NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】アメリカ・フェニックスでおすすめの観光地15選!名所や穴場を厳選

アメリカ・アリゾナ州にあるフェニックスは1年を通して天気がよく、暖かい気候で知られています。フェニックスには植物園や動物園など、大自然を感じられる観光スポットがたくさん! 今回は、アメリカ・フェニックスで外せない人気の観光地や家族連れにおすすめの観光スポットをご紹介します。ぜひフェニックス旅行の参考にしてみてくださいね。

ライター
NEWT編集部

アメリカ・アリゾナ州にあるフェニックスは1年を通して天気がよく、暖かい気候で知られています。フェニックスには植物園や動物園など、大自然を感じられる観光スポットがたくさん!

今回は、アメリカ・フェニックスで外せない人気の観光地や家族連れにおすすめの観光スポットをご紹介します。ぜひフェニックス旅行の参考にしてみてくださいね。

Contents

アメリカ・フェニックスには人気の観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

フェニックスはアリゾナ州にある最大の都市で、カリフォルニア州やメキシコと隣接しています。砂漠の中心にありながらアメリカ有数の工業都市としても有名です。年間300日以上の晴天に恵まれることから、太陽の谷という愛称で親しまれています。

日本からの直行便はなく、アメリカの国内線を経由してフェニックス・スカイ・ハーバー国際空港に到着します。空港からダウンタウンまでが近いため、各観光スポットに行きやすいのも魅力のひとつ。大自然に囲まれた美しい街並みやネイティブアメリカンの聖地、スポーツ観戦などフェニックス観光の楽しみ方はたくさんあります!

今回は、アメリカ・フェニックスの人気観光地をご紹介します。外せない人気スポットから家族連れにおすすめな観光地まで厳選したので、ぜひ参考にしてくださいね。

フェニックスで絶対行きたいおすすめ観光地9選

空港から観光スポットまでが比較的近いので、フェニックスに初めて訪れる方でもアクセスが簡単です。車や路面バス、路面電車を利用して移動するのがおすすめですよ。

ただし路面バスは本数が少なく、クレジットカードが使えません。現金もしくは事前に専用カードを購入する必要があります。

サウス・マウンテン・パーク

人気スポットの展望台から大自然を満喫!


photo by Unsplash

フェニックスの南部にあるサウス・マウンテン・パークは、アメリカで最大の広さを誇る市立公園。広さはなんと16,000エーカー以上、東京ドームの約1,330倍の広さなので、大自然を満喫したい方にぴったりなスポットです。

公園内ではハイキングや乗馬、マウンテンバイクでのトレイルライドが楽しめますよ。園内にある道路は車も通るため、見通しの悪い場所や死角の場所などは十分気をつけてくださいね。


photo by Unsplash

人気スポットのドビンズ展望台は、公園内で一番高い位置の約710メートルにあり、フェニックスの美しい大自然の街並みを見下ろす最高のロケーション!

入園時間は5時から19時までですが、ハイキングトレイルは23時までできるので、日の出やサンセットなどを高い位置から見たい方はぜひ訪れてみてくださいね。

サウス・マウンテン・パーク(South Mountain Park and Preserve)の基本情報
住所: 10919 S Central Ave, Phoenix, AZ 85042, United States
営業時間:5:00~19:00
休業日:第4日曜日
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約13分
料金:無料
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://www.phoenix.gov/parks/trails/locations/south-mountain

キャメルバック・マウンテン

本格的な登山が楽しめる!


photo by Unsplash

キャメルバック・マウンテンは、空港から約17分ほどの場所にある本格的な登山が楽しめるスポットです。ひざまづいてるラクダのコブと頭に似ていることが、名前の由来になっています。

メインルートはEcho Canyon(エコーキャニオン)とCholla(チョーラ)の2つがあります。どちらも難しいトレイルですが、エコーキャニオンは傾斜が急になっていて、チョーラはゆるやかになっています。


photo by Unsplash

約824メートルの頂上から望むフェニックスの景色には圧倒されるでしょう。また、キャメルバック・マウンテンではサボテンが見られたり、ウサギやトカゲ、リスやヘビなどに遭遇したりと、自然を満喫することもできますよ。

駐車場が使えますが、日の出から日没まで利用可能です。時間が限られているため、ハイキング初心者であればガイド付きのトレイルを利用したほうがいいかもしれませんね。

キャメルバック・マウンテン(Camelback Mountain)の基本情報
住所: 6131 Phoenix, Paradise Valley, AZ 85253,United States
電話:+1-602-534-586
営業時間:日の出から日没まで
休業日:なし
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約17分
料金:【ガイド付きハイキング】1名150ドル(約19,812円)、2名200ドル(約26,416円)、3名250ドル(約33,020円)、4〜6名300ドル(約39,624円)、7〜12名400ドル(約52,832円)
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:http://climbcamelback.com/

砂漠植物園

サボテン好きにはたまらない、ローカルの人にも人気のスポット!


photo by Unsplash

フェニックス観光といえば砂漠植物園が有名!地元の人々も訪れる人気スポットで、連日多くの観光客で賑わっています。パパゴ・パーク内にあり、多種多様なサボテンやワイルドフラワーが鑑賞できます。

10メートルを超えるサボテンや、ユニークな形をしたサボテンが見られるのも魅力的!春になるとサボテンの花が咲いていて、美しい景観が楽しめます。


photo by Unsplash 

園内には野生のウサギやリスがいて、運がよければ遭遇できるかもしれません。夕暮れ時には夕日に浮かぶサボテンが見られるので、フォトジェニックな写真が撮れますよ!

また夜になるとライトアップもされるため、幻想的でロマンチックな雰囲気を感じられるでしょう。

砂漠植物園(Desert Botanical Garden)の基本情報
住所:1201 N Galvin Pkwy, Phoenix, AZ 85008, United States
電話: +1-480-941-1225
営業時間:8:00~20:00
休業日:年に何度か休園や営業時間の変更あり
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約10分
料金:大人24.95~29.95ドル(約3,295〜3,956円)、子ども(3~17歳)14.95〜16.95ドル(約1,975~2,238円)、2歳以下は無料
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://dbg.org/

チェイス・フィールド

野球好きにはたまらない本場のスタジアム!


photo by Unsplash

チェイス・フィールドは、MLBのアリゾナ・ダイヤモンドバックスの本拠地。2018年までは天然芝でしたが、2019年から人工芝になっています。スタジアムには開閉式の屋根がついているため、天候に左右されずに楽しめるのもポイントです。

1階から3階まで座席があり、臨場感あふれる本場のメジャーリーグ鑑賞がしたい方は必見のスポット!


photo by Unsplash
※画像はイメージです

場内に持ち込めるバックはクリアバックのみで、未開封の飲み物も持ち込み可能です。小型のカメラも持ち込めますが、サイズ制限があるのであらかじめ確認しておきましょう。

チェイス・フィールドにはプール付きのスイート座席があり、プールでくつろぎながら試合が楽しめるユニークな座席も。35人用のスイート座席なので、団体グループで利用したほうがよさそうですね!

チェイス・フィールド(Chase Field)の基本情報
住所:401 E Jefferson St, Phoenix, AZ 8500, United States
電話:+1-602-514-8400
営業時間:試合時間によって異なる
休業日:試合日程によって異なる
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約8分
料金:無料
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://www.mlb.com/dbacks/ballpark/information

楽器博物館

世界中のレアな楽器が集結!


photo by unsplash

空港から車で約19分のところにある楽器博物館は、2010年に開館しました。楽器をテーマにした博物館の中で世界最大の広さを誇り、15,000以上の楽器の展示、200以上の国や地域の楽器に関連したコレクションが展示されています。

世界中で有名なアーティストのコレクションも展示されており、名曲「imagine」を作曲したときに使用していたピアノや、グラミー賞を受賞したアメリカを代表する女性歌手がライブで使用していた楽器や衣装の展示は必見です!


photo by unsplash
※画像はイメージです

北米、ヨーロッパ、アジア、アフリカなどの地域に分けて楽器の展示をしているブースもあるので、楽器を通して世界の文化を学ぶことができるのも魅力的です。

博物館には、ホールも併設されているため、有料でジャズやブルース、ピアノなどの音楽鑑賞もできます。参加型の子ども用のイベントもあるので、ファミリーで訪れても楽しめるでしょう。

楽器博物館(The Musical Instrument Museum)の基本情報
住所:4725 E Mayo Blvd, Phoenix, AZ 85050, United States
電話:+1-480-478-6000
営業時間:9:00~17:00
休業日:11月第4木曜日(感謝祭)
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約19分
料金:大人 20ドル(約2,642円)、13〜19歳 15ドル(約円1,981円)、4〜12歳 10ドル(約1,321円)3歳以下は無料
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://mim.org/

ハード美術館

ネイティブアメリカンの芸術と文化がよくわかる!


photo by pixabay
※画像はイメージです

ハード美術館は、空港から車で約8分のところにあり、ネイティブアメリカンの芸術や歴史に関する作品が展示されています。40,000点以上のコレクションや34,000冊以上の書籍が鑑賞でき、全米屈指のネイティブアメリカンについての情報がたくさん詰まっています。

ネイティブアメリカンの工芸品やビーズなどの装飾品やがずらりと並んでいて、先住民の暮らしをはじめとする文化に触れることのできる貴重な美術館です。


photo by pixabay
※画像はイメージです

フェニックスのあるアリゾナ州をはじめとするアメリカ南西部には、インディアンの人々が暮らしているインディアン居留地があります。その伝統的な歴史が残る都市・フェニックスならではの展示をぜひ鑑賞してみてくださいね。

ハード美術館(Heard Museum)の基本情報
住所: 2301 N Central Ave, Phoenix, AZ 85004, United States
電話:+1-602-252-8840
営業時間:10:00~16:00
休業日:復活祭、7月4日(独立記念日)、11月第4木曜日(感謝祭)、12月25日
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約8分
料金:大人 22.5ドル(約2,972円)、65歳以上 18ドル(約2,377円)、6〜17歳 9ドル(約1,189円)5歳以下は無料
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://heard.org/

フットプリント・センター

NBAフェニックス・サンズの本拠地


photo by Unsplash
※画像はイメージです

フットプリント・センターは、空港から車で約8分の場所にある多目的競技場です。NBAのフェニックス・サンズ、WNBAのフェニックス・マーキュリーの本拠地でもあるため、スポーツファンにとっては一度は訪れたい場所です!

かつてはトーキング・スティック・リゾート・アリーナという名称でしたが、材料科学会社Footprint(フットプリント)が命名権を取得して、現在のフットプリント・センターに改名されました。


photo by  Unsplash
※画像はイメージです

2階層の会場は、収容人数は約18,000人と多くの人々がバスケットボールの試合を楽しめます。1階席は選手の顔まで見れる臨場感あふれていて、2階席は会場全体を見渡せるので、バスケットボール鑑賞がメインの方におすすめですよ。

シーズンによってはイベントやコンサート会場として利用されるので、音楽ファンも訪れる価値のある施設です。

フットプリント・センター(Footprint center)の基本情報
住所:201 E Jefferson St, Phoenix, AZ 85004, United States
電話: +1-602-379-2000
営業時間:9:00~16:00
休業日:土曜日、日曜日
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約8分
料金:試合、公演によって異なる
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://www.footprintcenter.com/

ジャパニーズ・フレンドシップ・ガーデン

意外なところで日本庭園を発見!


photo by Unsplash

ジャパニーズ・フレンドシップ・ガーデンは、空港から車で約7分のところにある日本庭園です。フェニックスと兵庫県姫路市が1976年に姉妹都市提携を結び、共同で建設されたのがこの日本庭園。

鷺鳳園(ろうほうえん)という別名が付いており、池には鯉が飼育されていて滝や夢想庵と呼ばれるお茶室もあります。まるで日本にいるかのような本格的な庭園の空間を味わえますよ。


photo by Unsplash

お茶室では、お茶の作法やお抹茶をいただくお茶会なども開かれており、半年先まで予約でいっぱいの人気イベントなんだとか。砂漠の中心にありながら、日本の雰囲気を感じるどこかホッとするスポットです。

ジャパニーズ・フレンドシップ・ガーデン(The Japanese Friendship Garden of Phoenix)の基本情報
住所:1125 N 3rd Ave, Phoenix, AZ 85003, United States
電話:+1-602-274-8700
営業時間:9:00~16:00
休業日:月曜日
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約7分
料金:大人 10ドル(約1,321円)、62歳以上 8ドル(約1,057円)7〜17歳・学生  7ドル(約925円)6歳以下は無料
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://www.japanesefriendshipgarden.org/

フェニックス・アート・ミュージアム

アメリカ南西部で最大の美術館


photo by unsplash
※画像はイメージです

ダウンタウンにあるフェニックス・アート・ミュージアムは、アメリカ南西部にある最大の美術館です。広々としたスペースにはインパクトのあるアート作品が並んでいて、床から天井まで続く巨大でユニークな作品が楽しめます。

全部で9つのセクションに分かれており、アメリカ初期のころの作品だけでなく、14〜16世紀ごろのルネサンス期の絵画や彫刻から日本や中国をはじめとするアジアの作品も並んでいるのが特徴です。


photo by unsplash
※画像はイメージです

ミュージアムは南北2つの建物で構成されていて、エントランスがある北側には歴史的なアート作品、南側には近現代のアート作品が展示されています。

図書館やアートショップなども館内に併設されているので、ゆっくりとした時間が過ごせますよ。英語での無料ガイドツアーも実施されているので、アート作品について深く知識を深めたい方はぜひ参加してみてくださいね!

フェニックス・アート・ミュージアム(Phoenix Art Museum)の基本情報
住所:1625 N Central Ave, Phoenix, AZ 85004, United States
電話:+1-602-257-1880
営業時間:水曜日 10:00~21:00、木曜〜日曜日 10:00~17:00
休業日:月曜日、火曜日、その他アメリカの祝日に準ずる
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約7分
料金:大人 24ドル(約3,170円)、シニア 21ドル(約2,774円)学生 19ドル(約2,510円)、6〜17歳 5ドル(約660円)、5歳以下は無料
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://phxart.org/

フェニックスの子連れで楽しめる観光地6選

フェニックスには子連れで楽しめる観光地もあります。動物や自然と触れあえるスポットや子どもの体験型施設など、ファミリーでも満喫できるフェニックスの観光スポットをご紹介!

パパゴ・パーク

 フェニックスが一望できる市立公園


photo by Unsplash

パパゴ・パークは空港から車で約5分の場所にある、アクセスばつぐんな市立公園です。フェニックスとテンピにまたがる公園の敷地はとても広く、子どもと一緒にのんびりとした時間が過ごせますよ。

赤茶色のゴツゴツとした岩山が特徴的で、初心者用のトレイルもあります。トレイルと言っても舗装されているエリアもあるため、ベビーカーを押して歩いている人もいるんだとか。とはいえ少し砂利道になっているので、スニーカーや動きやすい服装で訪れるのがおすすめです。


photo by Unsplash

パパゴ・パークに来たら見ておきたいのが、ホール・イン・ザ・ロック。フェニックスの街並みが、岩の穴から覗ける人気スポットです。近くには駐車場やトレイルの道案内マップもあるので、すぐに見つけられますよ!

また、アリゾナ州の初代知事であるハンツ氏のお墓であるHunt’s Tomb (ハンツ トゥーム)も園内にあります。パパゴ・パークでピクニックやハイキングなど、子どもと大自然を満喫してくださいね!

パパゴ・パーク(Papago Park)の基本情報
住所: 625 N Galvin Pkwy, Phoenix, AZ 85008, United States
電話:+1-602-495-5458
営業時間:5:00~23:00
休業日:なし
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約5分
料金:無料
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://www.phoenix.gov/parks/trails/locations/papago-park

フェニックス動物園

ラクダに乗れる体験が人気!


photo by Unsplash

パパゴ・パークに併設されたフェニックス動物園は、空港から車で約8分の場所にあります。東京ドーム10個分以上もの広大な敷地には絶滅危惧種を含む約400種、約3,000頭の動物が飼育されています。

園内で一番人気のアクティビティが、ラクダに乗るキャメルライド。ひとり8ドル(約1,057円)で可愛らしいラクダに乗って記念写真が撮れます。2歳以下の子どもと妊婦の方は参加できないので、注意してくださいね。


photo by Unsplash

園内にはアメリカで唯一のウォークスルーのリスザルの展示やトラクターに乗って本場の農場体験、生後18ヶ月以上の子どもが楽しめる遊び場などがあり、1日中動物園で過ごせます。

とはいえ敷地が広いので、有料でクルーザーに乗って動物園を効率よく回ることもできますよ。また、バックステージアドベンチャーでは動物たちの生息地の一部を見学する貴重な体験もでき、より動物園を楽しめるでしょう。

フェニックス動物園(The Phoenix Zoo)の基本情報
住所:455 N Galvin Pkwy, Phoenix, AZ 85008, United States
電話:+1-602-286-3800
営業時間:9:00~16:00
休業日:12月25日
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約8分
料金:大人 39.95ドル(約5,277円)3〜13歳 27.95ドル(約3,692円)
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://www.phoenixzoo.org/

フェニックス警察博物館

貴重な展示物も無料で見学できる!


photo by Unsplash

フェニックス警察博物館は、空港から車で約10分のダウンタウンに位置しています。フェニックス市庁舎の1階にあり、140年以上のフェニックス警察の歴史を垣間見ることのできる博物館です。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

以前使われていたパトカーやバイクに乗って写真が撮れたり、子どもは本物のフェニックス警察の制服を着て記念写真が撮れたりします。さらに子どもはぬり絵ブックやクレヨン、ステッカーバッチなどがもらえる特典もついています!

博物館には駐車場がないため、車で訪れる際はあらかじめ駐車場を探しておくことをおすすめします。また、木曜日は予告なしに臨時休館する場合があるので、公式サイトをご確認ください。

フェニックス警察博物館(The Phoenix Police Museum)の基本情報
住所:Historic City Hall, 17 S 2nd Ave, Phoenix, AZ 85003, United States
電話: +1-602-534-7278
営業時間:9:00~15:00
休業日:土曜日、日曜日、その他アメリカの祝日に準ずる
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約10分
料金:無料
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://phxpdmuseum.org/

アリゾナ・サイエンス・センター

300以上の展示やプラネタリウムなど見どころがたくさん!

アリゾナ・サイエンス・センターは、空港から車で約13分の場所にあります。4階建ての館内には300以上の体験型展示品があり、年間50万人以上が訪れる人気スポットです。

展示品は7つのテーマに分かれており、人間の体の不思議について学べるブースや化学実験の実演をやっているところなど、1日中いても親子で楽しめるでしょう。


photo by unsplash

別途料金で体験できるアリゾナの夜空を再現したプラネタリウムや飛行機が人々に与える影響を探る映画の鑑賞など、ユニークなシアターもありますよ。スケジュールによって上映内容が異なる場合もあるため、詳しくは公式サイトをご確認ください。

アリゾナ・サイエンス・センター(The Arizona Science Center)の基本情報
住所:600 E Washington St, Phoenix, AZ 85004, United States
電話:+1-602-716-2000
営業時間:10:30~16:00
休業日:11月第4木曜日(感謝祭)、12月25日
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約13分
料金:大人 21.95ドル(約2,899円)、3〜17歳 15.95ドル(約2,107円)
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://www.azscience.org/

ホール・オブ・フレーム・ファイアー・ミュージアム

実際に使われていたものも展示中


photo by Unsplash

ホール・オブ・フレーム・ファイアー・ミュージアムは、空港から車で約7分の場所に位置しています。消防の歴史と伝統を守るために設立されて、100台以上のトラックや大型消防機器、数千点以上のものが展示されている世界最大の消防歴史博物館です。

初期の消防技術に関するものや1800年代の消防器具など、レアな展示も鑑賞できますよ。人力消防車や馬が引く消防車、殉職した消防士を称えるエリアなど、消防の歴史を感じることでしょう。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

展示品の中には、2001年9月11日に世界貿易センターに到着したニューヨークのレスキュー隊が使用していたものもあります。子ども向けの展示には、フランスの消防車に乗り込んで遊べるところや消防士の格好ができたり出動用のポールを登ったりできるスペースもあり、英語がわからなくても楽しめるでしょう。

ホール・オブ・フレーム・ファイアー・ミュージアム(Hall of Flame Fire Museum)の基本情報
住所:6101 E Van Buren St, Phoenix, AZ 85008, United States
電話:+1-602-495-5458
営業時間:10:00~18:00
休業日:日曜日、月曜日、その他アメリカの祝日に準ずる
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約7分
料金:大人 17ドル(約2,245円)、6〜17歳と62歳以上 15ドル(約1,981円)、3〜5歳 10ドル(約1,321円)、3歳未満は無料
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://hallofflame.org/

子ども博物館

赤ちゃんから10歳までの子どもが楽しめる遊び場

子ども博物館は空港から車で約6分の場所にある、室内で遊べるアクティビティ施設です。天候に左右されずに過ごせるので、天気が崩れてしまってもフェニックス観光ができますよ。

ブロックエリアや図書エリア、アスレチックエリアなど、子どもの遊び心を刺激するスペースがたくさん!館内にはカフェや工作やペイントなどのイベントもあり、大人も一緒に楽しめます。

0歳の赤ちゃんからでも参加できるプログラムや、3歳以下の子どもの成長に合わせてつくられた遊び場も設置されています。そのため、幼い子どもとの旅行でも安心して観光に行けますね!

館内だけでなく屋外にも遊べるエリアがあるので、のびのびと子どもを遊ばせたい方は必見のスポットです。

子ども博物館(Children’s Museum of Phoenix)の基本情報
住所:215 N 7th St, Phoenix, AZ 85034, United States
電話:+1-602-253-0501
営業時間:9:00~16:00
休業日:月曜日
アクセス: フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港から車で約6分
料金:1歳以上 16ドル(約2,113円)、62歳以上 15ドル(約1,981円)
※2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算
公式サイト:https://childrensmuseumofphoenix.org/

フェニックス観光を満喫!おすすめモデルコース


photo by Unsplash

フェニックスには大自然を満喫できるスポットや芸術に触れられる観光地まで、見どころがたくさんあります。そのため、どのようにスケジュールを組めばいいのか悩みませんか?

そこでフェニックス旅行初心者でも、フェニックスを存分に楽しめるモデルコースをご紹介!日本からの直行便がないため、アメリカの国内線を利用してフェニックスに移動します。サンフランシスコ経由なら約2時間、シアトル経由だと約2時間40分ほどでフェニックスに到着しますよ。

ちなみにフェニックスの周辺にはサワロ国立公園やグランドキャニオン、セドナなど日帰りで行ける有名観光地もあるので、郊外のスポットをスケジュールに組み込むのもおすすめです。

フェニックスを満喫する2泊3日の観光モデルケース


photo by pixabay

フェニックス着のフライトは朝から夜まであります。スケジュールや予算によって、到着時刻を決めるのがおすすめ。日帰りで行けるスポットにも足を伸ばして、フェニックス旅行を満喫しましょう。


photo by Unsplash

<スケジュール例>
1日目 フェニックス到着→ダウンタウンでランチ→フットプリント・センターでNBAの試合を鑑賞

2日目 Route 179を通ってセドナまでドライブ(約2時間)→ドライブ中に見られるヴォルテックス(岩山)の景色を楽しむ→セドナの人気スポットUptown Sedona(アップタウン・セドナ)でランチや観光

3日目 サウス・マウンテン・パークの展望台からフェニックスの街並みを堪能→砂漠植物館でサボテン鑑賞→乗り継ぎ便へ

フェニックスを家族連れで楽しむ2泊3日の観光モデルケース


photo by Unsplash

家族連れでフェニックス観光をするなら、子どもと1日中楽しく過ごせるスポットへ!フェニックスで人気の観光地も外さずに、旅行を楽しみましょう。


photo by Unsplash

<スケジュール例>
1日目 フェニックス到着→子ども博物館でランチや遊びを楽しむ→ダウンタウンで買い物やディナー→ホテルへ

2日目 アリゾナ・サイエンス・センター→フェニックス警察博物館

3日目 パパゴ・パーク散策→フェニックス動物園→乗り継ぎ便へ

アメリカ・フェニックスの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、フェニックスのおすすめ人気観光地をご紹介しました。空港から各スポットが近いため、フェニックス旅行初心者でもアクセスが簡単ですよ。

トレイルや動物園などではガイドツアーも行われているため、より効率よく楽しみたい方は参加してみるのもおすすめです。ご紹介した人気スポットやモデルコースを参考にして、フェニックス旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
※記事内の金額は2023年1月8日のレート、1ドル=132.08円で計算しています。

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

アメリカの東京発のおすすめツアー

アメリカ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報