NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】タイの2月の気温は?おすすめの服装や持ち物を解説

タイの2月は過ごしやすい乾季。気温は温暖で旅行に最適です。特にビーチリゾートの楽園、チェンマイやプーケットがおすすめ。ただし朝晩はちょっぴり肌寒いので、薄手の羽織ものは必須ですね。日焼け対策も忘れずに!この記事では、服装や持ち物のコツを詳しく解説します。

ライター
NEWT編集部(AIサポート)

タイの2月は過ごしやすい乾季。気温は温暖で旅行に最適です。特にビーチリゾートの楽園、チェンマイやプーケットがおすすめ。ただし朝晩はちょっぴり肌寒いので、薄手の羽織ものは必須ですね。日焼け対策も忘れずに!

この記事では、服装や持ち物のコツを詳しく解説します。

Contents

タイの2月の気温は?

photo by pixabay

タイの2月は、一年の中で最も過ごしやすい時期!乾季にあたり、気温は穏やかで、雨も少ないんです。バンコクやチェンマイ、プーケットなど、タイの主要都市も例外ではありません。日中は暑くなることもありますが、朝晩はひんやりとすることが多いですね。

都市名

平均気温

最高気温

最低気温

降水量

バンコク

28.6℃

33.7℃

24.8℃

18mm

チェンマイ

24.4℃

32.6℃

16.2℃

10mm

プーケット

29.3℃

33.6℃

24.9℃

42.2mm

クラビ

27.0℃

32.0℃

25.0℃

40mm

サムイ島

27.3℃

29.0℃

24.0℃

50mm

海水浴もバッチリ楽しめます。特にプーケットやクラビ、サムイ島などのリゾート地は、海がとても綺麗です。ただし、日差しが強いので、しっかりと日焼け対策をしてくださいね。帽子やサングラス、日焼け止めは必須です!

\NEWTでおトクなタイ旅行をチェック/

タイの2月の気温・気候・服装を都市別に紹介!

photo by pixabay

タイの2月は、心地よい気候が魅力。バンコク、チェンマイ、プーケットといった各都市の平均気温や最高気温、最低気温、そして降水量をまとめます。

さらにこの季節にぴったりの服装や、気候の特徴について解説します。タイ旅行の際の持ち物選びに役立ててくださいね。

バンコクの2月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

2月のバンコクは日中の最高気温が33℃を超えることもあります。それでも、朝晩は25℃前後と少し涼しいですよ。半袖のTシャツやショートパンツがベースでOKですね。ただ、冷房が効いた場所では羽織るものがあると安心です。日差しがとても強いので、帽子や日傘、サングラスは忘れずに!

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

バンコク

28.6℃

33.7℃

24.8℃

18mm

チェンマイの2月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

チェンマイはバンコクより涼しいエリア。2月は日中30℃を超えることもありますが、朝晩は20℃を下回ることも。昼間は半袖でOKですが、夜は長袖の羽織ものが必要かもしれませんね。チェンマイは乾燥しているので、保湿力の高いスキンケアアイテムも必須ですよ!

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

チェンマイ

24.4℃

32.6℃

16.2℃

10mm

プーケットの2月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

プーケットの2月は気温が30℃を超える日が多くあります。湿度も高いので、軽い夏服で大丈夫!ただし強い日差しには注意が必要です。帽子やサングラスを忘れずに。もちろん海水浴には水着も必要ですね。

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

プーケット

28.1℃

32.6℃

24.9℃

42.2mm

クラビの2月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

クラビもプーケット同様に、日中は30℃前後の気温です。ハーフパンツとTシャツで快適に過ごせます。雨の可能性は高くありませんが、折りたたみ傘があると安心かもしれません。日差し対策も忘れずに、楽しいビーチの時間を過ごしてくださいね!

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

クラビ

27.3℃

32.0℃

25.0℃

40mm

サムイ島の2月の気温とおすすめの服装・持ち物は?

サムイ島の2月はちょっと肌寒く感じる日もあります。日中は半袖で過ごせますが、夜は薄手の羽織ものがあるといいかもしれません。湿度が高いので、通気性の良い服がおすすめですよ。

都市名

月平均気温

月最高気温

月最低気温

降水量

サムイ島

27.0℃

29.0℃

24.0℃

50mm

2月のタイ旅行についての注意点

photo by pixabay

2月のタイは乾季の最中で、気温は快適な範囲なので、とくに観光に適した気候です!ここからは、2月のタイ旅行で気をつけるべき注意点を、いくつかのポイントで詳しく解説します。服装や持ち物、気候に合わせた行動のコツなど、役立つ情報をお届けしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

朝晩の冷え込みに備える!

タイの2月は日中は暑くても、朝晩は意外と冷えます。特にチェンマイのような山間部では、温度差が大きいので要注意。長袖のカーディガンや薄手のパーカーを持って行くと安心です。夜の外出時もちょっとした羽織ものがあると寒さ対策になりますね。

日差し対策はしっかりと!

2月のタイは、日差しが非常に強くなります。帽子やサングラスは絶対に欠かせませんよ。さらに、UVカット効果のある日焼け止めも忘れずに塗りましょう。ビーチリゾートを訪れる際は、日焼け防止用のラッシュガードもおすすめです。

虫よけ対策を忘れずに!

タイは熱帯気候なので、蚊を含む虫が多くなります。虫よけスプレーや虫除けリングは必需品です。特に森やジャングルに近い地域では、デング熱などのリスクも。アクティブな活動をする予定があるなら、長袖、長ズボンで肌の露出を控えましょう。

まとめ

タイの2月は乾季で過ごしやすい気候ですが、都市や地域によって気温差があるのが特徴です。日中は半袖で過ごせますが、朝晩は羽織ものが必要な場所もあります。

また非常に日差しが強いので、帽子や日傘、サングラスなどの紫外線対策グッズは必須。虫よけ対策も忘れずにしてください。暑さ対策をしっかりして、タイの自然や文化、グルメを思う存分楽しんでくださいね!

cover photo by pixabay

※本記事は情報整理、ライティング補助、誤字チェックなどでAIを活用しています。構成と最終的な確認はNEWT編集部が行っています🙋

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

タイの東京発のおすすめツアー

タイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる