NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】トルコでおすすめの観光スポット10選!エリア別に厳選

トルコには、ブルーモスクやカッパドキアなどの有名な観光地がいっぱい!今回は、トルコ旅行でおすすめの観光スポットを10選ご紹介します。メインの観光都市・イスタンブールの名所から地方都市の穴場スポットまでエリア別に厳選したので、トルコ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

トルコには、ブルーモスクやカッパドキアなどの有名な観光地がいっぱい!今回は、トルコ旅行でおすすめの観光スポットを10選ご紹介します。メインの観光都市・イスタンブールの名所から地方都市の穴場スポットまでエリア別に厳選したので、トルコ旅行の参考にしてくださいね!

Contents

トルコ観光における基本情報!

日本との時差

6時間(トルコが午前8時のとき、日本が午後14時)

フライト時間

約20時間前後(乗り継ぎ時間含む)

公用語

トルコ語

通貨

トルコリラ

治安

観光地・繁華街などではスリやひったくりに注意が必要

物価

日本に比べて物価が安い傾向

電源プラグ

Cタイプ
※変換プラグが必要

トルコには魅力的な人気観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash 

西洋とアジアを結ぶ場所にあるトルコは、それぞれの文化が混ざり合った独特な異国情緒が感じられる魅力的な観光地。古代からの歴史的な文化遺産も多く残っているため、神話や歴史好きな人にもおすすめです。

トルコは、観光の中心地でもある大都市イスタンブールをはじめ、有名な遺跡群を誇る南西部のエーゲ海&地中海エリア、人気の観光地のカッパドキアがある中部エリアなど、一度は訪れてみたい観光スポットがたくさん!

人気名所をじっくりと周遊したり、旅行期間に余裕を持たせて地方都市に足を運ぶのも良いでしょう。

トルコ・イスタンブールのおすすめ人気観光スポット5選

初めてのトルコ旅行で、まず訪れたいのが人気観光スポットが集まるイスタンブールです。大都市なので交通の便も良く、観光もしやすいのが特徴。

有名なモスクから世界最古のショッピングスポットまで見どころがたくさんあるので、行きたい観光スポットを旅行前にチェックしておきましょう!

トプカプ宮殿

トルコの世界最大の宮殿博物館


photo by Unsplash

トプカプ宮殿は、トルコ・イスタンブールで最も古い歴史地区にある、世界最大の宮殿博物館のひとつです。約70万平米の広大な敷地があり、オスマン帝国時代の約400年もの間、行政や教育、芸術の中心地として栄えてきた歴史をもちます。

宮殿内では、4つの美しい中庭での散策を楽しんだり、以前は教会として使われ、現在は博物館となっている歴史的建造物を見学できたり、見どころが尽きません。オスマン帝国時代の歴史を勉強してから訪れると、より深く楽しめますよ!


photo by Unsplash

トプカプ宮殿の中で特に印象的なのは、第2の中庭にある正義の塔の下に入口があるハレム(ハーレム)です!ハレムとは、皇帝であるスルタンやその妻・子供たちを含む王室メンバーが住んでいた場所を指します。

ハレムには300以上の部屋、寮、9つの浴場、2つのモスク、病院、ランドリーで構成されており、その部屋の一部が観光客に開放されています。部屋は16世紀から19世紀のさまざまなスタイルを反映した建築で、ハレムでの豪華絢爛な生活が垣間見れますよ。

ハレムエリアのみ入場料とは別にチケットが必要ですが、その価値はありますので、ぜひ訪れてみてくださいね。

トプカプ宮殿(Topkapı Sarayı)の基本情報
住所:Cankurtaran, 34122 Fatih/İstanbul
電話:+90 0 (212) 512 04 80
営業時間:9:00~18:00
休業日:火曜・祝日
アクセス: グルハネ駅から徒歩で約10分
料金:750トルコリラ(約4,081円)、ハレムエリア 350トルコリラ(約1,904円)
※2023年9月14日のレート、1トルコリラ=5.44円で計算
公式サイト:https://www.millisaraylar.gov.tr/

ブルーモスク(スルタンアフメット・ジャーミィ)

ユネスコ世界遺産に登録されている美しいモスク


photo by Unsplash

ブルーモスクは、トルコ・イスタンブールの中心地にあるモスクで、ユネスコ世界遺産にも登録されています。オスマン建築の傑作のひとつと言われ、毎日観光客で賑わう、イスタンブールで最も人気のある観光スポットです。

オスマン帝国時代の歴史を感じつつ、息を呑むような美しい内装が見られるので、トルコを訪れたら必ず立ち寄りたい名所!ブルーモスクの愛称で親しまれていますが、実際にはスルタンアフメト・モスクまたはスルタンアフメット・ジャーミイという正式名があります。


photo by Unsplash

ブルーモスクの内部には、何百メートルもの貴重なシルクの絨毯や、世界中から取り寄せたクリスタルのランプがあり、異国情緒を感じさせます。また壁の装飾には、青を基調にした21,043枚ものイズニックタイルが使用されています。一歩足を踏み入れると、あまりの繊細な装飾に圧倒されるでしょう。

そのほかにも、モスク本体とほぼ同じ広さの中庭や、オスマン帝国時代に建てられたモスクでは珍しい6本のミナレット(モスクに付随する塔)など、見どころがたくさんあるので1日中飽きることなく鑑賞できますよ。

モスクの中に入る際、宗教上の理由で女性はスカーフを巻くことが義務付けられています。持っていない場合は、入り口で無料で借りられるので安心してくださいね。

ブルーモスク(スルタンアフメット・ジャーミィ・Sultan Ahmet Camii)の基本情報
住所:Binbirdirek, At Meydanı Cd No:10, 34122 Fatih/İstanbul
電話:+90 0850 346 30 34
営業時間:4月1日〜9月30日 8:30~19:00、10月1日〜3月31日 8:30〜17:00
休業日:無休
アクセス: スルタンアフメト駅から徒歩で約5分
料金:無料
公式サイト:http://sultanahmetcami.org/index.php

アヤソフィア

ユニークな歴史背景を持つ人気観光スポット


photo by Unsplash

トルコのイスタンブールにあるアヤソフィアは、ブルーモスクに向かい合うように建てられている有名なモスク。

当初は537年に初期キリスト教の教会として建てられましたが、後に博物館として転用、さらに3回の再建を経て現在はモスクとして公開され、見学できるようになっています。芸術と建築史の観点から、世界最高の建造物のひとつとして人気の観光名所となっています。

アヤソフィアには、見どころがたくさん!まずアヤソフィアに着くと、その周辺にはゆったりと過ごせる庭園が広がっています。ここではトルコ名物のパン・シミットや焼き栗など屋台があり、見学の前後に小腹を満たすこともできます。


photo by Unsplash

ピンク色の外観を眺めながら、建物の内部に入ると、華麗なモザイク画が天井に広がります。ここにはキリスト教会時代の名残で、聖母マリアやビザンティン帝国の皇帝などが描かれています。

窓からはやさしい光が差し込み、まるで包まれるような感覚に、感動することでしょう。また、オスマン帝国時代に追加された4つのミナレットも特徴的です。

アヤソフィアは現在モスクとして使われているため、礼拝が行われる時間帯には見学ができません。訪問前に時間を確認しておくと良いでしょう。また、休日などは入館するまでに行列ができることもあるため、早めの時間帯に訪れることをおすすめします。

アヤソフィア(Ayasofya Camii)の基本情報
住所: Sultan Ahmet, Ayasofya Meydanı No:1, 34122 Fatih/İstanbul
電話:+90 0212 522 17 50
営業時間:24時間
休業日:無休
アクセス:スルタンアフメト駅から徒歩で約10分
料金:無料
公式サイト:https://ayasofyacamii.gov.tr/

地下宮殿

6世紀に建設された神秘的な地下貯水池


photo by pixabay

地下宮殿は、トルコ・イスタンブールの中で最も神秘的な観光スポットで、イスタンブールを訪れたら見逃せない名所のひとつです。この地下宮殿は、6世紀のビザンティウム皇帝ユスティニアヌス1世のために建設された、地下貯水池でした。建築様式の名前から、バシリカ貯水槽とも呼ばれています。

観光客は、総面積9,800平米・貯水量は10万トンと推定されている巨大建造物の内部を見学できます。地下に繋がる52段の階段を降りると、336本の大理石の柱が立ち並ぶ壮大な空間が広がります。


photo by pixabay

内部はドラマチックにライトアップされ、暗い水に柱の影や光が反射する様子は、息をのむほどの光景。水の中にはたくさんの鯉が泳いでいるのが見えるので、そこにも驚くかもしれません。有名な映画の撮影舞台としても利用されていますよ!

地下宮殿は英語でのガイド付きツアーのほか、アヤソフィア・トプカプ宮殿などの名所を周れるお得なイスタンブールVIP複合チケットなども販売されているので、訪れる際は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

地下宮殿(Yerebatan Sarnıcı)の基本情報
住所: Alemdar, Yerebatan Cd. 1/3, 34110 Fatih/İstanbul
電話:+90 0 (212) 512 15 70
営業時間:9:00~22:00
休業日:無休
アクセス: スルタンアフメト駅から徒歩で約5分
料金:要確認
公式サイト:http://yerebatansarnici.com/

グランドバザール

世界最古の歴史をもつ、活気が魅力のバザール


photo by Unsplash 

グランドバザールは、45,000平米の敷地内に4,000以上の店舗がある、世界最古の屋根付きバザール!トルコの活気と歴史をぞんぶんに満喫できる、人気の観光スポットです。

最大の楽しみは、何と言ってもショッピング!カーペットや骨董品をはじめ、アクセサリー、ギフトアイテム、トルコのスイーツ類、ハーブ、スパイスなどが、所狭しと並びます。特に、アンティーク品やトルコの伝統工芸品などは一見の価値あり!お土産にぴったりのトルコらしいアイテムも見つかりますよ。


photo by Unsplash

グランドバザールは、目的を決めずに通りをブラブラするのがおすすめ!迷路のようなバザール内を自由に探索していると、思いがけない素敵なお店と出会えるかもしれません。炭火でじっくりと温めるトルココーヒーなど、伝統的なグルメも楽しめますよ。

グランドバザール(Kapalı Çarşı)の基本情報
住所: Beyazıt, 34126 Fatih/İstanbul
電話:+90 212 519 12 48
営業時間:8:30~19:00
休業日:日曜・祝日
アクセス: ベヤジット グランドバザール駅から徒歩で約1分
料金:無料
公式サイト:https://www.kapalicarsi.com.tr/

【2023年最新】イスタンブールでおすすめの観光地12選!名所や穴場を厳選

トルコ・中部地方のおすすめ人気観光スポット2選

中部地方はトルコの真ん中に位置するエリアで、首都のアンカラや人気観光スポットのカッパドキアがあります。そのほかにも、自然と文明が融合した魅力があふれる写真映え必須な名所がたくさん!

トルコはあまり寒いイメージがありませんが、冬はかなり冷え込み雪も降るため、春から夏にかけての観光がおすすめです。

カッパドキア

トルコ観光で特に人気!感動必須の大奇岩群


photo by Unsplash

カッパドキアは、トルコのなかでも特に人気のある観光スポット!ユネスコの世界遺産にも登録されていて、アナトリア高原中央部にある南北約50キロメートルにわたって続く大奇岩群です。

火山の噴火によってできた岩が、風、雨、氷によって数百万年にわたって侵食され、妖精の煙突とも呼ばれる円錐形の形状となりました。地平線の向こう側にまで広がる岩々の景色は、今までにない感動を体験できますよ。

岩をよく見ると、家の窓のような穴が見えますが、これらは先史時代の人々が岩層を彫り、家や教会、地下都市などを建設していた名残。実際に今でもホテルやレストランとして営業している場合もあるので、ぜひ訪れてみてくださいね。


photo by Unsplash

またカッパドキアで絶対に体験したいのが、気球ツアー!日の出とともに浮かぶ、色とりどりの気球が、夢の中にいるような景色をつくり出します。SNS映えもばつぐんなので、最高の思い出づくりにぴったりですよ。気球からは、カッパドキアの息をのむような絶景を満喫できます。

気球ツアーは、現地のツアー会社での予約が必要となります。ツアー会社はさまざまですが、現地在住の日本人が運営している会社もあるので、はじめてカッパドキアを訪れる人も安心です。気球を近くで見たい人のためのツアーもあるので、目的に合わせて選んでみてくださいね。

カッパドキア(Kapadokya)の基本情報
住所: MVXX+4Q, 50402 Aktepe/Avanos/Nevşehir
電話:+90 03843433224
営業時間:24時間
休業日:無休
アクセス: ネヴシェヒル・カッパドキア空港から車で約40分
料金:無料
公式サイト:https://www.ortahisar.bel.tr/

トルコ・カッパドキア気球の魅力!見どころやツアー料金などを解説

トゥズ湖

トルコのウユニ塩湖!知る人ぞ知る穴場の観光スポット


photo by  pixabay

トルコの首都・アンカラから車で1時間30分ほどの場所にあるトゥズ湖は、ウユニ塩湖に続いて世界で2番目に塩分の多い湖。観光地としてはあまり知られていない、穴場のスポットです。

天候の条件によっては、湖が鏡張りのような状態になり、空をそのまま写したようなような絶景が目の前に広がります。まっさらな湖で、SNS映え必須の記念撮影をしましょう!


photo by Unsplash

トゥズ湖の周辺には小さな湖や沼地もあり、多くの鳥たちが生息しています。この地域は野鳥の移動ルート上に位置しており、草原の中心にあるトゥズ湖とその周辺以外に湿地帯がないため、渡り鳥たちにとってはまさにオアシス。野生のフラミンゴやツルなどの、滅多に見られない鳥の姿を見られるかもしれません。

また、朝日や夕暮れ時などの時間帯を狙って訪れるのもおすすめ!運が良ければ湖に映る、美しい空のグラデーションが見られますよ。

トゥズ湖(Tuz Gölü)の基本情報
住所: Hacıbektaşlı, Tuz Gölü kenarı, Aksaray Ankara Yolu, 06950 Şereflikoçhisar/Ankara
電話:+90 (382) 212 46 88
営業時間:24時間
休業日:無休
アクセス: アクサライ市内中心地から車で約60分
料金:無料
公式サイト:https://www.kulturportali.gov.tr/turkiye/aksaray/gezilecekyer/tuz-golu

トルコ・エーゲ海&地中海地方の人気観光スポット3選

エーゲ海・地中海地方は、トルコの南西部に位置する人気の観光エリア!沿岸は温暖な気候が特徴で過ごしやすく、リゾート地としても有名です。かつては古代文明が栄えたことから、さまざまな古代遺跡が点在しているため、歴史好きや神話好きの人におすすめです。

トロイ遺跡

紀元前3000年にさかのぼるトルコの古代遺跡


photo by pixabay

トルコのエーゲ海に面したチャナッカレにあるトロイ遺跡は、世界遺産に登録されている古代都市。古代ギリシャのホメロスがつくったとされる最古の物語『イリアス』で有名なトロイア戦争の舞台ではないかと言われており、観光客に人気のスポットです。


photo by pixabay

この古代都市は、紀元前3000年にさかのぼる歴史的な遺跡であり、1871年から続く発掘調査によって、多くの都市層が発見されているなんとも神秘的な場所。古代の劇場や浴場、下水道システムのほか、古代都市の要塞、ギリシャ神話で有名なトロイの木馬のレプリカなどを見ることができます。

また、遺跡から徒歩で約10分ほどの場所にはトロイ博物館があり、広大なエリアにトロイの文化や生活、考古学の歴史を垣間見れる発掘品が展示されています。トロイ遺跡を訪れたら合わせて観光するのがおすすめ!

トロイ遺跡(Troya Antik Kenti)の基本情報
住所: 17100 Kalafat/Çanakkale Merkez/Çanakkale
電話:+90 02862176740
営業時間:8:30~20:00
休業日:無休
アクセス:チャナッカレ空港から車で約30分
料金:330トルコリラ(約1,904円)
※2023年9月14日のレート、1トルコリラ=5.44円で計算
公式サイト:https://muze.gov.tr/muze-detay?SectionId=TRV01&DistId=TRV

パムッカレ

ユネスコ世界遺産に登録されているユニークな温泉


photo by Unsplash

トルコ西部、エーゲ海側から内陸に車で3時間ほど入った都市・デ二ズリにあるパムッカレは、自然がつくり出した白い棚田のようなユニークな地形とそこに流れる温泉で知られています。ユネスコ世界遺産にも登録されており、毎年何百万人もの観光客が訪れます。

丘の上から湧いた温泉が斜面を流れる過程で、温泉に含まれる炭酸カルシウムが長い年月をかけて沈積したことによって、この100以上もの石灰棚が形成されました。

このパムッカレの丘の上には、ローマ時代の古代都市・ヒエラポリスの遺跡もあり、当時から温泉として利用されていたんだとか。温泉はさまざまな疾患に効くとされ、癒やしと治療目的で多くの人がこの地を訪れていたといいます。


photo by Unsplash

パムッカレは、現在は足湯であれば実際に浸かることができるので、裸足になって古代から続く温泉をぜひ体験してみましょう!お湯の温度は33〜35度で17のエリアがあるので、ぞんぶんに楽しめますよ。

タイミングが良ければ、光に反射する美しい青い水面が見られますが、現在は以前と比べて湯量が減ったこともあり、いつでもこの景色が見られるわけではありません。そのため、現地の情報をこまめにチェックして訪れるのがおすすめです。

デニズリからパムッカレへは、バスでアクセスすることができますよ。

パムッカレ(Pamukkale)の基本情報
住所:Merkez, 20190 Pamukkale/Denizli
電話:+90 4446893
営業時間:10:00~19:00
休業日:無休
アクセス: デ二ズリ市内から車で約20分
料金:要確認
公式サイト:https://www.kulturportali.gov.tr/turkiye/denizli/gezilecekyer/pamukkale-termal-sulari

【世界遺産】トルコ・パムッカレの魅力!観光の見どころや行き方などを解説

エフェソス遺跡

神秘的な姿に圧倒!イズミルの古代遺跡群


photo by pixabay

エフェソス遺跡は、トルコ西部のイズミルに位置する、世界遺産にも登録されている古代遺跡。エフェソスは、古代時代から約9000年の長い歴史において非常に重要な都市とされ、文化・商業中心地として栄えてきました。

エフェソス遺跡には、アルテミス神殿、ケルスス図書館、グランドシアターなど、多くの古代都市の建造物が残っています。その中でも最も有名なのがケルスス図書館!

もともとは床や壁は大理石で覆われていたものの、内部は対照的にレンガ造りの技法が用いられていました。図書館は西暦270年頃の地震で倒壊し、その後再建されないままとなっていますが、その神秘的な姿に圧倒されることでしょう。


photo by Unsplash

もうひとつの見どころは、紀元前3〜1世紀に建てられたグランドシアター!演劇や音楽、剣闘技場として使われていて、約25,000人を収容することができた古代最大の劇場です。

劇場の真ん中には圧縮された土の舞台があり、ミュージシャンや剣闘士がこのエリアで演奏したり、戦ったそうです。その圧倒的なスケールで、古代の文化を直に感じられますよ。

エフェソス遺跡は、見どころのスポット同士が少し距離のある場所にあるため、現地のツアーなどを利用するのがおすすめです。詳しくは公式サイトを確認してみてくださいね。

エフェソス遺跡(Ephesus)の基本情報
住所:Acarlar, Efes Harabeleri, 35920 Selçuk/İzmir
電話:+90 02328926010
営業時間:8:30~20:00
休業日:無休
アクセス: アドナン・メンデレス空港から車で約50分
料金:700トルコリラ(約3,809円)
※2023年9月14日のレート、1トルコリラ=5.44円で計算
公式サイト:https://muze.gov.tr/muze-detay?SectionId=EFS01&DistId=EFS

エフェソス遺跡はトルコにある世界遺産!見どころやアクセスなどを解説

トルコ観光を楽しむために

トルコ観光を楽しむために、事前に知っておきたい情報や注意点をまとめました。ぜひ旅行前にチェックしてみてくださいね。

なお、トルコ旅行に行く際、90日以内の滞在であればビザの取得は不要です。ただし、パスポートの残存有効期間が150日以上必要です。渡航前には必ずパスポートの残存期間を確認しましょう。

トルコ旅行におすすめのシーズンは?


photo by pixabay

トルコ旅行におすすめのシーズンは地域によって異なります。

  • イスタンブール:4月・10〜11月
  • 中部地方:5〜9月
  • エーゲ海・地中海エリア:5〜9月

日本と同じように四季があるトルコ。夏は暑いですが乾燥しているのでカラッとした暑さが特徴。冬は寒く、雪が降るエリアも。ぜひ行きたい都市に合わせてシーズンを選んでみてくださいね!

トルコ旅行に必要な費用や日数は?


photo by Unsplash

トルコ旅行には5日の滞在で、21万円ほどの費用がかかります。イスタンブールのみの滞在の場合は、5日で余裕を持って観光することができ、周辺の都市を周遊したい場合は7〜8日間程度の滞在での旅行がおすすめ!

いくつかの都市を周遊する場合は、国内線などの移動費用がかかってくるため、予算は余裕をもって見積もっておくと良いでしょう。日本からの航空券は往復約16万円からで、イスタンブールへの直行便はターキッシュエアラインが運行しています。トルコ旅行に必要な費用に関しては、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

2023年現在、トルコでは物価が上昇中で、観光エリアの外食費用が高騰しています。予算を抑えたい人は、メイン観光エリア以外で食事をするか地域密着型のレストランなどを上手に利用しましょう。またイスタンブールを移動する際は、チャージ型のイスタンブールカードを利用するのがおすすめです。

【2024年最新】トルコ旅行5日間の費用&予算を解説!安い時期や物価も紹介

トルコ旅行の治安・観光時の注意点は?


photo by Unsplash

トルコでの治安状況は、地域によって大きく異なります。イスタンブールなどのメインとなる観光都市は基本的に穏やかな雰囲気ではありますが、スリやひったくりには十分に気をつけましょう。

バッグはショルダーバックなど、中身の見えないものがおすすめです。近年大きなテロは発生していませんが、不審物や不審人物には十分に注意してください。

また、今回の記事で紹介した観光スポットは該当していませんが、シリアとの国境付近の地域については外務省から退避勧告が出ているので、そのエリアを目的地にしての渡航は控えてください。

トルコ観光のおすすめモデルコース


photo by pixabay

歴史的な観光スポットから体験型のスポットまで、見どころいっぱいのトルコ。せっかくならトルコ国内を周遊するのがおすすめ。イスタンブールで市内観光を楽しんだり、カッパドキアで気球ツアーに参加したり、たっぷりトルコ観光を満喫しましょう!

<スケジュール例>

1日目 イスタンブール到着→ブルーモスク見学→グランドバザールでショッピングを楽しむ→トルコ料理ディナー

2日目 市内観光(アヤソフィアや地下宮殿など)→エーゲ海・地中海地方へ移動

3日目 朝食→トロイ遺跡観光→宿泊ホテルでゆっくりくつろぐ

4日目 朝食→パムッカレ観光→カッパドキアへ移動

5日目 カッパドキア観光→気球ツアーに参加→ディナー

6日目 トゥズ湖で美しい朝日を満喫→アンカラ観光→イスタンブールへ移動

7日目 朝食→お土産探しやショッピング→帰国

トルコには魅力的なスポットがたくさんあるので、観光ツアーを利用したり、訪れたいスポットを絞ったりして、効率的に観光を楽しむことがおすすめです。ぜひ自分好みのトルコ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね。

トルコの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、トルコのおすすめの観光スポットをエリアごとに紹介しました。壮大な歴史を誇る名所や見どころがいっぱいあるトルコでは、スケジュールを組んで効率よく観光を楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、トルコ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年9月14日のレート、1トルコリラ=5.44円で計算しています。

cover photo by Unsplash

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる