NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

タイのおすすめビーチリゾートランキングTOP10!人気から穴場まで

本記事では、タイのおすすめビーチリゾートをランキング形式でご紹介します!プーケットやパタヤ、サムイ島などの人気リゾートから穴場までおすすめのリゾートをピックアップします。リゾートとあわせておすすめのホテルも紹介するので、ぜひタイ旅行の参考にしてくださいね。

更新日:
NEWT編集部

日本人にも人気の海外旅行先のタイは、東南アジア屈指の美しいビーチリゾートとして人気急上昇中です。首都バンコクの街並みや寺院巡りだけでなく、タイにはエメラルドグリーンに輝く海が美しいビーチリゾートが数多くあります。

本記事では、タイのおすすめビーチリゾートをランキング形式でご紹介します!プーケットやパタヤ、サムイ島などの人気リゾートから穴場までおすすめのリゾートをピックアップします。リゾートとあわせておすすめのホテルも紹介するので、ぜひタイ旅行の参考にしてくださいね。

Contents

第1位 世界有数のタイを代表するリゾート!プーケット


photo by Shutterstock

プーケット島は、タイ南部のバンコクから500キロほど離れた場所にある島。世界有数のリゾート地としても人気で、世界的有名ブランドのホテルが多数進出しています。ホテルやレストランなどが充実しているため、快適にリゾート地を満喫したいという方や、子連れファミリーでの旅行にぴったり!アンダマン海の真珠とも称されるエメラルドグリーンの海では、マリンスポーツも楽しめますよ!

島内には、多くの人でにぎわうパトンビーチ、高級リゾートが建ち並ぶバンタオビーチ、透明度の高いビーチが人気のカタビーチ、比較的のんびりと過ごせる夕日が美しいナイハンビーチなど、多種多様なビーチがそろっています。過ごしたい気分やシーンに合わせてそれぞれのビーチに立ち寄れるのは、プーケットならではのうれしいポイントです。


photo by Shutterstock

また、ビーチだけでなく、街歩きも楽しいのがプーケットの魅力のひとつ。ポルトガル様式のカラフルな建物が並び、異国情緒たっぷりです。お土産を探したりSNS映え写真を撮ったりと、さまざまな楽しみ方で街歩きを満喫できます!

タイのプーケットでおすすめのリゾートホテルを紹介


photo by Expedia

プーケットでラグジュアリーな滞在をするなら、JWマリオット・プーケット・リゾート&スパ!マイカオビーチの目の前という立地で、エレガントな滞在を楽しめます。広大なリゾートの敷地には、11軒のレストラン、数々の賞を受賞するスパ、子どもにもおすすめのプール、幻想的なインフィニティ人工池など、充実した施設が勢ぞろい。自然とリゾートをどちらも満喫できるので、プーケットでの滞在をより優雅に過ごせますよ。

プーケット(Phuket)の基本情報
アクセス:バンコクより直行便飛行機で約1時間20分、鉄道(フアランポーン駅発)で約4時間、バス(バンコク南ターミナル発)で約14時間
おすすめのシーズン:11~3月

第2位 バンコクから気軽に行ける静かなリゾート!ホアヒン


photo by Shutterstock

タイ・バンコクの南西200キロの場所にあるリゾート地・ホアヒン。バンコクから車で3時間ほどと気軽にアクセスできるため、タイ人やタイ在住日本人が週末に遊びに行くリゾートとしても人気です。王室の保養地として古くから発展していたため、ゆったりとした雰囲気を残しています。さらに、ホアヒンビーチではエンジン音のするマリンスポーツが禁止されているので、都会の喧噪を離れて、静かに穏やかにリゾート気分を味わいたい方におすすめです!!


photo by Bubbers BB / Shutterstock

砂浜では乗馬を楽しむアクティビティも人気!いつもとは違う視点からビーチや街並みを眺めてみるのは、思い出に残る体験になります。ホアヒンでは、ほかにもトレッキングやバードウォッチングなど自然を楽しむためのアクティビティが多彩。豊かな自然と美しいビーチ、どちらも満喫したい方におすすめです。

タイのホアヒンでおすすめのリゾートホテルを紹介


photo by Expedia

タイのホアヒンでおすすめのリゾートホテルは、子連れやカップルにぴったりのハイアットリージェンシーホアヒンです。ビーチフロントの好ロケーションで、プールやスパなどのリゾートを存分に満喫できます。ジャングルのようにヤシの木が生い茂るプールは広くて、子どもも大喜び!プールサイドにはデッキチェアが並び、大人がのんびりと過ごすのにもおすすめのリゾートホテルです。

ホアヒン(Hua Hin)の基本情報
アクセス:バンコクより鉄道(フアランポーン駅発)で約3.5時間、バス(バンコク南ターミナル発)で約2.5~3時間
おすすめのシーズン:11~2月

第3位 美しい自然が残されたリゾート!サムイ島


photo by Shutterstock

タイで3番目に大きい、タイ屈指のビーチリゾート地・サムイ島。島全体がココナッツに覆われていることから、別名ココナッツ・アイランドとも呼ばれています。条例によって環境に配慮したリゾート開発が行われているのはサムイ島の魅力のひとつ。ヤシの木より高い建物は建てないというルールがあるため、視界いっぱいにタイの豊かな自然が広がります。オンザビーチのホテルで、ゆったりとしたリゾート気分を味わうのにおすすめの場所です!


photo by Shutterstock

タイのサムイ島東岸にはさらさらの白砂が広がり、リゾート感たっぷり!チャウエンビーチやラマイビーチなど、多くの観光客で朝から夜まで賑わうビーチもあり、活気あふれるビーチや街歩きを楽しみたい方にもおすすめです。賑やかな街と自然豊かなビーチのメリハリのある滞在が楽しめますよ。

サムイ島でおすすめのリゾートホテルを紹介


photo by Expedia

サムイ島でおすすめのリゾートホテルはコンラッド コ サムイ。リゾート感満載のプール付きヴィラタイプのホテルで、見晴らしのいい丘の上に建っているため全部屋からはタイ湾の美しい景色が一望できます。海と一体化したかのような開放感ばつぐんのインフィニティプールがより優雅な雰囲気を高めてくれます。ラグジュアリーな空間は、ハネムーンやカップルにおすすめです!

サムイ島(Ko Samui)の基本情報
アクセス:バンコクより飛行機で約1時間20分、鉄道(フアランポーン駅発)で約17時間、バス(バンコク南ターミナル発)でスラーターニーまで約10時間(その後フェリー乗り換えサムイ島へ)
おすすめのシーズン:2~6月

第4位 タイ屈指のダイビングスポット!タオ島


photo by Shutterstock

タオ島は、タイ湾に浮かぶ自然豊かな小さな島。規模は小さいながらも、ジンベイザメやウミガメに出会えるスポットや20以上のダイビングスポットなど、見どころいっぱいのリゾートです。タオ島中心のビーチ、サイリービーチでは多くの人でにぎわうなか、タイでも有数の美しさを誇るサンセットを眺められます。


photo by Shutterstock

タオ島はダイビングスポットとしても有名!ライセンスを取得できる施設も多くあり、日本よりも安価でダイビングのライセンスを取得できます。透明度の高い海の中では、熱帯魚や野生のジンベイザメ、ウミガメなどに出会えることも!。もちろん、島の沖合ではシュノーケリングも可能。まさにリゾートやビーチを満喫するおすすめのリゾート地です。

タオ島(Ko Tao)の基本情報
アクセス:バンコクよりサムイ島まで飛行機で約1時間20分、サムイ島から定期船で約2時間
おすすめのシーズン:3~10月

第5位 秘境感たっぷりの極上リゾート!ピピ島


photo by Shutterstock

映画「ザ・ビーチ」の舞台になったことでも知られるピピ島。6つの島から成り、サンゴ礁に囲まれた神秘的な雰囲気ただよう、タイ屈指の美しいリゾート地です。プーケットやクラビからボートでアクセスできるので、日帰りで訪れることも可能。ピピ諸島最大のドン島には、宿泊施設もあるため、日帰りでは味わえないのんびりとしたリゾート感を満喫するのもおすすめです。


photo by Shutterstock

ピピ諸島の中でも、もっとも有名な場所が映画でも一躍有名になったピピレイ島。マヤベイは、ボートでしか行けない秘境感たっぷりの場所です。切り立った迫力ある岩々と透明度の高いグラデーションの海が美しく、神秘的な景色を堪能できます。ボートでのアイランドホッピングやシュノーケリングを思う存分楽しんで!

ピピ島(Mu Ko Phi Phi)の基本情報
アクセス:バンコクよりプーケット島まで飛行機で約1時間20分、プーケット港から定期船で約2.5~3時間
おすすめのシーズン:11~3月



「自分の好みや過ごし方にぴったりのリゾートを見つけたい」という方は、令和トラベルのコンシェルジュサービスがおすすめ!
お客様の要望や気になることを聞いてから、ぴったりのツアーを提案&予約するオーダーメイドのサービスです。
今まで35万人を超える旅行者をサポートした、海外旅行のプロが対応するので安心して利用できます!

相談はLINEから無料でできるので、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

第6位 バンコクからのアクセスばつぐんなリゾート!サメット島


photo by Shutterstock

タイのバンコクから近く、気軽に行けるリゾートとして知られるサメット島。どこまでも続く遠浅の透き通る海と白い砂浜が魅力のビーチリゾートです。こじんまりとした島内には、ラグジュアリーなホテルからゲストハウス、バンガローまで多種多様にあり、学生から大人までさまざまな人が訪れる場所。バンコクの喧噪から離れて、静かな雰囲気でリゾート感を味わいたい方におすすめです。


photo by Shutterstock

夕暮れ時から幻想的な雰囲気に。夜にはビーチ沿いにバーが並び始めます。昼間とはまたひと味違うビーチリゾートならではの雰囲気を楽しみましょう!さらさらのビーチは歩くとキュッと音がなる鳴き砂としても有名です。

サメット島(Ko Samet)の基本情報
アクセス:バンコクよりラヨーン中心部まで車で約4時間、サメット島までは船で約1時間
おすすめのシーズン:11~3月

第7位 街とビーチを両方楽しめるリゾート!パタヤ


photo by Shutterstock

タイを代表するリゾート地・パタヤ。バンコクから車で1時間半ほど、日帰りで立ち寄れるので、観光客にはもちろん、タイの現地の方にも人気のリゾートです。4キロほど続くパタヤビーチにはカラフルなパラソルが並び、活気のあるリゾート感を味わえます。ショッピングセンターやレストランも充実しているので、シティライフとビーチを両方とも満喫したい方におすすめ!夜にはビーチ沿いのバーで過ごすこともできます。


photo by Shutterstock

また、パタヤビーチでは気軽にマリンアクティビティを楽しめるのも魅力のひとつ。バナナボートやパラセーリング、ジェットスキーなど、アクティブにビーチリゾートを満喫できるアクティビティがそろいます。シュノーケリングは、パタヤからボートで40分ほどの場所にあるラン島へ行くのがおすすめ!透明度の高い海では、色鮮やかな魚たちを眺められます。

タイを代表するリゾート地・パタヤでおすすめのリゾートホテル


photo by Expedia

パタヤに1泊してのんびりとリゾート気分を味わってみたい方には、、ショッピングセンター併設のヒルトン パタヤでの宿泊おすすめ!お部屋は15~34階の高層にあり、全室オーシャンビューなので、どの部屋からも絶景のパノラマビューを眺められます。16階にあるインフィニティプールからの眺めも格別です!

パタヤ(Pattaya)の基本情報
アクセス:バンコクより鉄道(フアランポーン駅発)で約3.5時間、バス(バンコク東ターミナル発)で約2~2.5時間
おすすめのシーズン:11~3月

第8位 手つかずの自然が残る秘境リゾート!クラビ


photo by Shutterstock

プーケット島からパンガー湾を挟んですぐ東にあるクラビは、切り立つ岩とジャングルに囲まれた秘境感たっぷりのビーチリゾート。環境保護の観点からジェットスキーなどのウォータースポーツが禁止されているため、美しい自然が残され静かな雰囲気です。プーケットやサムイ島は多くの人で賑わう観光リゾートですが、クラビはより秘境感を味わって静かに過ごしたい方におすすめ!ビーチからは陸路ではなく海からアクセスするため、未だ手つかずの自然が残されています。大小さまざまな島が広がる様子は神秘的です。


photo by Shutterstock

ダイナミックな自然をより近くで感じるためには、カヌーを使って巡るのがおすすめ!130以上ある島へのホッピングを楽しみたいときにはスピードボートに乗り豊かな自然を楽しむのもいいですね。シュノーケリングやダイビングなど、透明度の高い海だからこそのアクティビティを楽しんでみて!

クラビ(Krabi)の基本情報
アクセス:バンコクより飛行機で約1時間20分、鉄道で約9時間、バス(バンコク南ターミナル発)で約12時間
おすすめのシーズン:11~5月

第9位 タイ最後の秘境として知られるリゾート!リペ島


photo by Shutterstock

タイ最南端、アンダマン海に浮かぶリペ島は、その美しさから、タイ最後の秘境として知られています。海洋国立公園内にあり、タイ屈指の透明度の高さを誇る美しい海が魅力です。バンコクからは距離が遠いものの、わざわざでも訪れたい秘境感満載の穴場の海。タイへのリゾート旅行に妥協したくない方におすすめのリゾート地です。


photo by Shutterstock

島内にはパタヤビーチ、サンライズビーチ、サンセットビーチの3つのビーチがあり、それぞれ徒歩でアクセスできるのでそれぞれのビーチを巡ってみるのもおすすめです。透明度の高い海でのシュノーケリングや海水浴を楽しみながら、ぜいたくなリゾート気分を味わってくださいね。

リペ(Ko Lipe)の基本情報
アクセス:スワンナプーム国際空港からハジャイ空港まで飛行機で約1時間25分、ハジャイ空港からパクバラ船着場まで車で約1.5時間、パクバラ船着場からスピードボートで約1.5時間
おすすめのシーズン:11~4月

第10位 透明度ばつぐんの穴場リゾート!ラチャ諸島


photo by Shutterstock

タイのプーケットから船で2時間ほどの場所にあるラチャ諸島。ラチャヤイ島とラチャノイ島の2つの島から成っています。透明度の高い美しい海として有名で、ダイビングスポットを求めて多くの人でにぎわう場所です。タイのプーケットから日帰りで立ち寄れるのもうれしいポイント!より透き通ったきれいな海でシュノーケリングを満喫できます。


photo by Shutterstock

ビーチ沿いにはカラフルなパラソルとパラソルが並び、まさに南国リゾートそのもの。シュノーケリングやダイビングを楽しむのもよし、デッキチェアに腰掛けてゆったりと時間を過ごすのもよし。リゾートならではの自由な過ごし方ができ、つかの間の穏やかな時間を満喫できますよ。

ラチャ諸島(Mu Ko Racha)の基本情報
アクセス:プーケット島ラワイビーチからボートで約2時間、スピードボートで約40分
おすすめのシーズン:11~3月

タイのビーチリゾートで極上体験を

せっかくのタイ旅行、街歩きやショッピングはもちろん、リゾートも思い切り満喫しませんか?本記事では、人気から穴場まで、おすすめのタイのビーチリゾートをランキング形式で紹介しました。それぞれリゾートの雰囲気や規模感、アクティビティなどが異なるので、シーンや過ごし方に合わせてぴったりのリゾートを選んでくださいね。

都会の喧噪を忘れて、極上のリゾート体験を楽しみましょう!

cover photo by Shutterstock

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる