NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】アメリカ・セントルイスのおすすめ観光地10選!名所や穴場を厳選

アメリカ西部の都市セントルイスには、ゲートウェイアーチやブッシュスタジアムなどの有名な観光地がいっぱい! 今回は、アメリカ・セントルイス旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、セントルイス旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

アメリカ西部の都市セントルイスには、ゲートウェイアーチやブッシュスタジアムなどの有名な観光地がいっぱい!

今回は、アメリカ・セントルイス旅行でおすすめの観光スポットを人気ランキング上位から10選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、セントルイス旅行の参考にしてくださいね!

Contents

アメリカ・セントルイスの人気観光スポット!


photo by Unsplash

アメリカ西部開拓の出発点として知られるセントルイス。ミズーリ州の東部に位置するミシシッピ川沿いの商工業都市です。セントルイスには歴史や文化を堪能できる観光名所が点在しており、日本人も多く在住しています。そんなセントルイスには、街のシンボルとも言われるモニュメントや野球観戦を楽しめる球場、子連れ旅行におすすめな動物園などの観光地が盛りだくさん!

主要な観光スポットへは公共交通機関でもアクセスできますが、レンタカーがあるとスムーズに移動できます。セントルイスは、アメリカの中では治安が悪い都市と言われているため、観光時にはトラブルに巻き込まれないよう注意が必要です。治安のことも考えると、現地ツアーで安全かつ効率的に観光するのもいいでしょう。

今回はセントルイスの人気観光地をご紹介!人気の有名スポットから穴場スポットまで厳選したので、参考にしてみてくださいね。

セントルイスで絶対行きたいおすすめ観光地5選

まずは初めてのセントルイス旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!セントルイスの中心部に位置する場所ばかりなので、土地勘がない方でも移動しやすいのがうれしいポイントです。

ゲートウェイアーチ

ダウンタウン中心部にあるセントルイスのシンボル


photo by Unsplash

セントルイスのダウンタウンに突如現れるゲートウェイアーチ。アメリカ西部開拓の出発点となったセントルイスを記念して建てられ、今では街のシンボルとして観光客からも親しまれている人気の観光スポットです。巨大な湾曲を描くように建てられたアーチは、街のどこに居ても目に入る圧倒的な存在感を放ちます。

遠目から見ても幻想的ですが、せっかくであればアーチの内部に入ってみるのがおすすめ!実は、アーチの内部は展望台になっており、頂上からはセントルイスの街並みを一望できるんですよ。遮るものが一切なく、360度ぐるりと見渡せるので、思う存分絶景を楽しむことができます。


photo by pixabay

地上192メートルからの眺めは圧巻で、快晴時には約48キロメートル先の景色まで見渡せるんだとか!アーチ内には西部開拓博物館が併設されており、建設当時の様子や1880年代のセントルイスの暮らしぶり、西部開拓時の歴史などにまつわる展示が充実しています。セントルイスの歴史を学ぶには、ぴったりのスポットと言えるでしょう。

アーチの両隣にあるギフトショップでは、セントルイスのお土産をゲットすることもできますよ。春から夏にかけての繁忙期は混雑するため、インターネットで事前予約をしておくのがおすすめです。

ゲートウェイアーチ(GATEWAY ARCH)の基本情報
住所: 11 North 4th Street,St. Louis, MO 6310211 North 4th Street
St. Louis, MO 63102
電話:+1 877-982-1410
営業時間:夏期 9:00~20:00、冬期 9:00~18:00
※公園の敷地は、年間で5:00~23:00まで開園
休業日:サンクスギビング(11月の第4木曜日)、12月25日、1月1日
アクセス:セント・ルイス・ランバート国際空港から車で約20分、ダウンタウンから徒歩すぐ
料金:16歳以上 41USドル(約5,686円)~、3歳~15歳 26USドル(約3,606円)~
※2023年7月17日のレート、1USドル=138.703円で計算
※アーチ頂上までのトラム乗車、ドキュメンタリー映画、1 時間のセントルイス リバーフロント クルーズ込の料金です
公式サイト:https://www.gatewayarch.com/

ミズーリ植物園

華やかなボタニカルガーデンで癒やしの時間を


photo by pixabay

広大な敷地を有するミズーリ植物園は、ボタニカルな草花を楽しめることで有名な観光スポットです。イングリッシュ ウッドランド ガーデンやババリアガーデンなど、テーマごとに庭園が分かれており、珍しい品種の植物も多数植えられています。

なかでもおすすめなのは、ドーム型の温室であるクライマトロン。一歩足を踏み入れると熱帯雨林が広がっており、日本では見られないカラフルな草花が生い茂っています。ドーム内には小川も流れており、実際にアマゾンに迷い込んだような気分を味わえますよ。


photo by unsplash

クライマトロンと並び、ミズーリ植物園の目玉として人気なのが、清和園とよばれる日本庭園です。アメリカ最大級とも言われる広さを誇り、春には桜やハナミズキ、秋には紅葉を楽しむことができます。

ほかにも、大きな池や太鼓橋など、日本の風情を感じる仕掛けが盛りだくさん!細部まで丁寧に手入れされており、日本さながらのうつくしい庭園に、思わずうっとりしてしまうでしょう。植物園を全て見て回るには3時間ほど必要なので、ぜひ時間に余裕を持って園内を散策してみてくださいね。

ミズーリ植物園(Missouri Botanical Garden)の基本情報
住所:4344 Shaw Blvd,St. Louis, MO 63110
電話:+1 314-577-5100
営業時間:9:00~17:00
※最終入場は16:30
休業日:12月25日
アクセス:セント・ルイス・ランバート国際空港から車で約20分、ダウンタウンから車で約10分
料金:13歳以上 14USドル(約1,941円)、12歳以下 無料
※2023年7月17日のレート、1USドル=138.703円で計算
公式サイト:https://www.missouribotanicalgarden.org/

セントルイス大聖堂

荘厳な雰囲気がただよう魅惑の教会


photo by Unsplash

セントルイスの街中にたたずむセントルイス大聖堂は、1914年に完成した歴史ある教会です。石造りで建てられた外観からは厳かな雰囲気を感じられ、その迫力に圧倒されてしまいます。


https://www.flickr.com/photos/prayitnophotography/47317971201
Cathedral Basilica of St Louis by Thank You (23 Millions+) views iis licensed under CC BY 2.0

セントルイス大聖堂に来たら、内部の見学もはずせません!十数人の建築家と職人の手によって設計され、アーチ型の天井と巨大なモザイク画が印象的です。細部に至るまで装飾が施されており、そのうつくしさは西洋のローマと称されるほど。

聖堂内のモザイク壁画は、世界最大規模の壁画として知られています。地下にあるモザイク博物館ではツアーも開催しており、大聖堂の歴史や建築について詳しく学ぶことが可能です。

ミサや結婚式などの時間以外は自由見学も可能なので、ぜひ聖堂内も見学して帰ってくださいね。

セントルイス大聖堂(Cathedral Basilica of Saint Louis)の基本情報
住所:4431 Lindell Blvd, St. Louis, MO 63108
電話:+1 314-373-8200
営業時間:7:00~17:00
※ミサは毎日7:00、8:00、12:05~
休業日:祭事によって異なる
アクセス:セント・ルイス・ランバート国際空港から車で約20分、ゲートウェイアーチから車で約15分
料金:無料
公式サイト:https://cathedralstl.org/

ブッシュスタジアム

カージナルスの本拠地で野球観戦に白熱!


photo by Unsplash

スポーツ好きの方にとっては、ブッシュスタジアムも押さえておきたいおすすめの観光スポットのひとつ。2006年にオープンし、ナショナルリーグの名門セントルイス・カージナルスの本拠地として知られています。日本人にとっては、WBCで大活躍したラーズ・ヌートバー選手が所属する球団と言えば、なじみ深いかもしれませんね。

実はセントルイスは、全米一野球人気が高いとも言われる地域。野球の試合がある日には多くのファンが集まり、球場全体が熱気に包まれます。周辺にはスポーツバーも多く、野球好きの方にとってはまさに聖地と言えるでしょう。


photo by Unsplash

試合日以外には、約3つの球場ツアーも開催。2023年の夏からスタートする新たなツアーでは普段入場できないエリアを見学でき、球場をぐるりと1周しながら観光していきます。カージナルスの歴史を肌で体感できるツアーなので、気になる方は予約をお忘れなく!

また、ブッシュスタジオ内にはオフィシャルチームストアもあり、Tシャツやキャップなどのグッズを購入することができます。現地でしか購入できないものばかりなので、野球好きの方へのお土産を購入するのもおすすめですよ。

ブッシュスタジアム(Busch Stadium)の基本情報
住所: 700 Clark Street,St. Louis, MO 63102
電話:+1 314-345-9600
営業時間:試合によって異なる
休業日:試合によって異なる
アクセス:セント・ルイス・ランバート国際空港から車で約20分、ゲートウェイアーチから徒歩約12分
料金:試合によって異なる
公式サイト:https://www.mlb.com/cardinals/ballpark/information

セントルイス動物園

地元民も訪れる有名な動物園をのんびり観光


https://www.flickr.com/photos/paparutzi/2065561273
saint louis zoo by christina rutz is licensed under CC BY 2.0

大学や美術館などが集まるフォレスト・パーク内にあるセントルイス動物園。無料で入場できることから、観光客だけでなく地元民からも愛されている動物園です。無料とはいえ、5つのエリアに分かれた広大な規模で、約16,000頭を超える動物たちが飼育されています。

園内には、ライオンやトラ、ゴリラ、ヒョウなど、子どもにも人気な動物が目白押し!のびのびと元気に動き回る動物の姿に、思わず顔もほころびます。なかには、絶滅危惧に瀕する動物も飼育されており、動物保護の重要性を感じられますよ。


photo by Unsplash

ペンギンやカバなどの水中動物もたくさんおり、水族館としても楽しめるのがうれしいポイント。ほかにも、日本ではあまり見られないプレーリードッグも見どころですよ。

子どもから大人まで楽しめるセントルイス動物園は、子連れにおすすめの観光スポット。週末はかなり混雑するので、できれば平日に訪れるのがおすすめです。

セントルイス動物園(Saint Louis Zoo)の基本情報
住所:1 Government Drive St. Louis, MO 63110
電話:+1 314-781-0900
営業時間:日曜~木曜 8:00~17:00、金曜~土曜 8:00~6:30(2023年5月30日~8月20日)・毎日 9:00~17:00(2023年8月21日~10月11日)・毎日 9:00~16:00(2023年10月12日~12月30日)
※営業時間は変更になる場合があります
休業日:12月25日
アクセス:セント・ルイス・ランバート国際空港から車で約18分、ダウンタウンから車で約10分
料金:無料
公式サイト:https://stlzoo.org/

セントルイスの知る人ぞ知る穴場観光地5選

ここからは、知る人ぞ知るセントルイスの穴場観光スポットをご紹介します。試飲も楽しめるビール工場や子どもと楽しめる博物館、お土産探しにぴったりな繁華街など、どれも気になる場所ばかり!時間があればぜひとも行きたい観光地なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

アンハイザー・ブッシュ工場

バドワイザーのビール工場で試飲を堪能


https://www.flickr.com/photos/chris-yunker/3923304519
Anheuser-Busch Brewery by Chris Yunker is licensed under CC BY 2.0

バドワイザーと呼ばれるビールの銘柄をご存じですか?セントルイスに本社を置くアンハイザー・ブッシュ社が生産しており、市内にある工場ではその生産工程を見学できるツアーが開催されています。アンハイザー・ブッシュ社は、世界第3位の生産量を誇るビール会社。お酒好きの方なら、ぜひとも訪れておきたい人気スポットです。

工場見学ツアーは工場内にあるビジターセンターで受け付けており、ほぼ毎日開催されています。タンク室をはじめとする醸造工程を見学でき、ビール製造の裏側を学べるのが最大の魅力です。


https://www.flickr.com/photos/16801915@N06/5946116781
Anheuser Busch Brewery by Reading Tom is licensed under CC BY 2.0

なんとツアー中には、できたてのハドワイザービールの試飲も!ハドワイザービールは喉越しがスッキリとしており、ゴクゴクと飲めるキレのよさが特徴です。工場見学をした後に試飲すれば、普段とは違った味わいを楽しめそうですね。試飲時には年齢確認があるため、パスポートを忘れずに持参しましょう。

また、ビジターセンターの隣にはビアガーデンやレストランも併設。ローストチキンやナチョスなど、ビールに合う軽食が多く提供されており、開放的な空間でおいしい食事を堪能できます。工場見学ツアーでもらうトークンと交換すれば、ビールを1杯無料でいただけますよ。

アンハイザー・ブッシュ工場(Anheuser-Busch St. Louis Brewery)の基本情報
住所: 1200 Lynch St, St. Louis, MO 63118
電話:+1 800-342-5283
営業時間:毎日9:00~17:00(ツアー)
休業日:ツアーによって異なる
アクセス:セント・ルイス・ランバート国際空港から車で約20分、ダウンタウンから車で約10分
料金:DAY FRESH TOUR 15USドル(約2,080円)、FINISHER TOUR 20USドル(2,774円)CLYDESDALE VIP EXPERIENCE 30USドル(4,161円)
※2023年7月17日のレート、1USドル=138.703円で計算
公式サイト:https://www.budweisertours.com/

シティ ミュージアム

子連れにおすすめ!見て触れて楽しめる人気博物館


https://www.flickr.com/photos/smoses/3396114864
City Museum by Wisconsin Denizen is licensed under CC BY 2.0

子連れでセントルイス旅行を楽しむなら、シティミュージアムに足を運んでみては?博物館の外には飛行機や宇宙船が展示されており、入場する前からワクワクが止まりません!館内は、ロケット船や消防車などの彫刻が展示されたモンストロシティ、ジャグリングやアクロバットのショーを鑑賞できるシティサーカスなど、4つのフロアと屋上に分かれています。

ほかにも、子どもが滑れるスライダーや神秘的な洞窟、世界最大の鉛筆の展示など、アトラクションやアート作品がたくさん!定期的にイベントも開催されており、朝から夜まで1日中楽しむことができます。


https://www.flickr.com/photos/16801915@N06/5946658376
City Museum by Reading Tom is licensed under CC BY 2.0

シティ ミュージアムでは自由に触れる展示品も多く、見るだけでなく自分で動かしながら楽しめるのが特徴です。子どもを飽きさせない工夫が施されているので、体験学習としてもぴったりのスポットですよ。

また、ルートマップは一切ないので、どこから見学を始めるかももちろん自由!興味の赴くままに、館内を探検していきましょう!

シティ ミュージアム(City Museum)の基本情報
住所:750 North 16th Street,St. Louis, MO 63103
電話:+1 314-231-2489
営業時間:曜日によって異なるため、詳しくは公式サイトをご確認ください
休業日:不定休
※公式サイトをご確認ください
アクセス:セント・ルイス・ランバート国際空港から車で約15分、ゲートウェイアーチから車で約10分、徒歩で約30分
料金:大人 20USドル+税~(2,774円)、3歳以下 無料
※1日券の料金です
※2023年7月17日のレート、1USドル=138.703円で計算
公式サイト:https://www.citymuseum.org/

セントルイス美術館

神殿のような美術館で世界の名画を楽しんで


photo by Unsplash

セントルイス美術館は、フォレスト・パークの丘に位置する総合美術館。まるで神殿のような真っ白な外観が目を引き、建築物としても人気を集めている注目の観光スポットです。5,000年の歴史にまたがる作品を所蔵しており、そのコレクション数はなんと約36,000点!古代美術や近代絵画、イスラム美術、彫刻作品など、貴重な展示品の数々を一度に見学できます。

なんといっても見どころは、ミレーやモネ、ゴッホなどのコレクション。美の巨匠たちが手がけた作品は、ずっと眺めていたくなるほど不思議な魅力を秘めています。特に、温かい色味と優しいタッチで仕上げられたモネの睡蓮は、必ず見ておきたい展示のひとつですよ。


https://www.flickr.com/photos/clairity/49126869603
Saint Louis Art Museum 9/28/19 #stlartmuseum by Sharon Mollerus is licensed under CC BY 2.0

館内にはコーヒーショップも併設されており、見学途中で休憩を取ることも可能です。ゆったりと落ち着いた雰囲気なので、人ごみに疲れたときにもぴったりですね。

膨大なコレクションが展示されているセントルイス美術館ですが、入場は無料となっています。ほかの観光スポットからも近いため、時間がある方はふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

セントルイス美術館(Saint Louis Art Museum)の基本情報
住所: One Fine Arts Drive, Forest Park, St. Louis, Missouri 63110
電話:+1 314.721.0072
営業時間:火曜~日曜 10:00~17:00、金曜 10:00~21:00
※チケット制の展覧会への最終入場は閉館1時間前
休業日:月曜、サンクスギビング(11月の第4木曜日)、12月25日
アクセス: セント・ルイス・ランバート国際空港から車で約15分、MetroLink Skinker駅より徒歩約15分
料金:無料
公式サイト:https://www.slam.org/

デルマーループ

若者が集まるショッピング&ディナースポット


https://www.flickr.com/photos/pasa/33624818682
The Delmar Loop by Paul Sableman is licensed under CC BY 2.0

セントルイスで食事に困ったら、デルマーループを訪れてみましょう。レストランやカフェが多く立ち並ぶ繁華街で、近くに大学があることから、地元の若者で常ににぎわっています。

テキサス風バーベキューやホットドッグ、ピザショップなど、多種多様なレストランが営業しているので、食事に困ることはありません。飲み屋街としても知られており、夜になると飲み歩きを楽しむ人もちらほら。ただし、デルマーループよりも北のエリアは治安が悪いと言われているため、あまり近づかないようにしましょう。


https://www.flickr.com/photos/pasa/6342606171
Tivoli Theater in the Delmar Loop by Paul Sableman is licensed under CC BY 2.0

デルマーループには、レストランだけでなく、衣服や工芸品などのアンティークショップも軒を連ねています。現地でしか購入できないアメリカン雑貨店やデザイナーショップなどもあるため、お土産探しをしたいときにもおすすめですよ。

デルマーループ(Delmar Loop)の基本情報
住所: Delmar Loop,St. Louis
電話:-
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:セント・ルイス・ランバート国際空港から車で約15分、ダウンタウンから車で約15分
料金:散策自由

グランツファーム

広大な敷地の農場で動物たちと触れ合おう!


https://www.flickr.com/photos/pasa/51385413231
Grant's Farm by Paul Sableman is licensed under CC BY 2.0

セントルイス中心部から少し足を伸ばした郊外にある、グランツファーム。普段は農場として運営されていますが、観光客が多く訪れる人気の観光スポットでもあります。広大な敷地内にはアルパカやポニーなどの動物がおり、エサやり体験や乗馬体験を楽しむことが可能です。

ほかにも、バイエルン地方の伝統様式で建てられた農家では、おいしいランチを提供。プレッツェルやブラットブルストなど、映画に出てくるようなドイツ料理を堪能できます。21歳以上の来場客には、ホスピタリティールームでハドワイザービールの無料試飲も行っていますよ。


https://www.flickr.com/photos/aka_kath/4797634545
Grant's Farm by Katherine Johnson is licensed under CC BY 2.0

農場内はトラムで移動できるので、子ども連れでも長時間回りやすいのが魅力ですよ。

またグランツファームでは、花火の打ち上げやエレファントショーなど、連日さまざまなイベントを開催しています。演目に関しては公式サイトで確認できるので、イベント日時に合わせて訪れるのもおすすめです。

グランツファーム(Grant's Farm)の基本情報
住所:10501 Gravois Rd.St. Louis, MO 63123
電話:+1 314- 843-1700
営業時間:曜日によって異なるため、詳しくは公式サイトをご確認ください
休業日:なし
※変更の可能性があります
アクセス: セント・ルイス・ランバート国際空港から車で約25分、ダウンタウンから車で約20分
料金:無料
公式サイト:https://grantsfarm.com/

セントルイス観光に必要な日数とおすすめモデルコース


photo by Unsplash

セントルイスは、歴史的建造物や博物館が点在する人気観光地!一度は訪れたい有名スポットから時間があればいきたい穴場スポットまで、見どころも満載です。

アメリカのほかの都市と比べて観光地として脚光を浴びることは少ないですが、セントルイスのすべての観光スポットを回りたい場合は2泊3日で滞在するのがおすすめ。人気の場所だけでよければ、1泊2日でも十分まわることができますよ。

ここからは、王道スポットをサクッと巡る1泊2日のコースと、セントルイスをとことん満喫する2泊3日のコースをご紹介します!セントルイス旅行に行く際はぜひ参考にしてくださいね。

セントルイスの有名スポットを満喫!1泊2日モデルコース


photo by Unsplash

セントルイス観光に時間を取れないという方は、人気の定番スポットを巡る王道コースがおすすめです。公共交通機関ではスリや置き引きなどの危険もあるため、可能であればレンタカーを利用するとよいでしょう。


photo by Unsplash

〈スケジュール例〉
1日目 ゲートウェイアーチ→セントルイス大聖堂→セントルイス動物園→セントルイス美術館→ダウンタウンでディナー

2日目 ミズーリ植物園→ブッシュスタジアムで野球観戦→アンハイザー・ブッシュ工場のビアガーデンでディナー→帰国

音楽好きの方は、ブルースミュージアムにも立ち寄ってみましょう。ブルース音楽の歴史に関する博物館で、館内では手工芸品の展示やライブ パフォーマンスなどが実施されています。

ダウンタウンのエリアにあるので、興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね。

セントルイスを思う存分楽しむ2泊3日のモデルコース


photo by Unsplash

魅力いっぱいのセントルイスは、朝から夜までめいいっぱい楽しむのがおすすめです!時間がある2日目・3日目には、博物館や郊外にあるグランツファームに足を伸ばしてみましょう。


photo by unsplash

〈スケジュール例〉
1日目 ゲートウェイアーチ→ダウンタウンでランチ→ブッシュスタジアムで野球観戦→デルマーループでディナー→ホテルに宿泊

2日目 セントルイス動物園→セントルイス美術館→シティ ミュージアム→セントルイス大聖堂→ダウンタウンでディナー→ホテルに宿泊

3日目 ミズーリ植物園→グランツファーム→ダウンタウンでお土産探し→帰国

アメリカ・セントルイスの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、アメリカ・セントルイスのおすすめ観光スポットをご紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるセントルイスでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、セントルイス旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年7月17日のレート、1USドル=138.703円で計算しています。

cover photo by Unsplash

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

アメリカの東京発のおすすめツアー

アメリカ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報