NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】タイの1月の気温は?おすすめの服装や持ち物を解説

タイの1月は、乾季でもあり一年でもっとも快適な時期!過ごしやすいシーズンです。ただし都市によって気温や気候が異なるため、主要都市の気温や天気の傾向は事前にチェックしておくことが重要です。この記事では、タイの1月の気温とおすすめの服装などをくわしくご紹介します。ぜひタイへの旅立ちの参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部(AIサポート)

タイの1月は、乾季でもあり一年でもっとも快適な時期!過ごしやすいシーズンです。ただし都市によって気温や気候が異なるため、主要都市の気温や天気の傾向は事前にチェックしておくことが重要です。

この記事では、タイの1月の気温とおすすめの服装などをくわしくご紹介します。ぜひタイへの旅立ちの参考にしてくださいね!

Contents

タイの1月の気温と気候の概要

photo by pixabay

タイの1月は乾季で気温も低くなり、一年でもっとも過ごしやすい時期といわれています。雨がほとんど降らず、湿度も低いので比較的快適。日中の気温は30度前後まで上がりますが、寒暖の差が大きく、朝晩は20度前後まで下がります。

また都市によって気温差があるのも特徴。首都バンコクは一年中暑く、1月でも最高気温は32度前後ですが、北部のチェンマイは朝晩に冷え込み、最低気温が15度を下回る日もあります。南部のリゾート地プーケットでは、日中は30度を超えますが、海風が吹くので比較的過ごしやすくなります。

都市

平均気温

最高気温

最低気温

降水量

バンコク

27.3℃

32.6℃

22.9℃

15mm

チェンマイ

22.0℃

29.9℃

16.2℃

4mm

プーケット

27.6℃

32.0℃

23.0℃

75mm

タイのビーチリゾートでは、1月でも海水浴を楽しめます。ただしプーケットは少雨とはいえ雨が降ることもあるので、天気予報をこまめにチェックしましょう。

\NEWTでおトクなタイ旅行をチェック/

タイの1月の気温・気候・服装を都市別に紹介!

photo by Unsplash

タイは地域によって天気の傾向が大きく異なる国。バンコク、チェンマイ、プーケットなど、タイの主要都市それぞれの気候の特徴やおすすめの服装をお伝えします。タイ旅行の準備に役立ててくださいね!

バンコクの1月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

1月のバンコクは乾季の真っ只中で、1年で最も過ごしやすい時期。日中の平均気温は30度以上まで上がりますが、湿度が低いので比較的快適に過ごせます。ただし朝晩は少し肌寒く感じることもあるので、薄手の羽織るものがあると安心です。

服装は半袖や半ズボンで十分ですが、ショッピングモールなどの施設内は冷房が強めなので、カーディガンやストールを持参するのがおすすめ。また日差しが強いので帽子やサングラス、日傘などの紫外線対策グッズも忘れずに。歩き回る機会が多いので、歩きやすい靴を選ぶのも大切ですよ。

都市名

平均気温

最高気温

最低気温

降水量

バンコク

27.3℃

32.6℃

22.9℃

15mm

チェンマイの1月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

チェンマイの1月は乾季で過ごしやすい時期ですが、バンコクと比べると少し肌寒く感じる日もあります。日中の最高気温は30度前後まで上がりますが、朝晩は15度前後まで下がることも。寒暖の差が大きいのが特徴です。

日中は半袖でも問題ありませんが、朝晩は長袖シャツやパーカーなどの羽織るものが必要不可欠。山間部に行く予定があるなら、防寒着の用意も忘れないでください。また乾燥しているので肌や喉の乾燥対策として保湿クリームやのど飴などを持参しておくと便利ですよ。

都市名

平均気温

最高気温

最低気温

降水量

チェンマイ

22.0℃

29.9℃

16.2℃

4mm

プーケットの1月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

プーケットの1月は乾季ですが、乾季の中では比較的雨が多い時期。とはいえ日中の平均気温は30度以上と高く、半袖で十分に過ごせます。海水浴を楽しむなら、水着と日焼け止めは必須。ビーチサンダルもあると重宝します。

スコールに備えて折りたたみ傘やレインコートなどの雨具もあると安心。ホテルやショッピングモール内は冷房が効いているので、羽織るものを持参しておくのがおすすめです。昼夜の寒暖差にも注意して、快適なプーケット旅行を楽しんでくださいね。

都市名

平均気温

最高気温

最低気温

降水量

プーケット

27.6℃

32.0℃

23.0℃

75mm

タイ旅行の服装と持ち物の注意点

photo by Unsplash

1月のタイ旅行は過ごしやすい時期ですが、都市によって気温差があるので、服装選びには注意が必要です。また現地の習慣などにも配慮しましょう。ここからは、タイ旅行を快適に過ごすための服装と持ち物の注意点を見ていきます。

冷房対策を忘れずに

タイは1年中暑いイメージがありますが、ショッピングモールやレストラン、バスなどの室内は冷房が強く効いています。外との温度差で体調を崩すことがあるので、上着など羽織るものを持参しましょう。薄手のストールやカーディガンがあると便利です。

寺院の服装は肌の露出に注意

タイでは仏教が盛んで、寺院の見学は観光の定番コースです。寺院内は肌の露出は控えめにする必要があります。女性は肩と膝が隠れる服装が望ましいとされています。男性も半ズボンは避けましょう。その場で借りられる場合もあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

1月のタイは日中と朝晩の気温差が大きい

タイの1月は乾季で過ごしやすい時期ですが、日中と朝晩の気温差が大きいのが特徴です。日中は30度前後まで気温が上がりますが、朝晩は20度前後まで下がることも。

とくに北部のチェンマイなどは、最低気温が15度を下回る日もあるので要注意です。旅行の際は、羽織るものを持参して寒暖の差に備えましょう。薄手のパーカーやカーディガンなどがおすすめです。

南部リゾートは他の月より雨が多い

タイ南部のビーチリゾートは、1月でも海水浴を十分楽しめる気温です。ただし乾季とはいえ他の月と比べると、1月は比較的雨が多い時期。

とくにプーケットは、12月の平均25ミリから1月は平均75ミリに増加します。スコールのような短時間の強い雨に見舞われることもあるので、折りたたみ傘やレインコートを忘れずに。

とはいえ晴れ間も多いので、天気予報をこまめにチェックしながら行動計画を立てるのがおすすめです。

春節(旧正月)は中国人観光客で混雑

1月下旬から2月上旬は中国の春節(旧正月)の時期で、多くの中国人観光客がタイを訪れます。人気観光スポットは大変混雑するので、長蛇の列覚悟で臨む必要があります。

特にバンコクの王宮やアユタヤ遺跡、チェンマイのドイステープ寺院などは要注意。ホテルや航空券の料金も高騰するので、できれば春節は避けたほうが賢明です。1月下旬を過ぎるようなら、春節明けの2月中旬以降がねらい目ですよ。

1月のタイを快適に楽しもう!

タイの1月は乾季で過ごしやすい時期ですが、都市によって気温差があります。バンコクは暑く、チェンマイは朝晩冷え込むので、それぞれに合わせた服装選びが大切。

また室内の冷房対策や、寺院の服装、虫除け対策など、現地の習慣にも配慮しましょう。事前の準備を万全にして、快適なタイ旅行を楽しんでくださいね!

cover photo by Unsplash

※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

タイの東京発のおすすめツアー

タイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる