おトクなハミルトン・アイランドツアー

おトクなハミルトン・アイランドツアー

日付を入力して、NEWT(ニュート)のハミルトン・アイランドツアーの最新料金をチェックしましょう✈️

ハミルトン・アイランド(オーストラリア)の海外旅行・ツアー

    • 検索結果
    • 7
SALE

ハミルトン・アイランド(オーストラリア)

/ 5-7日間

夏旅SALE🍹ハネムーンにおすすめ!施設が充実のリゾートホテルでぜいたくステイ

  • リーフ ビュー ホテル
    • 乗継便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

ハミルトン・アイランド(オーストラリア)

/ 5-7日間

キャッツアイビーチはすぐそば!施設が充実の4つ星リゾートホテルでぜいたくステイ

  • リーフ ビュー ホテル
    • 乗継便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

ハミルトン・アイランド(オーストラリア)

/ 5-7日間

プライベートバルコニーから絶景をひとりじめ!すぐ目の前に海があるリゾートホテル泊

  • リーフ ビュー ホテル
    • 乗継便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

ハミルトン・アイランド(オーストラリア)

/ 5-7日間

トロピカルガーデンで囲まれたリゾートホテル泊!キャッツアイビーチは歩いてすぐ

  • パーム バンガローズ
    • 乗継便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

ハミルトン・アイランド(オーストラリア)

/ 5-7日間

インフィニティプールからの絶景が自慢!マリンアクティビティが充実の4つ星ホテル泊

  • ビーチ クラブ
    • 乗継便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発
LUXURY

ハミルトン・アイランド(オーストラリア)

/ 5-7日間

美しすぎるグレートバリアリーフを一望できる5つ星リゾートで至極のひとときを満喫

  • クオリア
    • 乗継便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発
LUXURY

ハミルトン・アイランド(オーストラリア)

/ 5-7日間

プライベートプール完備&絶景をひとりじめできる至極のリゾートホテルにステイ

  • クオリア
    • 乗継便
        • 行き
        • 夜発
        • 帰り
        • 午後発

ハミルトン旅行におすすめの観光スポット

ハミルトン・アイランドの基本情報

公用語
英語
宗教
キリスト教、仏教、イスラム教、他
費用
ハミルトン島旅行3泊4日の場合、一人当たりの旅行費の目安は約25万円〜30万円です。 ・往復航空券 13万円〜 ・ホテル代 9万円〜(3泊分) ・食費 1万円〜 ・交通費 5000円〜 宿泊先、移動手段、観光する場所によっても価格が変わってきます。 更に、お土産代やツアー代を含めて計算しましょう。
ビザ
ハミルトン島への90日間以内の観光の場合、ビザを取得する必要はありませんが、事前にオンラインで電子渡航許可(ETA)を申請する必要があります。パスポートは帰国日まで有効なものを準備する必要があります。
日本との時差
オーストラリアは国内では、東部、中央部、西部の3つのタイムゾーンに分かれています。ハミルトン島と日本との時差は1時間です。ハミルトン島ではサマータイムが実施されていないので、1年を通してハミルトンが日本よりも1時間早く進んでいます。
気候
ハミルトン島はオーストラリアの北東部に位置しており、亜熱帯気候に分類されます。日本のようにはっきりとした四季がなく、1〜4月は比較的雨が多い雨季となります。9〜2月が日本と逆でオーストラリアは夏にあたる時期なので、ハミルトン島を訪れるのにはベストなタイミングです。6〜8月は冬にあたる時期で平均気温が18℃前後と日本ほど寒くはないですが、海に入るのには少し肌寒く感じるかもしれません。
治安
ハミルトン島はオーストラリアの中でも比較的治安が良いとされています。ですが、空港や繁華街、ビーチなど人が多く集まる場所は犯罪も発生しており、特に観光客を狙ったスリや置き引きも多発しています。持ち物の管理や夜の一人歩きは避けることをおすすめします。
物価
ハミルトン島を含め、オーストラリアの物価は日本に比べて高いです。ハミルトン島での物価は日本の2〜3倍になります。特に外食費は近年高騰しているので、ランチだけでも3,000円を超えることもあります。費用を安く抑えたい方は、ファストフード店など比較的費用が安い店舗の利用をおすすめします。
交通手段
ハミルトン島はコンパクトですので、主要な観光スポットへは徒歩でもアクセスが可能です。また、島内では無料シャトルバスが運行されており誰でも自由に乗り降りできます。無料バスは2種類で、島の中心部を15分間隔で巡回するグリーンバスと、島の郊外を40分間隔で巡回するブルーバスがあります。値段も無料なので島内の観光スポットを巡る際にはバスの利用がおすすめです。
インターネット
宿泊するホテルによっては、ハミルトン島内で無料Wifiの利用が可能なケースもあります。ですが電波の届かないエリアもあるので、旅行中に電波が必要な場合は日本からポケットwifiを借りていくか、simカードなどの購入をおすすめします。
電源プラグ
オーストラリアの電圧は220V〜250Vで、日本の電圧よりも強いです。コンセントはハの字型のOタイプが使われているので、変圧器と変換プラグの両方が必要です。最近の電化製品は100V〜250Vまで対応している製品も多いのですが、旅行前に必ず確認しましょう。電圧が合わないまま使用すると発火の恐れがあり危険です。変換プラグも日本製のものを持っていくことをおすすめします。

ハミルトン・アイランドのよくある質問

  • 日本からのフライト時間はどのくらいですか?
    日本からハミルトンへ島の直行便はなく、オーストラリア国内での乗り継ぎが必要になります。ハミルトン島へは、シドニー、メルボルン、ブリスベン、ケアンズから直行便が運行されています。航空会社によって運航日程はさまざまですが、ケアンズ、シドニー、ブリスベンからはハミルトンへの飛行機が毎日運行しており便利です。所要時間は乗り継ぎ時間を含めて14時間ほどとなっています。
  • 費用はどのくらいですか?
    時期によって異なりますが、3泊4日のハイシーズンの旅行だと20〜30万が費用の目安になります。特にホテル代はハネムーンなどで利用される方も多いので少し割高に感じるかもしれません。
  • 費用の安い時期はいつですか?
    6月から8月は日本の冬の季節に当たるので比較的観光客も少なく、値段が安く予約できる時期でもあります。また2.3月は真夏で暑い日が続き雨も多い時期になるので狙い目だと言えます。
  • ハミルトン島の旅行で注意すべきことはありますか?
    ハミルトン島には固有の動植物が多く生息するので注意が必要です。特に陸上に生息するオオコウモリには近づかないようにしましょう。オオコウモリは人間の体に害を及ぼすウイルスを持っているとされています。他にも毒を含んだギンピ・ギンピと呼ばれる植物には絶対触れないなど、危険な動植物の情報を事前にチェックするのをおすすめします。

NEWTならではの旅行・ツアーの特徴

  • Tour & Hotel

    5%分のポイントがたまる

    旅行代金の5%分、NEWTポイントを還元👛 1ポイント=1円として次回の旅行予約で使えます。詳細

  • Tour & Hotel

    現地での24時間サポート

    旅行中のトラブルからアクティビティ予約まで、24時間365日いつでも日本語でサポート!

  • Tour

    ツアー料金は最低価格を保証

    他社のツアーより料金が高い場合は、こちらよりお問い合わせください✉️ ※1

  • Tour

    ご希望のアレンジに対応

    空港からホテルまでの送迎、海外旅行保険、Wi-Fiなど、ご希望にあわせてご案内します💁‍♀️ ※2

  • Tour

    万が一のキャンセルも安心

    1人あたり最大10万円まで、NEWTがキャンセル料を負担します💪 適用条件はこちら。※3

※1 同日程・同条件などの適用条件があります。 ※2 ツアーに含まれていない場合は、追加代金がかかります。※3 サポート金額はキャンセル料の70%となります。

オンラインで旅行相談

海外旅行のことなら、どんなことでも!NEWTトラベルコンシェルジュにご相談ください🤝

  • 自分に合ったホテルを提案してほしい
  • さまざまなエリアを周遊したい
  • ハネムーンプランがあるか確認したい など
LINEで相談する

運営会社

  • 社名
    株式会社 令和トラベル
  • 創業
    2021年4月5日
  • 代表
    篠塚孝哉
  • 登録番号
    観光庁長官登録旅行業第2123号
  • 資本金
    23億円(資本剰余金を含む)
  • 住所
    〒150-0031東京都渋谷区桜丘町16-13 桜丘フロントⅡビル 6F