NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】ゴールデンウィークはいつから?何連休?おすすめの旅行先も解説

ゴールデンウィークの連休は、海外旅行や国内旅行のチャンス!そこで気になるのが、連休が何日間になるかということです。 今回は、2024年のゴールデンウィークを解説。なんと最大10連休にもなるお休みの取り方と、ゴールデンウィークならではのおすすめ旅行先もご紹介します。予約で出遅れないよう、ぜひ参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

ゴールデンウィークの連休は、海外旅行や国内旅行のチャンス!そこで気になるのが、連休が何日間になるかということです。

今回は、2024年のゴールデンウィークを解説。なんと最大10連休にもなるお休みの取り方と、ゴールデンウィークならではのおすすめ旅行先もご紹介します。予約で出遅れないよう、ぜひ参考にしてくださいね。

Contents

2024年ゴールデンウィークはいつからいつまで?

Photo by pixabay

日本では最も長い連休であるゴールデンウィーク!数少ない長期旅行に行けるチャンスでもありますが、その年の日付と曜日との関係で休み期間が変ってしまうため、大きな旅行にいけないパターンもよくあります。

では2024年のカレンダーはどのようになっているのでしょうか?さっそく見てみましょう。

2024年のゴールデンウィークは3連休+4連休

2024年のゴールデンウィーク期間の日付と曜日の関係は、以下のようになります。

4月27日(土)

休日

4月28日(日)

休日

4月29日(月)

祝日 昭和の日

4月30日(火)

平日

5月1日(水)

平日

5月2日(木)

平日

5月3日(金)

祝日 憲法記念日

5月4日(土)

祝日 みどりの日

5月5日(日)

祝日 こどもの日

5月6日(月)

振替休日

2024年は一般的には、4月に3連休、5月に4連休というお休みになります。

これだけあれば、国内旅行はもちろん、海外旅行であっても近場には足を運べますので、かなりの選択肢があるのではないでしょうか?

有給休暇を3日取得で、最大10連休も可能に!

2024年のゴールデンウィークは、4月30日、5月1日、5月2日と、中3日間に平日が並んでいるため大型連休ではありません。ただし、この3日間に有給休暇などのお休みを取ることができれば、3連休と4連休を繋げることが可能に!

途中の平日3日間をお休みを取ることができると、なんと最長で10連休にすることができます!

10連休もあれば、ゆっくりと海外旅行に行くことも可能。休暇を取れる方にとっては2024年のゴールデンウィークは、まさに久々の海外旅行のチャンスだといえます!

ゴールデンウィークの旅行予約はいつからできる?

Photo by pixabay

ゴールデンウィークの旅行予約は早い者勝ち。のんびりしていると予約がすべて埋まってしまうことになりがちです。中には、1年から半年前に予約が可能なスポットもありますので、早々に予約が埋まってしまうこともあります。

航空券やホテル、ツアーの予約は、いつまでに始めるべきなのでしょうか。

ホテル・旅館の宿泊予約は1年前からが多い

Photo by pixabay

ホテルや旅館の宿泊は、1年前から受け付けているところが多くなっています。余裕があるようにも思えますが、とくに人気観光地に位置したり、有名なホテルや旅館はすぐに予約が埋まってしまうことも。一般的なホテルや旅館なら3ヶ月前でも大丈夫なこともありますが、やはりゴールデンウィークには争奪戦になりがちなので、早めの予約がおすすめです。

新幹線で国内旅行に行く場合、新幹線のチケット予約の方が後になりますが、まずはホテルや旅館を確保して、新幹線の予約日を待つのが一般的です。

パッケージツアーはすぐに売り切れることも!

photo by Unsplash

ゴールデンウィークのパッケージツアーの取り扱い開始は、海外旅行だと半年前の前年11月中旬ごろからで、国内旅行は1月中旬ごろからであることが一般的です。

人気のツアーだとすぐに売り切れてしまうこともあるため、やはり早めに行動を起こす必要があります。

個人旅行は行き先次第!3ヶ月前までには動きたい

Photo by pixabay

ゴールデンウィークの個人旅行の予約をいつまでに行うべきかは、行き先次第。人気の観光地では、1年前に早々に航空券や宿泊先なども埋まってしまうこともよくあります。

穴場の旅先を選べば、場所次第では1月以降に動いてもなんとかなるとはいえ、遅くなるほどホテル選びや価格などで妥協しなければならない点が増えることに。遅くても3ヶ月前までには動きたいものです。

航空券の予約は約1年前から

Photo by pixabay

航空機の予約開始時期は航空会社、航空チケットによって違っています。

たとえばANAの国内線と国際線の場合、予約は355日前から。​​JALの国内線と国際線の場合は、2024年1月現在は330日前からになっていますが、2024年3月26日からは360日前の午前0:00から予約できます。詳しくは利用したい航空会社の公式サイトでご確認ください。

各航空会社には早期割引チケットなどもあるので、とくにゴールデンウィークの旅行はなるべく早めに予約をするのがおすすめ。ただし​​早期割引チケットは、キャンセル不可などの規定が付いている場合もあるため、しっかりと予定を立ててから予約をとってください。

新幹線の予約は1ヶ月前から!ネット予約は+1週間で、1年前の方法も

Photo by pixabay

新幹線は、乗車日の1ヶ月前から予約できます。ゴールデンウィークは争奪戦になるので覚えておきたいのは、予約のスタート時間。これは1ヶ月前の午前10時からです。

みどりの窓口や自動券売機、インターネットで予約できます。またJR東日本の「えきねっと」、JR西日本の「e5489」などの事前予約サービスを利用すると、1ヶ月前のさらに1週間前から予約可能です。

さらに東海道・山陽・九州新幹線の「EXサービス」では、一部の乗車券予約が1年前からできます。「EXサービス」はネット予約&チケットレス乗車の会員制サービス。年会費1,100円が必要な代わりに、チケットが割安な会員価格となります。1年前予約の詳しい内容については、公式サイトをご覧ください。

ゴールデンウィークにおすすめの旅行先

Photo by pixabay

3連休と4連休、または10連休が取れる2024年のゴールデンウィーク。コロナ禍明けで本格的に旅行が解禁となるこのチャンスに、どこに行こうか迷ってしまう人も多いかもしれません。

続いては、海外と国内のおすすめの旅行先をご紹介しましょう!

海外のおすすめ旅行先① 韓国

Photo by pixabay

韓国は日本から飛行機で約2時間30分。エリアを絞れば2泊3日や3泊4日の旅行でもたっぷりと楽しめます。さらに日数を増やせば、複数の都市や地方の観光名所を巡ることも。時差もないため、ゴールデンウィーク明けに時差ボケでつらいということもありません。

ソウル

Photo by pixabay

3日間や4日間など、旅行の日程が短い場合は、なんといってもソウルがおすすめ!

人気のコスメショップや屋台、百貨店などが集まっている明洞(ミョンドン)や、食べ歩きとショッピングが楽しい南大門(ナンデムン)、ナイトショッピングも楽しいファッションエリアの東大門(トンデムン)、音楽やサブカルチャーが盛んな弘大(ホンデ)など、繁華街巡りが楽しめます。

韓国を代表する故宮・景福宮(キョンボックン)や韓国ドラマの舞台にもなった朝鮮王朝の象徴・宗廟(チョンミョ)などの歴史的建造物も見どころのひとつ。

ゴールデンウィークのソウルは、初夏を迎える頃で最も過ごしやすい季節です。5月5日は韓国でもこどもの日となっていて祝日。多くの観光スポットで子ども向けのイベントが開かれ、多くの家族連れでにぎわいます。

釜山

photo by Unsplash

ゴールデンウィークに韓国を訪れるなら、釜山(プサン)もぜひ候補に入れたい街です。

釜山は韓国第2の都市で、国を代表する港町。心から願えば必ず一つは願いが叶うといわれる海の寺・海東龍宮寺(ヘドンヨングンサ)や、斜面に家がびっしりと並び、韓国のマチュピチュとも称される甘川文化村(カムチョンドンムナマウル)などの観光スポットが人気を集めています。

日程が少ない場合、まずは南浦洞エリアに行くのがおすすめ。国際市場や富平市場といった昔ながらの市場だけでなく、グルメが充実した屋台通りやチャガルチ市場、ファッション系のショップが充実した光復路通りなども集まっていて、このエリアだけでも十分に楽しめます。

また韓国では旧暦4月8日は、お釈迦さまの誕生(プチョニムオシンナル)を祝う日。2024年は新暦の5月15日にあたり、この日に向けて釜山の三光寺などではたくさんの提灯が飾られます。

\韓国のおトクなツアーはこちら!/

韓国旅行におすすめのツアー9選!おトクに予約する方法も解説【NEWT】

 

海外のおすすめ旅行先② 台湾 

photo by pixabay

沖縄の西にある台湾は、飛行機で東京から約4時間、大阪から約3時間の距離。九州よりやや小さい島で、台湾高速鉄道を使えば北部の台北市から南部の高雄市まで約2時間で移動できるため、2泊3日の旅行でも満喫できます。

ゴールデンウィークの台湾は、日本の夏のような気候。梅雨前のカラッと晴れた時期なので、雨に悩まされることはあまりありません。

その台湾でもとくにおすすめのスポットをご紹介しましょう。

台北

photo by Unsplash

台湾旅行の主な滞在場所としておすすめなのは、台北市。台湾の首都で最大の都市です。

台湾グルメを満喫できる饒河街夜市(じょうががいよいち)や士林夜市(しりんよいち)、パワースポットとして人気の台北最古の寺院・龍山寺(りゅうさんじ)、台北の街並みを一望できるビル・台北101など、多くの観光スポットが集まっています。

また台北から40キロメートルほどの場所には、ジブリアニメ映画『千と千尋の神隠し』の世界観に似ているといわれる大人気の観光スポット・九份(きゅうふん)もあります。オプショナルツアーなどを利用すれば、台北から日帰りで観光を楽しむことができますよ。

そしてこの時期には松山慈祐宮で海の女神である媽祖(天上聖母)の生誕を祝う祭りが行われます。旧暦3月23日には三顧大礼の儀式を行い、旧暦3月25日と26日には媽祖が13の街を巡行。2024年は旧暦3月23日が新暦5月1日、旧暦3月25日と26日は新暦5月3日と4日で、ゴールデンウィークに重なるチャンスです。

\台湾・台北のおトクなツアーはこちら!/

台湾・台北旅行におすすめのツアー9選!おトクに予約する方法も解説【NEWT】

 

海外のおすすめ旅行先③ アジアリゾート

photo by Unsplash

比較的日本から距離が近いアジアリゾートなら、3連休や4連休でも楽しめます。もちろん10連休をフルに使ってさらにのんびり癒されるのも最高!

とくにおすすめのアジアリゾートをご紹介します。

セブ島

photo by Unsplash

フィリピンのセブ島までは、直行便で約4時間30分から5時間30分。2泊3日の旅行でも人気の観光地なので、ゴールデンウィークの旅行にもピッタリです。

セブ島の乾季は12月から5月。5月下旬からは雨季が始まり、雨やスコールが増えると海の透明度も落ちるため、セブ島の美しい海を楽しむならゴールデンウィークはチャンスです。ジンベイザメとの遭遇率99%のオスロブや、大人気ダイビングスポットのモアルボアルなどのビーチをたっぷり楽しんでください。日程が許せば、スパリゾートでさらにのんびり過ごすのもおすすめ! 

セブ市の観光では、スペイン植民地時代に建てられたサンペドロ要塞や、マゼランがキリスト教発祥の地として建てた十字架・マゼランクロスなども見ることができます。

\フィリピン・セブ島のおトクなツアーはこちら!/

セブ旅行におすすめのツアー8選!おトクに予約する方法も解説【NEWT】

 

バリ島

photo by pixabay

インドネシアのバリ島は日本から直行便なら約7時間で到着します。バリ島旅行では4日間以上のツアーが人気。4日間なら滞在エリアを選ぶことが大切で、ビーチやショッピングが充実したクタ、高級リゾートのヌサドゥア、ファッションやグルメが楽しめるスミニャックなどが定番です。6日間など日程を延ばせれば、バリ島の海と山の、両方の魅力を堪能することもできます。

バリ島は4月から10月が乾季、11月〜3月が雨季です。4月はまだ季節の移行期で、本格的な乾季になるのは5月に入る頃。ゴールデンウィークはまさにバリ島のベストシーズンになります。定番のクタビーチやシーフードバーベキューと夕陽が有名なジンバランビーチなどで、マリンアクティビティを楽しむのには最高の季節!

より長く休みが取れるようなら、世界遺産となっている棚田のジャティルウィや、水の神殿と呼ばれるタマンアユン寺院、海の上に建つタナロット寺院など、観光スポットもぜひ訪れてみてください。

\インドネシア・バリ島のおトクなツアーはこちら!/

バリ島旅行におすすめのツアー8選!おトクに予約する方法も解説【NEWT】

 

バンコク

タイのバンコクには2つの国際空港があり、日本の各空港から直行便が就航しています。所要時間は約5時間から8時間。人気観光地へのアクセスが良いため、3日間の旅行でも楽しめます。

バンコクの見どころは、暁の寺といわれるワット・アルンをはじめ、エメラルド寺院と呼ばれるワット・プラ・ケオ、巨大なねはん仏が有名なワット・ポーなどの寺院。このほか、おしゃれなホテルや屋台、クラブなどが集まるカオサン通りや、飲食系の屋台が充実したマーケット・ジョッドフェアなども人気です。

タイには乾季と雨季の他に気温が最も高くなる暑季という季節があり、3月から5月までがこの暑季にあたります。このシーズンは多くのフルーツが旬を迎える時期。マンゴーやランブータン、ドラゴンフルーツ、マンゴスチンなどの美味しいフルーツを市場で買って堪能することができますよ!

\タイ・バンコクのおトクなツアーはこちら!/

タイ・バンコク旅行におすすめのツアー9選!おトクに予約する方法も解説【NEWT】

 

国内のおすすめ旅行先① 沖縄

photo by pixabay

3連休や4連休が使えれば、沖縄旅行も可能!10連休なら離島の周遊までできるかもしれません。続いては沖縄本島と離島エリアに分けて、ゴールデンウィークのおすすめポイントをご紹介します。

沖縄本島

photo by Unsplash

沖縄本島の旅行は、エリアを絞れば2泊3日でも十分に楽しめます!美ら海水族館や瀬底島、やんばるの森を中心に観光する場合は北部エリア、美浜アメリカンビレッジや残波岬などを中心に観光するなら中部エリア、国際通りや玉泉洞、ひめゆりの塔などを巡るなら南部エリアのホテルがおすすめ。日程を延ばせるなら、レンタカーなどで移動して本島全体を巡ることもできます。

沖縄の海開きは毎年3月下旬頃です。ゴールデンウィークの沖縄本島の最高気温は平均26度ほどですが、南の島の強い日差しもあって気温以上に暑く感じるため、海水浴も楽しめます。マリンアクティビティが目的でも楽しめる季節だといえるでしょう。

また5月3日から5日には、伝統行事の那覇ハーリーも開かれます。爬竜船による競漕だけではなく、ステージイベントや屋台、花火などもある那覇の一大イベントですから、時期を合わせて訪れるのもおすすめですよ。

離島エリア

沖縄の離島の魅力は、美しいビーチや手つかずの自然。石垣島や宮古島、久米島なら、東京から直行便で行くことができ、3連休でも十分に楽しめます。

梅雨直前のゴールデンウィークは、離島のビーチを楽しむベストシーズン。宮古島の砂山ビーチをはじめ、石垣島の川平湾、久米島のはての浜、与那国島のナーマ浜などが有名で、それぞれの島ならではの美しい色合いのブルーの海が広がっています。

梅雨前に夏を先取りできるゴールデンウィークは、離島の川遊びで涼むのにもぴったり。西表島のクーラの滝やサンガラの滝など、トレッキングで行く滝ツアーもおすすめです。

国内のおすすめ旅行先② 北海道

ゴールデンウィークの国内旅行なら、北海道もおすすめ。春の訪れが最も遅い北海道ならではの楽しみが待っています。

道南エリア

ゴールデンウィークは札幌ではようやく桜の開花が始まる頃。この時期に桜をはじめ多くの花が見頃を迎えるのは、函館市などがある道南です。

最も人気を集めるのは、函館市の五稜郭。例年ゴールデンウィーク時期に桜が満開となり、特徴的な星型のお堀が桜のピンク色に彩られます。函館公園の桜や、松前町・松山城の桜も人気。また木古内町にあるサラキ岬では、毎年ゴールデンウィーク後半にサラキ岬チューリップフェアを開催します。

北海道らしいグルメでは、5月から旬を迎える甘エビとボタンエビがおすすめ。11月から5月までが旬となるキタムラサキウニもまだ間に合いますよ!

道央エリア

道央エリアはゴールデンウィークでも、スキーやスノーボードを楽しめるのが魅力!

たとえばニセコエリアは4つのスキー場があるうち、2つのスキー場でゴールデンウィークまで営業。エリアが広く、のんびりと滑ることができます。また札幌市にも近いキロロリゾートもゴールデンウィークまで開業していて、春スキーを堪能できます。

また旭川市を代表する観光スポットの旭山動物園は、ゴールデンウィークに合わせて夏期間の開園が始まります。春の動物園ではたくさんの可愛い動物の赤ちゃんに会えるかもしれませんよ。

ゴールデンウィークの旅行は早めの予約を!

ゴールデンウィークの旅行で、人気エリアや話題のホテルに滞在したいのであれば、早めの行動が肝心です!1年前や半年前から予約が可能な施設や交通手段もあるため、まずは目的地を決めて、段階的に準備をしておくのも良いでしょう。

3連休、4連休、または最高10連休にもなる2024年のゴールデンウィーク。たっぷり楽しむためにも、旅行の予定は計画的に動くのがおすすめですよ。

 

cover photo by Unsplash

 

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる