NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

ラマダンとは?期間中の旅行への影響や注意点を解説

ラマダンはイスラーム(イスラム教徒)の人々が1ヶ月間の断食を行う期間のこと。とても大切な行事でなによりも優先されるため、この時期の旅行は観光客にも大きな影響があります。 この記事ではラマダンの意味や内容と、観光への影響を解説。観光客が配慮すべきマナーなどもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部
海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳

ラマダンはムスリム(イスラム教徒)の人々が1ヶ月間の断食を行う期間のこと。とても大切な行事でなによりも優先されるため、この時期の旅行は観光客にも大きな影響があります。

この記事ではラマダンの意味や内容と、観光への影響を解説。観光客が配慮すべきマナーなどもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

Contents

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

ラマダンとは

photo by PIXTA

そもそもラマダンとはどういう意味なのでしょうか?ラマダン=断食という意味で使うこともありますが、厳密には違います。

ラマダンの意味

ラマダンは、ムスリム(イスラム教徒)の人たちが断食を行う、ある決まった月のこと。断食という行為をラマダンだと思われがちですが、イスラームのヒジュラ暦で使う月の名前です。ヒジュラ暦の月の名前がこちら。

  • 1月:ムハッラム  
  • 2月:サファル  
  • 3月:ラビール・アウワル  
  • 4月:ラビーウ・サーニー  
  • 5月:シュマーダー・ウーラー  
  • 6月:シュマーダー・アーヒラ  
  • 7月:ラジャブ
  • 8月:シャバーン
  • 9月:ラマダン
  • 10月:シャウワール
  • 11月:ズー・アル=カーダ
  • 12月:ズー・アル=ヒッジャ

つまり断食がラマダンなのではなく、ヒジュラ暦の9月がラマダンで、その月には断食をするということです。

ラマダンの時期

ヒジュラ暦は太陰暦のひとつ。しかも少し特殊で、閏月による補正を行わないのが特徴です。そのため1年が354日となり、太陽暦や実際の季節から毎年10日〜12日ずつズレていくことになります。

  • 2024年のラマダン = 太陽暦の3月10日から4月8日まで
  • 2025年のラマダン = 太陽暦の2月28日から3月29日ごろ
  • 2026年のラマダン = 太陽暦の2月17日から3月19日ごろ

毎年ズレていくため、注意が必要です。

ラマダンの目的と意義

ムスリムの聖典であるクルアーンには、具体的に実践すべき行いとして5つの行が示されています。

  • 信仰の告白(神を信じることを声に出す)
  • 礼拝(1日5回のお祈りをすること)
  • 喜捨(富める者が貧しい者に与えること)
  • 断食(ラマダン月に日中の飲食を絶つこと)
  • 巡礼(一生に一度は聖地に行くこと)

五行は、ムスリムの人々の生活や文化に深く根ざしたもの。その1つであるラマダン月の断食も、大切な行事として守られています。

ラマダン月には断食を行うだけではなく、いろいろな欲望や悪を遠ざけることも大切。また誰もが平等に空腹や渇きの辛さを味わうことで、家族や仲間が一体感を持つ意味もあります。同時に恵まれない人々を思いやり、自身を清めようとする心を養うのも目的。ラマダンとはこのように神聖な意味をもった期間なのです。

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

ラマダンの行事の内容

photo by PIXTA

ラマダンの期間は1カ月間。その間に飲まず食わずなのはさすがに不可能です。ではラマダン月の断食はどのように行うのでしょうか。また断食以外にはどのような慣習があるのでしょうか。

断食の時間帯

まず覚えておきたいのは、断食は24時間行うわけではないということ。日の出から日没までは断食をすると決まっています。つまり夜の間の飲食は自由。日の出と日没の時刻になると寺院などから呼びかけの声(アザーン)が流れ、これを合図に断食の開始と終了になります。

断食の間の食事

ラマダンの時期には、ムスリムの人々は断食が始まる日の出前にたくさんの朝食を食べ、日没後にもたっぷりと夕食を食べます。その食事では水分とナツメヤシを食べてから本格的な夕食をとるのが一般的。朝夕にまとめて食べるため、一日の摂取カロリーはラマダン月がむしろもっとも多くなるそうです。

ラマダン月の寄付

ラマダン時期になるとムスリムの人々は断食をするだけでなく寄付をすることも多くなります。また寺院での会合やイベントにも参加。これは弱者への思いやりを養い、自身を浄化するためです。

休業やセール

ラマダン月には営業を休んだり短縮したりする店も増えます。そのためラマダンの期間中にイスラム圏の国に観光に行くと店が閉まっていて困ることも。またレストランなどは観光客向けに営業はしていても、昼間は断食中のムスリムに配慮してカーテンを閉めたままにしておくなどの配慮をしています。

一方、一部のお店では喜捨や善行の精神で商品を割引する、ラマダンセールやポイント倍増セールも開催。おトクに買い物ができる可能性もあります。

ラマダン中に観光客が気をつけること

photo by PIXTA

ラマダン月はムスリムの人々にとって神聖な期間。観光客である私たちもその文化を尊重することが大切です。では具体的にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

人前では飲食をしない

ラマダン月の日中に人前で飲食や喫煙をすることは無作法になります。サウジアラビアやオマーン、UAEなどの国々では観光客も含めたすべての人が守る義務となるため、とくに注意が必要。食事は自家用車やレンタカーでの移動中にもしてはならないので、気をつけてください。

また法律で禁止されていない国でも、ムスリムの国や地域ではラマダン月に人前で飲食しないことは大切なマナー。訪問先の人々に不快感を与えないようにしましょう。街中でガムを噛むのも無作法なので気をつけてください。

普段以上に服装に注意

ムスリムの国では肌の露出が多い服は品が良くないという認識。ラマダンは神聖な月なので、その傾向がさらに強くなります。周囲に不快感を与えないよう、観光客も服装には気をつけてください。体のラインが出る服や肌が透ける服、また腕や脚が露出する服は避けましょう。

店の営業時間は変更されがち

地元客向けの飲食店は、日中閉店となるので気をつけてください。その代わりにホテルでは、ルームサービスをしてくれることがあります。また観光客向けの飲食店は、通常より少し遅い時間にオープンし、夕方前に一旦閉店するなど変則的な営業時間になることがあるので、こちらも注意が必要です。

銀行などの営業時間も短縮される

銀行や郵便局、電話会社などの窓口は開店時間が通常より1時間ほど遅れ、15時ころに閉まることがあります。たとえ開業していても断食期間中の午後には空腹で仕事の効率は落ちているのが普通。公共の施設に用がある場合は、職員さんがまだ元気な午前中に行くのがおすすめです。

夕方の運転に注意

ラマダン中は日没後すぐ食事を始められるよう、日没前の時間に帰宅ラッシュが起こります。しかも夕方には断食で集中力がなくなっているため、交通事故が増加。観光でレンタカーを借りる場合も、この時間の運転は事故に巻き込まれる可能性があるので避けた方が無難です。

日没後のレストランや店は混む

昼間は閉めていたレストランが、日没後にはムスリムの食事客でとても混雑します。観光客が食事場所を探すのは大変。ショッピングモールも日没後に人が集中して混雑するため、買い物にも時間がかかります。ラマダン月の食事や買い物は時間に余裕をもつようにしてください。

ラマダン明けの休業に注意

ラマダン月には、日の入り後が食事タイムとなるため、夜の街中に露店が並ぶこともあります。ちょっとしたお祭りのような雰囲気になり、むしろほかの月より楽しいことも。

逆に注意が必要なのはラマダン明けの1日目から3日目の間。この期間は祝日となり、お店や観光施設が休みになることがよくあります。旅の計画を立てるときには、ラマダン月だけでなくラマダン明けにも気をつけてください。

ラマダンの習慣を尊重して観光しよう!

ラマダン月の断食期間中にはお店の休業や営業時間の変更など、不便なことが多くなります。しかし一方でラマダン月だから経験できるお祭り的な雰囲気にも魅力がいっぱい。訪問先の人々の宗教と風習を尊重し、マナーを守って観光を楽しんでくださいね!

 

cover photo by PIXTA

 

NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる