NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】タイの世界遺産を徹底解説!おすすめ観光地ランキング

東南アジアの中でも人気の旅行先であるタイ。歴史遺産や寺院などの観光名所が豊富で、アユタヤやスコータイなど7つの世界遺産があります。当記事では、タイで行ってみたい世界遺産の人気観光地ランキングをご紹介します。

ライター
NEWT編集部

東南アジアの中でも人気の旅行先であるタイ。歴史遺産や寺院などの観光名所が豊富で、アユタヤやスコータイなど7つの世界遺産があります。当記事では、タイで行ってみたい世界遺産の人気観光地ランキングをご紹介します!バンコクから日帰りでいける世界遺産や注意点なども記載しているのでタイ観光の参考にしてみてください。

Contents

2024年現在、タイの世界遺産は全部で7登録


photo by Gumpanat / shutterstock

首都バンコクをはじめ、多くの観光客が訪れる東南アジアの人気観光地であるタイ。王宮や寺院など歴史的な建造物巡りや、おいしいタイ料理グルメ、世界有数のリゾート地など楽しみ方がいっぱいの国です。

そんなタイは世界遺産巡りも魅力の一つ!文化遺産のアユタヤ、スコータイ歴史公園、バーンチエン遺跡の3つと、2023年に登録されたシーテープ。また、貴重な動植物の生息地や地形である自然遺産のドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯、バケーンクラチャン国立公園、トゥンヤイ-フワイ・カーケン野生生物保護区、合計7つの世界遺産があります。

これらの世界遺産は、バンコクから簡単にアクセスできる場所から空港から遠い場所までさまざま。令和トラベルのトラベルコンシェルジュでは、現地をスムーズに移動できる手配旅行サービスを提供しています。LINEから無料で相談できるので、ぜひ気軽に問い合わせてみてくださいね。

\NEWTでおトクなタイ旅行をチェック!/

人気のタイ旅行ツアーで在庫に限りがあるため、ご予約はお早めに!

タイの世界遺産一覧、観光におすすめランキング

ここからは、タイの世界遺産で人気の観光地ランキングをご紹介します。タイに訪れたら一度は見ておきたい絶景スポットやアクセス方法、服装の注意点などもあわせてお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね!

第1位 古都アユタヤ/文化遺産

バンコクから日帰りでいける世界遺産


photo by shutterstock

タイの世界遺産で有名な人気観光地、文化遺産の古都アユタヤです。

アユタヤは、かつて栄華を極めた古都の歴史が眠る遺跡の街。1351年から417年間にわたり、35代の王がアユタヤ王朝の歴史を築いてきました。国際貿易都市として繁栄したアユタヤには、多くの寺院や美しい王宮、黄金の仏塔などが建設されましたが、たび重なるビルマとの戦いによって、激しい攻撃に耐え切れず、1767年にアユタヤ王朝の歴史は幕を閉じました。

多くの寺院では、崩れ落ちたレンガの壁や顔のない仏像など、ほとんどが破壊されて廃墟となっていまいましたが、現代にもその様子を伝える遺跡群として整備されて、1991年に世界遺産に登録されました。


photo by shutterstock

ワット・マハータートでは、1本の菩提樹(ぼだいじゅ)に取り囲まれた仏頭が有名な寺院です。切り取られてしまった頭部のみが放置されて、長い年月をかけて今の姿になったんだとか。


photo by shutterstock

また、アユタヤのシンボルとして有名なのがワット・プラ・シーサンペット。アユタヤ寺院の中で最も重要な寺院で、3基の仏塔にはボロムトライロッカナート王(1448~1488年)と、その子である2人の王子が納められています。ビルマ軍侵攻の前は、純金に覆われた立仏像もありましたが、現在は残っているのは仏塔のみ。このようにアユタヤでは、王朝の栄華と衰退の面影を十分に感じることができます。

夜にはアユタヤ遺跡群のライトアップも開催されているので、立ち寄ってみてくださいね!

アユタヤ(ayutthaya)の基本情報
住所: Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:バンコクから車で約1時間30分、鉄道で約2時間30分
料金:施設によって異なります
公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/areainfo/ayutthaya/

【2023年最新】バンコクからアユタヤへの行き方4選!帰り方も合わせて紹介
【2023年最新】タイ・アユタヤのおすすめ観光地14選!絶対行きたい遺跡・寺院から人気アクティビティまで

第2位 スコータイ歴史公園・周辺の古代都市群/文化遺産

今のタイを作り上げた重要な都市


photo by shutterstock

続いては、文化遺産のスコータイ歴史公園です。

スコータイはタイ北部の南端にあり、幸福の夜明けという意味があります。なんとタイで最初の王朝が開かれた場所で、タイの文字や文学が生み出されるなど、現在のタイの基盤を作り上げた重要な観光地なんです。

スコータイ歴史公園は、もともとはジャングルの中に数百年にわたって放置されていた遺跡群でした。そこからタイ芸術局とユネスコが協力して修復し、総面積約70平方キロメートルの広大なスコータイ歴史公園を完成させました。1991年に世界遺産に登録されています。


photo by shutterstock

主要な遺跡は城壁内に36カ所、城壁外に90カ所あり、小さいものも含めると200以上もの遺跡があります!

城壁内の遺跡としては、スコータイ王朝寺院のワット・マハタート、3基の塔堂をもつ寺院ワット・シーサワーイ、夕日が落ちる景色が美しいワット・サー・シーなどが有名です。


photo by shutterstock

城壁外の遺跡としては、巨大な座仏があるワット・シーチュム、ワット・マハタートに次ぐ重要な寺院のワット・プラパーイ・ルアンなどが代表的。

時期によっては、城壁内の各寺院が18時から21時までライトアップされ、いつもとは違う世界遺産の景色を楽しめますよ!

スコータイSukhothai)の基本情報
住所:Sukhothai 64000 タイ
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:スワンナプーム国際空港からスコータイ空港まで約1時間15分、鉄道・バスはバンコクから約7時間
料金:施設によって異なります
公式サイト:https://www.thailandtravel.or.jp/areainfo/sukhothai/

第3位 ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯/自然遺産

バンコクから日帰りでアクセスできる国立公園


photo by shutterstock

タイの有名な自然遺産のドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯です。

ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯は、タイ中央部から東部のカンボジア国境まで広がる森林地帯。4つの国立公園と1つの野生生物保護区で構成され、2005年に世界遺産に登録されています。


photo by shutterstock

国立公園のひとつであるカオヤイ国立公園は、1962年にタイで初めての国立公園に指定されました。美しい木々や花々を眺めながら美しい自然の中を散策できるハイキングコース、さらに公園周辺にはホテルやゴルフ場もあるので、観光客に人気の観光地です。

また、唯一の野生生物保護区であるドンヤイ野生生物保護区は、人の手がほとんど加わっていない自然豊かな場所です。保護区内にはワニ、サル、トラなどの絶滅危惧種を含む150種類ほどの野生動物が生息しています。

カオヤイ国立公園Khao Yai National Park)の基本情報
住所:PO.9 PakChong Musi Pakchong Nakhon Ratchasima Thailand 30130
電話:+668 6092 6529
営業時間:8:00~17:00
休業日:なし
アクセス:バンコクから車で約2時間半
料金:大人200バーツ(約837円)、子ども100バーツ(約420円)、別途車両費もかかります
公式サイト:https://khaoyainationalpark.com/

第4位 ケーンクラチャン森林群/自然遺産

めずらしい動物がたくさん、タイ最大の国立公園


photo by Polbkt / shutterstock

続いては自然遺産のケーンクラチャン国立公園です。

ミャンマーとの国境付近にあるケーンクラチャン国立公園は、タイ最大の国立公園です!亜熱帯の広葉樹と熱帯植物が広がり、野生動物が多く生息していることから2021年7月に世界遺産に登録されました。
ケーンクラチャン国立公園には、絶滅危惧種である野生動物、トラやヒョウ、アジアゾウ、ワニ、色とりどりのチョウなどが生息しています。また、北方鳥と南方鳥の分岐点となっており、300種以上の鳥が訪れるエリアとしても有名です!

公園内にはビジターセンターがあり、拠点にすることをおすすめします。野生動物や珍しい鳥やチョウを観察しながら、トレッキングやボートツアー、キャンプなどのアクティビティも充実。いろいろな楽しみ方ができますよ。

ケーンクラチャン国立公園(Kaeng Krachan National Park )の基本情報
住所:Kaeng Krachan, Kaeng Krachan District, Phetchaburi 76170 
電話:+66 3245 9293
営業時間:8:00~18:00
休業日:祝日
アクセス:バンコクから車で約2時間半、鉄道では国鉄トンブリー駅から国鉄ペッチャブリー駅まで3時間かかり、さらに車で約1時間半
料金:大人300バーツ(約1,256円)、子ども200バーツ(約837円)、別途車両費もかかります
公式サイト:https://www.facebook.com/Kaengkrachannationalparkofficial

第5位 バンチェン遺跡/文化遺産

独自の模様が特徴的な土器が有名


photo by PixHound / shutterstock

バンチェン遺跡はタイのウドンターニー県ノーンハーン郡にある古代文明の遺跡。紀元前3000年〜2000年にさかのぼる先史時代(文献史料がない時代)の貴重な遺跡で、1992年に世界遺産に登録されました。

土器を中心に、先史時代における人々の生活のあとかたが発見されており、東南アジア独自の文明を知る重要な遺跡と言われています。しかし、文明の主である民族は現在でも不明です。

発掘された土器は、独特の渦をもった幾何学模様のものが有名!バンチェン遺跡は、バンチェン国立博物館と発掘現場を保存してある寺院のワット・ポーシーナイにあります。

バンチェン国立博物館には、土器だけでなく発掘の様子を再現したジオラマなどもあるので、タイの歴史を感じることができるでしょう。

バンチェン遺跡(Ban Chiang)の基本情報
住所:Nong Han, Udon Thani 41320
電話:+66 4223 50401
営業時間:9:00~16:00
休業日:月曜・祝日
アクセス:スワンナプーム国際空港からウドーンターニー空港へ。空港からは車で約1時間
料金:150バーツ(約628円)
公式サイト:https://x.gd/v7CLN

第6位 トゥンヤイ・ファイカケン野生生物保護区群/自然遺産

絶滅危惧種の生物がたくさんいる貴重な保護区


Altaileopard - 投稿者自身による著作物, CC0,

東南アジア最大級の野生生物保護区のトゥンヤイ・ファイカケン。その面積はなんと東京都の約2.7倍!手つかずの自然が広く残っていることが評価され、1991年にユネスコの世界自然遺産に登録されました。

バンコクに比較的近い地域にもかかわらず、絶滅危惧種の野生生物が多く存在している貴重なエリア。ヒマラヤ、中国、インドなど、さまざまな地域の生物が生息することから、野生動物の交差点としても有名です。

トゥンヤイ・ファイカケン野生生物保護区群は、原生林や動物の生息地帯を守るため、一般人の立ち入りは禁止されています。しかし、近くに観光できる国立公園があるため、この地域の大自然を楽しむことができますよ!

トゥンヤイ・ファイカケンThungyai-Huai Kha Khaeng)の基本情報
住所:Rabam, Lan Sak District, Uthai Thani 61160 / เขตรักษาพันธุ์สัตว์ป่าห้วยขาแข้ง ตู้ปณ.7 อ.ลานสัก จ.อุทัยธานี 61160
電話::+66 8572-5843
営業時間:8:30~16:30
休業日:なし
アクセス:バンコクから車で約5時間(ツアーや専用車のみ)
料金:大人200バーツ(約837円)、子ども100バーツ(約420円)
公式サイト:https://www.thainationalparks.com/huai-kha-khaeng-wildlife-sanctuary

第7位 古都シーテープ・ドヴァーラヴァディー遺跡群/文化遺産

さんいる貴重な保護区


By Ddalbiez - Own work, CC BY-SA 3.0

最後は2023年9月に登録されたばかりの文化遺産、古都シーテープ・ドヴァーラヴァディー遺跡群です。タイ北部の真ん中に位置するペッチャブーンにあります。美しい自然を心ゆくまで堪能できる観光地で小さなスイスとも呼ばれているんだとか。

そんなぺッチャブーンには1,000年以上の歴史がある古都シーテープがあります。歴史公園は総面積約4.7平方キロメートルをほこり、インナータウン(内側の町)、アウタータウン(外側の町)の2つのエリアがあります。現在観光できるのはインナータウンのみです。

タイ北部のラオスやカンボジアなどと貿易をしていたことから、大乗仏教や上座部仏教、ヒンドゥ―教など多様な宗教が残っているのが特徴です。プラーン・シーテープやカオ・クラン・ナイ、カオ・クラン・ノークなど有名な観光地は必見ですよ。

シーテープ歴史公園Sithep Historical Park)の基本情報
住所:Si Thep, Si Thep District, Phetchabun 67170 タイ
電話:+66 56 921 322
営業時間:8:30~16:30
休業日:なし
アクセス:バンコクから車で約4時間
料金:100バーツ(約420円)
公式サイト:http://virtualhistoricalpark.finearts.go.th/sithep/index.php/en/

タイの世界遺産を観光する際の注意点

photo by shutterstock

歴史や自然を肌で感じられるタイの世界遺産。人類にとって価値がある場所として認定され、次の世代へ引き継いでいくために保護されている貴重な場所です。

一生に一度は訪れてみたい場所ですが、タイの世界遺産を観光する際には注意すべき点もあります。タイの世界遺産に行く前に、事前に確認しましょう!

参拝のルールを守り、露出が高い服装は避けよう!

photo by shutterstock

寺院は神聖な場所なので、基本的な参拝のマナーを守ることは重要です。大きな声でさわがない、仏像や建造物には触れない、王室には敬意を払うなどのマナーを守りましょう。

また、短パンやミニスカート、タンクトップ、サンダルなどの露出度の高い服装は厳禁です。王宮や寺院に入場できない場合もあるので注意しましょう!

タイの市内・世界遺産ともにゴミのポイ捨ては厳禁!

photo by shutterstock

タイでは条例によりゴミのポイ捨てが禁止されています。ポイ捨てをした場合は、最高2,000バーツの罰金が課せられるので注意が必要です。

また、世界遺産である美しい自然や遺跡、野生動物を守るためにも、ゴミやタバコの吸い殻などは必ず持ち帰りましょう!

タイの世界遺産で観光を満喫しよう!

当記事では、タイの世界遺産で人気の観光地ランキングをご紹介しました。タイの歴史や文化、自然を肌で感じることができる世界遺産は、人生で一度は見る価値があります。

文化遺産のアユタヤや、自然遺産のドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯にあるカオヤイ国立公園は、バンコクからもアクセスしやすく日帰りで楽しめる世界遺産です。タイへ旅行する際は、ぜひ一度訪れてみることをおすすめします!

タイの世界遺産一覧

世界遺産名

遺産種別

登録年

古都アユタヤ

文化遺産

1991年

スコータイ歴史公園・周辺の古代都市群

文化遺産

1991年

トゥンヤイ・ファイカケン野生生物保護区群

自然遺産

1991年

バンチェンの古代遺跡

文化遺産

1992年

ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯

自然遺産

2005年

ケーンクラチャン森林群

自然遺産

2021年

古都シーテープ・ドヴァーラヴァディー遺跡群

文化遺産

2023年

※記事のレートは、2024年3月23日現在、1バーツ=約4.2円で計算しています

cover photo by shutterstock

よくある質問

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

タイの東京発のおすすめツアー

タイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる