NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

トルコ・カッパドキア気球の魅力!見どころやツアー料金などを解説

トルコを代表する観光スポット・カッパドキアでは何と言ってもカッパドキア気球がおすすめ。すぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または、地域を含むものとして世界遺産に登録されています。この記事では、カッパドキアの見どころや楽しみ方、アクセス方法、ツアー料金などを解説!ぜひカッパドキア気球へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

トルコを代表する観光スポット・カッパドキアでは何と言ってもカッパドキア気球がおすすめ。すぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または、地域を含むものとして世界遺産に登録されています。

この記事では、カッパドキアの見どころや楽しみ方、アクセス方法、ツアー料金などを解説!ぜひカッパドキア気球へ行く前に情報をチェックして、観光を楽しむための参考にしてくださいね!

Contents

トルコ・カッパドキアの基本情報


photo by pixabay

カッパドキアは、1985年にギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群として世界遺産に登録されたトルコの代表的な観光スポットです。まずは、カッパドキアの歴史や特徴などの基本情報を解説します。

カッパドキアはトルコにある岩石遺跡群


photo by pixabay

カッパドギアは文化遺産と自然遺産両方に登録されている珍しい複合遺産で、自然と人間の調和を感じられるスポットです。3姉妹の岩、ウチサヒル城などさまざまな観光地を持つカッパドキアは、トルコ屈指の観光スポットとして知られています!

このカッパドキアは、有史以前から大噴火を重ねていた場所。火山灰と岩石が大量に堆積し、凝灰岩や玄武岩が長い年月をかけて浸食されたことで現在の岩石群ができたとされています。妖精煙突をはじめ、個性的な岩石群が作り出す芸術は見どころでいっぱいのスポット!

一生に一度は体験したい、気球ツアー


photo by pixabay

カッパドキアといえば気球。カッパドキアの上空が気球でいっぱいになっている光景は、風物詩といっても過言ではありません。気球ツアーでは、カッパドキアの美しい自然を上空から眺めることができます。普段味わえない非日常感を味わえることは間違いないでしょう。

一般的なツアーは約15,000円〜と利用しやすい価格帯ですので、トルコに行く際はぜひ足を運んでみてくださいね。

カッパドキアが世界遺産に登録された理由は?


photo by pixabay

カッパドキアが世界遺産に登録された理由は以下の4点とされています。

  • 人類の創造力を表現しているため
  • 文化的伝統もしくは文明が存在したという稀な証拠であるため
  • 伝統的文化を代表する集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立っている例であるため
  • 優れた自然美及び美的重要性のある自然現象または地域を地域を含むものであるため

通常、世界遺産に選ばれる場合は2〜3点の理由があることが多いのですが、カッパドキアは4点の理由が述べられています。これだけ登録基準を満たしているからこそ、文化遺産と自然遺産の両方に登録されているのですね!

カッパドキアの歴史


photo by pixabay

カッパドキアに人が住み着いたのは先史時代と言われています。出土したカッパドキア文書から、税法・利息・婚約などに関する決まりごとを読み取ることができ、アッシリア文明の影響を受け文字が導入されたことが判明しました。

カッパドキアは、シルクロードを含む重要な通商ルートが通る交通の要衝であったので、さまざまな歴史や文化が絡み合い、発展していく場所となりました。豊かさ故、略奪される歴史もありましたが、当時文化の最先端を走っていたともいえる場所であります。

ぜひ現地で当時の文化の渦を感じてみてはいかがでしょうか。

カッパドキア気球の魅力


photo by Unsplash

カッパドキア気球には魅力がたくさん!上空からの景色の素晴らしさはもちろん、気球が飛び立つまでの準備時間までもが魅力的です。詳しく見ていきましょう。

上空からの絶景を堪能!


photo by Unsplash

気球に乗って自然が生み出した岩を上空から眺めると、そのスケールの大きさがわかります。あまりの壮大さに時間が早く過ぎてしまうことでしょう。

また、上空から他の気球を見下ろすことも楽しめます。岩石群を背景に色とりどりの気球が点在する光景は、アートのような美しさとワクワク感があります!岩石群だけでなく、気球自体も観察をすることで楽しみが倍増することでしょう。

気球が膨らむ様子を観察


photo by Unsplash

出発前に気球を膨らませる様子を観察しましょう。横たわっている気球に熱を入れている姿はどこか幻想的な雰囲気を感じ取れますよ!薄暗いなか、炎で熱を入れていく美しい光景は、カッパドキア観光でも記憶に残る瞬間となるでしょう。準備中の気球の前で記念撮影をしておくのも良いかもしれませんね。

ツアーと一緒に観光したいスポット


photo by pixabay

カッパドキアは、雄大な自然と絶景が広がる場所です。見どころあるスポットが多数存在しているので、事前にどのスポットを見るのか計画を立てておく必要があります。

今回は、鳩の谷やウチサヒル城といった人気スポットをまとめてみました。

岩場を利用して作られたギョレメ野外博物館


photo by pixabay

ギョレメ野外博物館は、4世紀ころからキリスト教徒が住みだしたとされています。9世紀頃にイスラム教徒の圧迫から逃れるため、洞窟に教会や修道院がつくられました。洞窟の中に作られている修道院やチャペル、教会はぜひ一度見ておきたいスポットです!

内部を見ることで当時のキリスト教徒の生活実態を知ることができます。カッパドキア様式と呼ばれる、信徒が描いた鮮やかなフレスコ画が最大の見どころです。フレスコ画には、聖書の物語やキリストの生涯、アブラハムの接待、3人のヘブライ人などが描かれています。

 ギョレメ野外博物館(Goreme Open Air Museum)の基本情報
住所:50180 Göreme/Nevşehir Merkez/Nevşehir, トルコ
電話: +90 384 271 21 67
営業時間:8:00~19:00(冬期は8:00~17:00)
休業日:なし
アクセス:ギョレメバスターミナルから徒歩約20分
料金:20トルコリラ(約105円)
日本語オーディオガイド 15トルコリラ(約80円)
※2023年10月30日のレート、1トルコリラ=5.29円で計算

鳩の住まいがある鳩の谷


photo by pixabay

鳩の谷は、ギョレメからウチヒサル城まで続く長さ約4キロメートルの谷です。名前の通り鳩がたくさんいる谷ですが、ただ鳩が多いだけではありません。この谷の鳩と人間は共存関係を築いてきたのです。


photo by pixabay

鳩の谷では写真のような穴が多数開いていますが、これは人間によって掘られたものです。9世紀頃までは現地人がこの穴で鳩を飼育していました。現在でも多くの鳩が住み着いています。

また、鳩の糞を葡萄の飼料として、鳩の卵の殻をフレスコ画の材料として利用するために穴を掘って鳩を飼育していたとも言われています。フレスコ画は今もなお、色褪せることなく残っているので、ぜひ鳩の谷の教会に立ち寄ってみるのもおすすめですよ!

迷路のようなウチヒサル城


photo by pixabay

ウチヒサル城は、巨大な岩山を掘って造られた要塞です。3つの塔のような形をしており、くり抜かれた岩の中は実際に住居として使われていました。

鳩の谷と同様に、鳩用の小さな穴が各地にあけられているのも特徴です。岩山の内部をくり抜いた住居自体レアですが、ウチヒサル城は規模の大きさは見ごたえ抜群!驚きを求めている方には必ず立ち寄ってもらいたいスポットです。

ウチヒサル城(Uchisar Castle)の基本情報
住所: Tekelli, 50240 Uçhisar/Nevşehir Merkez/Nevşehir, トルコ
電話:+90 384 219 20 05
営業時間:5:00~21:00
休業日:なし
アクセス:ギョレメのバスターミナルからバスで約10分
料金:10トルコリラ(約52円)
※2023年10月30日のレート、1トルコリラ=5.29円で計算
公式サイト:https://www.uchisar.bel.tr/

キノコのような形が特徴の三姉妹の岩


photo by pixabay

三姉妹の岩は、カッパドキアのシンボル的存在で、写真映え間違いなしのスポットです。王の反対を押し切って羊飼いと結婚しようとした王女と羊飼いの夫、息子が岩になったという伝説があります。

1番前が羊飼い、その次に息子がいて最後に王女。3つの岩が寄り添っているように見える姿は圧巻です。さまざまな角度から楽しめるスポットとなっています。

1950年まで人が住んでいたゼルベ野外博物館


photo by pixabay

ゼルべでは奇抜な形をした岩が数多くあり、それらの岩は妖精の煙突と呼ばれています。とくに円錐形の岩が多いため、岩をくり抜いて教会を作ることが多かったのです。

これまで教会跡が15個程度確認されています。岩の内部にある教会は世界中を見ても数が少ないので、今までみたことのない教会の様子に驚くかもしれませんね。

順路通りに進んでも、起伏のある道を数キロメートル歩くことになるので、ゼルべ観光の際はとくに時間に余裕を持っておきましょう。

ゼルベ野外博物館(Zelve Open Air Museum)の基本情報
住所: Aydınlı Mahallesi, Yavuz Sk. No:1 D:No:1, 50180 Aktepe/Avanos/Nevşehir, トルコ
電話:+903842713535
営業時間:8:00~17:00
休業日:なし
アクセス:ユルギュップバスターミナルから車で約15分
料金:10トルコリラ(約52円)
※2023年10月30日のレート、1トルコリラ=5.29円で計算
公式サイト:https://muze.gov.tr/muze-detay?SectionId=ZPO01&DistId=ZPO

カッパドキア観光に最適なシーズンは?


photo by pixabay

カッパドキアの気球ツアーは天候にも影響されるので、安定して体験できるシーズンに観光したいですよね。そこで、気球ツアーのベストシーズンについて紹介します!

ベストシーズンは快適に過ごせる5〜9月


photo by pixabay

カッパドキアは標高1,000メートルを超える高地なので、涼しく過ごせる5〜9月がベストシーズンです。最も暑い8月でも最低気温が20度を下回るので、長袖の上着で調整のできる服装で行くと良いでしょう。5月と9月は朝も冷えやすいので、暖かいインナーも用意しておくと完璧です。

気球に乗るならキャンセル率が低い5月〜11月


photo by pixabay

気球に乗りたい方は、フライトのキャンセル率が低い5月〜11月がおすすめです。

雨、強風、霧、雪、雷雨などの悪天候でフライトの危険性が増す場合は、フライトがキャンセルになることがあります。とくに12月〜4月の間はキャンセル率が高くなっているので、春〜秋の天候が安定しているときに行くのが最適です。

仮に悪天候によるキャンセルになった場合は、返金されるのでツアー料金に関しては安心できます。

カッパドキア気球の見学方法は?予約は必要?


photo by pixabay

カッパドキアの気球ツアーはどのように申し込めば良いのでしょうか。ここからは、予約の有無と料金相場を紹介していきます。

カッパドキア気球ツアーは予約が必須


photo by pixabay

カッパドキアで気球に乗るためには予約が必要です。予約は、国内ツアー会社や旅行代理店で予約をする方法、現地のツアー会社で予約をする方法、気球会社に直接申し込む方法のいずれかとなります。

一般的には、日本国内でツアー会社か旅行代理店で予約を取って現地に行く人が多いです。現地ツアー会社や気球会社に申し込む場合は、トルコ語か英語でのやりとりが必要となります。英語が苦手な方は出発前に、日本国内のツアー会社か旅行代理店で予約をしておくと安心できるでしょう!

ツアーの料金相場は3万~3万5,000円程度


photo by pixabay

日本国内のツアー会社や旅行代理店で予約をする場合は、3万〜3万5,000円が料金相場となります。軽食やシャンパン付きのプランもあるので、好みのプランに申し込みましょう。

おすすめは早朝に出発するプランです。上空から眺める美しい日の出と朝焼けの光景は、非日常感を味わえるでしょう!夏でも朝は冷え込むので、防寒対策をしっかりとしてのぞんでくださいね。

カッパドキア気球へのアクセス・行き方


photo by pixabay

ネヴシェヒル・カッパドキア空港とカイセリ空港からカッパドキアまではタクシーまたはバスでのアクセスが一般的です。

ここでは、タクシーとバスそれぞれの行き方を解説します。

最も一般的な移動はタクシー


photo by pixabay

タクシーで向かう場合は空港のタクシー乗り場を利用しましょう。ネヴシェヒル・カッパドキア空港からは100〜150トルコリラ程度(約530〜800円)で約45分程度で向かうことができます。

カイセリ空港からは180トルコリラ程度(約950円)で約1時間30分程度で向かうことが可能です。

タクシー乗り場では、行き先までのタクシー料金が表示されているので、料金を想定しやすく、旅行者の心強い味方になってくれます。

費用を安く節約するならバス


photo by pixabay

カッパドキアのあるギョレメへはバスで向かうことも可能です。バスの場合は、40リラ(約210円)程度の料金で済みます。

バスは各所で停車するので、ネヴシェヒル・カッパドキア空港からだと約1時間~2時間程度、カイセド空港からだと約2時間~3時間程度かかります。しかし、タクシーと比べると安いので、移動費を安く済ませたい方はバスで向かうようにしましょう。

カッパドキア気球観光における注意点


photo by pixabay

カッパドキア観光では、気球ツアーならではの注意点があります。知っているか否かでツアーの快適さが大きく変わるので、しっかりと把握しておきましょう。

子どもは参加できないこともある


photo by pixabay

気球会社によって細かい規定は異なりますが、身長120センチメートル以下の方や、乳幼児は制限に引っかかり、参加できない場合があります。子どもとのツアー参加を考えている場合は、事前に制限について調べておくようにしましょう。

上空はかなり冷えるので上着は必須アイテム


photo by pixabay

気球は最高で高度1,000メートルまで上昇するので、地上との寒暖差に注意しましょう。夏の時期でも冷えるので、上着の用意は必須!秋から冬にかけてはとくに冷え込むので、スキーウェアや手袋、帽子などの防寒グッズを持って行くようにしましょう。サンダルで行くと凍傷になるリスクが高いので、靴やブーツで行くようにしてくださいね。

また、気球にはトイレが付いておらず、上空はかなり冷えるため事前にお手洗いは済ませておくといいでしょう。

汚れてもいい服装で参加する


photo by pixabay

気球の乗り降りは草原の上で行うことが多いので、洋服が汚れることもあります。そのため古い衣服や汚れても良い服装で参加するようにしましょう。早朝の気球ツアーに参加する場合は、朝露で足が濡れる可能性があるので、タオルや替えの靴下を持って行くと便利です。

強風が吹く可能性あり!落とし物に注意


photo by pixabay

気球が上昇している間は強風に煽られることがあるので、カバンは必ず肩掛けのものにしましょう。スマホで撮影をする際に落としてしまう可能性もあるので、スマホは首からストラップでぶら下げておくのがおすすめ。手だけで物を持つことがないように気をつけましょう。

カッパドキア気球の観光を満喫しよう


photo by pixabay

この記事では、カッパドキアの観光に関する見どころや歴史、見学方法、アクセスなどをご紹介しました。カッパドキアは、一度は行ってみたい人気の観光スポットです。とくに気球に乗るツアーは必ず体験しておきたいもの。

ぜひ紹介した情報を参考に、カッパドキアの観光を満喫してみてくださいね!

カッパドキア(Cappadocia)の基本情報
住所: トルコ中央部
営業日:-
休業日:-
アクセス: ネヴシェヒル・カッパドキア空港からバスで約40分、カイセリ空港からバスで約40分

※新型コロナウイルスの感染防止対策のため、休業あるいは時短営業をしている場合があります。事前に最新情報をチェックすることをおすすめします。
※記事内の金額は2023年10月30日のレート、1トルコリラ=5.29円で計算しています。

cover photo by pixabay

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる