NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】フィレンツェのおすすめ観光地14選!名所や穴場を厳選

この記事では、イタリア・フィレンツェ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から14選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、フィレンツェ旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

フィレンツェには、ドォーモやウフィツィ美術館などの有名な観光地がいっぱい!

今回は、イタリア・フィレンツェ旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から14選ご紹介します。初めての旅行で絶対に訪れたい名所から知る人ぞ知る穴場スポットまで厳選したので、フィレンツェ旅行の参考にしてくださいね!

Contents

フィレンツェ観光における基本情報!

日本との時差

-8時間
※サマータイム時は-7時間

フライト時間

約17時間
※直行便がないため乗り継ぎが必要

公用語

イタリア語

通貨

ユーロ

治安

比較的治安が良い
※スリや置き引きに注意が必要

物価

日本に比べてやや高い傾向

電源プラグ

Cタイプ
※変換プラグが必要

イタリア・フィレンツェの人気の観光スポット!


photo by pixabay

イタリアで芸術の都と呼ばれているフィレンツェは、「フィレンツェ歴史地区」として街全体が世界遺産に登録されています。今回はフィレンツェで絶対訪れたい観光地から、知る人ぞ知る穴場を厳選しました。初めての方でも2度目の方でも、フィレンツェで観光をする際は参考にしてみてくださいね。

\フィレンツェ旅行をチェック!/

フィレンツェで絶対行きたい人気の観光地9選

まずはフィレンツェ旅行で必ず行きたい、人気の定番観光地の見どころをご紹介していきます!赤茶色の屋根の建物が立ち並ぶフィレンツェは、街全体が世界遺産に登録されているので、どこを歩いていてもきれいな街並みを楽しむことができますよ。

サンタ マリア デル フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)

フィレンツェで一番人気の観光スポット!


photo by pixabay

サンタ マリア デル フィオーレ大聖堂は世界で3番目に大きい教会で、1296年に建設が始まり、さまざまな建築家の手で140年かけて完成したフィレンツェを代表する観光スポットです。

世界で3番目に大きい教会で、クーポラの上にあるブロンズ製の玉と十字架は、レオナルド・ダ・ヴィンチやそのほか多くの芸術家を弟子に持つ彫刻家ヴェロッキオの作品です。


photo by pixabay

大聖堂の天井には、洗礼堂のモザイク画に着想を得た巨大な最後の審判が描かれています。ジョルジョ・ヴァザーリとフェデリコ・ズッカリによって描かれており、世界最大の壁画です。大聖堂に入る時は服装に注意するのと、大きなバックは持って入れないので、行く前に準備していきましょう。

サンタ マリア デル フィオーレ大聖堂/ドゥオーモ(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)の基本情報
住所: Piazza del Duomo, 50122 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 2302885
営業時間:大聖堂 10:15〜16:45、ドーム 8:15〜19:30、洗礼堂 8:30〜19:45
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約8分
料金:大人30ユーロ(約4,909円)、子ども(7歳~14歳)12ユーロ(約1,963円)、6歳以下 無料
※2023年11月26日のレート、1ユーロ=163.65円で計算
公式サイト:https://duomo.firenze.it/en/home 

ジョットの鐘楼

フィレンツェの街を一望できる鐘楼


photo by Unsplash

ジョットの鐘楼はジョットによって1334年に建設がはじまり、1359年に完成しました。高さは84.7メートル、幅約15メートルで、白、赤、緑の大理石で飾られたゴシック建築の美しい鐘楼です。


photo by Unsplash

鐘楼の上に上がることができ、414段の階段を登っていきます。頂上にあるテラスに出てみると、フィレンツェのきれいな街並みや、ドォーモをみることができます。

入場チケットを買うときにクーポラかジョットの鐘楼、もしくはどちらも登ることができるチケットがあるので、事前に決めて購入しておきましょう。

ジョットの鐘楼(Campanile di Giotto)の基本情報
住所: Cattedrale di Santa Maria del Fiore, Piazza del Duomo, 50122 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 2302885
営業時間:ジョットの鐘楼 8:15〜19:45
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約8分
料金:大人20ユーロ(約3,273円)、子ども(7歳~14歳)7ユーロ(約1,145円)、6歳以下 無料
※2023年11月26日のレート、1ユーロ=163.65円で計算
公式サイト:https://duomo.firenze.it/en/home 

サン ジョヴァンニ洗礼堂

最後の審判が見れる、フィレンツェ最古の建築物の一つ


photo by pixabay

サン ジョヴァンニ洗礼堂はフィレンツェで最も古い建物の1つで、最初の建物は4・5世紀に建てられました。その後再建されていますが、大理石で覆われた八角形の建物はとても美しいです。イタリアの詩人ダンテをはじめ、多くの人が洗礼を受けた場所でもあります。


photo by pixabay

洗礼堂の天井一面に黄金のモザイク画が描かれており、その中の一つが有名な最後の審判です。外には3つのブロンズ扉があり、その中でも東の扉はミケランジェロが天国の門と呼んだほど美しい扉です。

今あるのはレプリカで、オリジナルはドゥオーモ付属博物館にあります。現在、サン ジョヴァンニ洗礼堂は修復中で中に入ることができませんが、外から建物をみたり、東の扉を見に行ったりしてみてくださいね。

サン ジョヴァンニ洗礼堂(Battistero di San Giovanni)の基本情報
住所: Piazza San Giovanni, 50122 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 2302885
営業時間:洗礼堂 8:30〜19:45(現在修復中のため入館できません)
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約8分
料金:大人15ユーロ〜(約2,454円)、子ども(7歳~14歳)5ユーロ〜(約818円)、6歳以下 無料
※ドゥオーモ関連施設へのチケットで入ることが可能です
※2023年11月26日のレート、1ユーロ=163.65円で計算
公式サイト:https://duomo.firenze.it/en/home 

ポンテ ヴェッキオ / ヴェッキオ橋

可愛らしい色の建物が立ち並ぶ、フィレンツェ最古の橋


photo by pixabay

ポンテ・ヴェッキオはイタリア語で古い橋という意味で、その名前の通り1345年に再建されたイタリア最古の橋です。橋の2階には1565年に造られた、ヴェッキオ宮殿とピッティ宮殿間の約1キロを結ぶヴァザーリの回廊があります。

2016年から閉鎖されていましたが、工事が完了次第一般公開が始まるので、フィレンツェに訪れる際はぜひHPをチェックしてみてください。


photo by pixabay

橋の真ん中には16世紀の名彫金師であるチェッリーニの像があり、橋の上には金細工や宝石などのジュエリー店が立ち並んでいます。店構えも格好よく、見ているだけでも楽しめますよ。ヴェッキオ橋でショッピングしたり、少し川沿いを歩いて遠くから橋の写真を撮ったりするのも楽しく、フィレンツェの街並みを味わえるおすすめの観光スポットです。

ポンテ ヴェッキオ/ヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)の基本情報
住所: Ponte Vecchio, 50125 Firenze FI, イタリア
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約15分
料金:なし
公式サイト:https://www.uffizi.it/corridoio-vasariano 

ミケランジェロ広場

フィレンツェの街並みを見渡すことができる広場


photo by pixabay

ミケランジェロ広場は、フィレンツェの街を都市開発した建築家ジュゼッペ・ポッジによって造られた広場です。丘の上からフィレンツェの街を一望でき、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩だと少し離れていますが、観光スポットを巡りながら行くことができます。


photo by Unsplash

明るい時間の景色はもちろんのこと、夕方から夜にかけての夜景もとても美しいです。川沿いがライトで照らされ、ライトアップされたドゥオーモ、ヴェッキオ宮殿、ヴェッキオ橋を見ることができますよ。ロマンチックな光景をみに、足を運んでみてくださいね。

ミケランジェロ広場(Piazzale Michelangelo)の基本情報
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約15分
料金:なし

フィレンツェ・ミケランジェロ広場は人気の観光スポット!見どころや行き方を解説

ヴェッキオ宮殿

映画のロケ地にもなった、有名芸術家の作品のある宮殿


photo by pixabay

ヴェッキオ宮殿は、1314年に建築家アルノルフォ・ディ・カンビオによって建てられた街のシンボルです。当時は政庁として使われていて、約700年たった現在でも市役所として使われています。90メートル以上の高さがあるアルノルフォの塔からは、フィレンツェの街やドォーモを一望できますよ。


photo by pixabay

宮殿の地下にはローマ劇場の遺跡が保存されており、中庭にはアンドレア・デル・ヴェロッキオによるイルカとプット、500人広間にはミケランジェロとレオナルド・ダ・ヴィンチが競って描いたとされる未完成の壁画の上からヴァザーリが描いた、天井や壁一面にフラスコ画など有名芸術家の作品を鑑賞できます。

500人広間は有名映画のロケ地にもなったことで、とても人気の観光スポットですよ。

ヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)の基本情報
住所: P.za della Signoria, 50122 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 2768224
営業時間:
ヴェッキオ宮殿博物館 金〜水曜日 9:00〜19:00、木曜日 9:00〜14:00
アルノルフォの塔 金〜水曜日 9:00〜17:00、木曜日 9:00〜14:00
休業日:なし
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約16分
料金:大人12.5ユーロ(約2,045円)、18歳未満 無料
※2023年11月26日のレート、1ユーロ=163.65円で計算
公式サイト:https://cultura.comune.fi.it/pagina/musei-civici-fiorentini/museo-di-palazzo-vecchio 

ウフィツィ美術館

有名な芸術作品が多く展示されている美術館


photo by Unsplash

ウフィツィ美術館は、ジョルジョ・ヴァザーリによって1580年に建てられた美術館。もともとは政庁として造られており、斬新で美しい建築がとても印象的です。展示されている美術品はメディチ家が収集したものがほとんどで、古代から現在までの彫刻や絵画を鑑賞することができます。



サンドロ・ボッティチェッリによる『ヴィーナスの誕生』や『プリマヴェーラ』、ジョットの鐘楼の設計者であるジョットの作品である『荘厳の聖母』など、多くの有名作品が展示されています。

フィレンツェでも人気の美術館なので、入場までに並ぶこともしばしば。4ユーロかかりますが事前予約も可能なので、効率よく巡りたいときは事前予約することをおすすめします。

ウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)の基本情報
住所: Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 294883
営業時間:8:15〜18:30
休業日:毎週月曜日、12月25日
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約15分
料金:大人12ユーロ(約1,963円)、18歳以下 無料
※2023年11月26日のレート、1ユーロ=163.65円で計算
公式サイト:https://www.uffizi.it/gli-uffizi 

ウフィツィ美術館はフィレンツェの観光スポット!見どころや展示作品、注意点を解説

アカデミア美術館

ダビデ像など、ミケランジェロの作品を見れる美術館


photo by Unsplash

アカデミア美術館は1784年に美術学校として再編成されて、1882年に美術館としてオープンしました。13世紀ごろからの絵画や、ロレンツォ・バルトリーニとその弟子ルイジ・パンパローニによる石膏模型や石膏模型のコレクション。

美術館の隣にあったルイジ・ケルビーニ音楽院やメディチ家などの楽器コレクションも展示されています。


photo by pixabay

美術館で1番有名な作品は、ミケランジェロのダビデ像。美術館の完成前にヴェッキオ宮殿の前のシニョーリア広場から移されました。ぐるっと1周できるので、いろんな角度から像を鑑賞できます。

人気の美術館でいつ行っても混雑するので、4ユーロ(約562円)追加でかかりますが、事前予約するのもおすすめです。

アカデミア美術館(Galleria dell'Accademia di Firenze)の基本情報
住所: Via Ricasoli, 58/60, 50129 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 0987100
営業時間:8:15~18:50 (最終入​​場 18:20)
休業日:1月1日、12月25日、毎週月曜日
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約13分
料金:大人13ユーロ(約2,127円)、18歳未満 無料
※2023年11月26日のレート、1ユーロ=163.65円で計算
公式サイト:https://www.galleriaaccademiafirenze.it/ 

サンタクローチェ教会

フィレンツェを代表する芸術的な建築物


photo by pixabay

サンタクローチェ教会はフィレンツェを代表する芸術的な建築物。こちらの教会にはミケランジェロやガリレオなどの有名な芸術家や文化人たちのお墓が多数埋葬されています。

サンタクローチェ教会は長い歴史を持ち、1294年に教会の建設が開始され、未完成だった正面部分が完成したのは最終的に19世紀ごろだそう。教会内部は迫力のある高い天井やステンドグラス、礼拝堂など見どころがたくさん!


Basilica of Santa Croce - Altar by bvi4092 is licensed under CC BY 2.0

教会内には彫刻やフレスコ画などがあり、芸術らしさも感じられるでしょう。フィレンツェ観光の際は、ぜひサンタクローチェ教会を訪れて、その美しい芸術性と歴史に触れてみてくださいね。

サンタクローチェ教会(Chiesa di Santa Croce)の基本情報
住所: Piazza di Santa Croce, 16, 50122 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 200 8789
営業時間:月〜土 9:30〜17:30、日・祝 12:30〜17:45
休業日:1月1日、6月13日、10月4日、12月25・26日
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約20分
料金:要確認
公式サイト:https://www.santacroceopera.it/en/

フィレンツェの知る人ぞ知る穴場観光地5選

イタリア・フィレンツェをくまなく巡りたいという方は、穴場スポットにもぜひ訪れてみてください!ここでは、お土産を買うなら行きたい店や、静かに過ごせる庭園など、フィレンツェを満喫するための観光スポットをご紹介します。

サンタマリアノヴェッラ薬局

800年の歴史がある、現存する世界最古の薬局



サンタマリアノヴェッラ薬局は、約800年という歴史のある薬局です。1221年にサンタ・マリア・ノヴェッラ修道院が設立され、化粧品やフレグランス、ウェルネス製品を生産しています。

パッケージも可愛らしい商品が多く、お土産にも贈り物にもぴったりです。薬局はもとは礼拝堂で美しいフレスコ画や装飾が施されているので、商品を探しているときでも気分が上がりますよ。


photo by Unsplash

薬局から2分ほどの場所にあるサンタ・マリア・ノヴェッラ教会も一緒に観光したいスポット!駅の目の前にあり、ゴシック建築の美しい造りの教会です。

中に入ってみると大きなステンドグラスや、ジョットの作品であるサンタ・マリア・ノヴェッラの十字架像が見られます。薬局でお土産を買ったついでに足を運んでみてください。

サンタマリアノヴェッラ薬局(Officina Profumo-Farmaceutica di Santa Maria Novella)の基本情報
住所: Via della Scala, 16, 50123 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 216276
営業時間:10:00~20:00
休業日:なし
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約7分
料金:商品によって変わります
公式サイト:https://eu.smnovella.com/

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会(Basilica di Santa Maria Novella)の基本情報
住所:P.za di Santa Maria Novella, 18, 50123 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 219257
営業時間:9:30~17:30(季節や曜日によって異なる)
休業日:なし
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約5分
料金:大人 7.5ユーロ(約1,243円)、11歳~18歳 5ユーロ(約818円)、11歳未満 無料
※2023年11月26日のレート、1ユーロ=163.65円で計算
公式サイト:https://www.smn.it/en/

ピッティ宮殿

メディチ家の豪華なくらしや芸術品を鑑賞できる宮殿


photo by pixabay

ピッティ宮殿は15世紀に建てられ、メディチ家によって増築が行われた宮殿です。そのあとハプスブルク=ロレーヌ家やサヴォイア家に使われた宮殿は、現在5つの美術館・博物館として利用されています。メディチ家のコレクションや、ルネサンス美術、豪華な装飾や家具で飾られた部屋を鑑賞できますよ。


photo by Unsplash

ローマ美術やラファエロをはじめとする貴重な作品たち、食器類、金細工、彫刻、花瓶、モダンアート、ロシアのイコンなど数多くの作品や宝を鑑賞できます。他の観光スポットに比べると穴場でゆっくりと見て回れるので、時間があるときなどに足を運んでみてください。

ピッティ宮殿(Pitti Palace)の基本情報
住所:Piazza de' Pitti, 1, 50125 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 294883
営業時間:8:15〜18:30
休業日:1月1日、12月25日、毎週月曜日
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約20分
料金:大人11ユーロ(約1,800円)、18歳未満 無料
※2023年11月26日のレート、1ユーロ=163.65円で計算
公式サイト:https://www.uffizi.it/palazzo-pitti 

ボーボリ庭園

ピッティ宮殿に併設されている、広大な庭園


photo by Unsplash

ボーボリ庭園は、ピッティ宮殿に隣接している広大な庭園です。1549年に造られた庭園で、規則的に樹木や花壇が配置されています。庭園には古代彫像やルネッサンス彫像、円形劇場、洞窟、噴水、池などがあり、散策するにはぴったり。

カフェハウスと呼ばれている建物からは自然とフィレンツェの街並みを一望できるので、撮影スポットとしてもおすすめです。


photo by Unsplash

敷地内には陶器美術館があり、無料で入館できます。庭園内はシーズンによってさまざまな植物が咲き、バラやひまわり、ハイビスカス、ヤシの木などを見ることができます。日光浴やピクニックするにもいい場所なので、観光で歩き回った後にひとやすみをするのもいいですよ。

ボーボリ庭園(Giardino di Boboli)の基本情報
住所: Piazza de' Pitti, 1, 50125 Firenze FI, イタリア
電話:なし
営業時間:1・2・11・12月 8:15〜16:30、3・10月 8:15〜17:30、3~5・9・10月(サマータイムあり) 8:15〜18:30、6~8月 8:15〜19:10
休業日:毎月第1・最終月曜日、12月25日
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約20分
料金:大人7ユーロ(約1,145円)、18歳未満 無料
※2023年11月26日のレート、1ユーロ=163.65円で計算
公式サイト:https://www.uffizi.it/giardino-boboli/ 

イル・ブセット・フィレンツェ

可愛い形の財布や革製品に刻印をしてくれる工房



イル・ブセット・フィレンツェは、革職人のジュゼッペ・ファナーラとその息子が営む革の工芸品を扱う工房です。メインの商品は可愛らしいコインケースで、そのほかには名刺入れ、ペンホルダー、メガネケース、レザーボックスなどたくさんの商品がお店に並んでいます。

日本に来て革細工の技術を披露したことがあったり、日本人が多く観光で訪れたりすることから、日本語で少し会話してくれるちょっぴりお茶目な店主です。



コインケースを購入すると表面にはフィレンツェの紋章、中を開けたところにイニシャルを刻印してくれます。イタリア語がわからなくても注文しやすいように案内してくれるので、お土産や贈り物、一緒に旅行した人とおそろいで買うのにもおすすめです。

駅から徒歩7分ほどの場所にあるので、帰り際やちょっとした隙間時間に買いに行けますよ。

イル・ブッセット・フィレンツェ(IL BUSSETTO FIRENZE)の基本情報
住所: Via Palazzuolo, 136-red, 50123 Firenze FI, イタリア
電話:+39 055 290697
営業時間:月~金曜日 9:00〜13:00、15:30〜19:30、土曜日 9:00〜13:00
休業日:日曜日
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩で約7分
料金:商品によって異なります。
公式サイト:https://www.giuseppefanara.com/it/ 

THE MALL(ザ モール)

フィレンツェ郊外に位置するブランド店のアウトレット!


gucci the mall florence by Travpacker.com is licensed under CC BY-ND 2.0

フィレンツェから車で約35分の場所にあるTHE MALL(ザ モール)は、グッチやプラダ、フェラガモ、フェンディなどの有名ブランドのみを集めたアウトレットモール。

開放的なデザインのモールはそれぞれのお店が広々としていて、ゆっくりとショッピングを楽しめます。そして現代的かつおしゃれな外観のTHE MALLの周囲には美しい緑あふれた山々が広がります。


photo by Unsplash
※画像はイメージです

THE MALLでは、レディースやメンズのほか、靴やアクセサリー類など、さまざまなアイテムがゲットできますよ。

モール内にはショップのほか、レストランやカフェもあるので、ショッピングの途中に食事や休憩もできておすすめ!フィレンツェを訪れる際に時間がある方は、ぜひTHE MALLにも足を運んでみてくださいね。

フィレンツェの街からシャトルバスも出ているので、スムーズにアクセスできるでしょう。

ザ モール(THE MALL)の基本情報
住所:  Via Europa, 8, 50066 Leccio FI, イタリア
電話:+39 055 865 7775
営業時間:10:00〜19:00
休業日:12月25・26日、1月1日
アクセス:フィレンツェから車で約35分
料金:無料
公式サイト:https://firenze.themall.it/en

フィレンツェ観光を満喫するためのおすすめモデルコース


photo by pixabay

フィレンツェの街は歴史的な建築物やおしゃれなスポットがたくさんあるので、散策するだけでも楽しめる街です。フィレンツェの滞在日数は2~3日あると余裕をもって観光できますよ。ベネチアやローマと周遊するのがおすすめです。

効率よくスポットをまわれるように、モデルコースをぜひ参考にしてみてくださいね。

<スケジュール例>

1日目 フィレンツェ到着→シニョリーア広場近くのレストランでランチ→ヴェッキオ宮殿→サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂→ディナー

2日目 ホテルで朝食→ミケランジェロ広場→移動中にランチを買ってボーボリ庭園で食べる→ピッティ宮殿→ウフィツィ美術館→ヴェッキオ橋でディナーや買い物

3日目 ホテルで朝食→アカデミア美術館→サンタマリアノベッラ薬局で買い物→イル・ブッセット・フィレンツェで買い物→帰国

イタリア・フィレンツェの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、フィレンツェのおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるフィレンツェでは、効率よく観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、フィレンツェ旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年11月26日のレート、1ユーロ=163.65円で計算しています。

cover photo by pixabay

よくある質問

この記事で紹介したホテルはこちら🌟

NEWT(ニュート)ならアプリでかんたんに予約できます🤳 いつでも5%ポイント還元!

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

フィレンツェの東京発のおすすめツアー

フィレンツェ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる