【2022年最新】韓国旅行の費用&予算を解説!2泊3日や4泊5日の相場を紹介

韓国は日本から近く、グルメや観光など見どころがたくさん!この記事では、韓国旅行にかかる費用や予算、航空券が安くなる時期、韓国旅行を安くするコツなどをご紹介!

NEWT編集部

韓国は日本から近く、グルメや観光など見どころがたくさん!この記事では、韓国旅行にかかる費用や予算、航空券が安くなる時期、韓国旅行を安くするコツなどをご紹介!
2泊3日や4泊5日の旅行でかかる費用や、韓国旅行初心者のための基本情報も解説しているので、参考にしてくださいね。

Contents

韓国旅行の基本情報


photo by unsplash

韓国は日本から近く、グルメやショッピングなど見どころがいっぱい!サムギョプサルやタッカルビ、サムゲタンなどの日本でもおなじみな韓国料理から、かわいらしいカフェ、そして日本よりも安く買えるコスメ類など、旅の目的として楽しみたいアクティビティがいっぱいあります。もちろんグルメやショッピング以外に、Nソウルタワーや景福宮、北村韓屋村などの観光地も充実。予算や目的に応じて何度でも訪れたくなる場所です!

\ 韓国・ソウルツアーが9,980円⁉ /
3〜4日間で行けるソウル・バンコク・シンガポールをサプライズ価格で販売します。航空券・ホテル・燃油サーチャージ込みでこの価格!

このツアーはLINE友だち限定で公開しているので、詳しくは下のボタンをクリックしてみてくださいね。


韓国旅行のベストシーズン、値段が安い時期は?


photo by unsplash

韓国旅行を快適に楽しめるベストシーズンは、春(3月~5月)と秋(9月~11月)。晴れの日が多く、観光として歩きまわるのにちょうどいい気候です。7月になると梅雨の時期で雨が多くなり、1月以降は冬で日本よりも寒くなるため、外出が続く観光には適していません。

ベストシーズンとなる3月~5月、9月~11月、そして年末年始やGW、お盆、3連休などは航空券やホテルが値上がりするので、値段は高くなる傾向に。逆にオフシーズンで連休のない6月や年末年始を控えて旅行需要が下がる12月前半や1月後半などは値段が下がる傾向にあります。

そのため、とくに旅行費用を抑えてリーズナブルに楽しみたい!という方は、旅行費用が下がる12月後半や1月~2月、6月~7月がおすすめです。

韓国の物価、費用相場はどれくらい?


photo by unsplash

韓国の物価は日本よりも安いと言われていましたが、2022年8月現在韓国の物価が高騰しているという情報も。参考までに下記を確認してみてください。

ミネラルウォーター:2L 980ウォン(約101円)
ハンバーガー1個:4,400ウォン(約456円)
サムギョプサル(外食):15,000ウォン(約1,555円)
タッカンマリ(外食)11,000ウォン(約1,141円)
地下鉄(10キロ以内の基本料金):1,350ウォン(約140円)
Nソウルタワー入場料:10,000ウォン(約1,037円)
ロッテーワールド入場料:38,000ウォン(約3,941円)

食費や観光地の入場料は、日本と同等の物価です。外食は、日本で韓国料理を食べるよりも安く食べられる印象。観光客向けのレストランではなく、食堂などを利用するともっと安く食べられますよ。

※2022年8月8日のレート、1ウォン=0.1円で計算しています。

韓国旅行でかかる費用を解説!


photo by unsplash

韓国旅行にかかる費用を項目別に解説していきます!韓国旅行での予算を決める際の参考にしてみてくださいね。

韓国旅行には、事前に用意するものと現地で必要になる費用があります。また、コロナ禍の旅行では、PCR検査代などの費用もかかってくるので、予算は多めに設定しておくのがよさそうです。

旅行前にかかる費用として、

  • 航空券代
  • ホテル代
  • 海外保険代
  • PCR検査&陰性証明書の発行費用(韓国入国時・韓国入国後・日本帰国時に必要)

現地でかかる費用として

  • 食費
  • 交通費
  • 観光・アクティビティ費
  • お土産代

がおもに必要になります。それぞれ項目別に詳しく解説していきます!

韓国旅行の航空券費用


photo by unsplash

費用の目安:1.9万円~5万円

韓国行きの航空券の値段は、時期によって異なります。週末や夏休み、長期休暇などは航空券の費用が高くなる傾向にあります。

航空券の費用(東京発 往復1名分)
安い時期(日本の長期休暇以外):1.9万円~3万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):3万円~6万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

安い時期の航空券費用は、往復1万円台から6万円ほど。韓国へはLCCの航空会社も含め、多くのフライトが飛んでいるので、多くの選択肢から選ぶことができますよ。注意点としてはLCCの場合、受託荷物が別料金になることもあること。

たとえば、ティーウェイ航空では、預け入れ荷物が1個の場合は無料ですが、2個目より
3,000円~2.1万円の追加代金がかかることも。また、最大15キロまで、など重さで追加代金の有無を図っている航空会社もあるので、予約時にチェックするようにしましょう。

韓国旅行のホテル費用


photo by unsplash

費用の目安:1泊5,000円~2.5万円(1室あたり)

韓国のホテルは、ゲストハウスのようなリーズナブルなホテルから、カジノ付きのラグジュアリーな高級ホテルまで、価格帯はさまざま。安いホテルの場合、2名1室で1泊3,000円という格安ホテルも!ただ、設備が整っていなかったり駅から遠かったりとデメリットのあるホテルも多くあります。

そこで、快適で価格も安いコスパのいいホテルを探すなら、3つ星から4つ星のランクのホテルがおすすめ。3つ星であれば1泊1室5,000円~1.2万円、4つ星であれば1万円~2.5万円ほどの価格帯です。

韓国旅行の海外保険費用


photo by unsplash

費用の目安:1,000円~

万が一の怪我や病気、盗難などに備えて海外旅行保険に入っておきましょう。2泊3日の場合、1,000円~2,000円ほどで加入することができます。

PCR検査&陰性証明書の発行費用

韓国 コロナ PCR
photo by Shutterstock

費用の目安:3万円~

2022年8月8日現在、韓国に入国するときと、韓国入国後の1日以内、日本へ帰国するときのPCR検査&陰性証明書の発行が必要です。PCR検査はクリニックにより価格が異なりますが、検査代と陰性証明書の発行で10,000円くらいかかります。

韓国入国後1日以内の検査では、空港に設置された検査センターを利用するのがおすすめです。費用は80,000ウォン(約8,319円)で受けられます。くわしくはこちらの韓国渡航情報の記事をご確認ください。

韓国旅行の食費

韓国 食費
photo by pixabay

費用の目安:1万円~3万円

韓国旅行の楽しみのひとつが、本場の韓国料理を味わうこと、という方も多いのでは?韓国には、本格的な韓国料理が味わえるレストランからおしゃれなカフェ、地元の若者が集う食堂やファストフード店、そしてB級グルメ巡りが楽しい屋台など、さまざまな系統のお店が並んでいます。予算によって食事のグレードを自由に選べるのがうれしいポイント。

朝食:500円~1,000円/回
昼食:1,000円/回
夕食:2,000円~3,000円/回
カフェ代:1,000円/回


photo by pixabay

食費を安くしたい方は、屋台グルメを多く取り入れるのがおすすめ!韓国風海苔巻きキンパやハットグ、トーストなどの屋台グルメはほとんどが500円以下で楽しめますよ。朝食は抑えて、夕食は2,000円~3,000円ほどの本格派の韓国料理を食べるのもおすすめです。サムギョプサルやタッカンマリなどのグルメは1,500円ほどで味わえます。

韓国旅行の交通費


photo by pixabay

費用の目安:3,000円~

韓国旅行の移動手段は、地下鉄またはタクシーの利用が一般的。地下鉄は10キロ以内の距離であれば、1回1,350ウォン(約140円)と、日本よりも安い料金です。日本で言うSuicaのような交通カードT-moneyを利用するのもおすすめ!このカードにチャージをすれば10キロ以内の距離で1,250ウォン(約129円)と運賃が安くなりますよ。

一般のタクシーは初乗りが3,300ウォン~3,800ウォン(約342円~394円)。タクシーを頻繁に使うと交通費は高くなるので、荷物が多いときや疲れているときなどに利用し、基本的には地下鉄を利用するのがいいかもしれません。

韓国の観光&アクティビティの費用


photo by unsplash

費用の目安:5,000円~

韓国旅行でかかる観光の費用は、おもにNソウルタワー(1万ウォン/約1,037円)やロッテタワー(2.7万ウォン/約2,800円)などの展望台への入場料や、韓国民俗村(2.5万ウォン/約2,593円)や景福宮(3,000ウォン/約311円)などの観光施設の入場料です。入場無料のものもあり、観光費用やアクティビティ費用は5,000円あれば十分楽しめそう!

韓国旅行のおみやげ費用

韓国 お土産 おすすめ
photo by pixabay

費用の目安:5,000円~5万円

韓国旅行の目的といっても過言ではないほど、韓国はショッピング・コスメ大国!ショッピング目当てに韓国旅行を計画する方もいますよね。そのため、おみやげ費用は人によってさまざまです。

日本でも大人気の定番みやげハニーバターアーモンドは1袋650円ほど、ばらまき土産におすすめの韓国のりは10個入りで500円ほどと、ばらまき土産は1人あたり300円~500円ほどで購入できます。

あとは自分用のお土産やショッピングにどれくらいお金をかけるかどうか。良質なシートマスクは1枚50円ほどから買えるので、日本で買うよりもコスパ良くゲットできます!韓国発のコスメやファッションも、日本で買うよりも安いです。

2泊3日の韓国旅行の費用は?

1人7万円~が目安!


photo by pixabay

2泊3日の韓国旅行の場合、定番の観光コースを巡ってグルメを楽しんだ場合、2泊3日で2.5万円ほどになります(航空券費用、ホテル費用、PCR検査費用などを除く現地でかかる費用)。

航空券費用を3万、ホテル費用を1泊1人5,000円×2泊とすると、韓国旅行2泊3日の全体の費用は、6.5万円に。だいたい7万円ほどを見込んでおくといいでしょう。(PCR代や海外旅行保険代を除く)


photo by Shutterstock

<スケジュール例>
1日目:仁川国際空港到着→明洞でショッピング、屋台やローカル食堂でごはん&おやつ→夕方から東大門へ移動、タッカンマリ横丁で夕食→眠らない街・東大門でショッピング
2日目:ローカル食堂で朝食→韓服を着てソウル市内観光へ(昌徳宮、宗廟、景福宮、北村韓屋村など)→チーズタッカルビやトッポギなどのランチ→Nソウルタワーで夜景観賞
3日目:朝食後、カロスキルや弘大などで最後のショッピング→帰国

<1日目>89,500ウォン(約9,251円)
仁川国際空港からソウル市内:9,500ウォン(約982円)
食事代:3万ウォン(約3,101円)
ショッピング代や移動費:5万ウォン(約5,168円)

<2日目>80,000ウォン(約8,270円)
韓服レンタル:2.5万 ウォン(約2,584円)
食事代:4万ウォン(約4,135円)
入場料など:1.5万ウォン(約1,550円)

<3日目>80,000ウォン(約8,270円)
食事代:3万ウォン(約3,101円)
お土産・ショッピング代:5万ウォン(約5,168円)

2泊3日の合計の費用:249,500ウォン(約25,792円)

4泊5日の韓国旅行の費用は?

1人10万円~が目安!

韓国 10万円

4泊5日の韓国旅行の場合、ソウル市内の定番観光はもちろん、日程に余裕があるので日帰りでソウル郊外に出かけるのもおすすめ!交通費や食事代2泊3日より多くなるため、4泊5日で4万円ほどを見積もっておくといいでしょう(航空券費用、ホテル費用、PCR検査費用などを除く現地でかかる費用)。

航空券費用を3万、ホテル費用を1泊1人5,000円×4泊とすると、韓国旅行4泊5日の全体の費用は、9万円に。だいたい10万円ほどを見込んでおくといいでしょう。(PCR代や海外旅行保険代を除く)

韓国料理 おすすめ
photo by pixabay

<スケジュール例>
1日目:仁川国際空港到着→明洞でショッピング、屋台やローカル食堂でごはん&おやつ→夕方から東大門へ移動、タッカンマリ横丁で夕食→眠らない街・東大門でショッピング
2日目:ロッテワールドで遊び尽くす
3日目:世界遺産・水原華城へ日帰り旅行→COEXビョルマダン図書館
4日目:ローカル食堂で朝食→韓服を着てソウル市内観光へ(昌徳宮、宗廟、景福宮、北村韓屋村など)→チーズタッカルビやトッポギなどのランチ→Nソウルタワーで夜景観賞
5日目:朝食後、カロスキルや弘大などで最後のショッピング→帰国

<1日目>89,500ウォン(約9,251円)
仁川国際空港からソウル市内:9,500ウォン(約982円)
食事代:3万ウォン(約3,101円)
ショッピング代や移動費:5万ウォン(約5,168円)

<2日目>94,000ウォン(約9,720円)
食事代:4万ウォン(約4,135円)
入場料など:5.4万ウォン(約5,584円)

<3日目>56,000ウォン(約5,791円)
食事代:5万ウォン(約5,168円)
入場料など:1,000ウォン(約103円)
交通費:5,000ウォン(約516円)

<4日目>80,000ウォン(約8,270円)
韓服レンタル:2.5万 ウォン(約2,584円)
食事代:4万ウォン(約4,135円)
入場料など:1.5万ウォン(約1,550円)

<5日目>80,000ウォン(約8,270円)
食事代:3万ウォン(約3,101円)
お土産・ショッピング代:5万ウォン(約5,168円)

2泊3日の合計の費用:399,500ウォン(約41,313円)

韓国旅行の費用を安くするコツ

せっかくの韓国旅行、なるべく費用を抑えて楽しめたらうれしいですよね。そこで、旅行費用を安くするコツをご紹介します。

①航空券とホテルがセットになった格安ツアー


photo by unsplash

韓国旅行を安くしたい場合、航空券とホテルの費用がセットになった格安ツアーを狙うのもおすすめです。ツアー商品は、航空券とホテルだけでなく、空港からホテル間の往復送迎やホテルの朝食代金が含まれていることも。

個人でそれぞれ手配するよりも安くなる可能性があります。また、交通費がかかったりLCCで荷物預け入れ料金がかかったりと追加代金がかかることもあり、想定以上の出費になることも少なくありません。

韓国の旅費を安くしたい方はNEWTがおすすめ!

②安い時期を選ぶ


photo by unsplash

韓国へ旅行に行く場合、安い時期と費用が高い時期(ハイシーズン)があるので、旅行費用を抑えたければ、時期を選ぶのがおすすめです。韓国旅行が安い時期は、年末年始を除く1月~2月頃、GW以降の5月~7月、連休の少ない10~11月。長期休暇を外した平日に休みが取れる方は、平日に行くのがベストです。

③移動は地下鉄やバスを利用する


photo by pixabay

ソウルをくまなく巡りたいという方は、意外と交通費がかさんでしまうもの。そのため、移動はタクシーではなく、地下鉄やバスを利用すると費用を抑えられますよ。また、入場料や移動がセットになったオプショナルツアーで観光を効率よくコスパよく巡るのもおすすめ!

韓国旅行をお得に満喫しよう

この記事では、韓国旅行にかかる費用を項目別に詳しくご紹介しました。韓国はグルメやショッピング、観光など、楽しみたいアクティビティがいっぱい!安いホテルから高級ホテルまで、屋台グルメから高級レストランまで、予算に応じてぴったりの過ごし方が楽しめます。

まずは韓国旅行にどのくらいの費用がかかるのかを把握して、韓国旅行の計画とともに予算立ても行ってみましょう。予算を立てておくと、韓国旅行をお得に賢く楽しめるはず!ぜひ旅行費用を参考にして、あなただけのとっておきの韓国旅行を楽しんでみて。

コスパ抜群、ホテルも飛行機も全ておまかせで旅行初心者も安心な韓国ツアーは下記からチェック!


※2022年8月8日のレート、1ウォン=0.1円で計算しています。

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE

公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる

Follow Us

最新の渡航ニュースやおすすめスポットなど、海外旅行の情報をお届けします✈️