NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】韓国・仁川空港を徹底解説!アクセスからターミナル、ラウンジまで

日本から約2時間30分と気軽に旅行できる韓国。この記事では韓国・仁川空港について徹底解説します!仁川空港はアジア最大級のハブ空港なのでとても広く、乗り継ぎにも便利な施設が備わっています。 今回は仁川空港のラウンジや免税店、市内までのアクセス方法や手荷物配送サービスなどをご紹介。韓国旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ライター
NEWT編集部

日本から約2時間30分と気軽に旅行できる韓国。この記事では韓国・仁川空港について徹底解説します!仁川空港はアジア最大級のハブ空港なのでとても広く、乗り継ぎにも便利な施設が備わっています。

今回は仁川空港のラウンジや免税店、市内までのアクセス方法や手荷物配送サービスなどをご紹介。韓国旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Contents
韓国旅行におすすめのツアー9選!おトクに予約する方法も解説【NEWT】

\NEWTで韓国旅行をチェック!/

\おトクな韓国ホテルはこちら!/

仁川空港とは?


photo by Unsplash

仁川空港は2001年にオープンしたアジア最大級のハブ空港で、ソウル市内から約1時間で到着します。ターミナルビルの総床面積は880,000平米あり、韓国内で最大の空港(空港コード:ICN)です。

日本発着便は、大韓航空、チェジュ航空、アシアナ航空、ANA(全日本空輸)、ZIPAIR、ユナイテッド航空などが就航しています。そのほかにも世界各国から約84の航空会社のフライトが発着する大きな空港です。

イギリスの航空サービスの格付け会社・スカイトラックスが、毎年世界中の約550の空港を対象にした「ワールドエアポートアワード」。世界の最も素晴らしい空港を2023年5月に発表しており、仁川空港は4位にランクインしています。仁川空港は毎年上位に入るほどで、利便性やサービスが充実していることがわかりますね!

仁川空港のターミナルは2カ所!


photo by Unsplash

韓国・仁川空港には、第1ターミナルと第2ターミナルの2つのターミナルがあります。第2ターミナルは、2018年にオープンした新しいターミナルです。どちらのターミナルにもフルサービスキャリア(FSC)、ローコストキャリア(LCC)が発着しており、第1ターミナルには76つ、第2ターミナルには8つの航空会社が就航しています。

第1ターミナルは地下1階から4階の5階建て、第2ターミナルは地下1階から5階の6階建てです。利用する航空会社によってターミナルが変わるため、事前にチェックしておきましょう。

第1・2ターミナルどちらの搭乗口にもキッズエリアがあります。子どもが遊べる遊具広場や授乳室にはミルクをつくる給湯器、オムツ替えスペースも完備されているので、子ども連れでも安心して過ごせますよ。ちなみにターミナル間は約15キロほど離れていますが、シャトルバスや地下鉄での移動が可能です。ここでは第1ターミナルと第2ターミナルについて、詳しくご紹介します!

第1ターミナル



第1ターミナルにある日本発着便は、アシアナ航空、チェジュ航空、イースター航空、エアソウル、ANAなど。ほかにも春秋航空やシンガポール航空、ハワイアン航空など世界中の航空会社のフライトが発着しています。

ターミナルの地下1階にはSNSで話題の薬局・オリーブヤングやカフェ、地下鉄や医療センターもあります。1階は到着フロアになっていて、新韓銀行の両替所やハナ銀行のATMもあるので、入国してすぐに外貨交換することもできますよ。また、リムジンバスやタクシー乗り場は1階の外にあります。カプセルホテルもあるので、早朝便や深夜便の時に利用しやすいでしょう。

2階は航空会社のオフィス、3階には出国フロアがあります。チェックインカウンターだけでなく、韓国食品やコスメショップなども並んでいるので、お土産を買い忘れる心配もありません。搭乗口の4階にはフードコートやトランジット用のホテルがあります。

第2ターミナル


photo by Unsplash

第2ターミナルにある主な日本発着便は大韓航空でしたが、2023年7月よりジンエアーも発着を開始しました。そのほかにデルタ航空やエールフランス航空、KLMオランダ航空も就航しています。

地下1階にはフードコートや地下鉄、カプセルホテルや医療センターがあります。1階は到着フロアで、バス乗り場やWi-Fiレンタルカウンター、両替所やカフェなどが揃っています。2階には遺失物保管所があり、3階が出国フロアです。出国フロアにもカフェやコンビニなどがあります。

4階はレストランフロア、5階には空港のジオラマが展示されていて、展望台にもなっているため、飛行機の離着陸を間近で見られますよ。

ターミナル間の移動方法


photo by Unsplash

第1・2ターミナル間は約15キロ離れており、シャトルバスや地下鉄で移動することができます。シャトルバスは誰でも無料で利用でき、約10分間隔で運行しています。第1から2ターミナルまでは約15分、第2から1ターミナルまでは約18分で到着します。乗り場はどちらのターミナルとも3階にあり、5時から23時までの営業です。

地下鉄で移動する場合の費用は900ウォン(約98円)で、第1・2ターミナルの地下1階にある空港鉄道乗り場から乗車して、約6分で移動できます。

仁川空港のラウンジは?


Singapore Airlines Lounge at Seoul-Incheon by nakedsky is licensed under CC BY 2.0

仁川空港の出国エリアには、たくさんの空港ラウンジがあります。航空会社のステータスやビジネスクラス以上などで使えるラウンジと、特定のクレジットカードや海外のラウンジが利用できる会員サービスのプライオリティーパスで使えるラウンジがあります。

まずは、航空会社のステータスやビジネスクラス以上などで利用できる空港ラウンジをご紹介します。利用条件などは公式サイトやラウンジカウンターでご確認ください。

  • アシアナラウンジ
  • KALラウンジ
  • Singapore Airlines SilverKris Lounge(シンガポール・エアラインズ・シルバークリス・ラウンジ)
  • China Eastern Airlines Lounge(チャイナ・イースタン・エアラインズ・ラウンジ)

※第2ターミナルはKALラウンジのみ。

次に、航空会社のステータスやビジネスクラス以上の利用でなくとも使えるラウンジをご紹介します。空港ラウンジの利用条件は変わる可能性もあるため、必ず公式サイトでご確認ください。

【第1ターミナルにあるラウンジ】

  • SKY HUB LOUNGE(スカイ・ハブ・ラウンジ)
  • Matina Lounge(マティナ・ラウンジ)

【第2ターミナルにあるラウンジ】

  • SPCラウンジ
  • Lounge L(ラウンジ・エル)
  • Matina Lounge(マティナ・ラウンジ)

24時間営業しているラウンジや食事がいただけるラウンジなどもあるため、目的によってラウンジを使い分けてみてくださいね。ここからは特に人気のラウンジをご紹介します。

SKY HUB LOUNGE(スカイハブラウンジ)


photo by Unsplash
※画像はイメージです

スカイハブラウンジは第1ターミナルの搭乗エリア4階に3カ所あり、そのうちの1つは24時間営業しています。特定のクレジットカードやプライオリティパス保持者が利用できるラウンジです。カード保持者本人のみ無料で同伴者は有料、2歳未満は無料で利用できます。ラウンジによって料金が異なるため、ラウンジにてご確認ください。


photo by pixabay
※画像はイメージです

ラウンジには大きなガラス窓や大理石調のインテリアがあり、高級感が漂います。ラウンジ内にはテーブル席とソファー席が用意されており、Wi-Fiの利用もできるのでゆっくりとくつろげるでしょう。シリアルやブレッド類、サラダバーやホットミール、韓国でおなじみの辛ラーメンなど豊富な種類のビュッフェを楽しめます。ドリンクバーはもちろん、アルコールまで飲み放題なのが嬉しいポイント!

ラウンジ内で食事はできますが、シャワールームやトイレ、仮眠スペースはありません。

Matina Lounge(マティナラウンジ)


photo by pixabay
※画像はイメージです

マティナラウンジは、出国審査を受けたあとの第1ターミナル東ウィングと西ウィング、第2ターミナルの2階の計3カ所あり、どのラウンジも7時から22時まで営業しています。プライオリティパスだけでなく 、提携クレジットカード保持者も利用できます。ゲスト利用の場合は大人39ドル(約5,671円)、子どもは17ドル(約2,472円)です。

※マティナラウンジでは料金がUSドル表記になっています。


photo by pixabay
※画像はイメージです

ラウンジ内は、窓ガラスから光が差し込んで明るい印象です。テーブル席だけでなく、カウンター席も用意されています。韓国料理をはじめとするホットミールやデザート、ソフトドリンクやアルコールなど、ホテルビュッフェのような食事が楽しめるでしょう。また、ラウンジによってはキッズスペースやシャワールームも完備しています。

なお提携クレジットカードでラウンジを利用する際は、食事やアルコール、シャワールームなどは有料となる場合があるため、詳しくはラウンジでご確認ください。

仁川空港での過ごし方

仁川空港は大きな空港のため、充実したサービスが揃っています。空港では、韓国旅行最後のショッピングをしたり、カフェでゆっくり過ごしたり、トランジットホテルで休憩したりと、過ごし方もさまざま。ここでは、仁川空港でのおすすめの過ごし方をご紹介します。

カフェやレストランで食事をとる



第1、2ターミナル合わせて200を超えるカフェやレストランがあり、中には24時間営業しているお店もあります。

第1ターミナルの地下1階には、CJ FOODWORLDというフードコートがあり、ダシダや bibigoなどを展開しているCJグループが運営しています。そのためコスパよく美味しい韓国料理が気軽に楽しめますよ。出国・到着フロアには、ダンキンドーナツやAngel in us coffeeなど韓国で有名なチェーン店も並んでいます。保安検査通過後のエリアにもさまざまな飲食店が揃っているため、食事に困ることはないでしょう。

第2ターミナルにもフードコートだけでなく、韓国料理や中華料理、日本料理やタイ料理など豊富な種類のレストランが並んでいます。さらに、コーヒービーンやパリクロワッサン、パリバゲットなど韓国でおなじみのカフェも揃っているため、出国の時間までのんびりと過ごせますよ。

免税店・お土産店でショッピングを楽しむ


photo by pixabay
※画像はイメージです

第1、2ターミナルに新世界免税店や新羅免税店、現代百貨店免税店が入っており、ブランド品や電化製品など幅広いジャンルの免税品を取り扱っています。TIFFANY&CO.やHERMES、DiorやGUCCIなどのハイブランドから韓国ブランドのMCM、韓国コスメも取り揃えているため、つい買いたくなってしまいそうです。

韓国ドラマによく出てくる高麗人参の正官圧や韓国の定番キャラクターKAKAOフレンズ(第2ターミナルのみ)、子どもに人気のポロログッズも免税でお得に買えるのが嬉しいところ。


photo by pixabay

また、SNSで話題のお土産・비요뜨(ビヨット)を、空港で買って機内に持ち込める方法があるのを知っていますか?ヨーグルトなので手荷物で持っていくと回収されてしまう可能性があるため、スーツケースに入れて預けるか、ターミナルで購入するとお土産で日本に持ち帰ることができますよ。

第1ターミナルを利用する場合は保安検査場を通り、コンコース(搭乗塔)にある韓国のコンビニCUでビヨットを購入すれば、機内に持ち込むことができます。ただし、コンコースに行くと第1ターミナルに戻れないため、注意してください。第2ターミナルの場合は保安検査場を通り、247ゲート付近のセブンイレブンで購入可能です。店頭に在庫があれば、ぜひ買ってみてくださいね!

コンビニは24時間営業していますが、ほとんどの免税店は21時30分で営業終了です。

韓国の伝統文化を体験する



第1ターミナルには韓国伝統文化センター、第1・2ターミナルにはK-CULTURE ZONEがあり、韓国の伝統文化を体験できます。韓服(チマチョゴリ)を試着したり工芸体験をしたりするスポットで、伝統工芸品の購入も可能です。韓国の文化に触れてみたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

タイミングが合えば、民族衣装を着た人たちがターミナル内でパレードを行っているところに遭遇するかもしれません。韓国ドラマさながらに本場の雰囲気を味わえますよ。

仁川空港とソウル市内とのアクセス

仁川空港からソウル市内への行き方は、おもに以下の4つがあります。

  • 空港鉄道
  • リムジンバス
  • タクシー
  • チャーター車

ツアーによっては空港からホテルまでの送迎がついている場合もありますが、韓国到着後に免税店に立ち寄ったり帰国前にお店に立ち寄ったりするなど、時間に制限がある場合も。自分でホテルに向かう場合は、料金や時間を加味すると、空港鉄道かリムジンバスがおすすめです。ここでは料金や所要時間を詳しくご紹介します!

空港鉄道(A’REX)の場合



空港鉄道(A’REX)とは仁川空港からソウル駅を結ぶ地下鉄のことで、最短約43分でソウル駅にアクセスできます。ノンストップの直通列車と各駅停車の一般列車があり、直通列車はオレンジの改札口、一般列車は青の改札口を通って乗車します。

直通列車は第1・2ターミナルの地下1階に位置しており、ソウル駅までの料金は9,500ウォン(約1,029円)です。座席や時間指定ができるため、混雑や乗り遅れなど回避できますよ。第1ターミナルから乗車すると約43分、第2ターミナルから利用すると約51分でソウル駅に到着します。

チケットは現地の券売機(Express Train Ticket)、または空港鉄道の公式サイトで購入可能です。券売機、公式サイトどちらも日本語表記にできるため、韓国語がわからなくても安心して購入できますよ。なお、指定席のため売り切れてしまう場合もあるので、早めにチケットを買うことをおすすめします。


photo by pixabay

一般列車も第1・2ターミナルの地下1階に位置していて、第1ターミナルからソウル駅までは4,250ウォン(約460円)、第2ターミナルから乗車する場合は4,850ウォン(約525円)です。第1ターミナルから約60分、第2ターミナルからは約66分でソウル駅に到着します。時間に余裕があって、安くアクセスしたい場合に一般列車を利用するといいでしょう。

ちなみに韓国の交通ICカード(T-Money)を使用すると100ウォン割引きになります。T-Moneyは空港のコンビニでも購入でき、あらゆるお店で利用できるので、買っておくのがおすすめ!T-Moneyがなくても、改札前の券売機で1回用交通カードと呼ばれる切符を購入して乗車することも可能です。

リムジンバスの場合



仁川空港発のリムジンバスに乗ると、明洞や東大門、江南エリアなど行きたい方面に一本で行けて、ホテル前で止まる路線もあるので便利!第1ターミナルは1階到着フロアの外、第2ターミナルは地下1階にある交通センターからチケット購入をして乗車できます。現金やクレジットカードの利用が可能で、T-Moneyならチケットを買わずバスに乗るときに支払うだけで乗車できますよ。

料金は約17,000ウォン〜(約1,842円)で、所要時間は1時間10分から2時間ほどでソウル市内に到着します。乗り換えもなく目的地に行けたり、ホテルの前まで止まったり、荷物を預けたりできるので、快適に移動したい方におすすめです。一般車両を通るため渋滞に巻き込まれる可能性もあるため、時間に余裕を持って利用してくださいね。

仁川空港ならではの手ぶらで過ごせる荷物配送サービス

仁川空港では、空港から手ぶらで過ごせる荷物配送サービスがあるのを知っていますか。スーツケースや手荷物を持ったままだと移動が大変ですが、配送サービスを利用すれば、すぐに観光やショッピングに出かけられますよ。また、帰国の際もソウル駅でチェックインして、仁川空港まで身軽に移動できる便利なサービスも。サービスの内容を詳しくご紹介します!

スーツケース配送サービスで手ぶらで観光!


photo by Unsplash

仁川空港からソウル市内のホテルまでスーツケースを配送してくれるサービスを利用すれば、韓国到着後すぐにショッピングや観光が楽しめます。また、地下鉄や街中で重たい荷物を運ばなくて済むので、身軽に行動できるのもうれしいところ!

TRIP EASYが配送サービスを行っており、第1ターミナルは3階のNカウンターの32番ブース、第2ターミナルは3階のHカウンターの7番ブースで受付しています。(2023年8月時点)

8時から17時までに手荷物を預けると、当日の20時以降にホテルのフロントに届けてくれます。17時30分から21時までにカウンターに預けると、ホテルに荷物が届くのは翌日の18時以降です。

料金は荷物のサイズにかかわらず20,000〜30,000ウォン(約2,197〜3,296円)で、ホテルだけでなくゲストハウスにも配送できますよ。韓国に着いて手ぶらで快適に行動したい方は、ぜひ利用してみてください。

ソウル駅でチェックイン!仁川空港まで身軽に移動できる



ソウル駅の地下2階にある都心空港ターミナルでは、事前の搭乗手続きやチケット発券、手荷物を預けることができる便利なサービスを行っています。ソウル駅でチェックインをすると、仁川空港で専用の出国口を通って搭乗ゲートに進むため、長い列に並ぶ必要もなく出発まで時間を有効に使えますよ。

対象となる航空会社や利用条件は、以下の通りです。

【対象となる航空会社】

  • アシアナ航空
  • 大韓航空
  • チェジュ航空
  • ティーウェイ航空
  • エアソウル
  • エアプサン
  • ジンエアー

【利用条件】

  • 空港鉄道(A’REX)の直通列車の乗車チケットを持っている方

搭乗手続きは5時20分から19時、手続きの締め切り時間は第1ターミナルは3時間前、第2ターミナルは3時間20分前です。出国審査は7時から19時までやっています。



事前搭乗手続きの方法ですが、まずは窓口や自動券売機で直通列車のチケットを購入します。飛行機に搭乗する時間や空港で過ごす時間を加味して、乗車する時間を決めましょう。乗車チケットを購入後、利用する航空会社のカウンターに行き、チェックインと手荷物を預けます。この時点で航空券が発券されるため、なくさないように気をつけてくださいね。

チェックインカウンターの隣に出国審査の窓口があるので、パスポートと航空券を提示して審査がおわるのを待ちます。10分ほど待機して、呼び出しなどがなければ審査完了です。あとは予約した空港鉄道に乗って空港に向かいましょう。

指定の航空会社や利用条件がありますが、仁川空港まで荷物を運ばなくてもいいですし、チェックインの長い列に並ぶ必要もありません。ソウル駅でチェックインすれば、時間が短縮できるので最後まで韓国旅行を楽しめますよ!

仁川空港を便利に利用して、旅行を楽しもう!

今回は韓国・仁川空港のターミナルやラウンジ、ソウル市内へのアクセスなどをご紹介しました。アジア最大級のハブ空港なのでとても広く、飲食店や免税店、ラウンジや配送サービスなどの施設が充実しています。

利用する航空会社によってターミナルが異なるため、事前にチェックして帰国の際にターミナルを間違えないように気をつけてください。韓国旅行をより楽しむために、仁川空港の施設をぜひ利用してみてくださいね。

※記事内の金額は2023年8月19日のレート、1ドル=145.42円、1ウォン=0.11円で計算しています。

cover photo by Unsplash

この記事で紹介したホテルはこちら🌟

NEWT(ニュート)ならアプリでかんたんに予約できます🤳 いつでも5%ポイント還元!

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

韓国の東京発のおすすめツアー

韓国旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる