NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

カザフスタン料理のおすすめ13選!絶対食べたい人気メニューを厳選

中央アジアのカザフスタン料理といえば、熱々ジューシーなサムサや馬肉ソーセージを使った麺料理のベシュバルマク、スパイシーなトマト煮込み麺のラグマンなどが人気!中華料理と中東料理、ロシア料理などの片りんが感じられる料理です。 この記事では、カザフスタン料理の人気メニュー13選を厳選してご紹介します。

ライター
Kazuki Hashimoto

中央アジアのカザフスタン料理といえば、熱々ジューシーなサムサや馬肉ソーセージを使った麺料理のベシュバルマク、スパイシーなトマト煮込み麺のラグマンなどが人気!中華料理と中東料理、ロシア料理などの片りんが感じられる料理です。

この記事では、カザフスタン料理の人気メニュー13選を厳選してご紹介します。

前菜、麺料理、ご飯・肉料理、スイーツと軽食などのジャンル別にわけて紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

Contents
【2024年最新】カザフスタンでおすすめの観光地12選!エリア別に厳選
【2024年最新】カザフスタンの治安は?危険な場所や注意点を解説

カザフスタン料理の特徴

カザフスタン料理は、イスラム圏らしい羊肉を使った料理や遊牧民の伝統食であるベシュバルマク、馬乳酒のクムス、豊富な麺料理があるのが特徴です。

カザフスタン料理の特徴はクミンやセロリを使ったスパイシーで風味豊かな料理!動物肉や油をたくさん使用しており、食べ応えのあるメニューがいっぱいです。

また、アルマトイやアスタナなどの大都市にはウイグルレストランや韓国レストランも多く、中華・韓国料理の要素が色濃いカザフスタン料理が食べられることも!

ここでは、カザフスタンでおすすめの料理13選をご紹介します。

カザフスタン料理のおすすめ前菜4選

カザフスタンの前菜はテイクアウトして手軽に食べられる熱々の惣菜パンのサムサやナン、カザフスタン風の茹で小籠包のマンティ、伝統的なスープのソルボがあります。

ここでは、メイン料理の前に食べたいおすすめの前菜を見ていきましょう。

サムサ

タンドール釜で焼く熱々の惣菜パン

photo by Kazuki Hashimoto

サムサは、タンドール窯の壁面に張り付けて焼く惣菜パンです。サムサにはぶつ切りの牛肉や羊肉、鶏肉と玉ねぎにスパイスを混ぜたものが包まれています。

熱々のサムサを一口頬張れば、つい笑顔になってしまうこと間違いなし!ジューシーで新鮮な肉とたっぷりの玉ねぎを一度に楽しめちゃいますよ。

サムは、中の肉(鶏・牛・羊)によって味わいがかなり異なります。ニオイが大丈夫なら羊肉を推したいところです。中央アジアの羊肉は鮮度が段違いですからね!

生地は厚めの丸型と多層生地になっている三角型のサムサの2種類あり、好みが分かれるかもしれません。前者はカリッとした生地、後者はサクッとした生地で異なる食感が楽しめます。中身の肉や玉ねぎがジュワッと口に広がり、そのおいしさはきっとやみつきになりますよ。

マンティ

羊肉や野菜のタネを生地で包んで蒸した料理

22. Traditional Central Asian food - Manti on plate by Marco Verch is licensed under CC BY 2.0

マンティは、旧ソ連圏で食べられている茹で小籠包のような料理です。小麦粉で作った生地でひき肉と玉ねぎを合わせたタネを包んで茹で上げます。

日本人はラー油や酢、醤油をかけて食べたくなるところですが、現地人はサワークリームをつけて食べます。ちょっぴり酸味のあるクリームが食欲をそそります!

photo by Kazuki Hashimoto

中身にカボチャや人参の千切りを入れて茹で上げたものもあり、その優しい味わいに思わずホッとしてしまうかも?油っこい料理が多いカザフスタン料理を食べ続けるのは難しいので、たまには胃腸に優しいマンティを試してみてはいかが?

ナン

中央アジアで食べられている円形のナン

IMG_9839 by Clément Piment is licensed under CC BY-SA 2.0

ナンというとインドカレーと一緒に食べるあのナンを思い浮かべる方も多いと思いますが、ここでいうナンは、中央アジアやロシアなどで広く食べられている円形のパンです。カザフスタンでは、サムサ窯を使って焼き上げるので、焼き立てアツアツを楽しめます。

麺料理や肉料理などのおともにぴったりですよ!ぜひ熱々のナンを食べてみてはいかがでしょうか?

ソルボ

肉と野菜たっぷりのスープ

photo by unsplash ※画像はイメージです

ソルボは、肉やジャガイモ、トマト、玉ねぎなどの野菜がごろごろ入ったスープです。ただし、一口にソルバと言っても豆と肉のソルボやミートボール入りのソルボ、ソーセージが入ったソルボ、かぶと羊肉のソルボなど、多種多様なソルボがあります!

ぜひいろいろなソルボを試して、お気に入りのソルボを見つけてみてくださいね。

カザフスタン料理のおすすめの麺料理2選

続いては麺料理です。ラグマンやベシュバルマックなど、日本では馴染みのない麺のメニューかもしれませんが、日本人の舌に合う絶品の麺料理が数々あります。

ラグマン

トマトベースの煮込み麺

photo by Kazuki Hahsimoto

ラグマンとは、トマトベースのスパイシーなスープで食べる麺料理です。トマトスープにニンニクやクミン、セロリなどを入れてじっくり煮込みます。

カザフスタンでよく食べられているのはスープラグマンですが、麺にスープをかけて食べるかけラグマンや焼きラグマンなどのバリエーションもありますよ。

photo by Kazuki Hahsimoto

ラグマンは中央アジアでよく食べられているような、クミンの風味の強い味わいが特徴です。新鮮な肉と野菜がたっぷり使われており、食材の複雑なうま味が口の中に広がります。

お店によっては手延べ麺の絶品ラグマンも食べられるので、お店選びをする際はきちんと店内で手延べしているかどうかチェックしてみるのがおすすめです。

パクチーが苦手な方は、パクチーを抜いてもらえるかどうか頼んでみましょう。

ベシュバルマック

塩茹での肉と野菜が絡んだシンプルな麺料理

By Arthoum, CC BY-SA 4.0

べシュバルマックは、塩茹でした肉と玉ねぎのスープで食べる麺料理です。羊肉や牛肉の細切れ、馬肉ソーセージなどが使われています。とくに馬肉ソーセージはきめの細かい赤身肉で、ほんのりと馬肉らしいうま味が感じられるでしょう。

シンプルな味付けの麺料理なので、胃腸を休ませたい時におすすめです。

カザフスタン料理のおすすめご飯・肉料理4選

続いては豪快な肉料理とご飯料理です。甘辛い醤油で煮込んだクルダックや中央アジアの炊き込みご飯のプロフ、ガンファン、BBQ串のシャシリクがおすすめ!

ここでは、それぞれの料理の特徴とおすすめポイントについてご紹介します。

クルダック

スパイシーな肉と野菜の煮込み料理

photo by Kazuki Hashimoto

クルダックは、ぶつ切りしたジャガイモや玉ねぎ、人参と肉を炒めて、塩コショウ・ニンニク、場合によっては唐辛子や醤油も加えて煮込んだ料理です。中央アジア風の肉じゃがと言ってもよいかもしれません。

日本の肉じゃがと異なるのはそのスパイシーな味わいと大きな肉のかたまりをそのまま煮込んだ豪快さ。肉やジャガイモがごろごろと並んでいるクルダックの皿を見ると「中央アジアらしいなぁ」という感想を抱くかもしれませんね。

プロフ

肉がゴロゴロ入っている!中央アジア風の炊き込みごはん

photo by Kazuki Hashimoto 

プロフは、中央アジアの炊き込みご飯です。大きなプロフ鍋に大量の油と食材を入れて、豪快に調理します。最大の特徴は柔らかく煮込まれた肉や人参です。ジューシーな肉と野菜本来の甘味を同時に楽しめますよ!

プロフは地域ごとに特徴があり、レーズン入りのプロフや卵入りのプロフ、ひよこ豆入りのプロフなど、地域によってその姿を変える家庭料理の側面があります。

調理時に使用した肉のスープがセットになっているプロフのメニューもあります。カザフスタンを訪れたら、ぜひ一度は試して見てほしい料理です。

ガンファン

ラグマンのご飯バージョン

photo by Kazuki Hashimoto 

ガンファンは、ラグマンのご飯バージョンです。トマトベースのスパイシーなスープは、ご飯との相性も抜群!日本人の中にはラグマンよりもガンファンが好みという人もいます。

麺料理だけでなく、ご飯料理も楽しみたいという方におすすめです。

シャシリク

肉塊を豪快に炭火で焼き上げる料理

photo by Kazuki Hashimoto

シャシリクは、旧ソ連全体で食べられているBBQの串焼きです。豚肉や牛肉、羊肉、鶏肉の塊を鉄串に刺して豪快に頂く料理で、そのボリューミーな見た目に圧倒されてしまうかも?

肉を果物液やスパイスを配合したマリネ液に漬け込んで焼き上げるシャシリク。肉好きにはたまらない逸品ですよ。ナンやサムサと一緒に食べたり、プロフのお供として注文したりします。

カザフスタン料理のおすすめの飲み物・軽食3選

カザフスタンには日本では飲食できないような珍しい飲み物や軽食があります。ここでは、具体的な特徴についてチェックしてみましょう。どれもクセがあるので、いきなりたくさんは注文しないようにすることをおすすめします。

クムス

馬乳を発酵させて作った馬乳酒

By A.Savin, CC BY-SA 3.0

クムスは、馬乳を発酵させて作った微アルコール(約1.5%)の馬乳酒です。馬乳に含まれている乳糖と乳酸菌の発酵によってエタノールが発生しています。

馬乳独特の酸味と香りは、人を選ぶ味わい。飲むヨーグルトの存在を一旦頭から消して、塩味の強いクラムチャウダーをイメージすると飲みやすいかもしれません。

カザフスタンの道端やお店で普通に売られているので、一度試してみてはいかが?

クワス

ライ麦と麦芽を発酵させて作る酸味のある微炭酸飲料

By Mr.Icon (Mricon), CC BY-SA 3.0

クワスは、ライ麦と麦芽を発酵させて作る微炭酸飲料です。旧ソ連圏で飲まれている飲み物で、夏場になると”クワス売りのおばさん”が客引きをしています。

酸味と発酵臭のある独特な味わいですが、爽快感のある味わいにハマってしまう人も多いです。屋台やお店で小さいサイズを試してみてはいかがでしょうか?

クルト

脱水させたヨーグルトやサワーミルクを乾燥させたキャンディ

By Syrinje, CC BY-SA 3.0

クルトは、脱水させたサワーミルクやヨーグルトを乾燥させて作った練り菓子です。お菓子とは言っても甘味はなく、塩っぱいうえに酸っぱい味わい。発酵ヨーグルト特有の発酵臭も相まって、慣れるのに少し時間がかかるかも。

めげずに何度もチャレンジしていく内にハマってしまう人もいるので、カザフスタンに長期滞在する予定の方はぜひ試してみては?

おいしいカザフスタン料理を満喫しよう!

カザフスタン料理で食べてみたいメニューは見つかりましたか?

カザフスタン料理は全体的に脂っこく独特なスパイスの風味を感じる料理が多いですが、肉や野菜の食材の味を十二分に楽しめるところが特徴です。

とくにラグマンやプロフ、サムサといった料理や中央アジア名物の新鮮な羊肉はぜひ試してほしいところ。この記事を参考にして、ぜひカザフスタン旅行の際には、気になる料理を注文してお気に入りのメニューを探してみてくださいね!

cover photo by unsplash


NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる