NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

物価の安い国10選!アジアとヨーロッパを中心に紹介

海外旅行に行くなら気になるのが現地の物価。航空券代と宿泊費用のほか、食事や観光、お土産など、旅行中にはいろいろとお金がかかります。そこで今回は、物価の安い国をランキング上位から10選ご紹介。アジアとヨーロッパの国々を中心に、おトクに旅行を楽しむコツも一緒に解説するので、ぜひ参考にしてくださいね!

ライター
sorano

海外旅行に行くなら気になるのが現地の物価。航空券代と宿泊費用のほか、食事や観光、お土産など、旅行中にはいろいろとお金がかかります。

そこで今回は、物価の安い国をランキング上位から10選ご紹介。アジアとヨーロッパの国々を中心に、おトクに旅行を楽しむコツも一緒に解説するので、ぜひ参考にしてくださいね!

Contents

【アジア】物価の安い国7選

photo by Unsplash

まずは、フライト時間が短く、アクセスしやすいアジアの国々からご紹介!アジア諸国は、日本よりも物価が安い国が多く、現地では日本より安く食事や買い物ができる国もたくさんあるんです!

異国情緒あふれるアジアの国々の特徴や実際に食事にかかる費用なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\NEWTでおトクなツアーをチェック/

ベトナム

非日常の風景が圧巻!東南アジアの絶景の宝庫

photo by Unsplash

最初にご紹介するのは、東南アジアの異国情緒を味わえるベトナム。首都のハノイはショッピングができる旧市街や、世界遺産のハロン湾があり、見どころがたくさんあります。近年ではリゾートエリアのダナンも注目されていて人気の海外旅行先です。

ベトナムの物価は日本の3分の1〜4分の1くらいと安く、都市部や観光地はやや高い傾向があるので、より費用を抑えたい場合は地方に泊まったり、食事を屋台で済ませたりしましょう。ベトナムにはあちこちに屋台や市場があり、ベトナム料理の代表とも言えるフォーも1食150円前後から食べられますよ!

また、あまり知られていませんが、ベトナムは美容大国でもあるのでネイルやエステなども安い値段で受けられるのでおすすめです。

\ベトナム旅行にかかる詳しい費用をチェック/

【2024年最新】ベトナム旅行の費用&予算!1週間の旅費や物価を解説

マレーシア

ユニークな文化が混ざり合った美しい多民族国家

photo by Unsplash 

マレー半島とボルネオ島と2つの島からなるマレーシア。近代的なクアラルンプールのような都会と、ボルネオ島などの豊かな自然がバランスよく、多様な見どころを持っています。多民族国家ならではのマレーシア料理もこの国ならではの魅力。

マレーシアの物価は、東南アジア諸国の中でも比較的安い傾向にあり、日本の2分の1〜3分の1程度と言われています。ローカルな食堂や地元の人向けのフードコートなどで食事をすると、一食300円ほどで食べられてしまうところもあるんだとか!おしゃれなカフェも多いので、カフェ巡りも楽しそうですね!

実は、クアラルンプールにあるラグジュアリーな高級ホテルにも比較的安く泊まれるので人気なんです。格安ホテルでさらに旅費を抑えてもよし、コスパのいい高級ホテルに泊まるもよしですね!

\マレーシア旅行にかかる詳しい費用をチェック/

【2024年最新】マレーシア旅行3泊5日の費用&予算を解説!安い時期も紹介

インドネシア

神秘的な絶景が目の前に!赤道をまたぐ常夏の国

photo by Unsplash

港町として栄えた大都市のジャカルタや、人気の南国リゾート地のバリ島など、約18,000の島々からなるインドネシア。 独特な文化を持ち、インドネシアに点在する寺院や王宮などの建造物は繊細な彫刻がほどこされ、見る人々を魅了します。

インドネシアの物価は日本の2分の1〜3分の1程度で、全体的に安いのが特徴。ローカルな飲食店やフードコートでは100円台で食事ができるお店もあります。

しかし、観光客向けのレストランやお土産は高いことが多く、日本と同じくらいの価格になっていることも。費用を抑えるなら、前述したようなお店で現地の料理を食べたりしてローカルな雰囲気を満喫するのがおすすめです!

\インドネシア旅行にかかる詳しい費用をチェック/

【2024年最新】インドネシア旅行4泊6日の費用&予算を解説!安い時期も紹介

フィリピン 

人気急上昇中!透き通る海が広がる南国のリゾート地

photo by Unsplash

リゾート地のセブ島やボラカイ島などが観光地として人気のフィリピンは、語学留学先や移住先としても人気が高まっています。その理由の一つが物価の安さ!日本の2分の1〜3分の1程度でベトナムやインドネシアに並ぶ安さ。ローカル食堂での食事は300円ほどのところもあり、美味しいフィリピン料理が食べられます。

タクシーの初乗りは100円ほどなので、現地の移動はタクシーでも日本のような費用がかかることはありません。ただ、フィリピンの一部の地域の治安があまり良くないところもあり、日本人だとわかると詐欺に合うリスクが!先払いのタクシーアプリなどをうまく活用して予防しましょう!

\フィリピン旅行にかかる詳しい費用をチェック/

【2024年最新】フィリピン旅行の費用&予算をエリア別に解説!節約方法も

タイ

独特な異文化に魅了される!笑顔と自由の国

photo by Unsplash

タイは日本人から人気の観光地で、比較的治安がよくフレンドリーな人が多いので観光しやすいことが特徴。物価は日本の3分の2程度です。最近は円安と物価上昇の影響が出ていることもあり、東南アジアのほかの国と比べるとタイの物価はやや高めですが、日本よりは安く、海外旅行先には最適。

リーズナブルな宿が多く並ぶので安いホテルやゲストハウスを利用して宿泊費を浮かせたり、屋台などを利用して食費を節約したりすることもできます。マンゴーやパイナップルなどの南国のフルーツも格安で手に入りますよ!

タイ式マッサージは日本でも見かけますが、タイだとかなり安く施術を受けられます。タイに旅行に行った際は、ぜひ一度体験してみてください!

\タイ旅行にかかる詳しい費用をチェック/

【2024年最新】タイ旅行の費用・予算を解説!おすすめの安い時期&格安ツアーも紹介

台湾

ノスタルジックな異国情緒あふれる魅惑の国

photo by Unsplash

台湾は、日本から3時間から4時間ほどのフライトで行けるため、航空券が比較的安く、全体の旅行費用を抑えることができます。映画『千と千尋の神隠し』のモデルともいわれる九份、カラフルなネオンが輝く夜市や煌びやかな夜景など、見どころもいっぱいです。小籠包や魯肉飯などのグルメも台湾旅行の醍醐味!

物価は日本の3分の2ほどと言われており、都会的でありながら物価が安いので海外旅行先として不動の人気を誇っています。定番のお土産、パイナップルケーキは1箱500円から1,000円前後と、お土産や観光客向けのかわいい雑貨は日本と同じくらいの物価になっているので、ショッピングを楽しみたい人は多めに予算を組みましょう!

\台湾旅行にかかる詳しい費用をチェック/

【2024年最新】台湾旅行の費用&予算を解説!2泊3日や3泊4日の相場を紹介

韓国

SNS映えするおしゃれスポットがいっぱい!定番の旅行先

photo by pixabay

日本から一番近い韓国は、気軽に行くことができるため、人気の海外旅行先としてランキングではいつも上位。約2〜3時間足らずで行けてしまうので、航空券は安く抑えることができます。

観光だけでなく、本場の韓国グルメも味わったり、雑貨やコスメなどのショッピングも楽しんだり魅力がいっぱい!おしゃれなカフェやフォトスポットも多く、SNS映えする写真がたくさん撮れちゃいますよ!

韓国の物価は日本よりも安いと言われていましたが、最近では円安や韓国の物価の高騰により、日本と同じくらいの価格のものも増えてきました。値上がりが続いているので、予算は多めに考えた方がいいでしょう。とはいえ、韓国製品は日本よりもおトクに買えることが多いのでうれしいポイントです!

\韓国旅行にかかる詳しい費用をチェック/

【2024年最新】韓国旅行の費用はいくら?2泊3日や3泊4日の予算、安い時期を解説

【ヨーロッパ】物価の安い国3選

photo by Unsplash

ここまではアジア諸国をご紹介しましたが、ここからは3つのヨーロッパにある国をご紹介!物価の高いイメージがあるヨーロッパですが、その中でも比較的リーズナブルに観光できる国もあるんです。

それぞれの国の特徴や物価について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

ポーランド

中世のヨーロッパの街並みが残る歴史と文化の国

photo by pixabay

ヨーロッパの中央に位置するポーランドは、美しい自然と中世のヨーロッパの風情が魅力の国。首都のワルシャワは中世の雰囲気を色濃く残す美しい街並みが広がり、古都クラクフには大聖堂や教会などの歴史的建築物が点在します。

ヨーロッパ諸国の中でも物価は比較的安く、日本と同じくらいです。工夫すれば、現地での宿泊や食事などの費用を抑えることができます。交通費も公共交通機関を使えば、そこまでかさむことはないでしょう。

また、教会や寺院など歴史的な建築物に無料で入れたり、美術館にもリーズナブルな入場料で訪れることができます。治安も基本的に良好なので、ヨーロッパで一人旅を考えている人にもおすすめの国です!

\ポーランド旅行にかかる詳しい費用をチェック/

【2024年最新】ポーランド旅行1週間の費用を解説!安い時期や予算を紹介

ハンガリー

異色のヨーロッパ!ドナウ川のほとりの心あたたかな国

photo by Unsplash

「ドナウの真珠」と称される首都のブダペスト。実は先祖はアジアの移民というヨーロッパでは異色の歴史を持っています。

ドナウ川周辺の街並みは昼間の景色はさることながら、日が暮れたあとのお城や大聖堂がライトアップされた景色は荘厳で、時間を忘れて眺めてしまいます。また、日本のように温泉があちこちにあり、実は日本人が馴染みやすいあたたかな国。

そんなハンガリーは、ヨーロッパなのになんと日本よりも物価が安いんです!現在は、円安の影響で少し高くなっているので、予算は多めに考えた方がいいかもしれませんが、ローカルなレストランでは一皿500円前後で食べられるお店もありますよ!

\ハンガリー旅行にかかる詳しい費用をチェック/

【2024年最新】ハンガリー旅行6日間の費用を解説!安い時期や予算を紹介

チェコ

レンガ色の屋根が並ぶ小さなおとぎ話の国

photo by Unsplash

チェコは中央ヨーロッパに位置する小さな国で、可愛らしい街並みや歴史的建造物は、まるで小さい頃読んだ絵本に出てくるような光景です。首都のプラハは「百塔の都」ともうたわれるほどの景観美で、多くの観光客が訪れます。

物価は比較的安く、日本と同じか少し安いくらいです。チェコといえばビールが有名ですが、一杯200円前後と日本よりも安く飲めるのでビール好きにはうれしいポイントですね!

ビールに合うソーセージや伝統的な料理も比較的リーズナブルな価格で楽しむことができ、ローカルのレストランで食事をしても一人1,000円前後からです。​​レストランをハシゴしてさまざまなお料理やビールで素敵な夜を過ごせますね!

\チェコ旅行にかかる詳しい費用をチェック/

【2024年最新】チェコ旅行4泊6日の費用を解説!安くいく方法も紹介

物価の安い国でよりおトクに海外旅行を楽しむコツ

photo by pixabay

ここまではアジアやヨーロッパで物価の安い国を紹介しました。最後に、より安く海外旅行に行くためのコツを4つ解説します!なるべく節約して海外旅行を楽しみたいという学生さんも必見ですよ!

さらにおトクに海外へ行けるように旅行を計画する前にしっかりチェックしてみてくださいね。

航空券とホテルがセットになった格安ツアーを利用する

photo by pixabay

旅行の費用をより安く抑えたい場合は、航空券とホテルがセットになったツアーがおすすめ!ツアーだと自由に観光地を回れなかったり、時間に追われてゆっくり見れないのでは?と心配される方も多いのですが、フリープランのものなら、心配無用!

観光先や時間などのスケジューリングがされておらず、現地では自由に観光ができますよ。予約や手配もまとめてできるので、海外旅行に不慣れな方も安心です。

現地のベストシーズンや日本の大型連休を避けて旅行代理店がセールを開催していることもあるので、安いツアーを見つけたら早めに申し込めるようにこまめにチェックしておきましょう!

安い時期を選ぶ

photo by Unsplash

航空券やホテルの費用は、シーズンによって変動します。ベストシーズンや日本の連休、年末年始などは高くなり、逆に現地のオフシーズンなどは安くなる傾向があります。

そのため、より旅費を抑えたい方は、ベストシーズンを外したオフシーズンに旅行を計画しましょう。オフシーズンでも街並みやグルメなどには影響がないほか、観光客が少ないため、ゆっくり観光を満喫できるというメリットもあります。

また、費用を抑えて海外旅行に行きたいなら曜日も大事なポイント!土日よりも平日、さらに週の半ばの方が安いことが多いのでおすすめですよ。

無料の観光スポットを訪れる

By Magalhães - Own work, Public Domain

海外には入場料がかからない観光スポットがたくさんあります。世界遺産に登録されている美しい絶景も見放題!フィリピンのコルディリェーラの棚田やポーランドのビャウォヴィエジャの森などはその一例です。

ほかにも、歴史的な建造物である寺院や教会などのスポットも無料で見学できるところもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

観光地を訪れる際の交通費もタクシーではなく公共交通機関を使うなど、少しの工夫でコストを抑えることができます。街全体が世界遺産になっているエリアもあり、目的の場所まで歩いてみるのもいいですよ!

地元の屋台やスーパーを活用する

photo by Unsplash

毎日観光客向けのレストランで食事をすると、食費がかさんでしまうので要注意!アジアでの旅行では屋台やフードコートを、ヨーロッパではスーパーやマーケットを活用するのがおすすめです。

屋台やスーパーはローカルの人たちでも利用しているので食費を節約できるだけでなく、現地の雰囲気を味わえて一石二鳥!また、海外の屋台やスーパーのごはんは量が多いので、シェアすることでさらに食費を削減できちゃいます!

さらに、スーパーは安くてかわいいお菓子が大容量で入手できます。自分や友人のお土産用に購入するのも値段をあまり気にせず選べるので便利ですよ!せっかくの海外旅行なので、地元の人々の生活を感じながら、ローカルなショッピングを楽しんでくださいね。

物価の安い国で旅行を楽しむための注意点

photo by Unsplash

物価が安い国に行く際には治安に注意しましょう!日本人や観光客を狙った詐欺や盗難などの軽犯罪に巻き込まれるリスクがあります。具体的にはタクシーでのぼったくりや、パスポートや財布などの盗難です。旅行中は前払いできるタクシーアプリを利用したり、カバンを身体の前に抱えたりして、しっかり対策しましょう!

物価が安い国の中には、治安があまり良くないエリアがあると注意喚起されている国もあります。外務省の海外安全ホームページでは、海外のさまざまな地域の危険度を4レベルに分けているので、事前に確認しておくと安心です。

物価が安いからといってどの国も治安が悪いわけではないので、細心の注意を払って安全に観光を楽しんでくださいね!

\NEWTでおトクなツアーをチェック/

物価の安い国で海外旅行を満喫しよう!

今回は物価の安い国をアジアとヨーロッパを中心にご紹介しました。物価が安いと現地での食事やショッピングが思う存分楽しめちゃうのでうれしいですよね!

ですが、物価が安い国でも地域やエリアによっては価格が変動したり、観光客向けのレストランやお土産は物価が高くなる傾向もあります。

海外旅行に行く前に現地の物価をリサーチして、お金の心配なく安心して旅行を楽しんでください!

cover photo by  Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)夏旅SALE【東京発】 | NEWT(ニュート)

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる