NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】マレーシアのコンセントはBFタイプ!変換プラグや電圧などを徹底解説

マレーシア旅行に行く際に確認しておきたいのがコンセントのタイプ。マレーシアのコンセントは、日本のコンセントの形状と異なるBFタイプのため、変換プラグが必要です。また、電圧も異なるため変圧器が必要な場合もあります。 この記事では、マレーシア在住の筆者が、旅行の前に知っておきたい、マレーシアのコンセントや電圧事情を解説します。

ライター
とむにい

マレーシア旅行に行く際に確認しておきたいのがコンセントのタイプ。マレーシアのコンセントは、日本のコンセントの形状と異なるBFタイプのため、変換プラグが必要です。また、電圧も異なるため変圧器が必要な場合もあります。

この記事では、マレーシア在住の筆者が、旅行の前に知っておきたい、マレーシアのコンセントや電圧事情を解説します。

Contents

マレーシアのコンセントの形状はBFタイプが主流

マレーシアのコンセントは、基本的に3つの穴のBFタイプです。海外ではGタイプと呼ばれることもあります。そのため、マレーシアで日本の電化製品を使用する場合は変換プラグが必要です。

他にもマレーシアではB、B3、Cタイプなどのコンセントタイプがありますが、基本的にはBFタイプが主流。ホテルなどにはすべてのタイプに対応しているコンセントが用意されている場合もありますが、マレーシアで過ごす際は、BFタイプの変換プラグを持っておくと安心です。

ただし、変換プラグを使えばすべての電化製品を使用できるというわけではないので、注意しましょう。

マレーシアのコンセントは変換プラグを使用

マレーシアのBFタイプやCタイプのコンセントでは、日本の電化製品のプラグとは形が異なるので、そのままでは使用できません。そのため、日本から変換プラグを持参して、電化製品のプラグにはめ込み、先端の形状をBFタイプやCタイプに変換する必要があります。

変換プラグには、マルチ型と簡易型の2種類がありますが、海外旅行が好きな人にはマルチ型がおすすめ!マルチ型は、1つのアダプターに複数の種類の形状のプラグが備えられているので、BFタイプだけでなく、さまざまな国のコンセントにカスタマイズして使用できます。1つ持っておけば、マレーシア以外の国へ旅行するときも持参できるので便利です。

簡易型は、1つのプラグ形状に対応していて、もとのプラグに差し込むだけで使用できるシンプルなものです。サイズが小さいので持ち運びやすい、値段が安いなどのメリットがありますよ。

変換プラグはどこで買える?

変換プラグは、家電量販店で購入できます。店頭では、さまざまな種類のプラグが豊富に取りそろえられているうえに、欲しいプラグについては店員さんにも相談できるので安心ですよ。価格は、簡易型であれば300円くらいからと手頃なものもあります。

また、ダイソーやセリアなどの100円ショップでも取り扱っている場合があり、格安で購入できます。ただし、クオリティは正規のものよりも多少劣る可能性があるため、注意して選ぶようにしましょう。

マレーシア出発前に変換プラグを忘れてしまった場合は、空港のショップもチェックしてみましょう。空港には家電量販店やトラベル用品店で取り扱っている場合がありますが、価格は通常よりも割高なものが多いので、できるだけ前もって買っておくのがおすすめです。

差し込み口が複数ある電源タップはあると便利

差し込み口が複数ある電源タップは、ホテルにコンセントが1つしかない場合にとても便利!スマートフォンのほかにも、パソコンやカメラなどの電子機器を持ち込む人は、一度に複数の充電ができるのでおすすめですよ。

電源タップを選ぶポイントは、海外のどのコンセントの形状でも使えるよう、プラグが変更できるユニバーサルタイプのものを選ぶことです。また、USBポートが複数ついたものも充電などに便利です。

\おトクなマレーシア旅行をチェック/

マレーシアの電圧は220V!変圧器が必要な場合も

photo by pixabay

マレーシアの電圧は220Vと、日本よりも非常に高いです。日本は100Vと世界で1番低い電圧なので、海外の電圧との差が大きくなることがあります。

マレーシアで日本の電化製品を使用する場合、220~240Vに対応している電化製品以外は、変換プラグにくわえて、変圧器を用意しましょう。220V以上に対応していない電化製品をそのまま使ってしまうと製品の破損や火災の危険性があります。電圧が高い分、感電のリスクも高くなるので要注意!

しかし幅広い電圧に対応できる電化製品であれば、変圧器なしで使用できる場合もあります。ここからは、よく海外旅行で持っていく電化製品ごとに、対応電圧について解説します。

スマートフォン(iPhoneやAndroid)・パソコンは変圧器は必要なし!

photo by pixabay

ほとんどのスマートフォンやパソコンは、世界中で使用できるように、100Vから240Vまでの電圧に適応できる設計になっています。世界中で広く使われているiPhoneもそのひとつです。

旅行前には、製品のラベルやアダプターを確認しておきましょう。INPUT : 100〜240Vと記載されていれば、それはグローバル規格の製品を意味するので、変圧器を持参する必要はありません。基本的に心配はいりませんが、出発前に確認しておけば安心できますよ。

ドライヤー・ヘアアイロンの場合

photo by Unsplash

ドライヤーやヘアアイロンは、消費電力が高いため基本的に変圧器が必要になります。一部、海外で使用できる製品もありますが、日常的に使っているものは非対応のものが多いでしょう。

一般的に、ヘアドライヤーは600〜1200W、ヘアアイロンは150〜240Wと、高い電力を消費する傾向があります。特にヘアドライヤーは、マレーシアなどの国で使用する場合には、大容量の変圧器が必要です。旅行中、大きな変圧器を持ち歩くのは重さもあり不便なので、海外でも使用できるヘアドライヤーを購入するのがおすすめ。

家電量販店などではさまざまな種類の製品が販売されているので、海外使用対応や国内外両用という表示のあるものを探してみましょう。

デジタルカメラなどの撮影機器の場合

photo by Unsplash

一眼レフやミラーレスカメラなど、デジタルカメラ全般の電圧は100Vから240Vに対応しているので、マレーシアで充電する際には変圧器は必要ありません。プラグの変換器は、必要に応じて用意しておきましょう。

まれに100Vにのみ対応しているデジタルカメラなどもあります。デジタルカメラは、旅行を一層楽しいものにしてくれるアイテムですが、高価なものでもあります。誤った充電の方法によって故障してしまわないよう、充電前に対応電圧を確認しておくと安心です。

電化製品の対応電圧の調べ方

photo by pixabay

電化製品の対応電圧を調べるには、製品のラベルやアダプター部分をチェックしましょう。電圧、入力、INPUTなどと書かれている箇所があるので、そこで対応している電圧を確認できます。

もし記載されている電圧が100V~240Vであれば、国際利用に対応している電化製品であるので、マレーシアでも変圧器なしで使用できます。その一方で、100Vと表示されているものは基本的に日本規格の製品で、マレーシアの240Vの電圧には対応していない可能性があるので要注意。その場合は変圧器を用意する必要があります。

出発前に、持参する電化製品の対応電圧を確認しておきましょう。

変圧器を使用する際は消費電力もチェック!

photo by pixabay

変圧器を使用する際には、変圧器の容量が使用する電化製品の消費電力よりも大きいかどうかを確認しましょう。主な電化製品の消費電力の目安は、スマートフォンが10~15W、ヘアアイロンが150W~240W、ドライヤーが600~1200Wです。

総消費電力量が変圧器の容量を超えなければ、電化製品を使用する際に複数の機器を同時に利用できます。一方で、総消費電力量が変圧器の容量を超えてしまった場合、バチっという音とともに電気ショートが起きたり、電化製品が壊れてしまうことがあります。

変圧器を使用すれば絶対に安心、ということはないので、消費電力に見合った変圧器かどうかをしっかり確認するようにしましょう。

変換プラグや変圧器を忘れた場合は?

変換プラグや変圧器を忘れてしまった場合、ホテルでの変換プラグや変圧器の貸し出しサービスがあるかどうかを確認しましょう。日本人宿泊者が多いホテルや高級ホテルなどでは、貸し出しサービスが提供されていることも!conversion plug(コンバージョンプラグ)で伝わりますよ。

さらに、最新のホテルではUSBポートや、マルチ利用できるコンセントが備わっていることがあります。USBポートがあれば、変換プラグなしでスマートフォンなどの電化製品を充電できますが、USBケーブルで接続できない機器や高電圧の電化製品には使用できません。

変換プラグや変圧器が手に入らない場合は、現地の空港や電気屋で購入しましょう。なかでも、MR.D.I.Y(ミスターディーアイワイ)というホームセンターがおすすめ。電化製品や文房具、調理器具や日用雑貨など、さまざまなものがリーズナブルに購入できます。

店舗がたくさんあり、ショッピングモールなどで見かけることも多いので、必要な場合はチェックしてみてくださいね。

マレーシアのコンセントをチェックして快適な旅を

この記事では、マレーシアのコンセントの形状や電圧などについて解説しました。マレーシアは日本のコンセントと異なる形状のため、変換器の使用が必須です。電圧も異なるため、電化製品によってはマレーシアで利用できるように変圧器を準備する必要があります。

事前にコンセントの形状や電圧などを確認して、快適なマレーシア旅行をたのしんでくださいね。

おトクなフライトつきツアーも🛫

記事で紹介したホテルに、フライト(燃油込み)がついたおトクなツアーもあります🙌

NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール【東京発】 | NEWT(ニュート)

マレーシアの東京発のおすすめツアー

マレーシア旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる