NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2023年最新】シアトルでおすすめの観光地15選!名所や穴場を厳選

アメリカのシアトルには、マウントレーニア国立公園やスペースニードルなどの有名な観光地がいっぱい!そこで今回は、シアトル旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング順に15選ご紹介!初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ぜひ参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

アメリカのシアトルには、マウントレーニア国立公園やスペースニードルなどの有名な観光地がいっぱい!そこで今回は、シアトル旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング順に15選ご紹介!初めての旅行で絶対に訪れたい名所から、知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、ぜひ参考にしてくださいね!

Contents

シアトルには人気の観光スポットがたくさん!


photo by Unsplash

ワシントン州を代表する大都市シアトル。Amazon(アマゾン)やMicrosoft(マイクロソフト)、スターバックスなどの世界的企業が本社を構えるアメリカ屈指のビジネスタウンです。一方、緑豊かな山や海に囲まれている地形から、エメラルドシティーの愛称でも親しまれています。

そんなシアトルには、一度は訪れたい有名な国立公園や名物グルメを楽しめる市場、ショッピングなどの観光地が盛りだくさん!主な人気観光地は、電車や市営バスで簡単にアクセスできます。Orca Card(オルカカード)という交通系ICカードを購入しておくと便利ですよ!

市内から少し離れた場所にある観光地は、ツアーを利用するのがおすすめ!観光バスも多く出ているので、地理や運転に不安がある方は利用してみるとよいでしょう。

今回はシアトルの人気観光地をご紹介!絶対行きたい有名スポットから穴場スポットまで詳しく解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

シアトル旅行で絶対行きたいおすすめ観光地10選

まずは初めてのシアトル旅行で絶対行きたい、定番観光スポットの見どころをご紹介します!シアトルにある多くのスポットは、公共交通機関でアクセスしやすいので、短い時間でも訪れやすいのが魅力。市内観光は、現地ツアーを利用して効率よく観光するのもおすすめです!

パイク プレイス マーケット

名物グルメを楽しめるアメリカ最古の市場

photo by Unsplash

ダウンタウンの中心地に位置するパイク プレイス マーケット。旅行客がまず訪れる、定番の観光スポットです。アメリカ最古の市場ともいわれており、常に多くの人でにぎわっています。マーケットに一歩入ると、活気のいい魚売り場が。世界一ユニークな魚屋といわれており、なんとここでは空飛ぶ魚のパフォーマンスが見られるそう!

売れるごとに店頭とカウンターのスタッフが魚を投げ合い、大きな盛り上がりを見せます。そのパフォーマンスを一目見ようとお店の周辺には人だかりが絶えないんだとか。歌いながら魚を売りさばいている姿は見ているだけでも心が躍りますよ!

ほかにも、新鮮な果物やお花などバラエティ豊かなお店が軒を連ねています。手作り工芸品やお土産も売られているので、シアトルならではのアイテムが欲しい方は要チェック!スターバックスの1号店もあり、観光客が長蛇の列をつくっています。


photo by Unsplash

マーケットの地下に行くと、なんとも衝撃的な珍スポットが広がっています。その名もガムウォール!世界中の人が貼り付けたガムが、壁一面を埋め尽くしています。汚い...!と思う方もいるかもしれませんが、訪れるたびに姿を変えるガムウォールは現代アートとしても人気です。

1993年に、シアターの開演を待っていた人がガムを貼り付けたことがことのはじまり。2015年には一度清掃が行われており、2350ポンド(1065kg)ものガムが除去されました。写真撮影をしたり自分もガムを貼り付けたりと、今でも多くの観光客が集まる有名スポット。訪れる際は、カラフルなチューインガムを忘れずに!

パイク プレイス マーケット(Pike Place Market)の基本情報
住所: 1st Avenue & Pike Street, Seattle 
電話:+1 206-682-7453
営業時間:基本営業は9:00~18:00、7:00~18:00(シーフード・生鮮食品)、11:00~16:00(クラフト マーケット)、9:00~16:00(ファーム・テーブル)、9:00~18:00(小売店)、7:00~18:00(レストラン・カフェ)※店舗によって異なります。
休業日:なし(変更の可能性もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください)
アクセス:ライト・レールWestlake駅より徒歩約10分、ダウンタウンから徒歩約10分
料金:店舗によって異なる
公式サイト:https://www.pikeplacemarket.org/

スペースニードル

シアトルのシンボル!360度のパノラマを堪能


photo by Unsplash

シアトルの絶景を楽しみたい方は、ぜひスペースニードルへ!シアトルのシンボルともいわれており、タワーの上部には円盤状の展望台が設置されています。独特なデザインが魅力で、遠目からのインパクトもばつぐんです。

スペースニードルは、1962年の万博博覧会に合わせて建設されました。周辺には視界をさえぎる建造物が少なく、360度の大パノラマを満喫できます。晴れた日には、オリンピック半島やマウントレーニア国立公園も見渡せるので探してみてくださいね!


photo by Unsplash

スペースニードルでぜひ訪れてほしいのが、展望台に併設されているレストラン。とても珍しい回転型のレストランで、おいしい食事とともにシアトルの絶景を楽しめます。47分かけて一周するので、ゆったりとした食事の時間を過ごせるでしょう。

年末年始には、華やかな花火が打ちあがることでも有名。展望台は19時まで営業しているので、夜景の時間に合わせていくのもおすすめですよ!

スペースニードル(Space Needle)の基本情報
住所:400 Broad St, Seattle, WA 98109
電話:+1 206-905-2100
営業時間:10:00~19:00
休業日:なし(変更の可能性もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください)
アクセス: ダウンタウンからモノレール シアトルセンター駅下車すぐ
料金:35USドル~/約4,505円~(13歳~64歳)、30USドル~/約3,855円~(65歳以上)、26USドル~/約3,346円~(5歳~12歳)
※2023年1月17日のレート、1USドル=128.68円で計算
公式サイト:https://www.spaceneedle.com/

ポップカルチャー博物館

音楽好きにはたまらない人気博物館


photo by Unsplash

スペースニードルに隣接して建てられているポップカルチャー博物館。有名建築家フランク・ゲイリーによってデザインされた外観はなんともユニークで、街中でもひときわ異彩を放っています。何枚ものアルミニウムやステンレス板をつなぎ合わせており、見る角度によって色が異なるのも注目ポイントです。

ポップカルチャー博物館は、名前の通り音楽にまつわる博物館。グラミー賞を受賞したアーティストやシアトルゆかりのギタリスト、グラウンジロックの生みの親ニルヴァーナなどの展示品が並んでいます。シアトルはグラウンジミュージック発祥の地として知られており、音楽好きにとってはまさに聖地!興味深い展示ばかりなので、必ずチェックしておきたいスポットです。


photo by Unsplash

博物館では映画に関する展示品も。ホラー映画やSF映画などセクションごとに分かれており、それぞれの歴史や文化を学べます。個性的な展示品が多く、見ているだけでもポップカルチャーの気分に浸れるでしょう。

ドラムやキーボードといった、実際の楽器に触れられるコーナーも充実!最先端技術を使った遊びが盛りだくさんで、どんな方でも楽しめる博物館となっています。最新情報は公式サイトでチェックできるので、気になる特別展示に合わせて足を運ぶのもおすすめです!

ポップカルチャー博物館(MoPOP)の基本情報
住所: 325 5th Ave. N., Seattle
電話:+1 206-770-2700
営業時間:10:00~17:00
休業日:水曜
アクセス:ダウンタウンからモノレール シアトルセンター駅下車すぐ
料金:25USドル~/約3,217円~(大人)、23USドル~/約2,959円~(65歳以上)、17USドル~/約2,187円~(5歳~17歳)
※2023年1月17日のレート、1USドル=128.68円で計算
公式サイト:https://www.mopop.org/

スフィア(Amazon本社)

SNS映えするアマゾンの新社屋


photo by Unsplash

シアトルはIT企業やゲーム関連企業が集まる最先端都市。あのAmazon(アマゾン)の本社も、シアトルのど真ん中に位置しています。球体の外観が目を引くオフィスはスフィアと呼ばれており、植物と人の共存がモチーフです。

外から見ても植物園のようですが、中に入るとさらに圧巻の光景が。温室植物をはじめとする4万以上の植物が育てられており、水の音が心地よい滝まで流れています。そんな自然に紛れ込むかのように、会議室やワークスペースが点在。カフェや1人用スペースなども用意されており、社員にとっても緑にとっても快適な環境が整えられています。


photo by Unsplash

スフィアでは、定期的に見学ツアーを実施。かなり人気なので、気になる方は早めに予約するのがおすすめです。またツアーの日時があわない、予約がいっぱいという場合は、無料のオーディオブックを活用して本社を巡ることも可能。毎月第1・第3土曜日には一般公開もされているので、公開日に合わせて訪れるのも良いでしょう。

アマゾンの歴史や最先端技術を体感できる貴重なオフィスツアー。見学すればするほど、こんなところで働きたい!と誰もが感じるはずです。

スフィア(Sphere、Amazon本社)の基本情報
住所:410 Terry Ave. N., Seattle
電話:+1-206-266-4064
営業時間:10:00~18:00、 毎月第1・第3土曜日(一般公開)、毎週火曜と木曜の10:00と14:00(本社見学ツアー)
休業日:日曜(変更の可能性もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください)
アクセス:ウエスト・レイクセンター駅から徒歩約6分
料金:基本無料
公式サイト:https://www.seattlespheres.com/

マウントレーニア国立公園

まさに天国!壮大な自然を堪能できる国立公園


photo by Unsplash

マウントレーニア国立公園は、ダウンタウンから車で約2時間30分。アメリカで5番目に古い国立公園として設立されました。日本では、コーヒーのパッケージとしても有名ですよね。

マウントレーニア国立公園の中心は、標高4,392メートルのレーニア山。カナダのコロンビア州からアメリカ西海岸を南北に連なる、カスケード山脈の最高峰です。山付近の天候は非常に変わりやすく、雨や雲によってさまざまな表情を見せてくれるのも注目ポイント。何時間でも長居したくなる不思議な魅力を秘めています。


photo by Unsplash

マウントレーニア国立公園最大の見どころは、四方に伸びている氷河。25以上の氷河があり、アメリカ最大の体積を誇るカーボン氷河は迫力満点です。

夏になると、かわいらしい野生動物の姿も。マーモットやバンビ、シカなど日本ではなかなか見られない動物たちの貴重な姿を捉えることができます。動物にエサを与えるのは禁止されているので、遠くからそっと見守るようにしましょう。

自然好きな方にとってはまさに天国のような空間。日々の喧騒から離れ、ぜひ壮大な自然に癒やされてみては?

マウントレーニア国立公園(Mount Rainier National Park)の基本情報
住所: 39000 State Route 706 E, Ashford, WA 98304
電話:+1 360 569-2211
営業時間:24時間(夏期)、積雪期は一部を除いて閉鎖
休業日:なし(変更の可能性もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください)
アクセス:ダウンタウンから南東へ車で約2時間30分
料金:30USドル/約3,860円(車1台あたり)
※2023年1月17日のレート、1USドル=128.68円で計算
公式サイト:https://www.nps.gov/mora/index.htm

シアトル公立中央図書館

歩くだけでも楽しめるユニークなデザイン


photo by Unsplash

ガラス張りの建物がひときわ目立つシアトル公共図書館。図書館とは思えないユニークなデザインが特徴で、まるで現代美術館のような雰囲気がただよっています。高い吹き抜け天井の館内には自然光が差し込み、落ち着いて読書を楽しむにはうってつけの空間!観光途中でひと休みする際にもぴったりの場所です。


photo by Unsplash

11階建ての図書館には、雑誌や漫画を含む100万冊以上の本が所蔵されています。無料で使えるPCやWifiも用意されており、勉強や仕事などで訪れる地元民も多いそう。個人スペースもあるので、それぞれお好みの場所で気の向くままに時間を過ごすことができます!

シアトル公立中央図書館(Seattle public library)の基本情報
住所:1000 4th Ave, Seattle, WA 98104
電話: +1 206-386-4636
営業時間:10:00~18:00(月曜~土曜)、12:00~18:00(日曜)
休業日:なし(変更の可能性もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください)
アクセス:ライト・レールUniversity Street駅から徒歩約5分
料金:無料
公式サイト:https://www.spl.org/hours-and-locations

パイオニアスクエア

レンガ造りの建物が並ぶ、シアトル発祥の地

photo by Unsplash

シアトルの歴史を感じるなら、パイオニアスクエアに足を運んでみましょう。19世紀後半に建てられたレンガ造りの建物が並ぶ街で、シアトル発祥の地とも言われています。エリアの中心となるパイオニア・プレースにはネイティブ・アメリカンの胸像が。シアトルの名前の由来になったといわれており、歴史や文化を学ぶにはぴったりの場所です。

ほかにもトーテムポールやパーゴラなどが飾られており、ダウンタウンとは少し違う雰囲気を楽しめるのも魅力。おしゃれなカフェやブティックが多く、ヨーロッパ気分も満喫できるでしょう。どこを切り取ってもSNS映えばつぐんなので、写真撮影も楽しんでくださいね!


photo by Unsplash

パイオニアスクエアを歩いていると、アンティークショップやガラス細工などのアートギャラリーが目に入るかもしれません。それぞれ個性的な商品が販売されており、見ているだけでもワクワクしてしまいます。夜になると治安が悪くなるので、できるだけ日中に訪れるのがおすすめです。

パイオニアスクエア(Pioneer Square)の基本情報
住所:Pioneer Square 100 Yesler Way Seattle, WA 98104
営業時間:24時間、店舗によって異なる
休業日:店舗によって異なる
アクセス:ウエストレイク・センターから徒歩約15分
料金:店舗によって異なる

ワシントン大学

うつくしすぎる図書館も!世界有数の州立大学


photo by Unsplash

アメリカ屈指の名門校ワシントン大学は、シアトルの北部に位置しています。1861年に創立され、4万6千人の学生数を誇る超マンモス校です。留学生も多く、常に多国籍な言語が飛び交っています。

ゴシック調の建築はとてもおしゃれで、まるで絵本の世界から飛び出してきたよう。緑豊かな自然も魅力で、大学の周りにはソメイヨシノ並木が広がっています。春になると鮮やかなピンクに色づき、アメリカ有数の桜の名所としても人気のスポットです。


photo by Unsplash

ワシントン大学のなかでもとくに有名なのが、スザロ図書館。全米でもっともうつくしい図書館として知られており、連日多くの観光客が訪れています。荘厳で格式高い雰囲気は、ハリーポッターに登場するホグワーツ学校を彷彿とさせるでしょう。

学校とは思えない圧倒的な規模感が魅力のワシントン大学。大学の学生になった気分で、隅々まで見学を楽しんでくださいね!

ワシントン大学(Washington University)の基本情報
住所: University of Washington, Seattle, WA 98105
電話:+1 206-543-9198 
営業時間:8:30~17:00
休業日:なし(変更の可能性もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください)
アクセス: ダウンタウンから車で約15分
料金:無料
公式サイト:http://www.washington.edu/

シアトル航空博物館

飛行機の聖地!世界最大のボーイング博物館


photo by pixabay

シアトルは、世界有数の飛行機製造会社ボーイング誕生の地。1916年の会社設立以来、シアトルの発展にも大きく貢献してきました。そんなボーイングの歴史を体感できる場所が、シアトル航空博物館です。実際に空を飛んでいるかのような飛行機が多く展示されており、航空の歴史について詳しく学ぶことができます。

ライト兄弟がつくった初期の飛行機の模型やコックピットの体験コーナーなど、ファンにはたまらない空間!子どもはもちろん、大人でも十分楽しめるはずですよ!


photo by Unsplash

飛行機だけでなく、宇宙に関する展示も見どころ。月を走る探査機や宇宙服、アポロに使用されたエンジンなどを実際に見学できます。いまだ謎が多い宇宙の秘密に迫る展示は、必ずチェックしておきたいですね。

屋外の展示場には、引退した航空機がたくさん!かつて使用されていた大統領専用機エアフォースワンのなかにも入ることができます。執務室や談話室などがあり、普通の飛行機とは違う機内にワクワクがとまりません!飛行機好きの方は、ぜひ1度行ってみてくださいね!

シアトル航空博物館(The Museum of Flight)の基本情報
住所:9404 E. Marginal Way South、Seattle、WA 98108-4097
電話:+1 206-764-5700
営業時間:10:00~17:00
休業日:なし(変更の可能性もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください)
アクセス:ダウンタウンから、124番バスで約30分
料金:25USドル~/約3,217円~(大人)、21USドル~/約2,702円~(65歳以上)、16USドル~/約2,058円~(5歳~17歳)、無料(4歳以下)
※2023年1月17日のレート、1USドル=128.68円で計算
公式サイト:https://www.museumofflight.org/

シアトル グレート ウィール

53メートルの高さを誇る巨大観覧車


photo by Unsplash

ウォーターフロントにたたずむシアトル グレート ウィール。53メートルの高さを誇る巨大観覧車です。カップルのデートスポットとしても人気で、ロマンチックな時間を過ごすにはうってつけ!周辺には、おしゃれなカフェやレストランが多く食事にも困りません。


photo by Unsplash

観覧車に乗るのも良いですが、少し離れてライトアップを楽しむのもおすすめ。観覧車は50万個を超えるLEDライトでおおわれており、きらびやかな夜景を満喫できます。毎週金曜・土曜・日曜日には、色とりどりな光のショーも!テラス席で食事をしながら、優雅なひとときを過ごすのも良いかもしれません!

シアトル グレート ウィール(The Seattle Great Wheel)の基本情報
住所: 1301 Alaskan Way, Seattle , WA 98101
電話:+1 206-623-8607
営業時間:11:00~21:00(月曜~木曜)、10:00~21:00(金曜~日曜)
休業日:なし(変更の可能性もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください)
アクセス:パイク・プレイス・マーケットから徒歩約10分
料金:17USドル/約2,189円(12歳~64歳)、15USドル/約1,930円(65歳以上)、12USドル/約1,544円(3歳~11歳)、無料(2歳以下)
※2023年1月17日のレート、1USドル=128.68円で計算
公式サイト:https://seattlegreatwheel.com/

本当は教えたくない、シアトルの穴場観光地5選

ここからは、シアトルの穴場スポットをご紹介します。絶景ビーチや野球ファン必見の球技場など、気になる場所が盛りだくさん!時間があればぜひとも行きたい観光地ばかりなので、お見逃しなく!

アルキビーチ

シアトルを一望できる都会のオアシス


photo by Unsplash

アルキビーチは、サンフランシスコ最大の公共ビーチ。ダウンタウンから車で約15分という近さでありながら、都会から離れたうつくしい自然を堪能できます。ピュジェット湾の向こう側には、スカイラインやベインブリッジ島の絶景が!シアトルの景色を一望できる貴重な観光スポットです。

延々と続く砂浜と貝殻のビーチは、まるで絵の世界のよう。のんびり昼寝をしたり、読書を楽しんだりと、大人の休暇を満喫する人も多いです。晴れた日には、真っ青な海と空の一体感に感動すら覚えるかもしれません!


photo by Unsplash

ビーチの周辺には、食事がとれる場所もたくさん!ブランチを楽しめるカフェや高級レストランなどバラエティも豊かです。高層ビルが並ぶシアトルのダウンタウンを眺めながら、新鮮なシーフード料理を味わうのもおすすめですよ!

遊歩道を歩いていくと見えるのが、アルキポイント灯台。アルキビーチのシンボル的な存在であり、きらきらと輝く海を一望できると人気を集めています。駐車場もあるので、車でのアクセスもしやすいですよ!

アルキビーチ(Alki Beach)の基本情報
住所:1702 Alki Ave. SW, Seattle, WA 
電話:+1(206) 684-4075
営業時間:4:30~23:30
休業日:なし
アクセス:ダウンタウンから車で約15分
料金:無料
公式サイト:https://www.seattle.gov/parks/find/parks/alki-beach-park

シアトル水族館

巨大なタコも!海岸沿いにある有名水族館


photo by Unsplash

400種類以上の海洋生物を飼育するシアトル水族館。パイク プレイス マーケットの近くに位置しており、家族連れにおすすめな有名スポットです。2007年にリニューアルされ、鮭の産卵ラダーや波しぶきを体感できるコーナーなど、ユニークな展示が人気を集めています。

最大の見どころは世界一大きいといわれているタコ!Giant Pacific Octopus(ジャイアント パシフィック オクトパス)と呼ばれ、長い足をくねくねさせながら泳いでいる姿を見ることができます。タコに餌をあげるイベントも開催されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!


photo by Unsplash

子どもの注目を集めているのが、かわいらしいラッコたち!シアトル水族館では、絶滅危惧種に指定されている貴重なラッコを5匹も飼育しています。ぷかぷかと浮かぶ愛らしい姿に思わずうっとり!水槽の横と上から見ることができ、いろいろな角度から楽しめるのもうれしいポイントです。

シアトル水族館(Seattle Aquarium)の基本情報
住所: 1483 Alaskan Way, Seattle
電話:+1 206-386-4300
営業時間:9:30~18:00(最終入場は17:00)
休業日:なし(変更の可能性もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください)
アクセス:パイク・プレイス・マーケットから徒歩約10分
料金:29.95USドル~/約3,853円(13歳以上)、20.95USドル~/約2,695円(4歳~12歳)、無料(3歳以下)
※2023年1月17日のレート、1USドル=128.68円で計算
公式サイト:https://www.seattleaquarium.org/

シアトル美術館

世界各地から集められたコレクションは必見


photo by Unsplash

ダウンタウンの中心に位置するシアトル美術館。ハマリング・マンと呼ばれる、ハンマーを打ち下ろす黒い彫刻が目印です。通称SAMという愛称で親しまれており、昔から多くの地元民が訪れています。

北西部で最大の規模を誇るコレクションは2万4千件以上!西洋絵画の名作から日本美術を含むアジアアートまで、世界各地から集められた展示をゆっくり見学できます。とくに、ネイティブアメリカンの展示はシアトルの歴史を学ぶ良い機会となるでしょう。


photo by Unsplash

現代アートも多く展示されており、写真撮影を楽しむ人もちらほら。アートに興味がない方でも十分楽しめる美術館です。

併設されて入るミュージアムショップでは、レプリカや雑貨、本などを購入可能!地元アーティストの作品も多いので、お土産品として購入するのもおすすめです!アクセスもばつぐんなので、観光途中にふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

シアトル美術館(SAM)の基本情報
住所:1300 FIRST AVE、Seattle
電話:+1  (206)-654-3100
営業時間:10:00~17:00
休業日:月曜、火曜
アクセス:地下鉄University Street Station(ユニバーシティ ストリート駅)下車すぐ
料金:29.99USドル~/約3,859円(大人)、24.99USドル~/約3,215円(65歳以上)、19.99USドル~/約2,572円(学生)、無料(14歳以下)
※2023年1月17日のレート、1USドル=128.68円で計算
公式サイト:https://www.seattleartmuseum.org/

ガスワークス公園

ガスタンクの廃墟が残る市営公園


photo by Unsplash

ダウンタウンの向かい側、ユニオン湖のほとりにあるガスワークス公園。7.7ヘクタールもの広大な面積を誇り、国の歴史遺産にも登録された有名な公園です。鮮やかな緑が生い茂り、結婚式の写真撮影スポットとしても使用されています。

公園に入るとまず目に入るのが、ガスタンクの廃墟。ガスワークス公園は、かつて石炭ガス工場として使用されており、今でもいたるところにその名残を残しています。錆び付いた外観からは、長い歳月の流れを感じられるでしょう。


photo by Unsplash

かつてガスタンクは、シアトル住民の生活を支える貴重な電力でしたが、周囲への環境悪化を促進したことから1956年に閉鎖となりました。現在は公園として生まれ変わり、シアトルの工業都市としての歴史を学べる貴重な場所となっています。

散歩コースとしても人気で、ぶらぶらと歩くだけでも新たな発見があるかもしれません!観光客は比較的少なく静かな時間を過ごすにはぴったりのスポットですよ!

ガスワークス公園(Gas Works Park)の基本情報
住所:2101 N Northlake Way, Seattle, WA
電話:+1 206-684-4075
営業時間:6:00~22:00
休業日:なし(変更の可能性もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください)
アクセス:ダウンタウンから車で約12分
料金:無料
公式サイト:http://www.seattle.gov/parks/find/parks/gas-works-park

Tモバイル・パーク

イチローも在籍したシアトル・マリナーズの本拠地


photo by Unsplash

スポーツ観戦を楽しみたい方は、Tモバイル・パークがおすすめ!パイオニアスクエアのすぐ近くにあり、あのイチロー選手も在籍したシアトル・マリナーズの本拠地として知られています。昔はセーフコフィールドとも呼ばれており、毎シーズン多くの野球ファンが訪れているそうです。

雨が多いシアトルの気候を考え、屋根は開閉式のデザインに。青空やサンセットを楽しみながら野球観戦できるのも大きな魅力です。4万7000席もの座席があり、どの場所からでもフィールドを見渡せるように設計されています。


photo by Unsplash

大規模なTモバイル・パークですが、なんとかかった総工費は1700万ドル(約21億7千万円)!天然芝の球場の中では世界で2番目の規模を誇るんだとか。球場見学のツアーも開催されており、ファンたちの人気を集めています。1時間ほどで回れるので、時間がない方にもおすすめですよ!

Tモバイル・パーク(T mobile Park)の基本情報
住所:1250 1st Avenue South, Seattle, WA 98134
電話:+1  206-346-4287
営業時間:11:00~17:00pm、10:00~17:00pm(日曜)
休業日:試合によって異なる
アクセス:パイオニアスクエアから徒歩約10分
料金:試合によって異なる
公式サイト:https://www.mlb.com/mariners/ballpark

シアトル観光のおすすめモデルコースと必要な日数


photo by Unsplash

シアトルは、アメリカのなかでも人気の観光地!必ず訪れたい定番スポットから足を伸ばしていきたい穴場スポットまで、見どころも満載です。

公共交通機関も充実しており、市内近郊だけであれば1泊2日で十分まわることができます。郊外のマウントレーニア国立公園を満喫したい場合は、2泊3日で訪れるのがおすすめですよ!

そこでここからは主要スポットを巡る1泊2日のコースと、シアトルを遊びつくす2泊3日のコースをご紹介します!シアトル旅行に行く際はぜひ参考にしてくださいね!

シアトル近郊の定番スポットを巡る1泊2日のモデルコース


photo by unsplash

シアトルを効率よく巡りたいという方には、有名な観光スポットを巡る王道コースがおすすめ!短時間でもシアトルの魅力をたっぷり感じられるプランとなっています。詳しく解説していきますね!


photo by unsplash

〈スケジュール例〉
1日目 シアトル到着→パイク プレイス マーケットで地元グルメを堪能→ダウンタウンエリアを周遊(スフィア、シアトル公立中央図書館)→ポップカルチャー博物館→スペースニードルで夜景を鑑賞→市内のホテルに宿泊

2日目 パイオニアスクエアでモーニング→Tモバイルパークで野球観戦→ワシントン大学→シアトル航空博物館→帰国

シアトルの主要スポットは、2日間あれば十分満喫できるのがうれしいポイント。公共交通機関やバスツアーを使えば、効率よく簡単に巡ることができますよ!

郊外エリアも楽しむ2泊3日のモデルコース


photo by unsplash

せっかくシアトルに来たら、郊外地域までめいいっぱい楽しむのがおすすめ!シアトルならではのお土産をゲットしたり、都会の喧騒から離れて自然を満喫したりと楽しみ方も無限大です!

時間のある2日目・3日目には、マウントレーニア国立公園で癒やしの時間を過ごしましょう!


photo by unsplash

〈スケジュール例〉

1日目 シアトル到着→ダウンタウンでシアトルの伝統ランチを堪能→スフィア見学→シアトル水族館→スペースニードルで夜景を楽しむディナー→市内のホテルに宿泊

2日目 ダウンタウンでモーニング→車でマウントレーニア国立公園へ→自然のなかでディナーを堪能ー→市内に戻り宿泊

3日目 ポップカルチャー博物館でアート鑑賞→ワシントン大学→パイク プレイス マーケットで食べ歩き・お土産探し→シアトル グレート ウィールで夜景を堪能→帰国

シアトルの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、シアトルのおすすめの観光スポットをご紹介しました。名所や穴場スポットがいっぱいあるシアトルでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです!

今回紹介した観光地を参考に、オリジナルの旅行プランを立ててみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。

※記事内の金額は2023年1月17日のレート、1USドル=128.68円で計算で計算しています。

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

アメリカの東京発のおすすめツアー

アメリカ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報