NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

韓国の慶州で訪れたい観光地10選!世界遺産や人気ドラマロケ地も

日本から1時間半ほどで行ける韓国。その中でも慶州は、ソウルから約2時間、釜山からは約30分で行ける人気のエリア。歴史的世界遺産や観光スポットがたくさんあり、韓国ドラマのロケ地にもなっています。

更新日:
NEWT編集部

日本から1時間半ほどで行ける韓国。その中でも慶州は、ソウルから約2時間、釜山からは約30分で行ける人気のエリア。歴史的世界遺産や観光スポットがたくさんあり、韓国ドラマのロケ地にもなっています。今回はそんな慶州のおすすめ観光地をご紹介!有名な世界遺産や人気ドラマのロケ地も紹介しているので、参考にしてくださいね。

Contents

韓国の慶州は歴史を感じる世界遺産の街


photo by shutterstock

韓国の東南に位置する慶州(キョンジュ)は、ソウル駅から韓国高速鉄道KTXで2時間ほどの場所にあるエリアです。朝鮮の三国時代の新羅の都があった場所で、慶州歴史地域として世界遺産に登録されています。瞻星台(チョムソンデ)や大陵苑(テヌンウォン)、雁鴨池(アナプチ)など有名な観光地があり、釜山には高速鉄道で30分ほどで行けるので、釜山の観光地も一緒に巡るのもおすすめです。

今回はそんな慶州のおすすめ観光地を紹介します。有名な世界遺産や人気ドラマのロケ地も紹介しているので、参考にしてくださいね。

世界遺産に登録、慶州のおすすめ観光地5選

仏国寺(ブルグッサ)

韓国で1番最初にユネスコ世界文化遺産に指定された寺


photo by shutterstock

仏国寺は、1995年に韓国で一番初めにユネスコ世界遺産に登録された寺。1500年の歴史があり、6つの国宝や文化財、貴重な建築物など見どころがたくさん。仏の世界にまよいこんだかのような敷地内は、1時間〜2時間ほどで回ることができます。


photo by shutterstock

おすすめは国宝の多宝塔がある大雄殿、極楽浄土のエリアにある極楽殿、国宝の仏座像がある毘盧殿です。敷地内のすべてを回りきれない時は、この3つだけでも見に行きましょう。自然に囲まれているので、建築物と鮮やかな木々を一緒に見て楽しめますよ。とくに秋の紅葉はばつぐんの景色を満喫できます。


photo by shutterstock

仏国寺までは、慶州の主要観光スポットをつなぐ10番バスでアクセスできます。10番バスが経由している観光スポットは、瞻星台や雁鴨池、芬皇寺など。バス停から降りて徒歩3〜5分で着くので、レンタカーがなくても気軽に行くことができるのもポイント。

仏国寺(ブルグッサ)の基本情報
住所: 慶尚北道 慶州市 仏国路 385
電話:+82-54-746-9913
営業時間:2月  07:30~ 17:30、3月~9月 09:00~ 17:00、10月07:00~17:30、11月~1月07:30~ 17:00  
休業日:なし
アクセス:新慶州駅から、バスで約2時間、仏国寺バス停から徒歩3〜5分
料金:大人6,000ウォン(約600円)
※2022年7月29日のレート、1ウォン=0.1円で計算
公式サイト:http://jpn.bulguksa.or.kr/ 

石窟庵(ソックラム)

仏国寺と一緒に観光することができるユネスコ世界文化遺産


photo by shutterstock

石窟庵は774年に完成した寺です。人工的に造られた岩穴の中に円形の部屋があり、そこに高さ約3.4メートルの巨大な仏像があります。部屋の壁にはたくさんの彫刻も掘られています。1995年にユネスコ世界文化遺産として登録され、仏国寺と一緒に観光することができるスポットです。


photo by shutterstock

石窟庵の周辺や道中には提灯が飾られていて、鮮やかな写真を撮ることも可能。日の出が見られる場所でもあり、東海の水平線に昇る太陽はとても美しいです。秋の紅葉シーズンには周りの木々が色づくので、紅葉を見にいくのと同時に観光も楽しめます。


photo by shutterstock

石窟庵までは10番、11番、700番のバスに乗って仏国寺まで行き、そこから12番バスに乗り換えてください。車でいく場合は、石窟岩駐車場から徒歩10分ほどで境内にいくことができます。ぜひ仏国寺の前後に足を運んでみてくださいね。

石窟庵(ソックラム)の基本情報
住所: 慶尚北道慶州市仏国路873-243
電話:+82-054-746-9933
営業時間:平日9:00〜18:00 、土日祝日8:00〜18:00   
休業日:なし
アクセス:新慶州駅から、バスで約2時間30分
料金:大人6,000ウォン(約600円)
※2022年7月29日のレート、1ウォン=0.1円で計算
公式サイト:http://seokguram.org/

大陵苑 (テヌンウォン)

23の古墳がある大きな公園


photo by shutterstock

大陵苑は約12万6,500㎡もある敷地内に、23基の古墳がある公園です。新羅時代の古墳群で、貴重な埋葬品がたくさん発掘されています。街の中にある公園なので、散策するのにぴったりの場所でもありますよ。


photo by shutterstock

おすすめの古墳は、天馬塚(チョンマチョン)と皇南大塚(ファンナムデチョン)です。天馬塚は、23基の古墳のなかで唯一公開されている古墳。1万点以上の遺物が出土し、その中に貴重な絵画である天馬図があったことから名前がつけられました。皇南大塚は2つの古墳がつながっている1番大きな古墳で、天馬塚よりも多くの遺物が出土しました。


photo by shutterstock

桜の花や木蓮の木などが公園内にあり、フォトスポットもたくさんある大陵苑。観光スポットを巡る10番バスでいくことができます。バス停からは徒歩5〜7分くらいで着くので、緑に囲まれた古墳群をぜひ散策してみてくださいね。

大陵苑(テヌンウォン)の基本情報
住所: 慶尚北道慶州市瞻城路140
電話:+82-054-750-8650
営業時間:9:00~22:00(最終入場21:30)
休業日:なし
アクセス:新慶州駅から、バスで約1時間、バス停から徒歩5〜7分
料金:大人3,000ウォン(約300円)
※2022年7月29日のレート、1ウォン=0.1円で計算
公式サイト:http://gjpass.kr/drw/useguide.html 

良洞民俗村(ヤンドンミンソンマウル)

慶州の伝統文化や歴史を体験できる村


photo by shutterstock

良洞民俗村は、伝統文化や昔ながらの建物をそのままの形で残している村。4つの氏族によって形成された村には、国宝や文化財が多くあり、ユネスコ世界遺産に登録されています。築200年を超える家屋と美しい自然に囲まれた村は、とても風情を感じます。


photo by shutterstock

見どころがたくさんあるので、30分〜1時間ほどで回ることができる探索コースがいくつか用意されています。中でも上流階級の建物であった香壇、眺めがいい觀稼亭、簡潔で洗練された技術で建てられた無添堂、1454年に建てられた書百堂を巡る王道コースがおすすめです。


photo by shutterstock

車でいく場合は、慶州駅から約30分。バスは新慶州駅から200〜208、212、217番バスにのり、良洞村入口まで約40分ほどです。バス停についてから良洞村までは歩いて10分ほどかかるので、歩きやすい格好でいくと良いでしょう。

良洞民俗村(ヤンドンミンソンマウル)の基本情報
住所: 慶州市江東面陽洞村道134
電話:+82-070-7098-3569
営業時間:4月〜9月 9:00~19:00、10月〜3月 9:00~18:00
休業日:なし
アクセス:新慶州駅からバスで約40分、バス停から徒歩約10分
料金:大人4,000ウォン(約400円)
※2022年7月29日のレート、1ウォン=0.1円で計算
公式サイト:http://yangdong.invil.org/index.html

瞻星台(チョムソンデ)

秋になると美しいピンクミューリーに囲まれる東洋最古の天文台


photo by shutterstock

瞻星台は、7世紀に建てられた天文台です。約1400年間、建てられた当時のままの姿を残している東洋最古の天文台と言われています。日本でも放送された韓国ドラマ『善徳女王』の時代に造られたとされているので、国内外から多くの観光客が訪れる有名な観光地です。


photo by shutterstock

瞻星台で使われている362個の石は陰暦の1年の日数を表しています。瞻星台の周りには季節によってさまざまな花が咲き、特に秋に咲くピンクミューリーはとても美しくおすすめの季節です。ピンクに囲まれた瞻星台を撮影することができますよ。


photo by shutterstock

瞻星台は入場料がなく、気軽にいくことができるのもうれしいポイント。公共交通機関では61番、10番バスでいくことができます。61番バスは天馬塚バス停、10番バスは月城洞住民センターバス停で降り、バス停からは徒歩で10分以内です。

瞻星台(チョムソンデ)の基本情報
住所: 慶北慶州市仁旺洞839-1
電話:+82-054-772-5134
営業時間:9:00〜22:00(冬季は21:00まで)
休業日:なし
アクセス:新慶州駅からバスで約30分、バス停から徒歩約3〜7分
料金:無料

韓国の慶州で訪れたい観光地5選

東宮(トングン)と月池(ウォルチ)/雁鴨池 (アナプチ)

ライトアップされた豪華な宮殿と美しい池は絶景


photo by shutterstock

雁鴨池は、新羅時代に建てられた離宮跡です。もとは王子たちが住んでいた離宮が池の上にありましたが廃墟となってしまい、雁(ガン)と鴨の群れがいたことから雁鴨池と呼ばれていました。しかし最近になって宮殿があった場所であることがわかり、東宮と月池という当時呼ばれていた名称に変わっています。


photo by shutterstock

宴会や会議、接待などが行われていたとても豪華な宮殿で、池は海に見えるように造られています。1970年代以降に発掘調査が行われてたくさんの出土品が出ていましたが、まだすべてを解明できていない神秘的な場所です。夕暮れには夕焼けやライトアップされた東宮が池に映りこむ、幻想的な光景をみることができます。


photo by shutterstock

主要観光スポットを巡る10番バスでいくことができるので、仏国寺や慶州ワールドと一緒に観光することができます。先ほど紹介した、瞻星台には歩いて行ける距離なので先に瞻星台に行き、雁鴨池はライトアップされた夕方以降にいくのがおすすめです。月城洞住民センター前バス停でおり、徒歩8〜10分でいくことができます。

東宮(トングン)と月池(ウォルチ)/雁鴨池 (アナプチ))の基本情報
住所: 慶州源花路102
電話:+82-054-772-4041
営業時間:9:00〜22:00(最終入場は21:30まで)
休業日:なし
アクセス:新慶州駅からバスで約40分、バス停から徒歩約8〜10分
料金:大人3,000ウォン(約300円)
※2022年7月29日のレート、1ウォン=0.1円で計算

国立慶州博物館 (クンニッキョンジュパンムルグァン)

たくさんの歴史的遺物が展示されている韓国代表の博物館


photo by shutterstock

国立慶州博物館は、新羅の文化遺産を集めた韓国を代表する博物館です。敷地内には常設展示館の新羅歴史館、新羅美術館、月池館などがあります。庭園には聖徳大王神鐘や高仙寺址三層石塔なども展示されています。


photo by shutterstock

新羅歴史館の展示品は、昔旧石器時代から新羅の滅亡までの品が4つの展示室にそれぞれ展示されています。中でも天馬塚で見つかった金冠は、とても豪華で思わず足をとめて見惚れてしまうほど。現在工事中ですが、子ども博物館もあり、子どもと一緒に楽しめる博物館でもあります。


photo by shutterstock

新慶州駅からは700番バスに乗り、東宮と月池(雁鴨池)のバス停で降ります。そこから徒歩3分ほどでアクセス可能。国立慶州博物館は常設展示館、子ども博物館は入場料無料なので、気軽に行くことができるスポットです。

国立慶州博物館(クンニッキョンジュパンムルグァン)の基本情報
住所: 慶尚北道慶州市日精路186
電話:+82-054-740-7500
営業時間:平日10:00〜18:00、土日祝 10:00〜19:00、毎月最終水曜日、3月~12月の毎週土曜日 10:00〜21:00
休業日:1月1日、旧正月、秋夕(旧暦8月15日)
アクセス:新慶州駅からバスで約30分、バス停から徒歩約3分
料金:無料
公式サイト:https://gyeongju.museum.go.kr/jpn/

月精橋(ウォルジョンギョ)

訪れる人を魅了する美しい橋


photo by shutterstock

月精橋は760年に建てられたと言われる、韓国で最大規模の木造橋です。2018年に復元され、門楼の2階には橋の復元過程を記録した映像と出土品が展示されています。月城と南の地域を結び、三国史記にその名が記されている有名な橋なんです。


photo by shutterstock

明るい時間も建築の美しさを見ることができますが、日が暮れると夜景スポットになります。ライトアップされた月精橋が水に映り、とても幻想的な光景に一変!22時まで開放されているので、夜にいくことをおすすめします。


photo by shutterstock

月精橋に行くには10番バスに乗り、月城洞住民センターバス停で降りて徒歩10分ほどです。瞻星台や雁鴨池からそれぞれ徒歩10分ほどで行けるので、最初に瞻星台に行き、夕方になったら雁鴨池、暗くなったら月精橋の順番で行けば、それぞれ絶好のタイミングで見ることができますよ。

月精橋(ウォルジョンギョ)の基本情報
住所: 慶北慶州市校洞274
営業時間:9:00〜22:00
休業日:なし
アクセス:新慶州駅からバスで約40分、バス停から徒歩約10分
料金:無料

慶州校村村(キョチョンマウル)

伝統的な韓屋が立ち並び、伝統体験や食事を楽しめる村


photo by shutterstock

慶州校村村は昔ながらの韓屋がならび、新羅や韓国の伝統文化を体験できる村です。もとは朝鮮半島初の国立大学があった場所で、12代400年ものあいだ慶州崔氏が住んでいた場所でもあります。


photo by shutterstock

韓国の代表的な伝統手工芸であるヌビを作ることができる工房や、陶芸体験、コチュジャン作り体験、餅作り体験、三色麺作り体験などさまざまな体験ができます。レストランやカフェも何店舗かあるので、昔ながらの建物を眺めながら食事も楽しめますよ。


photo by shutterstock

新慶州駅からは、61番や70番バスで50分ほどです。61番バスは黄南小学校バス停で降りて、徒歩7分ほど。70番バスは高速バスターミナル/市外バスターミナルで降りて、徒歩25分ほどです。駐車場もあるので、レンタカーでいくこともできます。

慶州校村村(キョチョンマウル)の基本情報
住所: 慶尚北道慶州市京村道39-2
電話:+82-054-779-6142
営業時間:体験は9:00~18:00ごろ、レストランは11:00~21:00ごろ(お店により営業時間は異なります)
休業日:お店によって異なります
アクセス:新慶州駅からバスで約50分、バス停から徒歩約7分
料金:お店によって異なります
公式サイト:https://www.gyeongju.go.kr/gyochon/index.do

皇理団キル (ファンニダン キル)

昔ながらの雰囲気と新しさが融合した、オシャレな通り


photo by shutterstock

皇理団キルは、伝統的な韓屋やレトロな建物にカフェや食堂、アパレルショップなどがある通りです。~理団(リダン)キルとは、梨泰院にある人気の通り、経理団キルにあやかって全国各地でその名前がついた通りのこと。


photo by shutterstock

皇理団キルは各地の~理団キルの中でも、昔ながらの雰囲気と新しさのどちらもを楽しめる通りです。おしゃれな外観のカフェや、伝統的な韓屋を上から眺めることができるルーフトップカフェが人気です。慶州は歴史的な遺物が多く残る街ですが、ここには若い人たちが集まりにぎわっています。


photo by shutterstock

新慶州駅からは50、51、60、61、70、700番バスに乗り、高速バスターミナル・市外バスターミナルで降ります。そこから徒歩10分ほどでつきます。観光の間にお腹が空いた時は、皇理団キルに足を運んでみてくださいね。

皇理団キル(ファンニダン キル)の基本情報
住所: 慶尚北道慶州市鮑石路1080
電話:+82-54-772-3843
営業時間:お店によって異なります
休業日:お店によって異なります
アクセス:新慶州駅からバスで約30分、バス停から徒歩約10分

世界遺産の街、韓国の慶州で観光を楽しもう


photo by shutterstock

韓国・慶州は歴史を感じられる観光地や世界遺産がたくさんあり、すべてバスや徒歩で気軽に巡ることができます。今回紹介した観光スポットを参考にして、慶州旅行を思いっきり楽しんでくださいね!

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる