NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

ハワイまでの飛行機の時間や時差はどれくらい?機内での過ごし方も紹介

ハワイへの飛行機事情について気になったことはありませんか?この記事では、ハワイまでの移動時間や飛行機代、機内で快適にすごすコツなどをご紹介しています。  これからハワイ旅行を計画しようという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

更新日:
NEWT編集部

ハワイへの飛行機事情について気になったことはありませんか?この記事では、ハワイまでの移動時間や飛行機代、機内で快適にすごすコツなどをご紹介しています。

これからハワイ旅行を計画しようという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Contents

日本からハワイの飛行機移動の時間や時差は?


photo by shutterstock

まずは日本からハワイへの飛行時間や時差についてご紹介します。ハワイは日本からもアクセスしやすいリゾートとしても知られ、人気の海外旅行先の1つです。

1年を通して多くの人が訪れる旅先なので、日本からの飛行機の本数が豊富で、日本の複数主要空港からハワイへの直行便が飛んでいます。

日本からハワイまでの飛行時間は約6時間半から8時間



日本からハワイのオアフ島のメイン空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港へ直行便が就航しています。

日本の主要都市からダニエル・K・イノウエ国際空港への飛行時間は約6時間半から7時間半程度です。逆に復路は偏西風の影響で、往路よりも少し長めの約7時間半から8時間半程度かかります。

日本のどの空港からハワイへアクセスするのかによって、若干の所要時間の差はありますので、これから日本の主要空港、成田空港、羽田空港、関西空港の3つの空港からの所要時間をご紹介します。

成田空港からハワイまでの飛行機の移動時間

成田空港からハワイまでの飛行時間は、行きは7時間半程度です。帰りは偏西風の影響もあり、8時間半程度となります。

羽田空港からは便によっては8時間弱かかるものもあるので、羽田よりも成田の方がハワイへの飛行時間は少しだけ短くなっています。しかし、それほど大きな違いはないので、航空券の値段や自宅からの各空港へのアクセスによって利用する空港を選ぶのがいいでしょう。

羽田空港からハワイまでの飛行機の移動時間

羽田空港からハワイまでにかかる飛行時間は、7時間半〜8時間程度です。帰りは、少し長く8時間半程度となっています。

行きは深夜便なので、寝ていればあっという間に到着してしまいます。
逆に帰りは、機内で寝てしまうと時差ボケ悪化につながりかねないので、飛行機ではあまり寝ないようにして、映画を見たり、ハワイ旅行の思い出に浸ったりするのがおすすめです。

関西空港からハワイまでの飛行機の移動時間

関西空港からハワイへのアクセスは成田・羽田空港と比較して少しだけ飛行時間が長くなります。ハワイまでの行きの飛行時間は8時間半程度、帰りの関西空港までは9時間程度のフライトです。

関西空港からハワイへの便は現在(2022年6月時点)運行本数が少ないため、羽田や成田で乗り継いでからハワイへ行くことも選択の1つです。直行便と比較しても値段は変わらないので、日程によっては検討してみるといいでしょう。

日本出発は夜、ハワイ到着は朝の飛行機が多い


photo by shutterstock

日本からハワイへの便は、夜発で同日の朝到着のものがほとんどです。そのため、朝ハワイに到着した瞬間から、観光をスタートさせることができます。到着した瞬間から遊べるように機内ではしっかりと睡眠をとっておくことが大切ですよ。

ハワイから日本への帰りの便は、ハワイを午前〜午後に出発し、日本に翌日の夕方〜夜にかけて到着するものが多くなっています。

日本とハワイの時差は約19時間

日本とハワイの時差は19時間です。日本の方がハワイよりも19時間進んでいます。多くのアメリカの州はサマータイムを導入していますが、ハワイでは導入されていないので、1年を通して時差は19時間です。

例えば、日本が5月1日の18時の場合、ハワイは前日4月30日の23時ということになります。つまり日本が1日弱ハワイの先を行っているということです。

ハワイへ出国時は出発した同日にハワイに到着、日本へ帰国時は出発した翌日に到着します。そのため、3泊5日というハワイ旅行の日程の場合は、遊べるのは到着した日を含めて実質3日間です。

日本から運航している航空会社や飛行機代の目安について


photo by shutterstock

ここでは、ハワイへの飛行機代についてご紹介します。ハワイへは、多くの航空会社が就航しているので、飛行機代の相場を理解した上で、ぜひお得にハワイへの航空券をゲットしてくださいね。

航空会社や空港ごとに飛行機代を比較!

それでは早速、各航空会社や空港ごとの料金の目安を紹介します。
日本から運航している航空会社は以下の通りです。

  • JAL(日本航空株式会社)
  • ANA(全日本空輸株式会社)
  • UA/UAL(ユナイテッド航空)
  • HA/HAL(ハワイアン航空)
  • DL(デルタ航空)
  • ZIPAIR

また、出発する空港と航空会社ごとの料金の目安(ビジネスクラス)は、下記の通りです。

料金は変動しますので、旅行前には、最新情報を確認の上、旅行を計画してくださいね!

今回はビジネスクラスで料金比較を行いましたが、とにかく安く行きたいという方にはエコノミークラスがおすすめです!
フルサービスエアラインのエコノミークラスを利用する場合は、往復15万円程度の航空会社が多くなっています。

LCCのZIPAIRの場合は、7万円前後から購入可能です。しかし、ZIPAIRはLCCのため、荷物や機内食、機内アメニティ(ブランケットやスリッパなど)が全て有料となっています。そのため、大きいスーツケース(23kg)を持っていくとなると、追加料金が発生します。

飛行機の機内で快適に過ごすために必要な準備は?


photo by shutterstock

ここからは、飛行機で快適にすごすコツをご紹介します。事前に少し準備しておくだけで、機内は一気に快適になるので、しっかりと準備しておきましょう。

機内で快適にすごすためには、服装や手荷物の準備が大事になってくるので、チェックしてみてくださいね。

飛行機の機内は寒さ対策できる服装がおすすめ!


photo by shutterstock

飛行機内は冷房が効いていて寒いということがよくあります。そのため、機内には手荷物として薄手の羽織るものを持ち込むのがおすすめ!あまり厚着をして行ってしまうと暑い場合もあるので、調節しやすい服装にしましょう。

またどうしても寒い場合には追加のブランケットをお願いすると、貸し出してもらえる場合もありますよ。

ハワイへの飛行機は夜発が多いのでリラックスできる服装やグッズがおすすめ!



ハワイへの往路はほとんどが深夜便となるため、機内で快適に過ごせるグッズを持参するのがおすすめです。時差ボケ対策としても行きの飛行機では寝た方がいいので、締め付けの少ない服装で搭乗するようにしましょう。

さらに快適な睡眠を取るために、ネックピローやアイマスク、スリッパなど自分の好みのものを持っていくとよいですよ!

飛行機ならではの機内食や映画をたのしむ!

せっかくのハワイ旅行は、飛行機での移動時間もたのしみましょう!機内食や映画など機内でのエンタメはたくさんあります。「今日の機内食は何かな?」とワクワクしちゃう方も多いのではないでしょうか。機内では最新作の映画を鑑賞できることもあり、いろんなたのしみ方がありますね!

ハワイまでのフライトは7時間程度とそこまで長くありませんが、事前にYoutubeやNetflixなどの動画サービスで観たい動画をダウンロードしておくとさらに快適な空の旅になります。登録されている方はぜひ事前にダウンロードしてから飛行機へ乗り込んでみてください。

ハワイ旅行を満喫するために、飛行機の時間も快適に過ごそう!

今回は、ハワイまでの移動時間や飛行機代についてご紹介してきました。また、ハワイまでの機内での時間を少しでも快適にすごすためのコツについてもあわせてご紹介しました!

ハワイへの旅行はどうしても飛行機での移動がつきものです。せっかくのハワイ旅行なら、機内での時間を快適にすごせるよう、事前に移動時間の把握や機内でのすごし方のコツを理解しておきましょう!

cover photo by shutterstock

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる