NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】タイ旅行の費用・予算を解説!おすすめの安い時期&格安ツアーも紹介

3泊4日と2泊3日、1週間のタイ旅行でかかる費用と予算を紹介します!タイに約15年間住んでいた筆者が少しでも旅費を安くするためのおすすめの安い時期や節約方法、格安ツアーも紹介しているので、タイ旅行を考えている方は参考にしてみてくださいね!

ライター
NEWT編集部

タイは歴史的な寺院や美しい海、おいしいグルメなど見どころがいっぱい!今回はタイに約15年間住んでいた私が2泊3日と3泊4日、1週間のタイ旅行でかかる費用と予算を紹介します!少しでも旅費を安くするためのおすすめ節約方法や安い時期、格安ツアーも紹介しているので、タイ旅行を考えている方は参考にしてみてくださいね。

Contents

タイ旅行でかかる費用を解説!

タイ 2泊3日
photo by shutterstock

タイは日本よりも物価が安くて、観光地やグルメなど魅力がいっぱい!本記事ではタイに約15年間住んでいた筆者がタイ旅行でかかる費用を解説します。2泊3日と3泊4日、1週間などの滞在日別や安くなる時期や節約方法、格安ツアーも紹介しているので、タイ旅行を考えている方は参考にしてくださいね。

まずはタイ旅行でかかる費用をご紹介。

  • 飛行機代
  • ホテル代
  • インターネット、WiーFi代
  • 海外保険代
  • 食費
  • 交通費
  • 観光やオプショナルツアー費用
  • お土産代

タイ旅行では寺院からリゾート観光まで幅広い楽しみ方があるので、旅行の目的に合わせて予算を組むのをおすすめします。5万円ほどの金額を用意しておくと、お金を気にせずにしたいことが楽しめるでしょう!タイではクレジットカードが利用できない所がほとんどなので、両替することを忘れないようにしてくださいね。

タイの物価は日本の3分の2程度といわれています。物価の例でいうと、高架鉄道(BTS)やMRT(地下鉄)は1区間約80円、ミネラルウォーターのペットボトルは約60円。食事は屋台でガパオ1皿約120円。スーパーやコンビニも上手く活用しながら、タイ旅行を存分に楽しみましょう!

\NEWTでおトクなタイ旅行をチェック!/

人気のタイツアーで在庫に限りがあるため、ご予約はお早めに!

タイ旅行の航空券費用


photo by Unsplash

費用の目安:4万円~10万円(エコノミークラス往復1名)

タイ行きの航空券代は、時期や航空会社によって異なります。LCC(格安航空会社)、日系航空会社など、航空会社によっても費用は変わるので、ご自身の目的や予算に合わせて選んでみてくださいね。日本からバンコクまでは、タイ・エアアジアXやジップエア、ピーチなどのLCC(格安航空会社)の運航が多いので、費用を節約したい方はチェックしてみましょう。

ただ、LCCには追加の荷物受託費用や機内食費用がかかる場合があるので、フルサービスを重視するなら、JAL(日本航空)やANA(全日空)、タイ国際航空を使うのがおすすめです!

・航空券の費用(東京発 往復1名分)
オフシーズンにLCC(格安航空会社)を利用:4万円~6万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):6万円~15万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

航空券代は時期によって変動し、さらにGWやお盆などの大型連休、夏休み、年末年始には料金が高騰しやすいです。直前には20万円以上になることもあるので、ハイシーズンにタイ旅行を計画する方は、早めに予約をするのがいいでしょう。

\NEWTでおトクなタイ旅行をチェック!/

人気のタイツアーで在庫に限りがあるため、ご予約はお早めに!

タイ旅行のホテル代


photo by Unsplash

費用の目安:5,000円~5万円(1泊1部屋あたり)

バンコクには5つ星の高級ホテルがたくさんありますが、日本の高級ホテルに比べるとかなり安く宿泊できるのが特徴です。プールやルーフトップバーが付いているホテルも多く、1泊2万円ほどの予算でラグジュアリーな滞在が叶うでしょう。部屋代なので2人で泊まれば1人1万円になるのもうれしいポイント。また、駅近くやプール付き、キッチン付きなど、条件に合わせて選びやすいのも特徴です。

1泊3,000円くらいの格安ホテルもありますが、セキュリティー対策がされていない、クーラーがないことがあるので宿泊する際はご注意ください。

バンコクのホテル費用(1泊1部屋あたり)
・スタンダードクラス(3つ星以下):5,000円~1万円
・スーペリアクラス(4~5つ星):1万5,000円~3万円
・デラックスクラス(5つ星):3万円~

\NEWTでおトクなタイのホテルをチェック!/

タイ旅行中のインターネット・Wi-Fi代

ハワイ Wi-Fi
photo by shutterstock

費用の目安:1,000円~3,000円前後(4日間)

旅行中にあるとうれしいのが、インターネット環境。海外でインターネットを使うには、現地のSIMを購入、Wi-Fiをレンタル、日本の携帯会社の海外パケットプランを使うといった方法があります。

スマートフォンがSIMフリー(SIMロックがかかっていないスマートフォン)の場合はSIMを購入するのがおすすめ。4日で約1,000円と最も安い方法となっています。ただしSIMフリーの確認やSIMの交換をしないといけません。

SIM以外だと、持ち歩きタイプのWi-Fiルーターがおすすめ!日本の空港で受けとり、旅行後に空港で返すだけの便利なレンタルサービスもあります。価格は4日間で3,000円~5,000円です。プランによってデータ容量や受けとり・返却方法が異なるので、事前に確認しましょう。

タイ旅行の海外旅行保険費用

海外旅行 保険
photo by shutterstock

費用の目安:1,000円(3泊4日)~

旅行先での怪我(けが)や病気、盗難など、もしもに備えて、旅行保険に入っておくと安心です。保険料は3泊4日の旅行日数で1,000円から2,500円ほどが相場。旅行会社のツアー申し込みと同じタイミングでの加入や、インターネット・空港の窓口での加入ができます。

クレジットカード付帯の海外保険もありますが、治療費の上限があったり、旅行費用の一部を該当のクレジットカードで支払わないと適用されないなどの条件付きの場合もあるので注意が必要です。不安をしっかりとカバーしてくれる保証内容か、事前にチェックしておきましょう。

タイ旅行の食事費用


photo by shutterstock

費用の目安:1日あたり約3,000円~

タイは日本よりも物価が安いので、屋台でのグルメ中心に食事を楽しめば、食事費用はかなり安くなります。タイで有名なカオマンガイやトムヤムクンなどは屋台であれば200円前後で楽しめることも。お店で食べることに抵抗がある方はテイクアウトがおすすめです。食べ歩きできるグルメも多いのでぜひチャレンジにしてみてくださいね。

一方で、ホテルのレストランやルーフトップバーでの食事は日本と同じ価格帯です。1回の食事で3,000円から5,000円ほどを予算としておくと安心です。また、レストランでは食事代の10%のサービス料やチップもかかります。チップは食事の10%が目安です。

タイ旅行中の交通費


photo by Unsplash

費用の目安:1日あたり約2,000円~

交通費はタイ旅行の過ごし方によって変わってきますが、同じ都市に滞在する場合は1日あたり約2,000円用意しておけば安心です。タイ・バンコクでは、おもに高架鉄道(BTS)、地下鉄(MRT)、エアポート(ARL)の3種類の電車、バス、ボート、トゥクトゥク、タクシーが交通機関として挙げられます。

・電車
BTSやMRTは1区間約80円と安く移動できます。BTSの1日乗車券は140バーツ(約560円)で販売されていますよ。BTSがあるスクンビット通りは夕方頃になると車が非常に混雑するため、電車移動がおすすめです。

・バス
赤色でクーラーなしの公営バス・一律8バーツ(約32円)と、黄色やピンクでクーラーありの市営バス・13バーツ~25バーツ(約52円~100円)があります。バスは電車のように区間で支払うのではなく、一律料金です。日本のように乗車した時に払うのではなく、動き出してからスタッフさんがまわってくるのでお金を支払うようにしましょう。100バーツなどの紙幣はおつりがない場合もあるので細かいお金をもっておくと安心です。

・ボート
チャオプラヤー川などの川移動はボートを利用しましょう。乗り方やお金の払い方はバスと同じです。ボートの端っこに座ると汚い川の水しぶきを浴びやすいので、真ん中あたりがおすすめです。

・タクシーやトゥクトゥク
観光地が各所にあるバンコクは、タクシーを使うのもおすすめです。タイのタクシーの初乗り料金は35バーツ(約130円)ととても安いのが魅力。約2,000円あれば目的地に楽々移動できるでしょう。タイらしい雰囲気を感じるなら、トゥクトゥクに乗ってみるのもおすすめ。ドライバーに交渉が必要ですが、約500円あれば移動できますよ。

タイ旅行の観光・オプショナルツアー費用

タイ 観光地
photo by shutterstock

費用の目安:1日あたり約3,000円~

タイ、とくにバンコクでは寺院巡りが観光のハイライトになります。とくに有名なバンコク3大寺院の入場料は、以下の通りです。

  • ワット・プラケオ:500バーツ(約2,000円)
  • ワット・アルン:100バーツ(約400円)
  • ワット・ポー:200バーツ(約800円)

そのほかの寺院も100バーツ前後が相場となります。

さらにプーケットやパタヤなどのリゾート地に行く場合は、マリンアクティビティを楽しむこともあるでしょう。マリンスポーツやオプショナルツアーは約5,000円前後から参加できますよ。リゾート地のアクティビティはぼったくりが多いのでご注意ください。

タイ 古式マッサージ
photo by shutterstock

さらに、タイ旅行にきたら体験したいのが本場のマッサージ!タイ古式マッサージは1時間200バーツ~(約800円)ほど。高級ホテルで受ける場合は5倍以上の価格になりますが、ローカルなお店だと安く施術を受けられます!最後に担当してくれた方への100バーツ(約400円)前後のチップも忘れないでくださいね。

タイ旅行のお土産費用

タイ お土産
photo by shutterstock

費用の目安:約1万円~

タイ旅行のお土産費用は何を買うか、どれだけの人に渡すかなどにより費用の予算は異なります。1万円という人もいれば5万円ほどという方もいますよね。そのため、あらかじめほしいものをリストアップしておいたうえで、旅行前に予算を決めるのがおすすめです。

タイのお土産として人気なのが、ドライマンゴーやゾウグッズ、ヤードム、タイ限定のスナック菓子・ラーメンなどです。市場での買い物には交渉が必要となるので、料金交渉も楽しみながら、お気に入りのお土産を探してみてください!

お菓子や食品はローカルスーパー(BigCなど)で買うことをおすすめします。豊富な品数のうえ、安く販売しているのでかなりおトクです。

2泊3日・3泊4日・1週間のタイ旅行の費用は?


photo by shutterstock

タイ・バンコク旅行の日数は、2泊3日の弾丸から、3泊4日、1週間(7泊8日)が人気です。それぞれ最低限かかる費用を紹介します。プラスで海外保険、お土産代などがかかります。

2泊3日のタイ旅行の費用

タイ旅行2泊3日の場合、1人約7万7,000円が目安です。

  • 飛行機代:往復4万円~
  • ホテル代:1万円~
  • インターネット、WiーFi代:3,000円~
  • 食費:9,000円~
  • 交通費:6,000円~
  • 観光やオプショナルツアー費用:9,000円~

\NEWTでおトクなタイ旅行をチェック!/

人気のタイツアーで在庫に限りがあるため、ご予約はお早めに!

3泊4日のタイ旅行の費用

タイ旅行3泊4日の場合、1人約9万1,000円が目安です。安いホテルを検討したり、無料の観光地へ行くと費用を抑えられるでしょう。

  • 飛行機代:往復4万円~
  • ホテル代:1万5,000円~
  • インターネット、WiーFi代:4,000円~
  • 食費:1万2,000円~
  • 交通費:8,000円~
  • 観光やオプショナルツアー費用:1万2,000円~

1週間(7泊8日)のタイ旅行の費用

タイ旅行3泊4日の場合、1人約14万7,000円が目安です。長期滞在の場合、食事は屋台で安くする、観光はローカルな場所へ行ってみるなど工夫すると費用を抑えられますよ。

  • 飛行機代:往復4万円~
  • ホテル代:3万5,000円~
  • インターネット、WiーFi代:8,000円~
  • 食費:2万4,000円~
  • 交通費:1万6,000円~
  • 観光やオプショナルツアー費用:2万4,000円~


タイ旅行の費用を安くするおすすめの方法

最後に、タイ旅行の費用を節約する4つのコツを紹介します。

①タイ旅行が安い時期(雨季)を狙う

タイ 雨季
photo by shutterstock

タイの季節的に6~10月は雨季になるので航空券やホテルの料金が安い傾向にあります。雨季は1~2時間、激しいスコールが降りやすくなりますが、観光客が少なく落ち着いて楽しめますよ。室内の観光や雨具を持って観光することをおすすめします!

一方、タイのベストシーズンは、乾季の11月下旬~1月。タイで最も過ごしやすい時期で多くの観光客が訪れるため、旅行費用も高くなります。

タイ プーケット
photo by shutterstock

ちなみに、タイの人気リゾート地であるプーケットは6~10月が雨季、山岳のチェンマイでは5~10月が雨季なので、その時期に旅行を計画すると相場より安くなります。どの時期に安くなるのか知っておくと、リーズナブルにタイ旅行を楽しめますよ。

②格安ツアーやセール情報をこまめにチェック

タイ 2泊3日
photo by shutterstock

季節関係なくタイ旅行を安くするポイントとして、ホテルと往復航空券がセットになったツアーをチェックするのがおすすめ!手配が楽になるだけでなく、セットで予約したほうが安いケースも多いのでメリットがたくさんあります。とくに、平日やオフシーズンには、各旅行会社がセールをすることが多く、格安ツアーが見つかることも!

安いツアーを見つけるためには、事前にツアー情報をチェックするのがおすすめです。

③無料の観光地へ足を運ぶ



タイの有名な観光地では入場料がかかるとことが多いですが、無料の観光スポットもあります!SNSで話題のプラネタリウム寺院、ワット・パクナムは入場するのに料金がかかりません。大きな市場なども入場料はかからないので、目的と予算に合わせて観光地を決めてくださいね。

④ローカルな食事を楽しむ

タイ レストラン
photo by shutterstock

タイ旅行を安く済ませるなら、ローカルな食事をぜひ楽しんでみてください!目安として屋台は1皿50バーツ~(約200円)、レストランは1皿200バーツ(約800円)。4倍近くの差があるので他の予定や予算を考えながら、お店選びをすることをおすすめします。

地元の人が通う食堂や道端にある屋台、ショッピングモールのフードコートなどを上手く活用すれば、費用はとても安く抑えられますよ。

タイ旅行の費用を知って観光を満喫!

タイ グルメ
photo by shutterstock

タイは歴史を感じられる観光地や美しい海、おいしいグルメなど何度行っても飽きない国です。今回紹介した、航空券やホテルの費用が安い時期や現地で安くなる節約術を上手に活用して、タイ旅行を楽しんでくださいね!

※本記事のレートは2023年9月20日現在、1バーツ約4円で計算しています
cover photo by shutterstock

よくある質問

この記事で紹介したホテルはこちら🌟

NEWT(ニュート)ならアプリでかんたんに予約できます🤳 いつでも5%ポイント還元!

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

タイの東京発のおすすめツアー

タイ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる