NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2023年最新】アメリカ・ピッツバーグでおすすめの観光地11選!名所や穴場

ピッツバーグには、アンディー・ウォーホル美術館や落水荘など、芸術や自然を探求できる有名な観光地がいっぱい! 今回は、アメリカ・ピッツバーグ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から11選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ピッツバーグ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

ピッツバーグには、アンディー・ウォーホル美術館や落水荘など、芸術や自然を探求できる有名な観光地がいっぱい!

今回は、アメリカ・ピッツバーグ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から11選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ピッツバーグ旅行の参考にしてくださいね!

Contents

アメリカ・ピッツバーグには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

アメリカ・ペンシルバニア州にあるピッツバーグは、かつては石炭と鉄鋼で栄えた産業都市でした。時代とともにその姿は街からほとんど姿を消してしまったものの、その文化や教育、芸術の遺産として、さまざまな施設が残され、現在では多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。

また、ポップアートの第一人者のアンディー・ウォーホルの故郷としても知られています。かつての産業文化から生み出された名作の数々も、ここピッツバーグの美術館で観ることができます。

\アメリカ旅行のツアーをチェック!/


ピッツバーグで絶対行きたいおすすめ観光地7選

まずは初めてのピッツバーグ旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!ピッツバーグでは、自然や芸術に触れながら充実した時間を過ごせるので、スケジュールに余裕を持って観光するのが良いでしょう。

市内観光は、現地ツアーを利用して効率よく観光するのもおすすめです。

アンディー・ウォーホル美術館

世界的なポップアートとそのストーリーに酔いしれる


photo by Unsplash

アンディー・ウォーホル美術館は、アメリカのポップアートを代表する芸術家、アンディー・ウォーホルの名作が収蔵されている美術館。そのコレクションの数は世界最大規模を誇り、彼の作品と生涯に触れながら芸術的な世界に没頭できる、人気の観光スポットです。

7階建ての館内は制作年代ごとにフロアが分かれており、見ごたえばつぐん!ウォーホルの代表作である『マリリン・モンロー(Marilyn Monroe (Marilyn))』や『キャンベルスープ缶(Campbell's Soup Can (Tomato Rice))』など、ポップアートの象徴とも言える歴代の作品が展示されています。


photo by Unsplash

また、映像作品やインタラクティブな展示のほか、企画展もあり、さまざまな視点から彼のアートスタイルを体験できます。ウォーホルの創作活動や彼が影響を受けた時代背景についても学べるので、有意義な時間を過ごせるでしょう。

さらに館内には、ギフトショップも併設されています。Tシャツや文房具、書籍など、アンディー・ウォーホルの作品にインスパイアされたユニークなグッズは、お土産にもぴったり!

アンディー・ウォーホル美術館(The Andy Warhol Museum)の基本情報
住所:117 Sandusky St, Pittsburgh, PA 15212, United States
電話:+1 412 237 8300
営業時間:月、水、木、土、日 10:00~17:00、金 10:00〜22:00
休業日:火曜、11月23日、12月25日、1月1日、3月31日
アクセス: North Side駅から徒歩で約10分
料金:大人 25ドル(約3,560円)、子ども(5歳~10歳) 13ドル(約1,850円)、3歳未満の子どもは無料
※2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算
公式サイト:https://www.warhol.org/

カーネギー自然史博物館

230点以上の恐竜の化石を展示


By Andre Carrotflower - Own work, CC BY-SA 4.0,
https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=85985633

カーネギー自然史博物館は、自然界の驚異を探求できる、子どもから大人まで楽しめる見どころ満載の博物館!地元の慈善家、アンドリュー・カーネギーの寄贈により創設され、1895年に開館しました。

開館当時は約数千点のコレクションでしたが、現在は数百万点にまで拡大。自然界を研究する博物館の科学者たちが、北極からアマゾンまでも冒険して収集したものも含まれています。古代生物の展示や、地球の歴史をたどるジオロジーコーナー、宝石や鉱物の美しいコレクションなども魅力です。


By Daderot - Own work, Public Domain,
https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=8557849

カーネギー自然史博物館の1番の見どころは、大迫力の恐竜の化石の展示!トリケラトプスやティラノサウルス、首の長いアパトサウルスなど、230点以上の恐竜の化石は、まるで息を吹き返したような圧巻のスケールです。

さらに博物館では、大人向けの夜間のイベントも。時間外の博物館で、昼間とは異なるミステリアスな雰囲気を楽しみながら、アルコールなどを楽しめますよ。開催は不定期なので、公式サイトを確認してみてくださいね。

カーネギー自然史博物館(Carnegie Museum of Natural History)の基本情報
住所: 4400 Forbes Ave, Pittsburgh, PA 15213, United States
電話:+1 412 622 3131
営業時間:日〜水、金、土 10:00~17:00、木 10:00〜20:00
休業日:11月23日、12月25日、1月1日、3月31日
アクセス: ピッツバーグ市内中心地から車で約5分
料金:大人 25ドル(約3,560円)、子ども(3歳~18歳) 15ドル(約2,130円)、2歳以下は無料
※2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算
公式サイト:https://carnegiemnh.org/

落水荘

自然と調和する美の極致でリラックス


photo by Unsplash

落水荘は、ピッツバーグ市内から車で1時間ほどの場所にある邸宅です。ピッツバーグ最大のデパートのオーナーであるカウフマン家のために、有名な建築家、フランク・ロイド・ライトによって設計されました。

豊かな緑と調和する建築と絵画のような景観で、「フランク・ロイド・ライトの20世紀建築作品群」の構成資産の一つとして世界文化遺産にも登録されています。

落水荘の最大の魅力は、自然と一体化したオーガニックなデザイン。建物が滝の上に橋をかけるように配置されているため、水のせせらぎや清々しい空気を満喫できるのと同時に、その独創的な発想に圧倒されます。


photo by Unsplash 

見学は全て予約制となっており、自分のペースで周れるツアーからガイドつきのウォーキングツアー、室内をじっくりと見学するツアーなど、多彩なツアーが用意されています。

とくに、詳しいガイドつきツアー(IN-DEPTH GUIDED TOUR)は、落水荘の建築や歴史について興味深い解説が行われ、建築のコンセプトを理解することで、より深い感動を得られるのでおすすめです。

ツアーは公式ウェブサイトから予約できます。観光シーズンは混雑が予想されるため、早めに予約するのが良いでしょう。

落水荘(Fallingwater)の基本情報
住所: 1491 Mill Run Rd, Mill Run, PA 15464, United States
電話:+1 724 329 8501 
営業時間:8:00~16:00
休業日:水曜
アクセス: ピッツバーグ市内から車で約1時間10分
料金:GROUNDS PASS TOUR 15ドル(約2,130円)、GUIDED GROUNDS WALKING TOUR 25ドル(約3,560円)、IN-DEPTH GUIDED TOUR 87ドル(約12,380円)、ほか ※ツアーによって異なる
※2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算
公式サイト:https://fallingwater.org/

モノンガヒラ・インクライン / マウントワシントン

ピッツバーグ屈指の絶景ビューを満喫!


photo by pixabay

モノンガヒラ・インクラインは、ピッツバーグのランドマークとして地域の人にも愛されている、アメリカで最古のケーブルカーの一つ。レトロな車両から市街を一望できるので、多くの観光客に人気です。

モノンガヒラ・インクラインの歴史は、南北戦争末期の頃からはじまります。当時にぎやかな工業地帯だったピッツバーグでしたが、大量の煙が市民を不快にしていました。そこで、空気が良いマウントワシントンに住宅地を移し、楽にアクセスできるようにつくられたのが、このケーブルカーでした。


photo by pixabay

ケーブルカーは、カーソンストリートにあるノスタルジックな雰囲気の漂う駅舎から出発。車内から路線を見上げると、急勾配の傾斜を豊かな緑が囲み、のどかなひとときを過ごせます。

ケーブルカーが到着するマウントワシントンでは、ピッツバーグの美しいスカイラインが見わたせます。夜になると街がネオンで輝きだし、ロマンチックな夜景も楽しめますよ。


photo by Unsplash 

ケーブルカーで登った先にあるマウントワシントンは、高級住宅街としても有名なスポット。眺めの良いハイセンスなレストランやベーカリーなどもあり、優雅な街歩きも楽しめます。

モノンガヒラ・インクラインの下車駅から徒歩で約15分ほどの場所にある、エメラルド ビュー パーク(Emerald View Park)は穴場のハイキングスポットなので、都会の喧騒を離れてゆったりと過ごせますよ。

モノンガヒラ・インクライン/マウントワシントン(Monongahela Incline/Mt Washington)の基本情報
住所: 1870 PA-837, Pittsburgh, PA 15219, United States / Mount Washington, Pittsburgh, PA, USA
電話:なし
営業時間:【モノンガヒラ・インクライン】月〜土 5:30~12:45、日・祝 8:45〜24時 【マウントワシントン】24時間
休業日:なし
アクセス:【モノンガヒラ・インクライン】 Station Square駅から徒歩で約2分 【マウントワシントン】Monongahela Incline at Upper駅下車すぐ
料金:【モノンガヒラ・インクライン(往復)】大人 3.50ドル(約500円)、子ども(6歳~11歳) 2.50ドル(約360円)、5歳未満の子どもは無料 / 無料
※2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算
公式サイト:https://monongahelaincline.com/
https://www.visitpittsburgh.com/neighborhoods/mt-washington/

カーネギー科学センター

壮大な宇宙空間を旅するプラネタリウムは必見


By Allie_Caulfield - 2008-05-24 Pittsburgh 044 Carnegie Science Center, CC BY 2.0,
https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7483289

カーネギー科学センターは、科学と探求心を刺激する、興味深い体験ができる人気の施設。身近な自然現象から再生可能エネルギーの重要性についてなど、子どもから大人まで、学びながら楽しく見学ができます。

さまざまな企画展も行われており、インタラクティブな展示が大きな特徴。手や体を動かして実際に体験することができる展示が豊富なので、科学をテーマにしたアミューズメントパークに来たような充実感があります。


By Photojunkie - Own work, Public Domain,
https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=29499196

カーネギー科学センターの1番の見どころは、神秘的な宇宙空間を体験できるプラネタリウム。最新鋭の技術を駆使した3Dデジタル映像で、息をのむような星空を眺めたり、銀河の中を飛び回っているかのような映像が見られます。

プラネタリウムの公演は、さまざまなプログラムが用意されているので、あらかじめスケジュールを確認してから訪れるのがおすすめです。

カーネギー科学センター(Carnegie Science Center)の基本情報
住所: 1 Allegheny Ave, Pittsburgh, PA 15212, United States
電話:+1 412 237 3400
営業時間:10:00~17:00 ※周辺でイベント開催時は短縮営業あり
休業日:なし ※周辺でイベント開催時は臨時休業あり
アクセス:Allegheny駅から徒歩で約5分
料金:大人 25ドル(約3,560円)、子ども(3歳~12歳) 15ドル(約2,130円)、2歳以下の子どもは無料
※2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算
公式サイト:https://carnegiesciencecenter.org/

フィップス室温植物園

フォトジェニックな1枚も撮影できる植物園


photo by Unsplash

フィップス室温植物園は、四季折々の美しい植物に囲まれて癒やされる、ピッツバーグのオアシス。6万平米以上の広大な敷地には14の温室と23の庭園があり、その数は世界有数を誇ります。

植物たちの豊かな緑と色彩は、まるで楽園に迷い込んだような気分に。時間を忘れてのんびりと過ごせます。


photo by Unsplash

園内には、熱帯雨林から砂漠地帯まで、世界中の植物たちが集まっています。ヤシの木の温室では、貴重な品種のヤシの木がのびのびと育てられ、まるでジャングルの中にいるよう。写真映えもばつぐんなので、記念撮影にもぴったりです。

さらにフィップス室温植物園では、美しいアート作品にも目を奪われるでしょう。植物と調和する繊細なガラス彫刻やインスタレーションが、一段と幻想的な雰囲気を演出します。

フィップス室温植物園(Phipps Conservatory and Botanical Gardens)の基本情報
住所:1 Schenley Drive, Pittsburgh, PA 15213, United States
電話:+1  412 622 6914
営業時間:月〜木・土・日 9:30~17:00、金 9:30〜22:00
休業日:なし
アクセス: ピッツバーグ市内中心地から車で約10分
料金:大人 21.95ドル(約3,120円)、子ども(2歳~18歳) 13.95ドル(約1,990円)、2歳未満の子どもは無料
※2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算
公式サイト:https://www.phipps.conservatory.org/

PNCパーク

地元のグルメを片手に野球観戦を楽しもう!


photo by pixabay

PNCパークは、野球ファン必見のスタジアムです。美しいスカイラインとアレゲニー川の絶景を望むこの球場は、ピッツバーグならでは。地元のナショナルリーグチーム、ピッツバーグ・パイレーツの本拠地でもあります。

試合やチケットの購入は、オフィシャルサイトから利用できるので、事前に観戦のスケジュールを立てておくのが良いでしょう。


photo by Unsplash 

PNCパークを訪れたら参加したいのが、広大な野球場を見学できるウォーキングツアー!このツアーでは、ピッツバーグの美しい景色と共に、野球や街の歴史を学べます。また試合前のツアーなどもあり、間近で選手のウォーミングアップが見れることも。

さらにディープにピッツバーグを楽しむなら、PNCパークでのグルメも欠かせません。中でもピッツバーグの郷土料理として有名なピエロギは必見。餃子のような見た目で、中に詰まったポテトや、とろりとしたチーズが絶品の一品です。

PNCパーク(PNC Park)の基本情報
住所:115 Federal St, Pittsburgh, PA 15212, United States
電話:+1 412 323 5000
営業時間:4月〜9月(シーズン中) 試合開始1〜2時間前にゲートオープン ※曜日によって異なる、オフシーズンは要確認
休業日:要確認
アクセス: North Side駅から徒歩で約3分
料金:【試合観戦チケット】大人 12ドル〜68ドル(約1,710円〜約9,680円)、子ども 7ドル〜68ドル(約1,000円〜約9,680円) 【ツアー】大人 15ドル(約2,160)〜、子ども 12ドル(約1,730円)〜
※2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算
公式サイト:https://www.mlb.com/pirates/ballpark


ピッツバーグの知る人ぞ知る穴場観光地4選

ピッツバーグには、まだまだ知られざる魅力がいっぱい!地元のグルメやショッピング、名ブランドの博物館など、ピッツバーグの魅力をよりディープに感じられる穴場スポットをご紹介します。

ピッツバーグ動物園&水族館

多彩なイベントが魅力際立つ人気の動物園


photo by Unsplash

ピッツバーグ動物園&水族館は約30万平米の広大な敷地で、600種、8,000頭を超える動物を飼育している、子ども連れに人気の観光スポット!

園内は9つのエリアに分かれており、水族館も併設されています。迫力満点のキリンやライオン、ホッキョクグマや、かわいらしいカピバラやペンギンなどに出会えます。


photo by Unsplash

ピッツバーグ動物園&水族館がほかの施設と一味違うのが、ユニークなイベント。動物たちと一緒に朝食を楽しめるイベントでは、普段は見れない動物の食事中の姿をじっくり観察できますよ。

また毎年8月上旬から10月下旬には、アジアンランタンフェスティバルが開催。幻想的な光を放つランタンが設置され、夜の園内を探索できます。昼間とは異なる非日常体験ができ、特別なひとときとなるでしょう。

ピッツバーグ動物園&水族館(Pittsburgh Zoo & Aquarium)の基本情報
住所: 7370 Baker St, Pittsburgh, PA 15206, United States
電話:+1 412 665 3640
営業時間:4月1日〜10月31日 9:30~17:30(最終入場16:30)、11月1日〜3月31日9:30〜16:00(最終入場15:00)
休業日:なし
アクセス: ピッツバーグ市内から車で約10分
料金:大人 17ドル〜24ドル(約2,420円〜3,415円)、子ども 14ドル〜21ドル(約1,992円〜2,990円) ※日によって変動あり
※2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算
公式サイト:https://www.pittsburghzoo.org/

ストリップ地区

地元の人に混ざってマーケットめぐりを楽しもう!


By Perry Quan from Oakville, Canada - Pittsburgh-2011-08-15-010Uploaded by scillystuff, CC BY-SA 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=16250497

アレゲニー川沿いの一帯に位置するストリップ地区は、かつて1871年に発明家、ジョージ・ウェスティングハウスが最初の工場を建設した工業地帯でした。エアブレーキや交流電流の発明をした地域であり、その一方で、有給休暇と土曜日の半休を導入したことでも知られ、今日の産業や労働システムに多大な影響を与えています。

そんなストリップ地区は、当時の倉庫などの建物がリノベーションされ、その雰囲気を残しつつもさまざまなお店ができて、あたらしい形でにぎわっています。地元の人にも人気のグルメや、ショッピングなどを楽しめます。


photo by pixabay

新鮮な野菜、肉、魚などを取り扱うマーケット巡りや、サンドイッチなど食べ歩きなどもおすすめ。通りを歩けば、焙煎したてのコーヒーや焼きたてのパンの香りに包まれるでしょう。

ストリップ地区(Strip District)の基本情報
住所: Strip District, Pittsburgh, PA, USA
電話:店舗により異なる
営業時間:24時間 ※店舗により異なる
休業日:なし ※店舗により異なる
アクセス:ピッツバーグ市内から車で約5分
料金:無料

ハインツ歴史博物館

ケチャップで馴染みのある名ブランドの博物館


By Nakrakosky at English Wikipedia, CC BY-SA 3.0,
https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=17986431

ストリップ地区の一角にある穴場スポットといえば、ハインツ歴史博物館。この博物館では、ケチャップで馴染みのあるハインツ社の創業者である、ヘンリー・ジョン・ハインツの生涯と150年以上にわたるビジネスの歴史を学べます。

施設内はまるでテーマパークのようなわくわくする雰囲気なので、子どもから大人まで楽しめますよ。数百点の工芸品やインタラクティブな展示など、好奇心をくすぐる仕掛けがいっぱい!


Pittsburgh by Jeremy Thompson is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/rollercoasterphilosophy/48555514681/

博物館の見どころは、創業の苦労と成功を感じられるレシピ帳などの世界最大のコレクションの数々。当時の時代背景や、創業者のパーソナルな人柄もうかがい知れます。

さらに、400本以上のボトルでつくられた巨大なケチャップボトルは圧巻。よく見るとボトルは100種類以上の異なるパッケージでつくられており、ハインツ社が積み上げてきた歴史をぞんぶんに感じられるでしょう。

ハインツ歴史博物館(Senator John Heinz History Center)の基本情報
住所: 1212 Smallman St, Pittsburgh, PA 15222, United States
電話:+1 412 454 6000
営業時間:10:00~17:00
休業日:11月の第4木曜、12月25日、1月1日、イースター
アクセス: Pittsburgh Union Station駅から徒歩で約5分
料金:大人 20ドル(約2,850円)、子ども(6歳~17歳) 11ドル(約1,570円)、5歳以下の子どもは無料
※2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算
公式サイト:https://www.heinzhistorycenter.org/whats-on/history-center/

ナショナル・エヴィアリー

さまざまな鳥たちと間近で触れ合える


photo by Unsplash

ナショナル・エヴィアリーは、ピッツバーグ北側の歴史的な地区に位置する国立鳥園。園内には、150種以上、500羽以上の鳥が生息しており、そのなかには絶滅危惧種の鳥も含まれています

園内ではさまざまなアクティビティを通して、美しい鳥たちと触れ合えます。ガイドツアーやワークショップなど、親しみやすいスタッフが訪れる人を温かくむかえてくれますよ。


photo by Unsplash

なかでもスカイデッキというプログラムは迫力ばつぐん!頭上からハヤブサが急降下してきたり、ズキンハゲワシがビルの屋上から滑空してきたりと、飛び回る姿を間近で見ることができます。

さらに、人気なのがペンギンの餌やり。ペンギンが飼育されている岩場に足を踏み入れ、手で餌をあげられます。餌を求めてよちよちと歩いてくるペンギンたちに心を打たれるでしょう。

ナショナル・エヴィアリー(National Aviary)の基本情報
住所: 700 Arch St, Pittsburgh, PA 15212, United States
電話:+1 412 323 7235
営業時間:10:00~17:00
休業日:なし
アクセス:North Side駅から徒歩で約10分
料金:大人 17.95ドル(約2,550円)、子ども(2歳~12歳) 14.95ドル(約2,130円)2歳未満の子どもは無料
※2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算
公式サイト:https://www.aviary.org/

ピッツバーグの治安は?


photo by Unsplash

ピッツバーグは、アメリカのほかの都市に対して比較的治安が良いと言えるでしょう。観光地や主要エリアでは一般的に安全ですが、人混みなどではスリに十分注意をしましょう。また、夜間や人通りの少ない地域でも注意が必要です。

ピッツバーグ観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by Unsplash

観光スポットからグルメまで、見どころいっぱいのアメリカ・ピッツバーグ。ほとんどのスポットは観光のメインエリアに集まっているので、移動がしやすく、3泊4日あれば十分に満喫できますよ。

博物館などじっくりと見学したい場合は、滞在期間にさらに余裕を持たせると良いでしょう。

<スケジュール例>

1日目 ピッツバーグ到着→アンディー・ウォーホル美術館で名画に浸る→ナショナル・エヴィアリーでかわいらしい鳥たちと触れ合う

2日目 カーネギー自然史博物館で大迫力の恐竜化石を圧巻される→ストリップ地区で地元のマーケットやグルメを堪能→フィップス室温植物園で自然に癒やされる

3日目 ホテルで朝食→PNCパークで本場の野球観戦→モノガンヒラ・インクラインでピッツバーグの街を一望

4日目 ハインツ博物館でユニークな展示を楽しむ→カーネギー科学センターで宇宙空間を体験→帰国

ピッツバーグは、遊びも学びもぎゅっと詰まっているので、1日中見どころが尽きません。観光ツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光を楽しむのもおすすめです。ぜひ自分好みのピッツバーグ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。


アメリカ・ピッツバーグの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、ピッツバーグのおすすめの観光スポットを厳選して紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるピッツバーグでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、ピッツバーグ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!


※記事内の金額は2023年8月7日のレート、1ドル=142.31円で計算しています。

cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

アメリカの東京発のおすすめツアー

アメリカ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報