NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2023年最新】アメリカ・シカゴの2つの空港を徹底解説!シカゴ・オヘア国際空港とミッドウェイ国際空港

人気の旅行先、シカゴはアメリカの三大都市として知られ、多くの観光スポットやグルメスポットがあります。今回はアメリカ旅行の玄関口となるシカゴの2つの空港、シカゴ・オヘア国際空港とミッドウェイ国際空港について徹底解説! シカゴ・オヘア国際空港とミッドウェイ国際空港、どちらの空港を利用するのがおすすめか、空港ラウンジや免税店、両替所、シカゴ市内へのアクセス方法などを紹介します。アメリカ旅行を考えている方は参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

人気の旅行先、シカゴはアメリカの三大都市として知られ、多くの観光スポットやグルメスポットがあります。今回はアメリカ旅行の玄関口となるシカゴの2つの空港、シカゴ・オヘア国際空港とミッドウェイ国際空港について徹底解説!

シカゴ・オヘア国際空港とミッドウェイ国際空港、どちらの空港を利用するのがおすすめか、空港ラウンジや免税店、両替所、シカゴ市内へのアクセス方法などを紹介します。アメリカ旅行を考えている方は参考にしてくださいね。

Contents

アメリカ・シカゴには2つの空港がある!


photo by Unsplash

アメリカ・シカゴには2つの空港があります。シカゴ・オヘア国際空港とミッドウェイ国際空港です。本記事では、アメリカ・シカゴにあるそれぞれの空港の特徴やシカゴ市内までのアクセス方法を紹介します。どちらの空港を利用しようか考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

シカゴ・オヘア国際空港


photo by Unsplash

アメリカ・シカゴにあるシカゴ・オヘア国際空港(空港コード:ORD)は、アメリカ有数の規模の空港です。アメリカン航空やデルタ航空などをはじめ、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、エバー航空など世界各国の航空会社が発着しています。

日本からは、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、ユナイテッド航空の3社が直行便を就航しています。そのためシカゴ旅行ではない場合も、乗り継ぎでシカゴ・オヘア国際空港を利用する方が多いです。

ミッドウェイ国際空港


Chicago Midway International Airport, Chicago, Illinois by Ken Lund is lisenced under CC BY-SA 2.0

ミッドウェイ国際空港(空港コード:MDW)はシカゴ・オヘア国際空港よりも規模が小さく、アメリカ国内を中心にカナダやメキシコのフライトが発着しています。またサウスウェスト航空のハブ空港でもあります。

日本発着便はないため、日本から直接ミッドウェイ国際空港を利用することはないでしょう。シカゴ・オヘア空港と比較すると発着便数が大幅に少ないですが、アメリカ国内やカナダ方面への移動で利用する機会があるかもしれません。

シカゴ・オヘア国際空港とミッドウェイ国際空港どっちがおすすめ?


photo by Unsplash

アメリカ旅行の玄関口とも言われるシカゴ・オヘア空港は施設が充実しています。免税店やレストラン、カフェ、お土産ショップなどが多くあるので、飛行機の待ち時間でショッピングを楽しみたい方におすすめの空港です。発着する便数や航空会社も多く、乗り継ぎで利用するという方も多いのではないでしょうか。

一方でミッドウェイ国際空港はサウスウェスト航空が中心に発着する小さな空港です。アメリカ国内線とカナダ、メキシコへのフライトが大半のため、日本からの旅行では、利用する機会が少ない空港かもしれません。

シカゴ・オヘア国際空港とミッドウェイ空港の特徴や違いを知って、自分のスケジュールにマッチした空港を選ぶのがいいでしょう。

2つの空港で乗り継ぎ(トランジット)をするときは?


photo by Unsplash

シカゴ・オヘア国際空港とミッドウェイ国際空港間は、CTA(電車)またはタクシーで移動できます。所要時間はCTAで1時間15分〜最大2時間程度、タクシーの場合は約40分〜1時間です。

CTAの場合は、市内中心部まで一度出ていき、電車を1回乗り換えます。タクシーの場合は、交通状況によって所要時間が大きく異なります。空港間で乗り継ぎが発生する場合は十分時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

なるべく移動コストを抑えたい場合はCTA、移動時間を短く抑えたい場合や荷物が多い場合はタクシーの利用をおすすめします。

\アメリカ旅行のおトクなツアーはこちら!/


シカゴ・オヘア国際空港のラウンジや免税店、アクセス方法

ここからは、シカゴ・オヘア国際空港の気になるラウンジや免税店、両替所、シカゴ市内までのアクセス方法などをご紹介します。乗り継ぎ待ちの過ごし方の参考にぜひチェックしてみてくださいね。

シカゴ・オヘア国際空港のラウンジ!利用条件や種類を紹介


Hanging out in the American Airlines Flagship Lounge at ORD by Erin McCormack is licensed under CC BY 2.0

シカゴ・オヘア空港には、数多くの空港ラウンジがあります。航空会社によっては複数箇所にラウンジがあり、ラウンジへのアクセスがしやすい空港です。

空港ラウンジは、航空会社のステータスやビジネスクラス以上利用などがなくても使用できるラウンジと、航空会社のステータスを保持するメンバーやビジネスクラス以上を利用する場合のみが使えるラウンジがあります。

  • United Club (全4ヶ所)
  • United Polaris Lounge
  • American Airlines Admirals Club(全3ヶ所)
  • American Airlines Flagship Lounge
  • British Airways First Lounge
  • British Airways Terraces Lounge
  • Delta Sky Club
  • SAS Lounge
  • Swissport Lounge

ANAのビジネスクラス利用者やステータス保有者はUnited ClubとUnited Polaris Lounge、JALのビジネスクラス利用者やステータス保有者はAmerican Airlines Admirals ClubとAmerican Airlines Flagship Loungeが利用できます。

またプライオリティパス保有者は、Swissport Loungeが利用可能です。

シカゴ・オヘア国際空港のショップ・免税店・お土産店は?


photo by Unsplash

シカゴ・オヘア国際空港は大きな空港のため、たくさんの飲食店やショップ、免税店などがあります。人気のブランド商品を販売している免税店をはじめ、コンビニやお土産屋さんなどひと通りそろっているため、困ることはありません。ただし、ハイブランドの店舗はないため、華やかなショッピング体験をしたい方は注意が必要です。

飲食店の種類も幅広く、レストランやファストフード店、カフェやドーナツ屋さんなどがあります。自動販売機の設置も多いため、飲み物やお菓子などはお店に行くことなく、気軽に購入可能です。

シカゴ・オヘア国際空港の両替所は?


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

シカゴ・オヘア空港にはSeaway Bankという銀行がターミナル1、2、3、5にあります。両替の対応もしてくれるので、アメリカドルへの両替が必要な場合は利用するといいでしょう。ただし、営業時間はターミナル5の上層階の店舗以外、夕方までの場所が多いため、深夜便で到着する場合などには注意が必要です。

また、空港での両替はレートが悪い傾向にあります。旅行までに時間の余裕がある場合は、出発前に両替を済ませておくとおトクです。しかも到着後に両替所に立ち寄る必要がなく、スムーズかつ安心して旅行をスタートさせられます。

シカゴ・オヘア国際空港からシカゴ市内へのアクセス方法


photo by Unsplash

シカゴ・オヘア国際空港からシカゴ市内へのアクセス方法は、おもに以下の4つです。

  • CTA(電車)
  • 路線バス
  • タクシーまたは配車アプリ
  • 乗合シャトルバス

ツアーによっては空港からホテルまでの送迎がついている場合もあります。自分でホテルまで向かう場合は、CTAかタクシーまたは配車アプリがおすすめです。詳しく料金や所要時間を説明します。

シカゴ・オヘア国際空港からCTAでシカゴ市内へアクセス


photo by Unsplash

シカゴ・オヘア国際空港から市内中心部までCTA(電車)でアクセスする場合にかかる時間は、約1時間です。空港からはCTAのブルーラインに乗車し、Jackson駅で下車したらダウンタウンエリアに到着します。CTA(ブルーライン)の運行時間は24時間。平日の朝と夕方の帰宅ラッシュ時間帯には本数を増発して運行しています。

CTAのチケットは、片道5ドル(約750円)。シカゴ・オヘア国際空港へアクセスする場合は別料金の設定のため、通常料金よりも高い設定です。チケットを購入する際は、間違えて通常料金のものを購入してしまわないように注意しましょう。

CTAは、移動コストはなるべく安く済ませたいという方にぴったりの移動手段です。ただし、大きい荷物がある場合や、長旅で疲れている場合は楽に移動できるタクシーの利用を検討してみるといいでしょう。

シカゴ・オヘア国際空港からタクシーでシカゴ市内へアクセス


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

荷物が多い時や、移動を効率的に済ませたい時はタクシーの利用がおすすめ。所要時間は約30分〜、料金相場は約30〜40ドル(約4,480〜5,970円)です。さらにアメリカではチップを支払うのが一般的。特に大きな荷物を積んでもらったり、降ろしてもらったりした場合は相場よりも多めに渡すのがマナーです。

シカゴは時間帯によっては渋滞がひどい街のため、場合によっては倍以上の時間がかかったり、相場よりもタクシー代が高くなったりします。渋滞が発生しやすい通勤や帰宅時間帯は、CTAを利用した方がスムーズなこともあります。

配車アプリ(UberやLyft)の利用を検討している場合は、旅行出発前までにアプリをダウンロードの上、登録しておくことをおすすめします。

ミッドウェイ国際空港のラウンジや免税店、アクセス方法

ミッドウェイ国際空港はシカゴ・オヘア国際空港に比べて、コンパクトな空港なので、飲食店などが少なくなっています。また、ミッドウェイ国際空港にはラウンジはないので、ご注意ください。しかし、必要なものはしっかりとそろった空港なので、ぜひ利用前にチェックしてみましょう。

ミッドウェイ国際空港のショップ・免税店・お土産店は?


Ticketing Area, Chicago Midway International Airport, Chicago, Illinois by Ken Lund is lisenced under CC BY-SA 2.0

ミッドウェイ国際空港には、ハイブランドの免税店はありません。レストランやコンビニなどないと困るお店はありますが、空港はコンパクトにまとめられています。空港でショッピングなどがたのしめるような施設ではないので、注意しましょう。

公式サイトには飲食店情報はもちろん、自動販売機の情報まで細かく記載されています。必要なものがある場合は、事前にチェックしておくと安心です。

ミッドウェイ国際空港の両替所は?


photo by Unsplash
※画像はイメージです。

ミッドウェイ国際空港にはATMは複数ありますが、両替所はありません。直行便がないため、日本から直接ミッドウェイ国際空港に到着することは基本的にないですが、両替が必要な場合は出発前に日本でしておくと安心です。

ミッドウェイ国際空港からシカゴ市内へのアクセス方法


photo by Unsplash

ミッドウェイ国際空港からシカゴ市内へのアクセス方法は、おもに以下の4つです。

  • CTA(電車)
  • 路線バス
  • タクシーまたは配車アプリ
  • シャトルバス

ミッドウェイ国際空港から市内への移動には、CTAかタクシーまたは配車アプリがおすすめです。

ミッドウェイ国際空港からCTAでシカゴ市内へアクセス


photo by Unsplash

ミッドウェイ国際空港から市内中心部までCTA(電車)でアクセスする場合にかかる時間は、約30分です。空港からはCTAのオレンジラインに乗車し、LaSalle/Van Buren駅で下車したらダウンタウンエリアに到着します。必要に応じてほかのCTA線に乗り換えましょう。

CTAのチケットは、駅にある販売機(クレジットカードまたは現金が利用可)で購入できます。料金は2.50ドル(約370円)です。ミッドウェイ国際空港に到着したら、CTA TrainsまたはTrains to Cityという案内に従って進んでいくと、駅にアクセスできます。

移動コストはなるべく安く済ませたいという方におすすめの移動手段です。ただし、大きい荷物がある場合や、長旅で疲れている場合は楽に移動できるタクシーの利用を検討してみるといいでしょう。

ミッドウェイ国際空港からタクシーまたは配車アプリでシカゴ市内へアクセス


photo by Unsplash

荷物が多い場合や、移動時間をなるべく短く抑えたい場合はタクシーの利用がおすすめです。所要時間は約20分程度、料金相場は約35〜40ドル(約5,220〜5,970円)です。ただし、時間帯によっては渋滞が発生していて、倍以上の時間がかかる場合があります。渋滞発生時にはタクシー料金も高くなることを理解しておきましょう。

また乗車料金のほかにチップを支払うのが一般的。降車時にはチップを渡せるように準備しておくとスマートです。

配車アプリ(UberやLyft)の利用を検討している場合は、旅行出発前までにアプリをダウンロードの上、登録しておくことをおすすめします。

\アメリカ旅行のおトクなツアーを探す!/


アメリカ・シカゴの空港を活用して旅行を満喫しよう!

今回はアメリカ・シカゴにある2つの空港、シカゴ・オヘア国際空港とミッドウェイ国際空港についてご紹介しました。日本からの直行便も発着しているシカゴ・オヘア国際空港はアメリカ旅行の玄関口となっている空港で、ラウンジや両替所、免税店などの施設も充実しています。ミッドウェイ国際空港はコンパクトで使いやすい空港です。

アメリカ旅行へ行く際は、ぜひ空港情報もしっかりとチェックしてみてくださいね!


※記事内の金額は2023年9月29日のレート、1アメリカドル=149.18円で計算しています。

cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

アメリカの東京発のおすすめツアー

アメリカ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報