・ホームロード+カラニアナオレ・ハイウェイ交差点)ですが、ハナウマ湾までは徒歩25分ほどかかります。

料金は、現金の場合は1回の乗車で3ドル(約450円)です。ハワイ版の交通カードを利用すると、2時間30分以内の乗り換えが無制限になったり、1日乗車券が使えるメリットがあります。ワイキキからの所要時間は、徒歩の時間も含めて1時間20分〜40分​​程度です。​​

自由度が高いレンタカー

photo by pixabay

自由度が最も高い移動手段は、なんといってもレンタカーです。費用はガソリン代などの諸経費も含めて250ドル(約37,000円)程度見積もっておくと安心!ハナウマ湾の駐車場料金は3ドル(約450円)で、駐車台数に限りがあるので注意してくださいね。

気軽に利用できるタクシーやウーバー・リフト​​

photo by pixabay

タクシーを利用した場合、ワイキキからハナウマ湾までは所要時間20〜30分で、費用は40〜45ドル(約5,900〜6,660円)プラスチップ。タクシー料金の18%前後の金額が、ハワイのタクシーのチップの目安です。​​ 帰りは現地でタクシーが待機していることはないので、事前に予約しておくか現地で改めて呼ぶ必要があります。

ハワイではウーバーやリフトの利用も一般的です。車の大きさなどにより価格に差が生じますが、25〜55ドル(約3,700〜8,140円)以内で利用できます。ただし一般家庭の車を​​利用するので、チャイルドシートの利用が必要な場合などは事前の確認が必要です。

ビーチまでトラムを活用する方法も     

photo by pixabay ※画像はイメージです

海洋教育センターからビーチまでは5分程度の道のりですが、トラムの利用も可能です。料金は片道1ドル25セント(約185円)で、4歳以下は無料で利用できます。カートはゴルフ場カートの大型版といったものなので、のんびりと美しい海を眺めながら移動できて快適ですよ!

ハナウマ湾観光における注意点

photo by pixabay

ハナウマ湾では生態系を守るため、さまざまなルールが設けられています。主なルールには次のようなものがあります。

  • ビーチに降りる前には10分程度の教育用動画の視聴義務がある
  • 海洋生物への餌やり禁止
  • サンゴ礁の上に乗ったり傷つける行為の禁止
  • 海洋生物やサンゴの採取禁止
  • 水溶性の日焼け止めの使用禁止

現地で判断に迷うことがあれば、その都度確認すると安心です。

一般的な日焼け止めの場合、サンゴ礁の白化現象などを招く危険性がある化学物質が含まれている場合があります。これからも長くハナウマ湾の豊かな自然を守り続けていくためにも、ぜひ決められたルールは守るようにしたいですね。

photo by Unsplash

この記事では、ハナウマ湾の観光のポイントや入場方法、アクセスなどをご紹介しました。ハワイでも有数の人気ビーチであるハナウマ湾で、ハワイの海の楽しさと美しさを満喫しましょう!

ハナウマ湾の基本情報


住所:

100 Hanauma Bay Rd, Honolulu, HI 96825

電話:

+1 808-396-4229 

営業時間:

6:45~16:00 (入園は13:30、ビーチへの入場は15:15まで)

休業日:

月・火曜 クリスマス・元旦

アクセス:

ワイキキからタクシーで約30分

料金:

25ドル(約3,700円 12歳以下は無料)

公式サイト:

https://hanaumabaystatepark.com/

※記事内の金額は2023年9月25日のレート、1ドル=148円で計算しています。

cover photo by Unsplash 

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

ハワイ島の東京発のおすすめツアー

ハワイ島旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる