NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

タオ島はダイビングにおすすめの離島!行き方やベストシーズンを解説

タイ南部に位置するタオ島はダイバーに有名な透明度の高い海が魅力的なリゾートアイランド! 本記事では、タオ島の見どころや楽しみ方、アクセス方法をそれぞれ解説しています。

ライター
NEWT編集部

タイ南部に位置するタオ島はダイバーに有名な透明度の高い海が魅力的なリゾートアイランド!バンコクからアクセスもしやすく、きれいな海で泳ぎたい人におすすめの島です。

この記事では、タオ島の見どころや楽しみ方、アクセス方法をそれぞれ解説しています。タオ島へ行く前に本記事を読んで、楽しいひとときを過ごしてください!

Contents

タオ島の基本情報

photo by Unsplash

タオ島はタイの南部に浮かぶ、南北に約7キロ、東西に3キロの小さな島です。海は透明度が高く、ジンベエザメなどと泳げることからダイバーに人気のスポット!まずは、タオ島の歴史や特徴について解説します。

タオ島とは?

photo by Unsplash

タオ島はタイで有数のダイブスポットが多数ある海がきれいなリゾートアイランド。小さな島で、空港はないため上陸するにはサムイ島からフェリーに乗ってアクセスする必要があります。

また、ビーチから眺めるサンセットも有名で、夕暮れに染まる景色はまさに絶景!自然を楽しみたい人におすすめな魅力ある島がタオ島です!

タオ島の特徴

photo by Unsplash 

タオ島は、マレー半島とインドシナ半島に囲まれたシャム湾と呼ばれる場所に位置しています。この島の周りの海は平均水深が45メートルで、海流も穏やかです。南国の気候により、水温は平均して29℃ほど。一年中海を楽しむには最適な島です。

タオ島の歴史

photo by Unsplash

昔はタイの政治犯罪者の拘置所として使われていたタオ島。美しい自然が魅力となり、現在ではリゾート島として世界中から旅行者が集まるようになりました。サムイ島からフェリーで2時間ほどでアクセスできるため、日帰りでタオ島観光もできます。

\NEWTでおトクなタイ旅行をチェック!/

人気のタイツアーで在庫に限りがあるため、ご予約はお早めに!

タオ島観光の見どころ

photo by Unsplash

タオ島は美しいビーチとダイビングで知られている小さな島です。そのため、大自然を満喫したい人にとっては、魅力的な場所といえるでしょう。

ここからは、タオ島でぜひ訪れてみてほしい見どころをまとめました。タオ島についてもっとくわしく知りたい人はぜひチェックしてみてくださいね!

ジンベエザメに出会える!魅惑のダイビングスポット

photo by Unsplash ※画像はイメージです

タオ島は多くのダイビングスポットがあり、ダイバーに人気の島として知られています。特に、ジンベエザメが頻繁に見られるエリアとして有名です。ジンベエザメ以外にも、熱帯魚やウミガメなども観察できますよ。

日本人向けのダイビングショップもあり、言葉の心配がある人も安心です。タオ島の透明な海で、ジンベエザメと一緒に大海の魅力を感じてみましょう!

タオ島すぐ近くのナン・ユアン島でシュノーケリング

photo by Unsplash

タオ島から500メートルほど離れたところに位置するナン・ユアン島もぜひ訪れてほしいスポットの一つです。3つの小さな島から成り立ち、島々は白砂のビーチでつながっているため移動も簡単。

ナン・ユアン島はダイビングやシュノーケリングを楽しめるほか、自然あふれる絶景を楽しめるのもポイント!

タオ島からナン・ユアン島まではボートで約20分ほどでアクセスでき、入島料は250バーツ(約1,038円)かかります。ナン・ユアン島ではフィンをつけての遊泳は禁止されているため、きれいな海を守るためにもルールを守ってアクティビティを楽しみましょう。

サイリービーチでゆったり夕日鑑賞

photo by Unsplash

タオ島を訪れたらサイリービーチでサンセットを楽しむのはいかがでしょうか?

サイリービーチは遠浅の海と長い砂浜が特徴のビーチです。ビーチから眺める赤く染まる夕日は素敵な旅行の思い出になるでしょう。近くにはたくさんのレストランがあるため、夕日を眺めながらディナーも楽しめますよ!

ジョーンスワンビューポイントでタオ島の絶景を楽しむ!

photo by Unsplash

タオ島は美しい海でのダイビングやシュノーケリングだけでなく、自然豊かな景色を堪能できるジョンスワンビューポイント(John-Suwan Viewpoint)もおすすめです。ジョンスワンビューポイントにたどり着くまでの道のりは山道を登るため、少し苦労するかもしれません。

しかし、ここからの景色は美しく、感動もひとしおです。時間帯によって昼間には青い海が見られたり、夕方には夕焼けによって空全体が赤く染まったり、カラフルな色に変化していく風景が見どころ!

展望台は人工的に作られたものではなく、自然が創り出したものです。岩場に腰をおろして、美しい風景を眺めながら写真を撮ってみましょう!

タオ島観光に最適なシーズンは?

photo by Unsplash

タオ島は南国の穏やかな気候で一年中快適に過ごせますが、雨季の時期もあります。

ここからはタオ島のベストシーズンについて解説していきます。おすすめのシーズンを理解した上で、旅行の計画を立ててみてくださいね。

ベストシーズンは快適に過ごせる3月〜10月

photo by pixabay

タオ島のベストシーズンは3月〜10月で、長く快適に過ごせるのが特徴です。平均気温は28℃〜31℃ほどで、海風も気持ちが良く、夜でも快適に過ごせるでしょう。

服装は日本の夏と同様にTシャツやハーフパンツ、女性であれば薄手のワンピースなどがおすすめです。

ただし、日差しは強いため、帽子や日焼け止めは日本で事前に用意しておくといいでしょう。特に海外製の日焼け止めは日本人の肌に合わない場合もあるため、日本製を購入しておいたほうが安心ですよ!

10月中旬〜1月までは雨季でオフシーズン

photo by Unsplash

10月中旬〜1月までは雨季にあたり、海の透明度もやや下がります。ダイビングやシュノーケル目的ではなく、タオ島内の観光やリゾートホテルでゆっくりするのが目的であれば、10月中旬〜1月に訪れるのもいいでしょう。

タオ島はタイリゾートの穴場スポットでもあるので、それほど混雑してません。そのため、どの時期でも快適に過ごせますよ。

ダイビングは一年中楽しめる!

photo by Unsplash ※画像はイメージです

前述したように、雨季になると透明度がやや落ちますが、タオ島は一年中ダイビングが楽しめるのが魅力です。

雨季でもジンベエザメに遭遇できるため、ダイビングを目的とするならいつでも訪れることができます。大自然を堪能できるタオ島の海を思いきり楽しんでみてくださいね!

タオ島へのアクセス・行き方

photo by Unsplash

タオ島は小さな島で空港がないため、バンコクからアクセスする場合はサムイ島を経由する必要があります

ここからは、タオ島へのアクセス方法を3つ紹介します。予算や時間に合わせて選んでみてくださいね。

バンコクからの最も一般的な移動は飛行機+フェリー

photo by pixabay

もっともアクセスしやすく最短ルートは飛行機とフェリーを利用することです。バンコクから国内線で約1時間半、まずはサムイ空港へ向かいましょう。

サムイ空港はサムイ島にある小さな空港で、タイ南部のリゾート地の拠点ともいえる場所です。サムイ空港へ到着したら、プララーンビア(Pralarn Pier)へ移動し、タオ島行きのフェリーに乗船します。

フェリーは所要時間は約2時間で、料金は600バーツ〜850バーツ(約2,492円〜約3,531円)ほどです。

費用を節約するならバス+フェリー

photo by Unsplash ※画像はイメージです

なるべく予算を抑えてタオ島を楽しみたい人は、長距離バスとフェリーを利用しましょう。

所要時間は約15時間〜約17時間ほどで、バスはバンコク南バスターミナルから出発します。サムイ島に着いたら、飛行機ルートと同様にフェリーに乗船します。

料金も約1,212バーツ(約5,035円)と安くアクセスできる点がメリットですが、長距離バス移動は体力が必要です。そのため、日程に余裕がある人や、体力に自信があるバックパッカーにおすすめです。

旅の移動も楽しみたい人は鉄道+フェリー

photo by Unsplash 

タイの寝台列車に興味があるなら鉄道+フェリー移動もおすすめです。バンコクの長距離路線の出発地、クルンテープ・アピワット中央ターミナル駅からスラターニー駅まで向かいます。

所要時間は約18時間と長いですが、寝台列車を選べば楽しい夜行列車旅を楽しめるでしょう。料金は列車の車種や座席タイプにより異なりますが、二等寝台(エアコンあり)で1,014バーツ(約4,201円)です。

スラターニー駅からさらにバスやタクシーで港に移動し、フェリーにも乗船する必要があるため、時間に余裕がありつつ、旅慣れた人におすすめの移動方法です。

タオ島観光における注意点

photo by Unsplash 

タオ島は治安が悪い場所ではありませんが、トラブルに巻き込まれないためにも注意して観光する必要があります。

ここからは、タオ島で注意すべき点を3つ紹介します。

長時間の移動を前提に予定を立てる

photo by pixabay

日本からタオ島へ向かう場合、2日間ほど移動時間がかかります。そのため、タオ島へ向かうためには事前にしっかり準備をしておきましょう。

特に遅延や欠航などの不測の事態でも対応できるように余裕をもった日程でスケジュールを組むことをおすすめします。

繁忙期に行くなら事前予約を早めに完了する

photo by Unsplash

タオ島のベストシーズンに旅行するのであれば、早めに予約をしておくのがおすすめです。航空券だけでなく、サムイ島からタオ島への唯一のアクセス手段であるフェリーも事前予約がおすすめです。

当日完売で乗れなかったという事態を避けるためにも、旅行を計画したら早めに準備を始めて、タオ島を思いっきり楽しみましょう。

ダイビング後はすぐに飛行機に乗らない

photo by pixabay

タオ島でダイビングを楽しんだあとは、すぐに飛行機に乗らないようにしましょう。ダイビング後にすぐに飛行機に乗ると、身体が急に減圧され、減圧症を発症する可能性があるためです。

防止策として、最低でも18時間以上は時間をあけて飛行機へ乗りましょう。なお、車での高所移動にも注意が必要で、減圧症にかかるリスクがあります。

ダイビングを楽しんだあとは1日休息日をもうけてから、飛行機に乗るようにしましょう。

\NEWTでおトクなタイ旅行をチェック!/

タオ島でダイビングやきれいな海を満喫しよう!

この記事では、タオ島の観光に関する見どころや歴史、アクセスなどをご紹介しました。ダイビングや自然豊かな島として有名なタオ島はタイリゾートの穴場スポットともいえる場所です。

海でのアクティビティだけでなく、ゆったりとした時間を楽しみたい人にもおすすめのスポットです。紹介した情報を参考に、ぜひタオ島を楽しんでみてくださいね!

タオ島(Ko Tao)の基本情報

住所

Ko Tao, スラータニー タイ

電話

-

営業時間

24時間

休業日

なし

アクセス

サムイ島から船で約2時間

料金

※入島料がかかります

公式サイト

https://www.thailandtravel.or.jp/areainfo/tao/

※記事内の金額は2024年1月23日のレート、1バーツ=4.14円で計算しています。
cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

タイの東京発のおすすめツアー

タイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる