NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2023年最新】ミラノからフィレンツェへの行き方3選!おすすめは高速鉄道

フィレンツェは、ミラノから高速鉄道で約2時間で行ける、芸術の都と呼ばれている人気の観光地です。本記事では、ミラノからフィレンツェに行く方法をご紹介。高速鉄道や特急列車、バスなどさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

ライター
NEWT編集部

フィレンツェは、ミラノから高速鉄道で約2時間で行ける、芸術の都と呼ばれている人気の観光地です。本記事では、ミラノからフィレンツェに行く方法をご紹介。高速鉄道や特急列車、バスなどさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

Contents

ミラノからフィレンツェに行く方法は?距離は?


photo by unsplash

フィレンツェは、ミラノから約310㎞離れた場所にあり、日本でいうと東京から名古屋や新潟までの距離。各種アクセス方法がありますが、手段によっては日帰りでも訪れることのできる距離感です。

ミラノからフィレンツェまでの行き方は3つ!


photo by unsplash

1番簡単で最も使われているのは、高速鉄道。1時間に約2本のペースで運行していて、所要時間は1時間45分ほど。日帰りで行き来もできるので、急にフィレンツェに行きたくなった時も気軽に行くことができます。

速さよりも安さを重視するという方は、バスがおすすめ!片道5時間ほどかかるので、日帰りではなく宿泊を予定している人や時間に余裕がある人向けで、ローカルな景色を楽しみながらフィレンツェに向かうことができます。さらに旅をのんびり楽しみたい上級者には、普通・特急列車という選択肢も。

このように、移動手段は3つありますが所要時間や価格はさまざま。出発場所や時間、値段などそれぞれ詳しく説明するので、ご自身の予算や滞在時間に合った行き方を選んでくださいね。

ミラノからフィレンツェまで高速鉄道でアクセス!


photo by pixabay

ミラノからフィレンツェまでの移動は、高速鉄道での移動がおすすめ!鉄道会社はイタロ社のAGV、トレニタリアのフレッチャロッサがあるので、出発時間や料金を比較して選んでみてくださいね。

約1時間45分~2時間でアクセスでき、1番おすすめ


photo by pixabay

ミラノからフィレンツェまでのアクセスで、1番おすすめなのは高速鉄道での移動。所要時間が約1時間45分から2時間と、気軽に行くことができるのが魅力です!海外旅行初心者の方や、日程に余裕がない人でも効率よく移動できます。

鉄道会社はイタロ社のAGVとトレニタリアのフレッチャロッサがあり、2社合わせると1日に50本ほど運行していて、早朝便や深夜便もあります。旅程に合わせて様々な時間を選べるのも、便利なポイントです。

フィレンツェまでの金額は片道14.9ユーロ(約2,192円)から


photo by unsplash

高速鉄道の料金は、席の等級によって変わります。例えばイタロ社のAGVであれば、Smart、Prima、Club Executiveの3つの席タイプがあり、Smartは14.9ユーロ(約2,192円)から。Primaは19.9ユーロ(約2,927円)から、Club Executiveは59.9ユーロ(約8.812円)からです。

Smart席は、電源コンセントや無料Wi-Fi、スナックエリアがあるスタンダードな席。Primaはそのほかにドリンクやスナックを提供する無料ウェルカムサービス、リクライニングシート、スムーズな乗車ができる権利があります。Club Executiveは乗車前にはクラブラウンジで待つことができ、乗車中は豊富な種類のベーカリー製品とドリンクが提供されています。


photo by unsplash

乗車駅のミラノ中央駅は、とても大きく天上の高い建物で、歴史あるイタリアの建築物にもひけを取らない美しい駅です。レストランやスーパーやカフェなど観光としても訪れる人も多くいます。

ミラノの有名観光地から電車で10分ほどで行けるので、観光してからフィレンツェに移動することも可能です。駅にはスリが多く、特にスーツケースを持っていると目立ってしまうので、駅構内では荷物をきちんと見ておきましょう。


photo by unsplash

到着駅はフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅。駅から市内の中心までは歩いて15分ほどで行くことができる便利な場所にあるので、到着してからすぐフィレンツェ観光もできますよ。

ミラノから高速鉄道で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 所要時間が短い
  • 運行本数が多い
  • 安全に移動できる

デメリット

  • バスより料金が高い
  • 事前予約制
  • 日時によって料金が変わる

フィレンツェの帰りはフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から出発!


photo by pixabay

帰りも行きと同様に、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から出発。帰りの時間が決まっていれば、チケットは事前購入しておくと便利です。ギリギリまで観光スポットを巡ることができるので、最後の最後までフィレンツェを満喫しましょう。

高速鉄道は、効率よくフィレンツェに行きたい人におすすめ!


photo by unsplash

高速鉄道は、安全に短時間で利用できる移動手段!旅行日程が短くてもフィレンツェまで気軽に移動できるので、日帰りでも足を運ぶことができます。海外旅行の初心者でも安心して旅できるので、1番おすすめです。

ミラノからフィレンツェまでバスでアクセス!


photo by Unsplash
※写真はイメージです

安く移動するなら、バスでの移動がおすすめ!半日かかるので旅行日数が少ない人には不向きですが、窓の外の景色を眺めながらのんびりと旅行したい人にぴったりです。

バスは約5時間でアクセスできる!


photo by pixabay
※写真はイメージです

渋滞状況にもよりますが、約4時間から5時間ほどで移動できます。バス会社もいくつかあり、運行本数も豊富にありますが、その中でも特におすすめなのはFLIXBUS。お安くかつ快適に過ごすことができる設備があり、Wi-Fiの使用や電源コンセントの用意、トイレが設置されています。

フィレンツェまでの金額は片道5.48ユーロ(約806円)から


photo by pixabay
※写真はイメージです

FlixBusでフィレンツェまで行くと、1回の乗り換えで片道5.48ユーロ(約806円)、乗り換えなしだと片道7.99ユーロ(約1,174円)です。他にもいくつかバス会社があり、所要時間は同じくらいですが、格安に移動できるのでとても人気があります。

チケットは公式サイトで購入することができて、イタリア語がわからなくても安心して買うことができるのもおすすめポイント。プラス1.99ユーロ(約293円)で席を指定できるので、酔いやすいひとや窓際がいい人など、座りたい席を指定することができますよ。


photo by unsplash
※写真はイメージです

ミラノのバスターミナルは、Lampugnano bus station(ランプニャーノバスステーション)とSan Donato M3(サンドナートM3)の2つがあります。どちらも駅の近くにあるので、アクセスは便利な場所です。

ただし、2つのバスターミナルはそれぞれ電車で30分以上離れている場所にあるので、どちらのバスターミナルなのかあらかじめきちんと確認しておきましょう。


photo by pixabay
※写真はイメージです

到着地はVilla Costanza(ヴィラ コンスタンス)バス停。フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅から電車で約30分ほどの場所にあります。深夜や早朝の数便は駅のすぐそばのPiazzale Montelungo(モンテルンゴ広場)に着きますが、日中のほとんどの便は観光地から遠いので、美術館などの予約は余裕を持って取るのがおすすめです。

バスで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 料金が安い
  • 運行本数が比較的ある
  • 寝ながら行ける

デメリット

  • 予約のやりとりなど英語が話せないと不便
  • 所要時間が長い
  • 追加荷物には料金がかかる

バスは、安く旅行したい人におすすめ!


photo by unsplash
※写真はイメージです

バスでの移動は、時間に余裕があり、コスパ重視の方におすすめ。ミラノからフィレンツェまで行く方法の中で1番価格も安いのが特徴です。旅慣れしている人や鉄道で移動したことある人は、ぜひ一度バスを体験してみるのもいいのではないでしょうか。

ミラノからフィレンツェまで普通・特急列車でアクセス!


photo by unsplash
※写真はイメージです

早さや価格よりも旅情緒を感じながら移動するなら、普通・特急列車での移動がおすすめ!車窓からはミラノからフィレンツェまでの街並みを眺めることもできるので、電車旅をしたい方にぴったりです。またいろいろな駅に停まるので、途中寄り道してみるのもいいかもしれません!

普通・特急列車は約4時間〜6時間でアクセスできる!


photo by unsplash

ミラノからフィレンツェまでは、高速鉄道だけではなく普通もしくは特急列車もあり、所要時間は約4時間〜6時間と長めです。直行便と乗り換え便のどちらもありますが、旅慣れしていない人は乗り換えなしの列車がおすすめ。

トレニタリアの公式サイト、もしくは日本語表記がされているOmio(オミオ)からチケット予約ができるので、英語が苦手な方でも窓口であたふたすることなく、チケットを購入できますよ。

フィレンツェまでの金額は片道14.9ユーロ(約2,196円)から


photo by unsplash
※写真はイメージです

料金は高速鉄道の最安値と同じで、早めにチケットを購入できればお得に行くことができます。所要時間や乗り換えの回数、到着駅も便によって異なるので、予定に合わせて選んでみてください。



photo by unsplash

乗車駅は高速鉄道と同じ、ミラノ中央駅。電車の待ち時間にはレストランで食事をしたり、スーパーやショップで軽食を買ったり、カフェでコーヒーを買ってみたり。のんびりとした電車旅のお供を購入するには、ぴったりの駅です。

イタリアならではの食べ物を食べながら、車窓からの景色を眺める、ぜいたくな旅を楽しみましょう。


photo by unsplash

到着駅は、こちらも高速鉄道と同じフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅。もし一個手前のリフレディ駅が最寄りのホテルや観光地に行く場合は、終点前行かずに​​リフレディ駅で降りて、散策してみるのもおすすめです。

ミラノから普通・特急列車で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 途中下車ができる
  • 運行本数が多い

デメリット

  • 料金が高い
  • 乗り換えが必要な列車もある
  • 所要時間が長い

特急列車は、旅慣れしている人におすすめ!


photo by unsplash

特急列車での移動は、イタリアの雰囲気を移動中でも感じてみたい、旅慣れしている方におすすめ。

所要時間が最長約6時間と長く、旅行日数が限られている方には不向きです。旅の予定と自分の海外旅行慣れ具合を考慮して、高速鉄道か特急列車か選びましょう。

目的に合わせてミラノからフィレンツェに行こう!


photo by pixabay

本記事では、ミラノからフィレンツェまで、高速鉄道、特急列車、バスの3つの行き方について紹介しました。

それぞれメリットやデメリットはありますが、1番おすすめの移動手段は高速鉄道。早く到着するだけでなく、快適・安全に移動できるので、海外旅行慣れしてない人でも迷うことなく目的地に着くことができます。ローカルな気分を味わいたい方や、時間はあるけど安く移動したい人には、バスでの移動がおすすめ。

それぞれのメリット・デメリットを確認した上で、ぴったりの移動手段でフィレンツェまでの移動を楽しんでくださいね。


cover photo by unsplash

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

イタリアの東京発のおすすめツアー

イタリア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる