NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2022年最新】イタリア旅行8日間にかかる費用&予算は?安い時期も紹介

イタリアにはローマやフィレンツェ、ヴェネツィアなど魅力あふれる都市がたくさん!さらにジェラートやピザ、パスタなど、一度は本場で食べてみたいグルメがいろいろあります。今回は8日間のイタリア旅行にかかる費用&予算を項目別にご紹介します。旅費を安くする方法も紹介しているので、イタリアへの旅行を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

更新日:
NEWT編集部

イタリアにはローマやフィレンツェ、ヴェネツィアなど魅力あふれる都市がたくさん!さらにジェラートやピザ、パスタなど、一度は本場で食べてみたいグルメがいろいろあります。今回は8日間のイタリア旅行にかかる費用&予算を項目別にご紹介します。旅費を安くする方法も紹介しているので、イタリアへの旅行を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Contents

8日間のイタリア旅行でかかる費用は?

イタリアは魅力的な都市が多く、2〜3都市程度を周遊する場合が多いため、7泊8日ほどの旅行日程が人気です!また、イタリアまでの移動にはフライトによっては丸1日かかることもあるため、7泊8日ほどあれば十分に観光やグルメをたのしめますよ。

イタリア旅行の相場は1名28万円程度から!


photo by Shutterstock

イタリア旅行にかかる費用の内訳は以下の通りです。

  • 航空券費用
  • ホテル費用
  • 食費
  • 現地での交通費
  • 観光&オプショナルツアー費用
  • お土産費用
  • 海外旅行保険やPCR検査の費用

イタリアの物価は日本よりも全体的に高く、滞在中もお金がかかります。
8日間のイタリア旅行なら、利用するフライトや宿泊するホテルのランクによってもことなりますが、予算は1名28万円ほどからです。これからイタリア旅行を計画される方は、ぜひ予算の参考にしてみてください。

それでは、各項目の費用についてくわしく解説します。

イタリア旅行の航空券費用


photo by Unsplash

費用の目安:往復で約17万円~約33万円(1名)
イタリアへの航空券は、都市によって直行便と乗り継ぎ便の2種類あります。直行便の方が時間はかかりませんが、値段が高くなります。一方、乗り継ぎ便は時間はかかりますが、費用は抑えられます。時間に余裕がある場合は、乗り継ぎ便の利用を検討してみてもいいかもしれません。今回は1経由のみの紹介となりますが、2経由だと往復で10万円前後ともっと安くなります。

・ローマへの航空券費用(東京発 往復1名分・直行便)
安い時期(日本の長期休暇以外):23万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):33万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

・ローマへの航空券費用(東京発 往復1名分・1経由・乗り継ぎ便)
安い時期(日本の長期休暇以外):17万円~20万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):24万円~27万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

・ヴェネツェアへの航空券費用(東京発 往復1名分・乗り継ぎ便)
安い時期(日本の長期休暇以外):18万円~21万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):24万円~29万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

・フィレンツェへの航空券費用(東京発 往復1名分・1経由・乗り継ぎ便)
安い時期(日本の長期休暇以外):17万円〜27万円ほど(燃油・諸税込み)が相場
高い時期(GWや夏休み、年末年始):24万円~29万円ほど(燃油・諸税込み)が相場

イタリアを周遊するなら、イタリアの高速鉄道を利用するのがおすすめです。人気のローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノ、ナポリなどの都市は飛行機なしでも移動ができます。

・ローマから各都市への高速鉄道での移動費用(片道1名分)
フィレンツェ:約3,000円(約1時間半)
ヴェネツィア:約5,500円(約3時間半)
ミラノ:約5,500円(約3時間)
ナポリ:約3,000円(約1時間半)

※イタリアの高速鉄道の料金は変動性です。移動する際の参考にしてみてください。

イタリア旅行でのホテル費用


photo by pixabay

費用の目安:1泊1室2名分で約1万円程度〜
ホテルにかかる費用は、宿泊するホテルのランクや都市によって異なります。ラグジュアリーホテルに宿泊したい方や、街の中心部に宿泊したいという場合は、予算を少し多めに準備しておくといいでしょう。

・ローマのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:1万5千円~2万円前後
スタンダードホテル:2万円~3万円前後
高級ホテル:4万円~8万円前後

・ヴェネツィアのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:2万円~3万円前後
スタンダードホテル:3万円~4万円前後
高級ホテル:5万円~15万円前後

・フィレンツェのホテル費用・相場(1泊1室2人分)
リーズナブルなシティホテル:1万円~1万5千円前後
スタンダードホテル:2万円~3万円前後
高級ホテル:5万円~10万円前後

ヴェネツィアはローマやフィレンツェなどの都市に比べてホテルの費用が高めです。また、リゾート地として人気のポジターノやアマルフィー海岸などもホテルの費用が高めの傾向があるため、予算は多めに準備しておくことをおすすめします。

イタリア旅行での食費


photo by Shutterstock

費用の目安:1日あたり約1万円〜
イタリア旅行でかかる費用は1日あたり約1万円からです。朝食に約1,500円、ランチに約3,000円、夕食に約4,000円、ジェラートなどのスイーツの食べ歩きに約1,500円を目安にするといいでしょう。

イタリアの物価は日本に比べると少し高めです。外食費は他のヨーロッパの国々と比べると安い傾向にありますが、人気観光スポット周辺の観光客向けレストランは高い所が多いです。

イタリアの人気グルメであるピザの量り売りに挑戦してみたり、観光地から少し離れたレストランに行ってみたりすることで食費を抑えられますよ。

イタリア旅行での交通費


photo by Shutterstock

費用の目安:1日あたり約1,000円〜
イタリア旅行中にかかる交通費は1日あたり約1,000円です。

ローマやフィレンツェ、ヴェネツィアなどの都市は公共交通機関が発達しています。
ローマの公共交通機関は1回券(75分間有効)が1.50ユーロ(約210円)です。ローマの有名観光地であれば、公共交通機関だけで十分まわれます!

イタリアのタクシーの初乗り料金は3ユーロ(約420円)です。深夜や祝日は割増料金の場合もあるため、乗車する際は事前に料金を確認してからにしましょう。また、タクシーでぼったくりにあわないためにも、空港や大きな駅では正規のタクシー乗り場から乗ったり、乗車前に目的地までの概算を聞いてから乗車したりするようにして、注意してください。

ローマ~フィレンツェ間や、フィレンツェ~ヴェネツィア間など都市間を高速列車で移動する場合は、追加で1区間あたり3,000円〜5,500円ほどで利用できます。高速列車の料金は変動性なので、予定が決定した段階で早めの予約がおすすめです。

イタリアでの観光&オプショナルツアーの費用


photo by Shutterstock

費用の目安:1スポットあたり約1,000円〜
イタリア観光にかかる費用は1スポットあたり約1,000円からが相場です。寺院などは入場無料のスポットも多くあります。混雑する5月〜9月ごろは事前予約が必要な場合もあるのでご注意ください。

イタリアの有名観光スポットは、それぞれの施設でチケットが分かれていない共通入場券も多く存在します。その場合、各施設ごとの入場券は販売されていないことがほとんどなので、せっかくならいろいろとめぐってみてくださいね。

各都市の代表的な観光スポットの入場料は以下の通りです。

  • コロッセオ/フォロ・ロマーノ/パラティーノの丘の3施設共通入場券(ローマ):18ユーロ(約2,540円)
  • ウフィツィ美術館(フィレンツェ):20ユーロ(約2,830円)
  • ドゥカーレ宮殿/コッレール博物館/国立考古学博物館/国立マルチャーナ図書館の4施設共通入場券(ヴェネツィア):30ユーロ(約3,940円)


またヴェネツィアのゴンドラは、運河からヴェネツィアの街並みを優雅に観光できると人気です。ゴンドラの料金は、貸切の場合は一艘30分80ユーロ(約10,510円)、相乗りツアーの場合は1人30ユーロほど(約3,940円)が相場となっています。貸切の場合、相場よりも高い値段を提示されることもあり、2人くらいの少人数なら相乗りツアーがおすすめです!

イタリア旅行のお土産費用


photo by Shutterstock

費用の目安:約1万円〜
イタリア旅行のお土産購入にかかる費用は、約1万円が目安です。お土産を購入する量や、何を購入するかによってもかかる費用に差がありますが、1万円ほどは必要と考えておくといいでしょう。

イタリア旅行のお土産として人気なのが、オリーブオイルやパスタ、チーズなどの食品です。またご当地のマグネットや、カラフルな食器も各地で購入でき、お土産にぴったりです!お土産は、ローカルなスーパーや市場を中心に購入すれば、費用を抑えられますよ。

海外旅行保険やPCR検査にかかる費用


photo by pixabay

費用の目安:約12,500円〜
・海外旅行保険
イタリア8日間の海外旅行保険は、約2,500〜5,000円です。もしもの時に備えて、海外旅行保険に加入するのがおすすめです。加入の際には、補償内容をしっかりと確認するようにしましょう!

クレジットカードをお持ちの場合は、クレジットカード付帯の海外旅行保険もあるので、海外旅行保険に介入する前に、クレジットカード付帯の海外旅行保険の適用条件や補償内容を確認してみてください。

・PCR検査
イタリアのPCR検査の相場は約1万円です。観光に夢中になってしまい、うっかり受け忘れることがないように注意しましょう。

新型コロナウイルスのワクチン接種を3回完了されている方は、2022年9月7日から日本への帰国時のPCR検査が免除となりました。

イタリア旅行の費用を節約する3つのコツ

イタリアは日本よりも少し物価が高く、旅行中はなにかとお金がかかります。
ここからはイタリア旅行の費用を節約するコツを3つ紹介します。

①イタリアへの旅行が安い時期を狙う


photo by Shutterstock

イタリア旅行が安くなる時期は、クリスマスと年末年始を除く11月〜2月です。

11月ごろからイタリアの観光客がぐっと減り始めます。少し寒くなり始める季節ではありますが、イタリアの気温は日本とあまり変わらないため、日本の東京と同じような冬支度をしておけば問題ありません。観光客が減ると、人気のレストランや観光スポットに予約なしで入れることも!

イタリアは冬になるとトリュフやポルチーニなどが旬を迎えるので、グルメ好きな方にはぴったりな季節です。

しかし、オフシーズンを迎えたイタリアは観光客が減るため、レストランの営業時間が短縮されたり、バスの本数が減少したりします。冬にイタリア旅行をする際には注意が必要です。

②ツアーで予約する


photo by Shutterstock

イタリア旅行は、航空券とホテルがセットになっているツアーで予約すると節約になることもあります。イタリア周遊旅行を予定している場合は、複数のホテルや鉄道を予約しなくてはならないため、負担が大きく、慣れないサイトでの予約作業はミスが発生しやすいです。

イタリア旅行をツアーで予約してしまえば、一度の予約で基本的には予約が完了するため、楽ちんで予約のミスなども防げます。

ツアーといっても、航空券とホテル、周遊旅行の場合は鉄道がセットになっているだけで、現地では基本的に自由行動となるため、現地では好きに観光したいという学生の卒業旅行にもぴったりです!

旅行代理店が行うセールでは、イタリア旅行が安く販売されることも多いので、これからイタリア旅行の計画を立てる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

③市場やテイクアウトグルメを活用する


photo by Shutterstock

イタリアの外食費用は日本に比べて高めです。特にコロッセオやスペイン広場など人気の観光地周辺のレストランは高い傾向にあります。また、観光客で混雑しやすいので、食費を節約したいなら、市場やテイクアウトグルメを中心にいただくのがおすすめです!

テイクアウトグルメなら量り売りのピザが人気で、好きな量だけピザが食べられちゃいます。日本ではできない体験なので、ぜひ挑戦してみてください。

また、スーパーでハムやチーズ、ワインなどを購入してホテルでのんびりと食事をするのも、非日常的でおすすめです。イタリアのスーパーには日本にない食品が多く、ハムは種類と量を選んで、その場でスライスしてくれるものもあるので、ワクワクしますよ!

食費は気になるけど、外食したいという場合は、有名観光地から少し離れたところで食事をすると外食費用を抑えながら、レストランでの食事がたのしめます!

魅力ばかりのイタリア旅行を満喫しよう!

イタリア旅行8日間にかかる費用は、約28万円から。魅力的な都市が多く、周遊旅行に人気となっています。そのため、旅行期間が長く、移動も多くなり、他の旅行先と比べてお金がかかる傾向にあります。せっかくイタリア旅行に行くなら、存分にたのしめるように少し早めから予算を準備しておくのがおすすめです!


※2022年9月30日のレート、1ユーロは141.31円で計算しています。

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやTwitterでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Twitterをみる