NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

海外旅行でリュックは危ない?おすすめの防犯・スリ対策も解説

海外旅行へ行く際、身軽に動けるリュックで観光したいという方も多いのではないでしょうか。しかし、後ろに背負うリュックはスリに遭う可能性が高く、防犯面を考慮すると少し不安がありますよね。この記事では、海外旅行でリュックを使うのは危ないのかどうか、注意点をふまえて解説します。スリ・防犯対策も解説するので、海外旅行前にぜひチェックしてみてくださいね。

ライター
NEWT編集部
海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳海外ツアー・ホテル予約 NEWTのアプリで7%OFF はじめての予約につかえるクーポンもらえる🤳

海外旅行へ行く際、身軽に動けるリュックで観光したいという方も多いのではないでしょうか。しかし、後ろに背負うリュックはスリに遭う可能性が高く、防犯面を考慮すると少し不安がありますよね。

この記事では、海外旅行でリュックを使うのは危ないのかどうか、注意点をふまえて解説します。スリ・防犯対策も解説するので、海外旅行前にぜひチェックしてみてくださいね。

Contents

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

海外旅行でリュックは危ない?

photo by Unsplash

結論から言うと、海外旅行でリュックを使用するのは必ずしも危ないわけではありません。後ろに背負うリュックはスリに遭っても気づきにくいという点では危ない部分もありますが、両手が空いて観光やアクティビティなどをしやすいという利点もあります。

ショルダーバッグと併用したり、身体の前で抱えたりと対策すれば、海外旅行でもリュックを安全に活用できます。

そもそも海外では、リュックでもハンドバッグでもスリ・ひったくり被害に遭う危険性は非常に高いです。日本とは治安の異なる国に来ていることを意識して、リュックを使いたい際はきちんと防犯対策を行ったうえで、観光しましょう。

\NEWTでおトクに旅行しませんか✈️/

海外旅行でリュックを使うメリット・デメリット

photo by Unsplash

海外旅行でリュックを使用するのが危ないかどうかは、メリット・デメリットを考慮したうえで判断することが大切です。以下にメリット・デメリットをまとめましたので、参考にしてくださいね。

海外旅行でリュックを使うメリット

  • 身体への負担が少ない
  • 多くの荷物を持ち運べる
  • 両手が塞がらない
  • アクティビティや山登りに使いやすい

リュックはショルダーバッグやハンドバッグに比べて収納力が高いため、荷物が多くても快適に持ち運べるのが魅力です。また両手が空くため、スマホで地図を見たりアクティビティに参加したりする時にも便利と言えます。

海外旅行でリュックを使うデメリット

  • 荷物の様子を把握しにくい
  • 荷物を取り出しにくい

一方で、リュックは荷物を後ろに背負うことになるため、どうしても荷物の様子を確認しづらいのはデメリット。知らない間にチャックを開けられて、スリ被害や危ない目に遭う可能性も考えられます。

さらに荷物を取り出す際は、いちいち肩からリュックをおろさなければいけません。出し入れに手間取っていると、ひったくりに狙われるなど危ないケースもあるでしょう。

海外旅行でリュックを使うと危ない場合も!使用時の注意点・スリ&防犯対策

photo by pixabay

ここからは、海外旅行先でのリュック使用が危ないと言われる理由である、スリ・防犯対策と注意点についてを詳しく解説します。海外では、日本に比べてスリ被害に遭う危険性が高いため、周囲を警戒しながら観光することが大切です。

具体的には、観光客は以下のような場所で、スリなどの被害に遭いやすいと言われています。

  • 空港の周辺
  • 公共交通機関の車内
  • 市場・ショッピングモール
  • カフェ・レストラン
  • チケット売り場
  • 旅行客の多い観光スポット

基本的に多くの人が行き交う場所や人混みでは、スリやひったくり、置き引きなどのリスクが高まります。特に人気の観光スポットでは、旅行客を狙った犯罪も少なくありません。リュックだと、とくに危ない場面も。

旅行中はつい気が緩みがちになりますが、このような場所でリュックを使用する場合は、十分に周囲に注意してくださいね。

乗り物内・混雑した場所ではリュックを前に抱える

基本的なことですが、リュックを使用する場合は必ず前に抱えるようにしましょう。特に公共交通機関や多くの人で混雑する場所では、目の届く範囲で荷物を持つことが大切です。

また、リュックの外側についているポケットはとくに狙われやすいので、ファスナー付きのポケットであっても、そこに貴重品を入れるのは危ないです。

前に抱えておけば、知らないうちにリュックから荷物を盗まれるリスクを軽減できます。海外では観光客を狙ったスリも多発しているため、不審者がいた場合はすぐにリュックを前に抱え、その場から離れるようにしましょう。

貴重品用に小さなショルダーバッグを別に持つ

photo by Unsplash

海外旅行ではリュックとは別に、斜めがけできるショルダーバッグを別で持つのもおすすめです。パスポートや携帯、財布などはショルダーバッグに入れて、肌身離さず身に付けておきましょう。

なお貴重品をまとめるショルダーバッグは、ファスナー付きや鍵付きのものだと防犯性が高いですよ。ウエストポーチに貴重品を入れ、上から洋服をかぶせることで、隠して持ち歩くのも防犯対策として有効です。

もしリュックだけで海外旅行に行く場合は、貴重品類を背面側のポケットに入れておくのがポイント。背中裏に、ファスナー付きのシークレットポケットがあるリュックを選ぶと良いでしょう。

リュックの材質は厚手なものにする

海外旅行では、気づかないうちに背後からリュックをナイフで切り付けられ、中身を盗まれるというケースも多く報告されています。海外旅行用のリュックを購入する際は、薄い素材だと危ない場合が多いので、なるべく厚手の素材が使われた商品を選びましょう。

そのような場合に、防刃素材のリュックであれば荷物を安全に持ち運ぶことが可能です。また防刃リュックなら、激しいアクティビティに使用しても破れにくいので、幅広い場面で活躍しますよ。

防犯グッズを使用する

photo by Unsplash

より安全にリュックを持ち歩くなら、防犯グッズを活用してみてはいかがでしょうか。たとえばショッピングモールや空港、電車などでリュックを置く機会があるなら、ワイヤーロックを持参するのがおすすめです。

ワイヤーロックとは、ワイヤーで柱などに荷物を固定し、置き引きを防止できるアイテムのこと。寝台列車で移動する時やユースホテルに宿泊する時などに活用でき、スリ対策グッズとして重宝します。

荷物を守るという意味では、リュックに南京錠をつけるのも有効ですが、場合によっては鍵をこじ開けてスリ被害に遭う可能性も。暗証番号で鍵を開けている時に狙われる危険もあるので、十分注意してください。安全面を考慮するなら、あらかじめTSAロック付きのリュックを購入するのも良いですね。

海外旅行でリュックを使用する際、危険度を把握して防犯対策を!

photo by Unsplash

本記事では、海外旅行でリュックを使った際の危ない場面や注意点、スリ・防犯対策などをまとめて解説しました。海外旅行先でリュックを使用する際は、前に背負う・ショルダーバッグと併用する・防犯グッズを活用するといった対策をすることが大切です。

特に、人混みの多い場所ではスリ被害に遭う危険が高いので、荷物から目を離さないようにしましょう。ぜひ本記事でご紹介した内容を参考にして、安全に海外旅行を楽しんでくださいね。

 

cover photo by Unsplash

 

NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)NEWT FES メガサマーセール |NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる