NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2023年最新】ローマからベネチアへの行き方3選!おすすめは鉄道!

ベネチアは、ローマから鉄道で約4時間で行ける場所。一度は訪れみたい、水の都と呼ばれるベネチアは、その名の通り、水上に浮かぶような街並みがロマンチックな人気の観光地です。本記事では、ローマからベネチアに行く方法をご紹介。鉄道や飛行機、バスなどさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

ライター
NEWT編集部

ベネチアは、ローマから鉄道で約4時間で行ける場所。一度は訪れみたい、水の都と呼ばれるベネチアは、その名の通り、水上に浮かぶような街並みがロマンチックな人気の観光地です。本記事では、ローマからベネチアに行く方法をご紹介。鉄道や飛行機、バスなどさまざまな方法があるので、自分の目的にぴったりの移動手段を選んでくださいね。

Contents

ローマからベネチアまでの距離は?


photo by unsplash

ベネチアはローマから約526km離れた場所にあり、日本で例えると大体東京から大阪までの距離です。ローマからベネチアへは、時間を調節すれば日帰り旅行も不可能ではないですが、ベネチアは見どころがたくさんある観光地なので、日数に余裕をもっていくのがおすすめです。

ローマからベネチアまでの行き方は3つ!


photo by unsplash

ローマからベネチアまでの移動で1番ポピュラーなのが、鉄道です。ベネチア行きの鉄道は2種類あり、所要時間はどちらも約4時間。金額は約76.90ユーロ(約11,060円)〜なのでコスパばつぐん!ローマの発着駅が市内中心部にあるので、各観光地やホテルからのアクセスも良いです。

飛行機は、ローマからベネチアまでの移動時間の速さを重視したい方におすすめ。ただし市内から空港までの移動や、手荷物検査で時間がかかる場合もあるので、時間に余裕をもつと安心です。空港でおみやげ探しができるのはうれしいポイント。

移動費を安く済ませたいという方は、高速バスがおすすめ。ローマからベネチアへは約8時間かかりますが、イタリアの美しい景色を眺めながら、旅気分をぞんぶんに味わえますよ。

移動手段によって移動時間や価格はさまざま。出発場所や時間、値段などそれぞれ詳しく説明するので、ご自身の予算や滞在時間に合った行き方を選んでくださいね。

ローマからベネチアまで鉄道でアクセス!


photo by pixabay

ベネチアまでの移動は、鉄道を利用するのがおすすめ!ローマからベネチアまでは、イタロ(ITALO)とトレ二タリア(TRENITALIA)の、2種類の鉄道が出ています。鉄道は、ローマ市内中心部にあるテルミ二駅とティブルティーナ駅から出ています。所要時間や料金はほぼ同じですが、イタロは座席の種類が多いので、より快適な旅を叶えたい人におすすめです。

約4時間でアクセスでき、1番おすすめ


photo by usplash
※画像はイメージです

ローマからベネチアへは、鉄道で約4時間で移動できます。イタロとトレ二タリアのどちらを利用しても、所要時間はほぼ同じです。出発駅のテルミニ駅とティブルティーナ駅は、地下鉄で約4駅ほどの距離感で、どちらもローマ市内中心地にあるので、観光ルートに合わせて利用しやすい駅を選んでくださいね。

ベネチアまでの鉄道の金額は片道約76.90ユーロ(約11,060円)


photo by pixabay
※画像はイメージです

イタロを利用する場合、テルミニ駅、ティブルティーナ駅ともに金額は片道約76.90ユーロ(約11,060円)〜。4種類の座席ランクがあり、1番ランクの低い座席の価格となります。ランクが低いと言っても、リクライニングレザーシートやフットレストが備わっているので、快適な座り心地です。さらに個別のコンセントや無料Wi-Fi、映画が観れるオンボードポータルへのアクセスなど、デバイスサービスも充実しています。

さらに快適さを追求するなら、ワンランク上の座席もおすすめ。1番低いランクの座席から約10ユーロ(約1,440円)ほど価格が上がりますが、コーヒーや紅茶のドリンクや軽食のサービスが提供されます。

トレ二タリアを利用する場合でも、イタロと価格帯に大差はありません。一方で、比較的時間帯によって金額や移動時間の差があるので、注意しながらチケットを選んでくださいね。


photo by unsplash

鉄道を利用する場合は、あらかじめオンラインでチケットを購入しておくのがおすすめ!チケットを購入していない場合は、駅で購入しましょう。テルミニ駅では、自動チケット販売機か、窓口でチケットを購入できます。

チケットを購入したら、1階のプラットホームで待機。構内には電光掲示板があり、列車の出発・到着時刻、ホーム番号を確認できます。掲示板は出発用と到着用の2種類に分かれていて、それぞれ黄緑色、赤色の字で区別されているので注意しましょう。

鉄道は、6時〜17時台出発の時間帯で運行しています。日程や時期によって変更する場合もあるので、事前に公式サイト(https://www.italotreno.it/en)をご確認ください。


photo by pixabay

到着地は、ベネチアのサンマルコ地区にある、サンタルチーア駅。鉄道駅はサンタルチーア駅と、その手前のメストレ駅の2つの駅がありますが、定番の水上の街並みを楽しむならサンタルチーア駅で下車しましょう。駅を降りると、すぐ目の前に、美しい景色が広がります。駅から各観光スポットへは、徒歩や水上バスを利用して移動できますよ。

ローマから鉄道で移動するメリット&デメリット

メリット

  • コスパが良い
  • 鉄道駅が市内中心部にあるのでアクセスしやすい
  • 座席が快適

デメリット

  • 移動時間が約4時間
  • 時間帯によっての価格変動がある

鉄道は、コスパよく早くベネチアに行きたい人におすすめ!


photo by pixabay

鉄道での移動は、価格と移動時間のバランスが取れているので、コスパばつぐん!所要時間は約4時間ですが、座席のクオリティーが高いので快適に移動できます。車内では。コンセントや無料Wifiが利用できるのもうれしいですよね。価格も日本の新幹線と同じくらいか、やや安いのが特徴です。朝早い時間から運行しているので、スケジュールに合わせて利用できるのも、魅力のひとつではないでしょうか。電車の中で景色を眺めながら、軽食やドリンクをゆっくり楽しむのも、鉄道の旅の醍醐味です。

ローマからベネチアまで飛行機でアクセス!


photo by unsplash

ローマからベネチアまでより早く行くなら、飛行機がおすすめ!飛行機はローマから、車で約36分のフィウミチーノ空港から出ています。ベネチアまでのフライトはイタリアの航空会社、ITAエアウェイズが利用できます。

約1時間でアクセスできる!


photo by unsplash
※画像はイメージです

ローマからベネチアまでは、飛行機なら約1時間で移動できます。フライト時間が短く便利な一方で、市内中心部から空港までの移動や、手荷物検査などに時間がかかる場合があるため、実際はもう少し時間に余裕をもって移動する必要があります。

ローマからベネチアまでの飛行機の金額は片道約78ユーロ(約11,210円)


photo by unsplah

ローマからベネチアまでは片道約78ユーロ(約11,210円、サーチャージ込み)。エコノミークラスでは、8kgまでの機内持ち込みが無料で、座席指定をする場合は別途有料となるので注意してくださいね。


運行本数は時期によっても変わりますが、1日に3〜4便となっているので、スケジュールを立てて、飛行機のチケットを購入するのがおすすめです。ITAエアウェイズは、チケット予約がすべて日本語でできるので便利です。



photo by unsplash
※画像はイメージです

飛行機はローマのフィウミチーノ空港から、ベネチアのマルコポーロ空港へのフライトとなります。ローマ中心街から約32kmの距離に位置し、車、電車、タクシー、バスで簡単にアクセスできます。手荷物検査などに時間がかかる場合があるので、時間には余裕をもって移動するのがおすすめ。


ターミナル1でチェックインを済ませましょう。チェックインはオンラインを上手に利用するとスムーズに移動できますよ。空港内では免税店やギフトショップもあるので、余った時間を活用してショッピングも楽しめますね。



photo by unpslash
※画像はイメージです

到着場所は、ベネチアのマルコ ポーロ空港。空港から市街地までは、シャトルバス(ATVO)または水上バス(ALILAGUNA)で移動できます。

シャトルバスはローマ広場まで行くことができ、水上バスは、サンマルコ広場など島内各所に行けます。空港から水上バスでの移動は、ブルー、オレンジ、レッドの3つの路線があります。どちらの移動手段も、チケットは空港の到着ロビーにあるチケットカウンターや自販機で購入できるほか、オンラインでもチケット購入ができるので、事前に購入しておくとスムーズですよ。

オンラインチケットサイト
シャトルバス(ATVO):https://www.atvo.it/it-ticketonline.html
水上バス(ALINAGUNA): https://www.alilaguna.it/en/buy-now

ローマから飛行機で移動するメリット&デメリット

メリット

  • 所要時間が短い
  • チケット購入サイトは日本語対応もあるので安心
  • 空港でおみやげ探しができる

デメリット

  • 手荷物検査や空港までの移動時間かかる
  • 座敷指定や荷物の重さによって追加代金がかかる場合も
  • 到着空港から中心地への移動がある

飛行機は、より早くベネチアに行きたい人におすすめ!


photo by pixabay

飛行機は、移動時間をできるだけ短縮したい人におすすめ。フライト時間は約1時間と短いですが、市街地から空港までの移動や、手荷物検査に時間がかかる場合もあるので、時間に幅を持たせて移動しましょう。余裕があれば、空港内でのショッピングやおみやげ探しも楽しめるので、旅気分を満喫できますよ。空港から市街地への移動はあらかじめ、どの交通機関を利用するのかスケジュールを立てておくと良いでしょう。チケットも事前にオンラインで購入しておくとスムーズです。

ローマからベネチアまでバスでアクセス!


photo by pixabay
※写真はイメージです

ベネチアまでの移動費用をできるだけ抑えたい人は、バスがおすすめ!高速バスは、ローマのティブルティーナ駅西のバスターミナルから出発し、ベネチアのメストレ駅に到着します。

ベネチアまで約6時間半〜10時間半でアクセス!


photo by pixabay

バスの乗車時間や渋滞状況にもよりますが、ローマからベネチアまでは約6時間半〜10時間半かかります。移動時間も景色などを楽しみながらゆったりと過ごしたい人におすすめです。

ベネチアまでのバスの金額は片道約6ユーロ(約860円)〜


photo by unsplash
※画像はイメージです

ローマからベネチアまでバスで移動する場合、時間帯や時期にもよりますが、金額は片道約6ユーロ(約860円)〜と破格の値段。所要時間は約6時間半〜10時間半と長旅になりますが、移動費用の予算はかなり抑えられますよ。チケットにはサービス料の1ユーロ(約140円)が加算されるほか、指定席や超過手荷物には追加手数料が発生する場合もあるので、チケット購入の際に確認してくださいね。

運行本数は1日に5本程と多くはないので、スケジュールをしっかり立てて、早めに予約しておくのがおすすめです。


photo by unsplash
※写真はイメージです

バスは、ローマ市街中心地にあるティブルティーナ駅西にあるバスターミナルから出発します。ターミナルにはチケットブースがあるので、そこでチケットを購入しましょう。チケットはオンラインでも予約ができるので、事前に購入しておくとよりスムーズです。

バスターミナルにはピザショップやカフェがあるので、乗車前に腹ごしらえもできますよ。無料のWifiに接続ができるので、チケットの確認などする際にも便利。

チケットの準備ができたら、指定の番号のプラットホームで待機しましょう。バスに乗車する際、運転手に行き先を確認しておくとより安心です。バス内にはフリーWifやコンセントも使えるので、長い移動時間にはうれしいですね。


photo by unsplash

到着地はベネチアの内陸側にある、メストレ駅。メストレ駅からベネチアのメイン観光地、サンマルコ地区まではバスで行けます。バスはいくつか路線がありますが、メストレ駅を出たすぐ先のベニス メストレ ホテル プラザ駅から乗車するのが1番わかりやすいです。ベニス駅で下車したら、サンマルコ地区まではしばらく歩きますが、美しい街並みを散策をしながら楽しめますよ。

ローマからバスで移動するメリット&デメリット

メリット

  • 金額が安い
  • オンラインでチケット購入ができる
  • 移動中の景色をゆったりと楽しめる

デメリット

  • 渋滞に巻き込まれる場合がある
  • 荷物の重さによって追加代金がかかる場合も
  • バスターミナルから市内への移動がある

バスは、ベネチアまで安く行きたい人におすすめ!


photo by unsplash
※画像はイメージです

バスでの移動は、とにかく移動予算を節約したい人におすすめ。安ければ1000円以下でバスに乗れてしまうのは、かなりお得ですよね。所要時間は約6時間半〜10時間半と長いですが、イタリアの街や自然の景色を眺めながら、旅の一部として楽しめますよ。移動費用を抑えた分、観光地でぜいたくに遊ぶのも、上手な旅の仕方の1つ。

目的に合わせてローマからベネチアに行こう!


photo by shutterstock

本記事では、ローマからベネチアまで、鉄道、飛行機、バスの3つの行き方について紹介しました。

それぞれメリットやデメリットはありますが、1番コスパが良くおすすめの移動手段は鉄道。価格と移動時間のバランスが良く、車内が快適なのがポイント。市街地から乗車駅までのアクセスも良いので、初めてローマからベネチアへ移動する人でも安心です。

移動時間をできるだけ短縮したい人は、飛行機がおすすめ。空港までの移動や手荷物検査の時間を除けば、フライト時間が約1時間なので、気軽に移動できるのが魅力。空港でのショッピングなど旅気分もぞんぶんに味わえるのもいいですよね。

バス移動は、とにかく移動予算をおさえたい人におすすめ。所要時間が他の2つと比較すると長いですが、マイペースにのんびりと旅をするのもいいですよね。鉄道や飛行機では見られない、街の景色を発見できるのも、魅力のひとつではないでしょうか。

それぞれのメリット・デメリットを確認した上で、ぴったりの移動手段でベネチアまでの旅を楽しんでくださいね。

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

イタリアの東京発のおすすめツアー

イタリア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる