NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2022年最新】マレーシア旅行3泊5日の費用&予算を解説!安い時期も紹介

マレーシアは東南アジアの国の中でも物価が安く、5つ星ホテルも安い費用で宿泊できます。1年を通して暖かく、観光やショッピング、グルメや自然とさまざまな魅力を持つ国です。都会的なクアラルンプールや、自然豊かなコタキナバルが旅先として人気で、短期間で訪れやすいことでも知られています。

更新日:
NEWT編集部

マレーシアは東南アジアの国の中でも物価が安く、5つ星ホテルも安い費用で宿泊できます。1年を通して暖かく、観光やショッピング、グルメや自然とさまざまな魅力を持つ国です。都会的なクアラルンプールや、自然豊かなコタキナバルが旅先として人気で、短期間で訪れやすいことでも知られています。

今回は3泊5日のマレーシア旅行にかかる費用を項目別に徹底解説!マレーシアへの旅行が安い時期や物価についても紹介します。

Contents

3泊5日のマレーシア旅行でかかる費用は?

マレーシア旅行は、2日間の終日フリータイムが確保できる3泊5日の日程がおすすめ!クアラルンプールを中心に観光して、時間があったら、マラッカまで足を伸ばしてみるのもいいでしょう。

クアラルンプールとコタキナバルの2都市を観光したい場合は、4泊6日の旅程だと時間に余裕があり、ゆったりと観光できますよ!

マレーシア旅行の相場は約8万円から


<photo by Shutterstock>

マレーシア旅行にかかる費用の内訳は以下の通りです。

  • 航空券費用
  • ホテル費用
  • 食費
  • 現地での交通費
  • 観光&オプショナルツアー費用
  • お土産費用
  • 海外旅行保険やPCR検査にかかる費用

マレーシア旅行は、宿泊するホテルのランク、観光する都市数によって費用が異なります。マレーシアは5つ星ホテルに安い費用で宿泊できる点で人気の旅行先なので、ホテル費用をいつもより奮発してみるのもおすすめです!

3泊5日のマレーシア旅行の場合、相場は1人あたり約8万円からです。クアラルンプールとコタキナバルなどマレーシアの複数都市を観光したい場合は、さらに2万円〜5万円程度の予算が必要になります。

それでは、マレーシア旅行にかかる費用を解説します。

マレーシア旅行への航空券費用


<photo by pixabay>

費用の目安:往復で約4万5千円~約22万円
東京からマレーシア(クアラルンプール・コタキナバル)へは、直行便を利用し、約7時間でアクセスできます。クアラルンプールへは直行便のLCCも就航しており、安く航空券が購入可能です。

・クアラルンプールへの航空券費用(東京発 往復1名分・直行便)
安い時期(日本の長期休暇以外):4万5千円~14万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):11万円~22万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

・コタキナバル(ボルネオ島)への航空券費用(東京発 往復1名分・直行便)
安い時期(日本の長期休暇以外):13万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):22万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

・コタキナバル(ボルネオ島)への航空券費用(東京発 往復1名分・乗り継ぎ便)
安い時期(日本の長期休暇以外):7万円~15万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):13万円~20万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

ただし、クアラルンプールへのLCCの直行便は、2022年10月時点、毎日は運行していません。LCCでの渡航を考えている場合は、事前にフライトの運行スケジュールを確認しておきましょう。

東京からコタキナバルへも直行便は就航していますが、2022年10月時点、週2本の運行です。直行便の航空券は高額なので、旅行費用をなるべく節約したい場合は、乗り継ぎ便もぜひ検討してみてください。

マレーシア旅行でのホテル費用


<photo by pixabay>

費用の目安:1泊で約3,000円程度〜
マレーシアは、5つ星ホテルに安い費用で宿泊できることで知られています。。普段は旅行先のホテルにそこまで費用をかけない方も、マレーシア旅行はランクの高いホテルを検討してみるのがおすすめ!

各都市のホテル費用の相場は、クアラルンプールよりもコタキナバルの方が少し高めです。コタキナバルはネイチャーリゾートで人気の旅行先なので、ホテルを奮発すると、よりリラクシングな滞在を満喫できるでしょう。

・クアラルンプールのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:3千円~5千円前後
スタンダードホテル:5千円~1万円前後
高級ホテル:1万5千円~3万円前後

・コタキナバルのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:3千円~5千円前後
スタンダードホテル:5千円~1万5千円前後
高級ホテル:1万5千円~4万円前後

クリスマスや年末年始などのハイシーズンの旅行は、ホテルが満室になってしまう場合も。お目当てのホテルがある場合は、早めに予約しましょう!

マレーシア旅行での食費


<photo by Unsplash>

費用の目安:1日あたり約5,000円〜
マレーシアの物価は日本よりも安く、物にもよりますが、日本の半分程度が目安です。しかし、マレーシアはイスラム教国なので、アルコールは割高です。

そんなマレーシア旅行で1日あたりにかかる食費は、約5,000円です。レストランの食事は1食当たり約800円〜1,000円でいただけます。食事をローカルな屋台でいただけば、200円前後で抑えられることも!高級レストランで食事をしても、1人あたり3,000円程度なので、少し贅沢をしてみるのもおすすめです。

1日3食を外食して、日中にカフェへ立ち寄っても1日あたり5,000円あれば、存分にマレーシアの食文化を満喫できます!

マレーシア旅行での交通費


<photo by Shutterstock>

費用の目安:1日あたり約1,000円〜
マレーシア旅行で1日あたりにかかる交通費は、約1,000円です。クアラルンプール市内は公共交通機関が発達しています。

日本に比べてタクシーの料金も安いので、効率的に観光したいならタクシーを利用するのもおすすめです!タクシーや配車アプリGrabを利用しても、市内であれば数百円で移動できます。

Grabは電話番号の認証などがあるため、日本を出発する前に登録しておきましょう。

マレージアでの観光&オプショナルツアーの費用


<photo by Shutterstock>

費用の目安:1スポットあたり約2,500円〜
マレーシアの観光スポットの入場料は、マレーシアの物価に対して高めの設定になっています。例えば、クアラルンプールのランドマークとして有名なペトロナス・ツインタワー展望台への入場料は、約2,500円です。

一方で、カラフルな階段などが見どころのバドゥ洞窟や人気のモスクは、入場無料で観光できます!

1スポットあたりの入場料が高く、観光費用がかなりかかるように思えますが、無料でたのしめる観光スポットもあります。マレーシアの観光には、それほど費用がかからないと考えていいでしょう。

マレーシア旅行のお土産費用


<photo by Shutterstock>

費用の目安:約5,000円〜
マレーシア旅行のお土産費用は個人差がありますが、約5,000円あれば、十分なお土産が購入できます。スーパーや市場を中心にお土産探しをすれば、5,000円で自分へのお土産まで購入できちゃいます!

マレーシアで人気のブランドチョコ「ベリーズ」も、スーパーで200円前後で購入可能です。バラマキ用のお菓子がたくさん必要でも、お土産代は安く済みます。

マレーシアの有名デザイナーが手がける「ピーターホー」の雑貨は、他の定番お土産に比べて少し高めです。家族や友達へのお土産としてピーターホーの雑貨を購入しようと考えている方は、お土産代として1万円ほど準備しておくといいでしょう。

海外旅行保険やPCR検査にかかる費用


<photo by pixabay>

費用の目安:約1万円〜

・海外旅行保険
3泊5日のマレーシア旅行にかかる海外旅行保険の相場は、約1,500円〜3,000円です。加入する保険によって、その適用条件や補償内容が異なるため、申し込む前に必ずチェックしましょう。

またクレジットカードを保有している方は、クレジットカード付帯の海外旅行保険もあります。別途、海外旅行保険への加入を検討する前に、お持ちのクレジットカード付帯の海外旅行保険の内容を確認してみてください。

・PCR検査
マレーシアでPCR検査を受ける場合、約10,000円が相場です。10,000円前後のPCR検査は検査後、数時間以内に検査結果が判明し、当日のフライトにも十分間に合います。
もう少し時間がかかっても問題ない場合は、約7,000円でもPCR検査が受けられます。

2022年10月20日現在、マレーシアから日本への帰国に必要なPCR検査の陰性証明書の提出は、新型コロナウイルスのワクチン接種を3回完了している方は不要です。

マレーシア旅行が安い時期は?


<photo by pixabay>

マレーシア旅行が安い時期は、年末年始休暇後の1月〜3月です。

マレーシアには乾季と雨季があるものの、1年を通して温暖な気候で、スコールが降ったとしても数時間程度で止みます。そのため、気候による安い時期は存在せず、旅行客が減る年末年始休暇後の1月〜3月はホテルや航空券の値段が下がり、安い費用でマレーシア旅行に行ける傾向です。

ただし、春節の時期(毎年日にちが異なる・1月下旬〜2月上旬ごろ)は中華圏からの観光客が増え、旅行費用が高くなりやすいので注意しましょう。2023年の春節は1月22日なので、休み期間は1月21日から1月27日まで7日間です。

マレーシア旅行の費用を節約する3つのコツ

マレーシア旅行の費用を節約する3つのコツをご紹介します。

①ツアーで予約する


<photo by Shutterstock>

マレーシア旅行は、航空券とホテルがセットになっているツアーを予約するのがおすすめ!航空券とホテルの予約が一括で完了する上、個別に予約するより安い場合があります。

マレーシア旅行を検討中の方は、航空券とホテルを個別に予約する前にツアーをチェックしてみましょう。年に数回、セールも開催されているので、セールのタイミングを狙えば、いつもより安くマレーシア旅行を予約できることもありますよ!

②ローカルフードに挑戦してみる


<photo by Unsplash>

マレーシア旅行の費用を安く抑えたいなら、ローカルな食事に挑戦してみるのはいかがでしょうか?

屋台での食事なら、1食あたり数百円でお腹いっぱいご飯を食べられます。屋台は地元の方も多く利用しているので、ローカルな雰囲気もたのしみたい方にはぴったりのスポットです。

マレーシアに滞在中、何度かローカルな食事に挑戦してみるのもおすすめです!

③移動にがGrabを利用する


<photo by Shutterstock>

マレーシア旅行中の移動は、Grabを利用するのがおすすめです!Grabとは、東南アジアを中心に人気の配車アプリで、タクシーよりも割安なことも多くあります。

Grabはアプリ上で行き先などを設定でき、支払いもオンライン決済なので、乗降車時が楽ちん!英語が苦手な方でも安心して利用できます。特に、小さいお子さんを連れたファミリー旅行やグループ旅行で大活躍するはずです!

マレーシア旅行は低予算でも十分満喫できる!

3泊5日のマレーシア旅行にかかる費用は、1人あたり約8万円からです。マレーシアは物価が日本よりも安く、低予算でたのしめる海外旅行先の1つです。

5つ星ホテルもコスパよく泊まれると人気なので、せっかくならいつもは泊まらないようなラグジュアリーホテルに泊まってみるのはいかがですか?

※2022年10月20日のレート、1リンギットは31.67円で計算しています。

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる