NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】チェンライでおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選

タイのチェンライには、美しい白亜の寺院として知られるロット・ロンクンや雲海をおがめるプーチーファーなどの有名な観光スポットがいっぱい! 今回は、タイ・チェンライ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、基本情報やおすすめポイントをチェックしてチェンライ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

タイのチェンライには、美しい白亜の寺院として知られるロット・ロンクンや雲海をおがめるプーチーファーなどの有名な観光スポットがいっぱい!

今回は、タイ・チェンライ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、基本情報やおすすめポイントをチェックしてチェンライ旅行の参考にしてくださいね!

Contents

チェンライ観光における基本情報

日本との時差

-2時間

フライト時間

約7~9時間

公用語

タイ語

通貨

バーツ

治安

比較的安全
※観光客が集まるエリアではスリやひったくりに注意が必要

物価

日本に比べて物価が安い傾向

電源プラグ

Aタイプ

チェンライには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash 

タイの北部にあるチェンライは、ミャンマーとラオスに隣接した小さな街です。ラーンナー文化と呼ばれる独自の風習・文化が色濃く残り、メコン川のほとりにはラーンナー王朝時代の遺跡が、真っ白なオブジェや寺院が特徴のロット・ロンクンなどの美しい寺院や文化施設が市内を中心に点在しています。

定番観光スポットの遺跡や寺院は市内に集中している一方で、国境地帯の近くまで移動すれば、ゴールデントライアングルから見るメコン川の展望やプーチーファーの雲海など、風光明媚な自然の景観を思う存分楽しむこともできますよ!

今回はタイの人気観光地チェンライを紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、観光に行く際の参考にしてみてくださいね。

チェンライで絶対行きたいおすすめ観光地7選

チェンライを訪れたら、現代的でありながら独特な雰囲気の寺院や国境沿いの川の様子を眺められるスポット、雲海が見られる神秘的な観光地は必見です。チェンライの観光名所は市内には少なく、バスやタクシーで郊外まで移動する必要があります。訪れたい場所と移動時間をチェックし、計画的に観光スポットを周遊しましょう。

ワット・ロンクン

SNS映えは確実!白亜の寺院


photo by Unsplash

ワット・ロンクンは、ホワイト・テンプルという別名をもつ白亜の寺院。仏教関連で有名な芸術家、チャルーンチャイ・コーシピパット氏の傑作といわれています。真っ白な見た目の斬新な寺院で、写真映えすると人気を集めています。寺院の壁には天国・地獄についてが描かれており、細かいところまで必見です。

ワット・ロンクンは市内から車で約20分ほど離れた郊外に位置しているので、アクセスする際はご注意ください。


photo by Unsplash

境内には全面が金色に輝くトイレもあり、その独特の雰囲気に酔いしれることができます。夕暮れ時に寺院を訪れれば、夕日をバックに幻想的な雰囲気のワット・ロンクンを見られるなど、時間帯によって異なる顔を楽しめるのもポイントです。

ワット・ロンクン(Wat Rong Khun)の基本情報
住所:Pa O Don Chai, Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57000 タイ
電話:+66 53 673 579
営業時間:8:00〜17:00
休業日:無休
アクセス:チェンライ市内から車で約20分
料金:100バーツ(約405円)
※2023年12月21日のレート、1バーツ=4.11円で計算
公式サイト:https://www.tourismchiangrai-phayao.com/en/2022/05/09/wat-rong-khun/

ワット・ロンスアテン

ブルー・テンプルの異名をもつ独特な雰囲気の寺院


Wat Rong Suea Ten (Templo Azul), Chiang Rai, Tailandia by Edgardo W. Olivera is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/ewolivera/35954272111/

ワット・ロンスアテンは、寺院内が青いことからブルー・テンプルとも呼ばれている現代的な寺院です。比較的小さな寺院でありながら、あざやかな青色の仏像や寺院が多くの観光客を魅力しています。ちなみに、先ほど紹介したワット・ロンクンの建築士の弟子が建築した寺院です。


Blue Temple, Chiang Rai by Maude Goupil is licensed under CC BY-SA 2.0
https://www.flickr.com/photos/145463353@N08/42033380474/

仏教や神話をモチーフにしており、職人が魂を込めて作ったきめ細かい装飾と空間芸術には、他の寺院にはない独特な雰囲気を感じられますよ。芸術的な寺院を鑑賞したいという方におすすめの観光名所です。

ワット・ロンスアテン(Wat Rong Suea Ten)の基本情報
住所:306 หมู่ที่ 2 ตําบล, 303 Maekok Rd, Rim Kok, Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57100 タイ
電話:+66 64 347 3636
営業時間:7:00〜20:00
休業日:無休
アクセス:市内から車で5〜10分
料金:無料
公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/wat-rong-sua-ten/

シンハーパーク

シンハービールの会社が運営する広大な公園


International Balloon Fiesta by Thanate Tan is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/thanate_tan/29963598855/

シンハーパークは、シンハ―ビールで有名なビール会社のシンハーがチェンライに所有する広大な公園です。東京ドーム約270個分の土地には季節の花や果物、動物園があり、少数民族の衣装をレンタルできるサービス、茶摘み体験など、さまざまイベントが随時実施されています。シンハービールでおなじみの金色の獅子像もあるので、一緒に記念写真を撮ってみてはいかがでしょうか?


Singha Park by Thanate Tan is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/thanate_tan/29623609824/

また、公園の大パノラマを楽しめるジップラインなどのアクティビティもあるので、1日滞在していても楽しみきれないスケール感が魅力ですよ。チェンライの自然とアクティビティを満喫したい方はぜひ訪れてみてくださいね。

シンハーパーク(Singha Park)の基本情報
住所:99, Mae Kon, Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57000 タイ
電話:+66 91 576 0374
営業時間:9:00〜18:00
休業日:無休
アクセス:チェンライ市内から車で約20分
料金:50バーツ(約203円)
※2023年12月21日のレート、1バーツ=4.11円で計算
公式サイト:https://www.singhapark.com/

ゴールデン トライアングル

タイ・ラオス・ミャンマーの国境地帯


Golden Triangle, Chiang Rai by Peace May Come To You is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/travelandcharity/23572481054/

ゴールデントライアングルは、チェンライ市内からバスを乗り継いで約2時間ほどの場所にある、タイ・ラオス・ミャンマーの三国が隣接した国境地帯です。ビューポイントとなるゴールデントライアングル公園の展望台から見られる、メコン川(奥側)とルアック川(手前側)が合流する雄大な景色は圧巻です!


Triangolo d'Oro - Chiang Rai by Gian Luca Sgaggero
https://www.flickr.com/photos/sphimm/52780782282/

展望台のある場所には巨大な黄金仏(プラ・プッタナワラーントゥー)が鎮座していて、この場所だけゆったりと時間が流れているかのような不思議な雰囲気を感じられます。川沿いまで降りていってボートをチャーターすれば、ラオス領の観光特区ドーンサオ島に行くことができ、小さな島ならではの田舎暮らしを垣間見ることができますよ。

ゴールデントライアングル(Golden Triangle)の基本情報
住所:Amphoe Chiang Saen, Chiang Rai
電話:-
営業時間:24時間営業
休業日:無休
アクセス:チェンライ市内から乗り合いバスで2時間弱
料金:無料
公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/golden-triangle/

ゴールデン・トライアングルは3カ国が交差するタイの秘境観光地!歴史や見どころを解説

プーチーファー

ラオス国境の山から雲海をおがむ


clouds by tetsuya yamamoto 
https://www.flickr.com/photos/ttypic/32027473601/

プーチーファーは、チェンライ市内から車で約1時間の場所に位置する、標高1628メートルの断崖絶壁の山です。運が良ければ雲海やご来光をおがめると旅行者から人気の観光スポットですよ!ちなみに、雲海の見ごろは12月〜1月で、現地でキャンプをしながらご来光や雲海を見れるタイミングを待つ人もいるんだとか。


Aka girls at Phu Chi Fa by François Bianco is licensed under CC BY-SA 2.0
https://www.flickr.com/photos/f514nc0/12263322365/

現地の少数民族と遭遇する機会もあります。タイとラオスの国境に接している立地で、現地で暮らす山岳民族との出会いがあるかもしれませんよ。

プーチーファー(Phu Chi Fa)の基本情報
住所:Tapon Wiang Kaen, Chiang Rai 22110
電話:-
営業時間:24時間営業
休業日:無休
アクセス:市内からミニバスで約3時間
料金:無料
※2023年12月21日のレート、1バーツ=4.11円で計算
公式サイト:https://www.npm.gov.tw/index.aspx?l=3

バーン・ダム・ミュージアム

黒い建物が特徴の野外ミュージアム


White, then blue, now meet the Black House or Black Temple of Chiang Rai by shankar s. is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/shankaronline/48272209371/

バーン・ダム・ミュージアムは、黒い外観からブラックハウスと呼ばれる博物館です。チェンライ出身の芸術家アチャーン・タワン・ダッチャニー氏が制作した、数多くの視覚芸術が展示されています。


The successors charge an entrance fee despite the artist's wishes against doing so after him by shankar s. is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/shankaronline/48272207441/

博物館には、タイ北部建築様式の建物が25棟、さらに民芸品を展示する棟があります。芸術作品や伝統的な建築物にかこまれた空間で、アートのインスピレーションを得たい方におすすめです。

バーン・ダム・ミュージアム(Baan Dam Museum)の基本情報
住所:333 Nang Lae, อำเภอเมือง Chiang Rai 57100 タイ
電話:+66 53 776 333
営業時間:9:00〜17:00
休業日:不定休
アクセス:中心地から車で約15〜20分
料金:80バーツ(約320円)
※2023年12月21日のレート、1バーツ=4.11円で計算
公式サイト:https://thawan-duchanee.com/

チェンライ ナイトバザール

活気のあるナイトマーケット


photo by Unsplash
※画像はイメージです

チェンライ・ナイトバザールは、チェンライ市内で毎日オープンしている夜の市場です。夕方18時〜夜23時まで営業しており、日中観光した後に行きたい観光スポットですよ。

チェンライ周辺には山岳に暮らす少数民族も多いので、彼らが作った伝統工芸品やアクセサリー類などのお土産を購入するのがおすすめ!バンコクやチェンマイなどの街と比べると、1〜2割ほど安く各種アイテムを購入できるのが魅力です。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

また、他のナイトバザールと同様に屋台街やフードコートも豊富。タイ料理の焼き物や揚げ物、寄せ鍋のイーサン鍋などを楽しめます。正面ステージでは民族音楽や舞踊のステージがもよおされ、さまざまなタイ文化が感じられる観光スポットです。

チェンライ ナイトバザール(Chaing Rai night bazar)の基本情報
住所:WR4M+5M2, Tambon Wiang, Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57000 タイ
電話:-
営業時間:18:00〜23:00
休業日:無休
アクセス:バスターミナルのすぐそば
料金:無料
公式サイト:https://www.tourismthailand.org/Attraction/chiang-rai-night-bazaar

チェンライの知る人ぞ知る穴場観光地3選

チェンライには、穴場の観光名所も盛りだくさん!チェンセーン王国時代の遺跡や展示物、郊外にある茶畑など、時間があればぜひとも訪れて欲しい観光名所があります。

ワット・パーサック歴史公園

チェンセーン王国時代の無数の遺跡を楽しめる


Ruins_of_Chiang_Saen-30 by John Shedrick is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/cm_john/8788785723/

ワット・パーサック歴史公園は、1295年にセーンプー王によって建立された寺院です。セーンプー王は、ランナー王朝の初代の王、メンラーイの孫にあたります。約25万平米におよぶ広大な敷地には、22の遺跡と約300本のチーク林があります。公園の中央には、高さ12.5メートルと底の幅8メートルのパゴダ(仏塔)が立っていますよ。

パゴダには仏像や天使をイメージした精巧な彫刻が刻まれており、最盛期のランナー王朝を感じることができます。


Ruins_of_Chiang_Saen-36  by John Shedrick is licensed under CC BY 2.0
https://www.flickr.com/photos/cm_john/8788783295/

この付近の遺跡の中でも状態が良いのは、ここだけともいわれています。遺跡の西側には、城壁も残っているので、遺跡好きの方はゆっくりと公園内の遺跡や彫刻、仏像などを見学してみてはいかがでしょうか?

ワット・パーサック歴史公園(Wat Pa Sak)の基本情報
住所:Wiang, Chiang Saen, Chiang Rai
電話:-
営業時間:8:00~17:00
休業日:無休
アクセス:市内からバスで約1時間半
料金:50バーツ(約203円)
※2023年12月21日のレート、1バーツ=4.11円で計算
公式サイト:https://www.tourismthailand.org/Attraction/wat-pa-sak

チェンセーン国立博物館

民族の伝統衣装や歴史に関する展示がたくさん!


1992 #133-32A northern Thailand historical site by Dan Lundberg is licensed under CC BY-SA 2.0
https://www.flickr.com/photos/9508280@N07/5072299722/

チェンセーン国立博物館は、少数民族の衣装や伝統工芸品、各民族がたどってきた歴史の軌跡、仏像などを紹介している国立博物館です。館内には小さいサイズのロッカーがあるので、荷物を預けたい方は利用してみましょう。


photo by Unsplash 
※画像はイメージです

この地域で古くから暮らしている山岳民族の歴史や伝統、民族衣装に関する展示など、文化・習俗に興味関心のある方におすすめの観光スポットですよ!

チェンセーン国立博物館(Chiang Saen National Museum)の基本情報
住所:73FH+9PX, Wiang, Chiang Saen District, Chiang Rai 57150 タイ
電話:+66 53 777 102
営業時間:水曜~日曜 9:00〜16:00
休業日:月曜・火曜
アクセス:チェンライ市内から車で約1時間
料金:30バーツ(約122円)
※2023年12月21日のレート、1バーツ=4.11円で計算
公式サイト:http://www.virtualmuseum.finearts.go.th/chiangsaen/index.php/th/

ドイ・メーサロン

お茶の名産地で中国文化が色濃い地域


photo by Unsplash

ドイ・メーサロンは、標高1000〜1600メートルにあるお茶の名産地。宿泊施設や庭園などがある観光名所です。運が良ければ雲海が見られるかも!歴史的に中国人の子孫が定住していることもあり、中国風の街並みが特徴です。

また、周辺にはアカ族・ラフ族・リス族の村があるため、それぞれの部族の伝統衣装を身につけた人々に出会うこともありますよ。


photo by Unsplash 

お茶の生産地として有名なメーサロンでは、おいしいお茶の販売所や直売店が軒を連ねており、いろいろな種類のお茶を試飲することも可能です。直売店ならではのおトクな価格で高級茶葉も購入できるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ドイ・メーサロン(Doi Mae Salong)の基本情報
住所:418 ม.1 แม่สลองนอก Mae Fa Luang District, Chiang Rai 57110 タイ
電話:-
営業時間:9:00〜16:00
休業日:無休
アクセス:市内から車で約2時間
料金:無料
公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/doi-mae-salong/

チェンライ観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by Unsplash

現代的な寺院や圧巻の自然の景観を楽しめるタイのチェンライ。

せっかくチェンライを訪れたなら、朝から夜まで時間いっぱい楽しみたいですよね。タイの屋台飯を楽しんだり、少数民族の伝統工芸をお土産として購入したり、チェンライのナイトバザールは旅のハイライトとなる観光地なので外せないスポットです。

<スケジュール例>

1日目 午前中にチェンライ到着→ホテル周辺でタイ料理ランチ→ワット・ロンクン→ワット・ロンスアテン→新鮮なジュースでひとやすみ→バーン・ダムミュージアムで伝統建築や芸術作品に触れる→屋台飯でタイならではの料理を満喫!

2日目 ゴールデントライアングルで雄大な自然を満喫→ナイトマーケットで買い物やディナーを楽しむ

3日目 ワット・パーサック歴史公園で遺跡巡り→シンハーパークで自然を楽しみながらゆったり→帰国

チェンマイは、市内にある現代的な寺院、郊外にいけば雲海やメコン川の流れを観測できるポイントなど、市内と郊外で異なる楽しみ方ができる観光名所です。

夜になればチェンライのナイトマーケットで屋台飯や買い物、伝統舞踊や歌謡のステージを楽しむことができます。きちんと旅行計画を立てて、チェンライ観光を思う存分満喫しましょう!

チェンライの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、タイ・チェンライのおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。市内や郊外に名所や見どころがいっぱいあるチェンライでは、効率よく観光しながら、ナイトバザールでご当地のグルメも楽しむのもおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、タイ・チェンライ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年12月21日のレート、1バーツ=4.11円で計算しています。
cover photo by unsplash

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

タイの東京発のおすすめツアー

タイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる