NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】アラスカでおすすめの観光地13選!名所や穴場を厳選

アラスカには、デナリ国立公園やアラスカ鉄道などの有名な観光地がいっぱい!オーロラ鑑賞でも人気の旅行先です。今回は、アメリカ・アラスカ旅行でおすすめ観光スポットを人気スポットを13選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、アラスカ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

アラスカには、デナリ国立公園やアラスカ鉄道などの有名な観光地がいっぱい!オーロラ鑑賞でも人気の旅行先です。

今回は、アメリカ・アラスカ旅行でおすすめ観光スポットを人気スポットを13選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、アラスカ旅行の参考にしてくださいね!

\NEWTでアメリカ旅行ツアーをチェック/

Contents

アラスカには人気の観光スポットがいっぱい!

photo by Unsplash

アラスカには誰もがあこがれるような雄大な自然が広がっています。オーロラ鑑賞はもちろん、ハイイログマ(グリズリーベア)やラッコなど野生の動物にも出会えると人気の旅行先です。日本では出会えないような自然を体験してみたいという方におすすめ。

アラスカは観光スポットが点在しているため、運転に不安がある方はツアーを利用すると安心です。

今回はアラスカの人気観光地を紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

ここでブロック分けをお願いいたします!

アラスカで絶対行きたいおすすめ観光地10選

まずは初めてのアラスカ旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!アラスカの観光スポットの多くは公共交通機関でのアクセスが難しく、レンタカーを利用して移動する方が多いエリアです。レンタカーを利用しない場合は、現地ツアーを利用して効率よく観光するのがおすすめです!

デナリ国立公園

多くの野生動植物が生息する広大な国立公園

photo by Unsplash

デナリ国立公園はアラスカ旅行では必ずいきたい定番スポットです。その敷地面積は240万ヘクタール、アメリカ最大の国立公園です。240万ヘクタールは、なんと日本の九州とほぼ同面積。いかに広大な敷地かがわかります。

敷地内にはさまざまな動植物が生息しています。代表的な動物は、グリズリーベアや白頭ワシ、オオカミ、ムース、カリブーなどです。動物だけではなく、植物も豊か。まさに自然の宝庫です。

photo by Unsplash

デナリ国立公園で注目されるのは、マッキンリー山です。北アメリカでもっとも標高が高い山として知られ、標高約6,200メートルを誇ります。

デナリ国立公園はアクティビティも豊富です。夏はハイキングやサイクリング、釣り、キャンプなどを、冬はスノーシューや犬ぞり、スキーなどをたのしめます。訪れる季節によって出会える動植物や、できるアクティビティが異なるため、見たいものややりたいことがある場合はあらかじめベストシーズンとチェックしておくのがおすすめです!

デナリ国立公園は、車だけではなく、人気のアラスカ鉄道でもアクセスできます。アラスカの雄大な自然を車窓から満喫しながら、デナリ国立公園を目指してみるのもいいですね。

デナリ国立公園(Denali National Park and Preserve)の基本情報

住所

Parks Hwy, Denali National Park and Preserve, AK, アメリカ合衆国

電話

+19076839532

営業時間

24時間

休業日

なし
※メインシーズンは5/20〜9月の第2・3週目あたり

アクセス

フェアバンクスから車で約2時間

料金

大人(16歳以上) 15ドル〜(約2,220円〜)、子供(15歳以下)無料
※2024年1月18日のレート、1アメリカドル=148.13円で計算

公式サイト

https://www.nps.gov/dena/index.htm

キーナイフィヨルド国立公園

氷河が海に流れ落ちる絶景やクルーズが人気

photo by Unsplash

キーナイフィヨルド国立公園は、アラスカ州の南部に位置する国立公園です。アンカレッジ市内からは車で約2時間半で行けます。

キーナイフィヨルド国立公園の魅力はなんといっても壮大な自然。公園内には多数の氷河やフィヨルドがあり、どこまでもうつくしい景色が広がっています。アメリカ国内最大の氷原のひとつ・ハーディング氷原やフィヨルドはもちろん、氷河や山、森林、湾など多様な地形が広がっています。

photo by Unsplash

海岸部はフィヨルドと小島から成り、野生のアシカ、ラッコ、アザラシが生息しています。ほかにも、ニシツノメドリやウミガラス、ウミスズメなどの海鳥も多く見られ、クルーズ観光が人気!氷河を間近で見学できます。

アラスカで人気のクルーズ、26氷河クルーズとは異なり、一部外洋につながる部分を航行するため揺れる場合があります。シャチやクジラなど大型の海洋生物との遭遇率が高いクルーズです!

キーナイフィヨルド国立公園(Kenai Fjords National Park)の基本情報

住所

アメリカ合衆国 Alaska

電話

+19074220500

営業時間

日程によって異なるため要確認

休業日

なし

アクセス

アンカレッジから車で約2時間半

料金

無料

公式サイト

https://www.nps.gov/kefj/index.htm

ポーテージ渓谷・ポーテージ氷河

季節ごとに移り変わる風景が魅力の渓谷

photo by Unsplash

アラスカ南部のキーナイ半島に位置するポーテージ渓谷は、氷河の侵食によってできたU字谷が見どころです。気候変動の影響で後退したポーテージ氷河、バーンズ氷河が見られます。

photo by Unsplash

ポーテージ渓谷は、四季折々の自然をたのしめることも魅力のひとつ。春は新緑、夏は清涼感のある渓流や青空、秋は紅葉、冬は銀世界が満喫できます。まさに自然を体感できるスポットです。

天然の滝や湖、赤松の森林などポーテージ渓谷のうつくしい自然は、ハイキングやキャンプ、ピクニックなど、多彩なたのしみ方ができます。

渓谷は時に、強風や横殴りの雨などの悪天候に見舞われることがあります。訪れる際は事前に天気予報やお天気カメラをチェックしておくのがおすすめです。

ポーテージ渓谷(Portage Valley)の基本情報

住所

Anchorage, AK 99501 アメリカ合衆国

電話

+14075455550

営業時間

日程によって異なるため要確認

休業日

なし

アクセス

アンカレッジから車で約1時間

料金

入場料無料

公式サイト

https://www.fs.usda.gov/recarea/chugach/recarea/?recid=71943

アラスカ野生動物保護センター

アラスカの生態系について学べる人気スポット

Alaska Wildlife Conservation Center, AK by faungg's photos is licensed under CC BY-ND 2.0 DEED

アラスカ野生動物保護センターはアンカレッジ市内からツアーやレンタカーでアクセス可能です。アンカレッジ中心部からは車で約1時間のところにあります。

野生動物を保護し、治療し、再び野生へと返すことを目的としたアラスカ野生動物保護センター。1980年代から野生動物保護に情熱を持つホセ・アルバラード氏が個人的に保護活動していたのが歴史の始まりとされています。その後、ボランティアや資金援助を受け、施設が拡大していきました。現在では年間10万人以上が訪れる人気スポットに!

moose - Alaska Wildlife Conservation Center - Girdwood Portage Alaska by Watts is licensed under CC BY 2.0 DEED

アラスカ野生動物保護センターには、施設内で保護されている野生動物が展示されています。ヒグマ、ツンドラオオヤマネコ、アラスカン・ムース、カリブーなど、アラスカ独特の野生動物に出会うことができ、アラスカならではの体験ができます。

野生動物たちとの距離はとても近く、日本ではなかなか考えられないような距離感で見学ができます。野生動物の迫力やそのうつくしさを間近から観察してみてください。

また、センターでは無料の教育プログラムも実施されています。野生動物保護の重要性やアラスカの自然について学べるので、ぜひ参加してみてくださいね。

アラスカ野生動物保護センター(Alaska Wildlife Conservation Center)の基本情報

住所

Mile 79 Seward Highway, Girdwood, AK 99587

電話

+19077830058

営業時間

9:00〜19:00(時期により異なります)

休業日

なし(時期により異なります)

アクセス

アンカレッジ中心部から車で約1時間

料金

大人(13歳以上) 25ドル〜(約3,700円〜)、子ども(4~12歳) 22ドル(約3,260円)、3歳以下 無料
※2024年1月18日のレート、1アメリカドル=148.13円で計算

公式サイト

https://alaskawildlife.org/

アラスカ鉄道

壮大な自然を堪能しながら移動をたのしむ

photo by Unsplash

アラスカ鉄道は、アラスカ州の主要都市を結ぶ鉄道。1915年に敷設が始まり、現在は旅客輸送のほか、貨物輸送も行われています。

アンカレッジからフェアバンクス、シュシタナまでを結んでいて、観光客にも人気です。道中では雄大な自然とうつくしい景色が眺められ、ロマン溢れる鉄道旅を満喫できます。

photo by pixabay

道中の見どころはデナリ国立公園です。アラスカのシンボル的存在として知られるデナリ山や野生動物など多くの魅力があります。ほかにもカラフト火山国立公園など、アラスカの豊かな自然を体感できる場所を通ります。

車内ではスナックやドリンクが販売されていて、快適な鉄道旅が可能。鉄道好きの方にはたまらない経験になります!

季節によって運行本数や運行時間が変化するため、旅行に行く前にしっかりとチェックし、計画を立てておくと安心です。時には車内でイベントが開催されることもあります。

アラスカ鉄道(Alaska Railroad)の基本情報

住所

411 W. 1st Ave, Anchorage, AK 99501(アンカレッジ駅)

電話

+19072652494

営業時間

曜日やシーズンによって運行スケジュールが異なります。くわしくは公式サイトを確認してください。

アクセス

アンカレッジ国際空港から車で約15分

料金

運賃はシーズンや座席クラスによって異なる

公式サイト

https://www.alaskarailroad.com/

26氷河クルーズ

雄大な氷河の絶景をクルーズ船から満喫

photo by Unsplash ※画像はイメージです

26氷河クルーズは、雄大な氷河が見られることが最大の魅力です。氷河から流れる水の色合いや氷河と海が混ざり合う絶景が満喫できます。

26氷河クルーズは、その名の通り26の氷河をゆっくりとめぐれるクルーズです。氷河の中には、高さ100メートル以上の巨大なものや、うつくしいブルー色のものなどさまざま。刻一刻と変化する景色は見惚れてしまうほどです。

photo by Unsplash ※画像はイメージです

アンカレッジからバスや鉄道などでウィティアへ行き、氷河観光をします。船は氷河の前に停泊し、氷塊が崩れるのを待ちます。目の前で氷塊が崩れ落ちる姿は大迫力です。クルーズ中には地域の歴史や動植物、人々の暮らしなどのガイドが充実しているため、景色を眺めるだけではなく、学びながらその地についての学びを深められます。

カレッジフィヨルドの景観をたのしみながら、運が良ければラッコやアザラシ、シャチなどに出会えることも!

26氷河クルーズの1人あたりの相場は約200ドル(29,630円)。大型のクルーズ船には、室内席の1階と開放的なデッキがある2階部分があります。船内にはトイレや売店などが完備され、快適な船の旅を満喫できる環境が整っています。

26氷河クルーズ(26 Glacier Cruise)の基本情報

住所

W Camp Rd, Whittier, AK 99693 アメリカ合衆国

電話

ツアーによって異なる

営業時間

ツアーによって異なる

休業日

ツアーによって異なる

アクセス

アンカレッジ中心部から車で約75分

料金

ツアーによって異なる

フェアバンクズ

オーロラ観測で有名なアラスカ第二の都市

photo by Unsplash

幻想的なオーロラが観られることで知られるアラスカ第二の都市、フェアバンクス。年間平均243日もオーロラ現象が起き、まさにオーロラ鑑賞にぴったりの街です。

オーロラ以外にも見どころが多く、真夜中でも太陽が沈まない日がある夏も日本ではできない体験のひとつです。また、スノーモービルや犬ぞりなどスノーアクティビティも人気を集めています。珍しい体験がたくさんでき、ロマンチックな雰囲気も。

photo by Unsplash

観光スポットとしては、アイス・ミュージアムやランニング レインディアー ランチが人気!ほかには、イベントやお祭り、地元グルメが必見です。フェアバンクスは郊外にもたくさんの見どころがあるため、フェアバンクスを拠点に観光に出かけてみるのもおすすめです。手付かずの冬の自然を体感できます。

フェアバンクズ(Fairbanks)の基本情報

住所

Fairbanks, AK 99701 アメリカ合衆国

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

フェアバンクス国際空港から中心部まで車で約10分

料金

無料

ジュノー

うつくしい氷河と海に囲まれたアラスカの州都

photo by Unsplash

アラスカの州都であるジュノーは、アドベンチャーへの出発地点にぴったりな街です。ジュノーは西にガスティノー海峡と太平洋、東には険しい山脈がそびえている地形から車でアクセスすることはできません。移動には飛行機またはフェリーが必要です。このジュノーならではの地形は、唯一無二の歴史と文化を築いてきました。

photo by Unsplash

アドベンチャーへの玄関口として有名なジュノーですが、実は街中にも魅力的な観光スポットが!州会議事堂や州知事公邸、アラスカ先住民が作った小物や作品が購入できるお店などが並ぶダウンタウンの通りは必見です。

さらに、絶品と噂のサーモンやカニも見逃せません。ジュノーは新鮮なシーフードがとても有名なので、大自然の中で冒険をたのしんだ後は、シーフードでエナジーチャージしてみてください。

ジュノー(Juneau)の基本情報

住所

Juneau, AK 99801 アメリカ合衆国

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

ジュノー国際空港から中心部まで車で約10分

料金

無料

チェナ温泉

北米ではめずらしい露天風呂

Chena Hot-springs by PunkToad is licensed under CC BY 2.0 DEED

大自然のど真ん中に位置する温泉リゾート。アラスカの大自然を満喫しながら、温泉でリラックスできる贅沢すぎるスポットです。チェナ温泉はアラスカで唯一年間を通して営業している温泉リゾートホテル。北米では珍しい露天風呂があります。

チェナ温泉の歴史は長く、約100年前にアラスカ・ゴールドラッシュ時代に発見されました。その後は、湯治や静養、グループ旅行や会議、オーロラ鑑賞など幅広い目的で利用されています。

Chena Hot Springs by Craig Talbert is licensed under CC BY 2.0 DEED

周りにも何もなく、ただただ壮大な自然が広がっている場所ですが、ホテル内にはフルコースがいただけるレストランがあります。温泉でのんびりした後は、おいしいご飯を食べるのもいいですね!

満点の星空や白夜などアラスカらしい体験をしながら、温泉でゆっくりするのもおすすめです。

チェナ温泉(Chena Hot Springs)の基本情報

住所

17600 Chena Hot Springs Rd, Fairbanks, AK 99712 アメリカ合衆国

電話

+19074518104

営業時間

7:00〜23:45

休業日

なし

アクセス

フェアバンクス中心部から車で約75分

料金

大人(18〜59歳以上) 20ドル〜(約2,960円〜)、子供(6〜17歳)17ドル(約2,520円)、シニア(60歳以上)18ドル(約2,670円)
※2024年1月18日のレート、1アメリカドル=148.13円で計算

公式サイト

http://www.chenahotsprings.com/

タルキートナ

マッキンリー山の登山基地で有名な街

photo by Unsplash

タルキートナはマッキンリー山の登山基地として知られ、アラスカ鉄道ができる以前は、スシトナ川へ鉱山労働車を運ぶ河汽船の拠点として賑わっていました。冒険家の植村直己さんもこの町からマッキンリー山へ出発しました。

そのため、アラスカの古き良き街並みが残り、趣があります。

photo by pixabay

メインストリートは1本のみととても小さな街ですが、春の終わりから夏にかけての登山シーズンは、たくさんの登山家や遊覧飛行をたのしむ観光客が集まります。レストランやお土産屋さん、ツアー会社などがぎゅっと一ヶ所にまとまっているため、食事やショッピング、アクティビティの手配などは効率的にできます。

遊覧飛行は天候に大きく左右されます。そのため、遊覧飛行を目的にタルキートナを訪れる場合は、日程に余裕を持っておくのがおすすめです。

タルキートナ(Talkeetna)の基本情報

住所

Talkeetna, AK 99676 アメリカ合衆国

電話

なし

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

アンカレッジ中心部から車で約2時間

料金

無料

アラスカの知る人ぞ知る穴場観光地3選

アラスカにはまだまだ魅力的な観光スポットがあります。ここからはアラスカ観光の穴場スポットをご紹介!もっとディープなアラスカを満喫したいという方におすすめです。

アンカレッジ博物館

北極圏の文化や歴史に触れられる博物館

Anchorage by dancingnomad3 is licensed under CC BY-ND 2.0 DEED

アンカレッジ博物館は、アンカレッジ中心部にある博物館。北極圏の文化や歴史、先住民の生活や文化、アラスカ州の自然や地質、そして現代美術まで、幅広い展示がされています。北極圏の文化や自然を中心に学べる貴重なスポットです。

Anchorage Museum by Jason Riedy is licensed under CC BY 2.0 DEED

地元の先住民たちが使っていたカヤックや伝統衣装など、現地の文化を体感できる展示もあります。国立公園など自然スポットに訪れる前に博物館で文化や歴史の理解を深めておくと、より観光が興味深くなるかもしれませんね。

アンカレッジ博物館(Anchorage Museum)の基本情報

住所

625 C St, Anchorage, AK 99501, アメリカ合衆国

電話

+19079299200

営業時間

火~土 10:00~18:00、日 12:00~18:00

休業日

月曜日

アクセス

28 - SeaWorld Orlandoバス停から徒歩すぐ、オーランド国際空港から車で約20分

料金

大人 25ドル(約3,700円)、シニア(65歳以上)・学生(ID必要) 18ドル(約2,670円)、子ども(6〜12歳)12ドル(約1,780円)、5 歳以下 無料 
※2024年1月18日のレート、1アメリカドル=148.13円で計算

公式サイト

https://www.anchoragemuseum.org/

カトマイ国立公園

世界有数のヒグマの観察スポット

photo by Unsplash

アラスカ州南部に位置するカトマイ国立公園は太平洋に面しています。クマ観察で有名な国立公園であり、過去には公園内のライブカメラ映像にたくさんのクマが映っていることで話題になったことも。

生息するヒグマは2,000頭を超えているとされ、そのほとんどは、ブルックス川の紅鮭を求めて園内のブルックスキャンプ周辺にやってきます。この辺りには、野生動物展望台が3ヶ所あるので、展望台からクマの様子を観察してみるのがおすすめ。獲物めがけてダイブする姿はダイナミックで見応えがあります。

photo by Unsplash

クマ以外にもムースや狼、カリブー、アカギツネなどが見られます。さらに太平洋に面しているという地形から、水鳥やアザラシ、クジラの姿を目にできることもあります。

アクティビティでは、釣りが人気で、カワカマスやタラ、ニジマスなど日本で馴染みのある魚たちが釣れます。

カトマイ国立公園(Katmai National Park and Preserve)の基本情報

住所

Alaska, アメリカ合衆国

電話

+19072463305

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

アンカレッジ国際空港からキングサーモンまで飛行機で約1時間半、その後小型の水上飛行機で約30分

料金

無料

公式サイト

https://www.nps.gov/katm/index.htm

レイク クラーク国立公園

飛行機やボートでしか行けない秘境

photo by flickr

レイク クラーク国立公園は、車や公共交通機関では行くことができません。飛行機やボートでしか行けず、まさに秘境というワードがぴったりな場所です。

もちろん、アラスカにあるほかの国立公園同様、うつくしい大自然が広がっています。なかなか人がアクセスできる場所ではないため、アラスカで最も美しい景色がたのしめるという声が挙がるほどです。

多くの野生動物が生息していて、クマやムース、カリブーなどの大型動物はもちろん、ラッコやアザラシなどの海洋生物にも出会えます。

In The Presence of Mountains by Lake Clark National Park & Preserve

アンカレッジから比較的距離は近いですが、車などではアクセスできないため、穴場スポット的存在に。人が少なく、大自然を独り占めしたいという方にはぴったり!車や公共交通機関では行けない場所はかなり限られているので、なんだか特別感がありますね。

レイク クラーク国立公園(Lake Clark National Park)の基本情報

住所

Alaska, アメリカ合衆国

電話

+19076443626

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

道路や公共の交通機関がないため、飛行機やボートをチャーターしてアクセス

料金

無料

公式サイト

https://www.nps.gov/lacl/index.htm

アラスカ観光を満喫するためのおすすめモデルコース

photo by Unsplash

自然を満喫できるスポットを中心に見どころばかりのアメリカ・アラスカ。レンタカーを利用して自由度の高い旅をたのしんだり、アラスカ鉄道でのんびり鉄道旅を満喫したりするのがおすすめです。

<スケジュール例>

1日目 アンカレッジ到着→ポーテージ渓谷・ポーテージ氷河→アラスカ野生動物保護センター

2日目 ホテルで朝食→キーナイフィヨルド国立公園でクルーズ船に乗船→アンカレッジでディナー

3日目 デナリ国立公園で自然を満喫→フェアバンクスへ

4日目 ホテルで朝食→チェナ温泉でのんびり疲れを癒す→オーロラ鑑賞

5日目 ホテルで朝食→フェアバンクス市内を中心に観光→オーロラ鑑賞に再びトライ

6日目 フェアバンクスから帰国

アラスカは、アンカレッジやフェアバンクスを中心に見どころが盛りだくさん!そのため、観光ツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光をたのしむことがおすすめです。ぜひ自分好みのアラスカ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

アラスカの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、アラスカのおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるアラスカでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめ。

広大な面積を誇るアラスカは、移動時間がどうしても長くなるため、余裕を持ったスケジュールで行動すると安心です。ぜひ紹介した観光地を参考に、アメリカ・アラスカ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!


※記事内の金額は2024年1月29日のレート、1アメリカドル=148.13円で計算

cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

アメリカの東京発のおすすめツアー

アメリカ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報