NEWTでおトクな
海外旅行をチェック
無料アプリでみる

【2024年最新】マレーシアでおすすめの観光スポット13選!エリア別に厳選

マレーシアには、大都会クアラルンプールにそびえ立つ高層ビルから、大自然を感じられるジャングルやビーチまで有名なスポットがたくさんあります! 今回は、マレーシア旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から13選ご紹介します。首都クアラルンプールや美しい海を楽しめるペナン島などの名所をエリア別に厳選したので、ぜひマレーシア旅行の参考にしてくださいね!

ライター
NEWT編集部

マレーシアには、大都会クアラルンプールにそびえ立つ高層ビルから、大自然を感じられるジャングルやビーチまで有名なスポットがたくさんあります!

今回は、マレーシア旅行でおすすめ観光スポットを人気ランキング上位から13選ご紹介します。首都クアラルンプールや美しい海を楽しめるペナン島などの名所をエリア別に厳選したので、ぜひマレーシア旅行の参考にしてくださいね!

Contents

マレーシア観光における基本情報!

日本との時差

1時間(マレーシアが9時のとき、日本は10時)

フライト時間

約10時間(乗継便)

公用語

マレー語

通貨

マレーシア・リンギット

治安

比較的安全
観光地・繁華街などでは盗難や置き引きに注意が必要

物価

日本に比べて物価が安い傾向

電源プラグ

BFタイプが主流
※変換プラグが必要

マレーシアには魅力的な人気観光スポットがいっぱい!


photo by Unsplash

マレーシアには、近代的な大都市のクアラルンプールをはじめ、世界遺産の街・マラッカやリゾート地のペナン島、美しい大自然が有名なコタキナバルなど魅力的な観光スポットがたくさん!街歩きからリゾートまでさまざまな顔を持つマレーシアなら、旅のテーマに合わせて楽しむことができます。

今回はそんなマレーシアの人気観光地をご紹介!エリア別に名所から穴場スポットまで厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\おトクなマレーシア旅行をチェック!/

クアラルンプールのおすすめ人気観光スポット4選

初めてのマレーシア旅行で、まず訪れたいのがマレーシアの首都クアラルンプールです。電車やタクシーはもちろん、市内5区間を走る無料の循環バスもあり、観光の移動も便利!

有名なランドマークタワーからモスクまで見どころが盛りだくさんなので、行きたい観光スポットを旅行前にチェックしておきましょう!

ペトロナス・ツインタワー

マレーシアを誇る世界最高峰ツインタワー


photo by Unsplash

クアラルンプールの観光名所といえば、まず最初に名前が挙がるペトロナス・ツインタワー。市内中心地にそびえ立つ超高層ビルは、マレーシアのシンボルのような存在になっています。

地上88階建て、高さ452メートルというツインタワーとしては世界最高峰の高さを誇り、まさに圧巻の迫力!写真映えするスポットに、世界各国から観光客が押し寄せます。

地下から6階までは約270店舗のショッピングモールになっており、有名ブランド店からフードコートまで勢ぞろい!ツインタワーの鑑賞だけでなく、ショッピングや食事まで幅広く楽しめます。


photo by Unsplash

86階にある展望スペースは、クアラルンプールの美しい街並みを一望できる人気スポット!高層から見渡す街は、まさに息を飲む絶景です。窓口でのチケット購入は行列必至なので、事前にオンラインで購入するのがスムーズ。

また、夜にはツインタワーがライトアップされ、より一層美しく輝きます。隣接するKLCC公園内の噴水ショーと一緒に写真を撮るのがおすすめです!

ペトロナス・ツインタワー(Petronas Twin Towers)の基本情報
住所: Petronas Twin Tower, Lower Ground (Concourse) Level, Kuala Lumpur City Centre, 50088 Kuala Lumpur, Malaysia
電話:+603-2331-8080
営業時間:9:00~21:00
休業日:月曜(祝日の場合は開館)
アクセス: 高架鉄道LRT KLCC駅直結
料金:展望デッキ(41・86階)大人98リンギット(約3,018円)、子ども(3歳~12歳)と60歳以上のシニア 50リンギット(約1,539円)
※2023年12月23日のレート、1リンギット=30.80円で計算
公式サイト:https://www.petronastwintowers.com.my/

ペトロナスツインタワーはマレーシアのランドマーク的スポット!見どころや予約方法などを解説

国立モスク(マスジッド・ネガラ)

白とブルーの色合いが美しい礼拝堂


photo by Unsplash 

国立モスクは、マレーシアの国教であるイスラム教の礼拝堂です。1965年に建てられたマレーシア最大級のモスクで、傘のようなターコイズブルーの屋根や73メートルの高さを誇るミナレット(尖塔)が特徴的。

屋内を見学する際は、入口にて無料で貸し出されているスカーフやローブを着用し、頭や肌を覆いましょう。男性も同様に、短パンやノースリーブなどで肌が露出している場合はローブの着用が必須!

伝統的なイスラム装飾と近代風のデザインが見事に組み合わされた美しい建築は、時間をかけてじっくり見たいスポットです。

国立モスク マスジッド・ネガラ(Masjid Negara)の基本情報
住所:Jalan Perdana, Tasik Perdana, 50480 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia
電話:+603-2107-3100
営業時間:土曜日〜木曜日:9:00〜12:00、15:00〜16:00、17:30〜18:30
金曜日:15:00〜16:00、17:30〜18:30
アクセス: マレー鉄道KTMクアラルンプール駅から徒歩約5分
料金:無料
公式サイト:https://masjidnegara.gov.my/ms/

ムルデカ広場

クアラルンプール中心にある歴史的な広場


photo by pixabay

マレー語で独立を意味する、ムルデカ。その言葉の通り、ムルデカ広場は1957年8月31日にイギリスから独立を宣言した、マレーシアの歴史にとって重要な場所です。広場には、世界で一番高いとされる100メートルの国旗掲揚ポールがあり、独立記念日の式典が毎年この場所で行われています。

その昔はクリケット競技場として使用されていたこともあり、8.2ヘクタールの開放的な芝生が広がっていますよ。青空と緑の芝生、ノスタルジックな建築が美しく、思わず写真を撮りたくなりますよね!


photo by Unsplash

広場の向かい側には、ツインタワーと並ぶクアラルンプールのシンボル的存在、スルタン・アブドゥル・サマドビルがあります。1897年に建設され、現在は観光芸術文化省などが入った省庁管轄の建物になっています。

中に入ることはできませんが、ムーア様式のレンガ造りの外観や時計台がフォトジェニックで、観光客の記念撮影に人気のスポット。夕方からはライトアップされるので、夜の時間帯に訪れるのもおすすめです!

ムルデカ広場(Merdeka Square)の基本情報
住所:Jln Raja, City Centre, 50050 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス:高架鉄道LRT&地下鉄MRTマスジッドジャメ駅から徒歩10分
料金:無料

バトゥ洞窟

カラフルな階段が写真映え!洞窟に眠るヒンドゥー寺院


photo by Unsplash

クアラルンプールから北へ10キロほどのところにある、ヒンドゥー教の聖地・バトゥ洞窟。存在感のある大きな黄金の神像が入口で出むかえます。

洞窟へと続く272段の階段が2018年にカラフルに塗り替えられ、写真映えスポットとしてより一層人気を集めています。階段付近には野生のサルが出没するので、見学中は飲食を控え、荷物を取られないように注意が必要です!


photo by Unsplash 

階段を上がった洞窟内には、マレーシア最大規模といわれるヒンドゥー寺院があります。年に1度のヒンドゥー教の大祭・タイプーサムの日には、この寺院に10万人もの巡礼者が訪れ、その光景は圧巻!クアラルンプールから電車で約40分でアクセスできるので、少し足を伸ばして訪れてみてくださいね。

バトゥ洞窟(Batu Caves)の基本情報
住所: Gombak, 68100 Batu Caves, Selangor, Malaysia
電話:なし
営業時間:8:00〜19:00
休業日:なし
アクセス: KTMコミューター バツーケイブ駅から徒歩約5分
料金:無料

【2024年最新】マレーシア・クアラルンプールでおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選

マラッカのおすすめ人気観光スポット3選

マレーシア南部にあるマラッカは、街全体が世界遺産に登録されています。16世紀にポルトガル、オランダ、イギリスの支配下にあった歴史から、西洋と東洋が入り混じった異国情緒あふれる街並みを楽しめます!人気スポットをピックアップしたので、ぜひ旅の参考にしてみてくださいね。

オランダ広場周辺

レンガ色の建物が囲むマラッカの中心地


photo by Unsplash

オランダ広場は、マラッカの街の観光の起点となる場所。17~18世紀の歴史的な建物がきれいに保存されたエリアで、噴水を中心にレンガ色の象徴的な建物が一体を囲んでいます。

広場にある「I love Melaka」の像は記念撮影にぴったりなので、マラッカに遊びに来た際はぜひ写真を撮ってみてくださいね!


photo by Unsplash

オランダ広場周辺にたくさん待機している、ポップな装飾が特徴の自転車タクシー・トライショーも見ものです!30分約20~30リンギット(約615円〜923円)で乗車可能なので、観光中の移動に使ってみるのもおすすめ。

夜になると装飾がきらびやかに光り、さらに華やかな雰囲気に!アトラクションのような気分を味わいながら、トライショーからマラッカの街を眺めるのも素敵です。

オランダ広場(Dutch Square)の基本情報
住所: Banda Hilir, 75200 Malacca, Malaysia
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: マラッカ国際空港から車で約10分
料金:無料

ジョンカー通り

観光客でにぎわうマラッカのメインストリート


photo by Unsplash 

ジョンカー通りは、オランダ広場から橋を渡ったところにまっすぐ伸びるメインストリート。オランダ植民地時代に作られた通りで、歴史的な家屋がずらっと立ち並びます。

ジョンカー通りは買い物をするのにうってつけのスポットで、伝統的なニョニャ食器から民族衣装、アンティーク雑貨、アジアン雑貨まで幅広くそろいます!

レストランやカフェもたくさんあり、ご飯を一口大に丸く握った名物料理・チキンライスボールやチェンドル(かき氷)が人気です。


photo by Unsplash 

また、マラッカに訪れるなら毎週金曜日から日曜日に開催されるナイトマーケットはぜひ訪れたいもの。多くの観光客でにぎわうため、雰囲気もばつぐんです!

点心やちまきなどの中華料理から、伝統菓子のクエ、さとうきびジュースまでさまざまな露店がところ狭しと並び、マラッカグルメの食べ歩きを楽しめます。雑貨店もあるので、旅のお土産を見つけたい人にもぴったりです!

ジョンカー通り(Jonker Street)の基本情報
住所: Jalan Hang Jebat, Melaka
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: オランダ広場から徒歩約2分
料金:無料

マラッカ川

アート鑑賞もクルーズも楽しめる!


photo by Unsplash

街の中心部を流れる全長50キロのマラッカ川。川沿いの建物には色とりどりの壁画アートが描かれています。遊歩道をのんびりと散歩しながら、記念にフォトジェニックな写真を撮ったり、優雅にアート鑑賞を楽しむのがおすすめ!

夜になると橋や建物がライトアップされ、日中とは違ったムーディな雰囲気に。川沿いにはレストランが立ち並ぶので、ロマンティックなディナーを過ごせます。


photo by Unsplash

また、マラッカ川では朝から夜までリバークルーズを体験できるのも魅力!日中の心地良い風と太陽を感じながら乗るも良し、ライトアップされた夜の街を眺めながら乗るも良しと好きな時間帯に楽しめます。

オランダ建築やマレー式の伝統家屋など、東西入り交じる美しいマラッカの街をぜひ船の上から堪能してみてくださいね!

マラッカ川(Malacca River)の基本情報
住所: Melaka Malaysia
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: オランダ広場から徒歩約4分
料金:無料

リバークルーズ(Melaka River Cruise)の基本情報
住所:Jalan Persisiran Bunga Raya, 75100 Melaka, Malaysia
電話:+606-281-4322
営業時間:9:00〜23:00
休業日:なし
アクセス: オランダ広場から
料金:大人30リンギット(約923円)、子ども(2歳〜11歳)25リンギット(約769円)
※2023年12月23日のレート、1リンギット=30.80円で計算
公式サイト:https://www.melakarivercruise.my/

マラッカはマレーシアにある世界遺産の街!楽しみ方や観光の見どころなどを解説

ペナン島のおすすめ人気観光スポット3選

ペナン島は、クアラルンプールから国内線で約1時間のところにあるリゾート地。2018年に世界遺産に登録されたジョージタウン地区や、バカンス気分を感じられるビーチなど見どころがたくさん!事前に行きたい場所をチェックしておきましょう。

ハーモニーストリート

ペナンの多様な文化を感じるお散歩通り


photo by pixabay

ハーモニーストリートは、世界遺産地区ジョージタウンにある通りのひとつで、インド人街やモスク、中国寺院が数メートル置きに並んでいる国際色豊かなストリート。歩くだけで、ペナンの多様な文化性を感じられます。

インド人街、リトル・インディアではアクセサリーなどの雑貨店が多く立ち並ぶので、おみやげ探しにおすすめ!徒歩15分ほどのコンパクトなエリアのため、気ままにお散歩するのにぴったりです。


photo by Unsplash

ジョージタウンの街中では、いたるところにアート作品が見られます。2012年にリトアニア出身のアーティストがジョージタウンの壁に絵を描いたことをきっかけに、現在では9か所の壁画アートと52か所のアイアンアートがあります。

立体的で遊び心のある作品が多いので、実際にアート作品の中に入っているような面白みのある写真を撮ることができますよ!ツーリスト・インフォメーションセンターでアート作品のマップを配布しているので、観光をしながらアート巡りをするのもおすすめです。

ハーモニーストリート(Street of Harmony)の基本情報
住所: Jalan Masjid Kapitan Keling, George Town, Penang Island, Malaysia
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: 無料巡回バス(CAT)セントジョージ教会駅よりすぐ
料金:無料

バトゥ・フェリンギビーチ

充実のマリンスポーツを楽しめるリゾート地


photo by pixabay 

東洋の真珠と呼ばれるペナンは、東南アジア屈指のリゾート地!中でもペナン島の最北部に約2キロに渡って続くバトゥ・フェリンギビーチは、白い砂浜と青い空のコントラストが美しい人気のビーチエリアです。周辺には、お手頃な宿から高級ホテルまでさまざまな宿泊施設があり、1年中バカンス客でにぎわいを見せます。


photo by pixabay 

バトゥ・フェリンギビーチは、海の透明度が低いためシュノーケリングには適していない反面、マリンスポーツにはぴったり!ジェットスキーやカヌー、パラセイリング、バナナボート、ウィンドサーフィンなど豊富なアクティビティを満喫できます。ビーチの潮風を感じながらのんびりと過ごすのも、リゾート地らしいぜいたくな気分を味わえるでしょう。

バトゥ・フェリンギビーチ(Batu Ferringhi Beach)の基本情報
住所: Jalan Batu Ferringhi Batu Ferringhi, 11100 George Town, Pulau Pinang, Malaysia
電話:なし
営業時間:24時間
休業日:なし
アクセス: ペナン中心部から車で約20分
料金:無料

ペナンヒル

東南アジアの絶景を見渡せる人気の避暑地


photo by Unsplash

ペナンヒルは、ペナン島の中央に位置する830メートルの山。ペナンヒルに登るために、まずはケーブルカーのチケットを購入しましょう!現地のチケットカウンターはもちろん、オンラインで事前に購入することも可能。

ケーブルカーで頂上まで上がれば、マレーシア本土とペナン島を結ぶペナン大橋のほか、世界遺産に登録されているジョージタウンの旧市街を見渡すことができます。


photo by pixabay

天気が良い日は、山頂から対岸の都市・バタワースまで一望できます!頂上は街の中心部より5度ほど気温が低いため、避暑地としても人気を集めているペナンヒル。世界遺産のペナンの街並みをぜひ山の上から眺めてみてください。

ペナンヒル(Penang Hill)の基本情報
住所:Tingkat 7, Bangunan Perbadanan Bukit Bendera Pulau Pinang, Jalan Stesen Bukit Bendera, 11500 Air Itam, Pulau Pinang
電話:+604-828-8880
営業時間:チケットカウンターは6:15〜20:00、ケーブルカー運行時間は6:30~22:00
休業日:なし
アクセス: ラピッドペナンバス204番線でペナンヒル駅からすぐ
料金:通常レーン往復チケット 大人30リンギット(約923円)、子ども(4歳~12歳) 15リンギット(約461円)
※2023年12月23日のレート、1リンギット=30.80円で計算
公式サイト:https://www.penanghill.gov.my/index.php/en/

【2024年最新】ペナン島でおすすめの観光地16選!モデルコースも紹介

コタキナバルのおすすめ人気観光スポット3選

コタキナバルは、マレーシア東部のボルネオ島サバ州にある街。クアラルンプールから国内線で約2時間半でアクセスができ、クアラルンプールの都会からうって変わって南国の大自然を肌で感じられる場所です。世界遺産のキナバル公園や美しいダイビングスポットなど、人気の観光地を要チェック!

キナバル公園

世界遺産の国立公園で大自然を満喫!


photo by Unsplash

キナバル公園は、標高4,095メートルのキナバル山に広がる世界遺産の国立公園。東京23区がすっぽりと収まる約754平方キロメートルの広大な敷地には、何千もの動物や植物が生息しています。その手つかずの美しい自然を感じるために、世界各国から観光客やハイカーが集まっています。


photo by Unsplash

キナバル公園では、標高1,600メートルにある本部を拠点に、トレッキングやガイド・ウォーク、登山を楽しめます。山頂までの登山には、2泊3日以上のスケジュールが必要なほか、ガイドの同行が義務付けられています。

また、山小屋やロッジの事前予約も欠かせないため、個人ではなく旅行会社のツアーに参加するのが安心。コタキナバルならではの大自然の中のトレッキングを、ぜひ楽しんでみてくださいね!

キナバル公園(Kinabalu Park)の基本情報
住所: 89300 Ranau, Sabah, Malaysia
電話:なし
営業時間:8:00~17:00
休業日:なし
アクセス: コタキナバルから車で約2時間30分
料金:保全料:18歳以上 50リンギット(約1,539円)、18歳未満 25リンギット(約769円)
登山料:18歳以上 400リンギット(約12,318円)、18歳未満 200リンギット(約6,159円)
※2023年12月23日のレート、1リンギット=30.80円で計算
公式サイト:https://www.sabahparks.org.my/kinabalu-park

キナバル自然公園はマレーシアにある自然豊かな世界遺産!魅力や行き方などを解説

コタキナバル市立モスク

水面に反射する姿が幻想的なモスク


photo by Unsplash 

コタキナバル国立モスクは、コタキナバルの街の中心地から車で5分ほどの距離にある好アクセスなモスク。白とブルーの装飾が美しく、まるで水に浮いているような外観が幻想的です。夜はライトアップされ、さらに華やかな印象に!


photo by pixabay 

モスク内部と周辺の見学は一般公開されているものの、事前にコタキナバル市モスク観光管理局に登録する必要があります。また、女性は有料のレンタルガウンの着用も義務付けられています。

コタキナバル市立モスク(Kota Kinabalu City Mosque)の基本情報
住所: Jalan Pasir, Jalan Teluk Likas, Kampung Likas, 88400 Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
電話:なし
営業時間:8:00〜12:00、14:00〜15:30、16:00〜17:30
休業日:金曜日
アクセス: コタキナバル中心部から車で約5分
料金:入場料 5リンギット(約153円)、レンタルガウン 10リンギット(約307円)
※2023年12月23日のレート、1リンギット=30.80円で計算

トゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園

5つの島を巡るアイランドホッピングが人気!


photo by pixabay

コタキナバルは透き通る海も有名!トゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園は、サピ島、ガヤ島、マヌカン島、マムティク島、スルグ島という5つの島からなる海洋公園です。コタキナバルから各島までボートで15分ほどでアクセスできることから、複数の島を訪れるアイランドホッピングが人気を集めています。


photo by pixabay

ビーチを彩るのは、さまざまな種類の熱帯魚やサンゴ礁。年末にはジンベイザメが訪れることもあるんだとか!現地で道具のレンタルが可能なので、気軽にシュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティを楽しめるのもうれしいポイントです。

リゾート気分高まるエメラルドグリーンの海と白い砂浜のビーチで、リラクシーなひとときを過ごしてくださいね!

トゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園(Manukan Island)の基本情報
住所: Manukan Island, Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
電話:なし
営業時間:8:00〜17:00
休業日:なし
アクセス: ジェッセルトン ポイントから船で約15分
料金:入島料:18歳以上 25リンギット(約769円)、18歳未満 20リンギット(約615円)
※2023年12月23日のレート、1リンギット=30.80円で計算
公式サイト:https://www.sabahparks.org.my/tunku-abdul-rahman-park

【2023年最新】マレーシア・コタキナバルでおすすめの観光地10選!名所や穴場を厳選

マレーシア観光を楽しむためのポイント

マレーシア観光を楽しむために、事前に知っておきたい情報や注意点をまとめました。ぜひ旅行前にチェックしてみてくださいね。

マレーシア旅行に必要な費用や日数は?


photo by Unsplash

クアラルンプールを中心に巡る3泊5日の滞在で、8万円ほどの費用がかかります。クアラルンプールとコタキナバルなどマレーシア内で複数都市を観光したい場合は、プラスで2万から5万円の予算が必要になります。

【2024年最新】マレーシア旅行3泊5日の費用&予算を解説!安い時期も紹介

マレーシア観光におすすめのベストシーズンは?


photo by Unsplash

クアラルンプールやペナン島などのマレー半島西海岸は、1年を通して旅行を楽しめます。特におすすめの時期は、4月〜9月。雨季のため短時間のスコールはあるものの、雨上がりは気温が下がるため街歩きにはぴったり!

コタキナバルは、比較的穏やかな気候が1年中続きます。キナバル山の登山やビーチでの遊泳は季節を問わず可能です。

マレーシア観光の注意点は?


photo by pixabay

日本のパスポートを保有している場合、90日以内の滞在であればビザは不要です。ただし、パスポートの残存期間が6ヶ月以上であることと帰国便(または次の目的地)の航空券を所持していることが条件です。

また、マレーシアでは観光税がかかるので注意しましょう。外国人が現地に宿泊する場合、1泊1室あたり10リンギット(約307円)が加算されます。

マレーシアの人気観光スポットを満喫しよう

この記事では、マレーシアのおすすめの観光スポットを都市ごとに紹介しました。名所や見どころがいっぱいあるマレーシアでは、効率良く観光もグルメも楽しむのがおすすめです。

ぜひ紹介した観光地を参考に、マレーシア旅行のスケジュールを立ててみてくださいね!

※記事内の金額は2023年12月23日のレート、1リンギット=30.80円で計算しています。

cover photo by Unsplash

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)えらべるメガトク【東京発】 | NEWT(ニュート)

マレーシアの東京発のおすすめツアー

マレーシア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる