NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】タイ・バンコクと日本の時差は?日本からタイまでの飛行時間も解説

タイは、アジアの中でも人気の旅行先としても知られており、日本との時差は2時間!バンコクやチェンマイ、プーケットなどのタイ国内では、時差がないのが特徴です。今回は、そんなタイとの時差やサマータイムの有無、日本からタイまでの飛行時間などを詳しく解説します!

ライター
NEWT編集部

タイは、アジアの中でも人気の旅行先として知られています。そんなタイと日本との時差は2時間です!大きな時差がないのはうれしいポイントですね。バンコクやチェンマイ、プーケットなどのタイ国内でも時差がないのが特徴です。本記事では、タイとの時差やサマータイムの有無、日本からタイまでの飛行時間などを詳しく解説します。タイ旅行を考えている方は参考にしてくださいね。

Contents

日本とタイの時差は2時間!


photo by unsplash

日本とタイの時差は2時間。日本の方が2時間、タイよりも進んでいます。たとえば、タイの時間が昼の12時とすると、日本の時間は午後14時です。日本時間からマイナス2時間するとタイの時刻が出てくると覚えておきましょう。時差を覚えておくと日本からのフライトでタイに到着して飛行機の時刻を確認するときなどに便利ですよ。

日本とタイの時差ボケの心配は?


photo by shutterstock

海外旅行での心配事のひとつに、時差ボケがあります。通常4~5時間ほどの時差があるときに眠気や体調不良を感じることがありますが、タイと日本の時差は2時間なので時差ボケになる可能性は低め。タイに到着したらすぐに観光をスタートできますよ!

時差ボケが心配な方は、旅行前から調整するのがおすすめです。日本でタイの時間を意識して過ごすと、時差ボケになりにくいですよ。またフライト中は身体を疲れさせないように気心地の良い服装にして、ゆっくり過ごしましょう。

日本標準時(JST)を基準にすると?サマータイムはある?



日本には、Japan Standard Time(JST)という日本標準時が設定されています。JSTを基準にすると、タイの標準時は「−2」となります。

世界標準で使用しているUTCでは、タイの協定世界時は「UTC+7」、日本は「UTC+9」と表します。世界の標準時刻からすると、タイは7時間進んでいて日本は9時間進んでいると表現されます。

ちなみに、欧米の国々で導入されているサマータイムは、タイでは実施されていません。そのため時期を問わず1年中日本とタイの時差は2時間です。

タイ国内の時差はある?


photo by shutterstock

タイには首都バンコクや北部のチェンマイ、南部のプーケットなど人気の都市がたくさんありますが、タイ国内の時差はありません。なので国内移動の際は時差を気にせずに移動できるのもポイントです。

日本からタイまでの飛行時間は?



日本国内からタイまでは、バンコクへの直行便が多数出ており、バンコクにはスワンナプーム国際空港とドンムアン空港の2つの空港があります。航空会社や時間帯によって使用する空港が異なるので、事前にチェックしておきましょう!

各空港からの飛行時間をまとめるので、タイへの旅行を計画するときの参考にしてくださいね。

※2023年9月12日現在の情報です、スケジュールは変更になる可能性があるため必ず公式サイトをご確認ください

スワンナプーム国際空港の発着便(直行便)


photo by shutterstock

まずはスワンナプーム国際空港から!日本から就航している航空会社は、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、タイ国際航空、ZIPAIR、エアアジアなど。そのほかにも世界各国から多くの航空会社のフライトが乗り入れている大きな空港です。飛行時間は5時間10分~7時間と行きは長く、帰りは短くなっています。

日本からタイ・バンコクへ

  • 東京(成田国際空港)からは6時間30分~45分
  • 東京(東京国際空港・羽田空港)からは6時間15分~30分
  • 大阪(関西国際空港)からは5時間45分~6時間5分
  • 名古屋(中部国際空港)からは6時間
  • 福岡(福岡空港)からは5時間20分~40分
  • 札幌(新千歳空港)からは7時間

タイ・バンコクから日本へ

  • 東京(成田国際空港)までは6時間10分~25分
  • 東京(東京国際空港・羽田空港)までは6時間10分~25分
  • 大阪(関西国際空港)までは5時間30分~6時間5分
  • 名古屋(中部国際空港)までは5時間55分
  • 福岡(福岡空港)までは5時間10分~25分
  • 札幌(新千歳空港)までは6時間45分

ドンムアン国際空港の発着便(直行便)


photo by Nuk2013 / Shutterstock

続いてはドンムアン空港。​​スワンナプーム空港よりも規模が小さく、国内線やLCCが中心に発着します。2023年9月12日現在は、直行便だと福岡のみの就航しかありません。行きも帰りもほとんど時間は変わらないのが特徴です。

日本からタイ・バンコクへ

  • 福岡(福岡空港)からは5時間50分

タイ・バンコクから日本へ

  • 福岡(福岡空港)までは5時間40分

タイの空港についてはこちらの記事をチェック!

【2023年最新】タイの飛行機・航空券を解説!時間や安い時期、格安で購入するコツは?

タイとの時差や飛行時間をチェックしてスムーズな旅行を!

本記事では、タイと日本との時差やサマータイムの有無、日本の各空港からタイまでの飛行時間などをまとめました。時差や飛行時間をあらかじめ把握しておくことで、タイの旅行計画もスムーズに立てられるでしょう。

ぜひ参考にして、時間いっぱいタイ旅行を楽しんでくださいね。

cover photo by shutterstock

よくある質問

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

タイの東京発のおすすめツアー

タイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる