NEWTスマートに海外旅行
無料アプリでひらく

【2024年最新】アメリカ・シカゴの治安は?危険な地域や注意すべき犯罪を解説

アートと音楽の街として有名なシカゴですが、ダウンタウンより南側のエリアは治安が悪いと言われています。近年はシカゴ中心部の治安も悪化傾向にあるため、観光時は周囲への警戒を怠らないことが大切です。今回は人気の観光地であるアメリカ・シカゴの治安について、夜の様子や治安の悪い場所、女性が気を付けたいポイントなど知っておきたい情報を紹介します。シカゴ旅行に訪れる際は、ぜひ参考にしてくださいね。

ライター
NEWT編集部

アートと音楽の街として有名なシカゴですが、ダウンタウンより南側のエリアは治安が悪いと言われています。近年はシカゴ中心部の治安も悪化傾向にあるため、観光時は周囲への警戒を怠らないことが大切です。

今回は人気の観光地であるアメリカ・シカゴの治安について、夜の様子や治安の悪い場所、女性が気を付けたいポイントなど知っておきたい情報を紹介します。シカゴ旅行に訪れる際は、ぜひ参考にしてくださいね。

Contents

シカゴの治安はいい?悪い?

photo by pixabay

シカゴは日本人在住者も多い都市ですが、市内の治安情勢は近年悪化している傾向にあります。2022年の犯罪件数は過去5年間で最悪となり、窃盗や自動車窃盗の被害が増加しています。

特にミレニアムパークやシカゴ美術館などがあるシカゴ市内は、急激に治安が悪化しているエリアです。過去には銃による発砲事件も報告されているため、観光時は十分注意してください。

日中であれば比較的安全に観光できますが、夜の時間帯は犯罪率が高くなるため、男性でも女性でもひとり歩きは避けるようにしましょう。

今回の記事では、シカゴの夜の様子や治安の悪い場所、観光客が被害に遭いやすい犯罪などを紹介します。簡単にできる防犯対策や緊急連絡先も解説するので、ぜひ最後まで確認してみてくださいね。

シカゴの夜の治安は?

photo by Unsplash

シカゴにはおしゃれなレストランやバーも多いため、夜間に外出する方も多いかもしれません。しかし、街灯が消えて暗くなる深夜や早朝の時間帯は、その分危険率も高くなります。

ディナーや買い物などで外出する際は、どんな場所でもひとり歩きは避け、複数人で行動することが大切です。

特に女性は狙われやすい傾向にあるため、夜間の外出はなるべく控えてください。不審者に声をかけられても絶対についていかず、危険を感じたら大声を出して周囲に助けを求めましょう。

シカゴで治安が悪いとされる要注意エリア・スポット

つづいて、シカゴで治安が悪いとされる要注意エリアやスポットを解説します。観光ではあまり立ち寄ることのない場所ですが、誤って足を踏み入れないよう注意してくださいね。

①地下鉄・ハワード駅(Howard)周辺には立ち寄らない

Howard by TheeErin is licensed under CC BY-SA 2.0

シカゴ観光で地下鉄を使用する方も多いと思いますが、Red LineのHoward(ハワード)駅周辺には立ち寄らないよう注意が必要です。シカゴでもっとも治安が悪いとも言われており、強盗やスリなどの窃盗事件が多発しています。

地元ギャングも多く活動しており、不用意に近づくと傷害事件に巻き込まれる危険性も。間違えてもハワード駅で構内から出るのは避け、乗り継ぎ程度の利用にとどめてください。

②Washington Park(ワシントンパーク)では暴力犯罪が多発!

20230304 02 Washington Square Park, Chicago by David Wilson is licensed under CC BY 2.0

地元民の散歩エリアともなっているWashington Park(ワシントンパーク)ですが、シカゴの中でも治安の悪い場所として知られています。銃による傷害事件や麻薬売買、売春といった凶悪犯罪が横行しており、興味本位で歩くのはおすすめできません。

車の盗難や車上荒らしなどの犯罪も報告されているため、徒歩はもちろん、車で立ち寄るのも避けるのが無難です。周辺に用事がある場合は、タクシーや配車アプリなど安全な方法で移動すると良いでしょう。

③Englewood(エングルウッド)周辺の徒歩移動は避けて

Boarded-up Building, Englewood #1 by artistmac is licensed under CC BY-SA 2.0

Englewood(エングルウッド)は、MLBシカゴ・ホワイトソックスの本拠地球場から少し南側に広がるエリアです。ほかの地域に比べて貧困率が高く、麻薬売買や売春、銃撃事件などの凶悪事件が多発しています。

駅の雰囲気もほかとは違うため、エングルウッド付近で下車するのは避けるようにしてください。観光地も少ないため立ち寄る機会はないと思いますが、念のため名前だけでも覚えておきましょう。

シカゴで観光客が被害にあいやすい犯罪は?

シカゴで観光客が被害に遭いやすい犯罪としては、スリ・置き引きやスキミングなどが挙げられます。特に空港や繁華街などでの被害が報告されているので、周囲に警戒しながら観光すると良いでしょう。

また、近年では強姦犯罪も増加傾向にあるため、女性のひとり歩きには十分注意が必要です。ここからは、観光客が気を付けたい犯罪について詳しく解説します。

①空港や観光地でのスリ・置き引き・ひったくり

photo by Unsplash

空港や観光地など人が多い場所では、スリや置き引き、ひったくりに注意しましょう。近年では複数人で犯行に及ぶケースも多いため、親切そうな人に声をかけられても油断は禁物です。

開きっぱなしのカバンや後ろポケットに入れたスマートフォンは特に狙われやすいため、移動時はチャック付きのカバンに入れることをおすすめします。

②クレジットカードのスキミング

photo by pixabay ※画像はイメージです

シカゴではキャッシュレス化が進んでいますが、その分カード情報が盗まれる事案が多数発生しています。完全に防ぐことは難しいですが、クレジットカードを利用する際は情報漏洩を防ぐよう対策することが大切です。

飲食店で暗証番号を入力する際は周囲から見えないようにする、ネットでツアーを予約する際は公式サイトを利用するなど、基本的なことを心がけましょう。

②強姦犯罪は近年増加傾向に

シカゴでの強姦犯罪は近年増加傾向にあり、日本人の女性が狙われる可能性も否定できません。夜間に出歩いていると声をかけられ、無理やり連れていかれるケースもあるでしょう。

被害に遭わないためにも、決してひとりでは出歩かず、移動時はタクシーや配車アプリを使うのがおすすめです。ただし、これらの移動手段も完全に安全とは言い切れないため、後部座席に乗る、地図で走行ルートを確認するなど、対策を講じてくださいね。

シカゴで被害にあわないための防犯対策

ここからは、シカゴで犯罪被害に遭わないための防犯対策を5つご紹介します。シカゴ旅行を安全に楽しむためにも、ぜひ最後まで確認してみてくださいね。

①貴重品はできるだけ持ち歩かない

photo by pixabay ※画像はイメージです

スリやひったくり被害を防止するためにも、貴重品はできるだけ持ち歩かないのがおすすめです。シカゴではキャッシュレス支払いが主流のため、多額の現金を持ち歩く必要もありません。

パスポートや現金などはホテルのセーフティーボックスに入れ、最低限の荷物で観光を楽しみましょう。そのほか、貴重品関連で気を付けたいポイントとしては下記が挙げられます。

  • 現金は複数の財布やポケットに分散して持つ
  • 派手な服装は避け、金品を人前で見せない
  • 財布はズボンの後ろポケットに入れない
  • 人混みではカバンを身体の前で持つ
  • レストランやホテルでは、短時間であっても荷物から目を離さない

どれも簡単にできる対策ばかりなので、しっかり頭に入れておいてくださいね。

②深夜・早朝のひとり歩きは避ける!女性は特に注意

photo by Unsplash ※画像はイメージです

人通りが少なくなる深夜や早朝は、被害に遭っても助けを呼びづらいため、危険度が高まります。たとえホテルから近い場所であっても、薄暗い時間帯のひとり歩きは避けるようにしましょう。特に女性の場合は犯罪に巻き込まれやすいため、人目につかない路地裏や街灯のない場所は通行しないようにしてください。

③歩きスマホ時は周囲に気を配る

photo by Unsplash ※画像はイメージです

音楽を聴いていたり、ながらスマホをしていたりすると、周囲への注意力が散漫になり犯罪被害に遭いやすくなります。気づかないうちにスリグループに囲まれていたということにもなりかねないため、十分注意が必要です。

携帯で調べものをする際は、商業施設やレストラン内に移動してからにすると安心と言えるでしょう。

④犯罪に巻き込まれても抵抗しない

photo by Unsplash ※画像はイメージです

シカゴで犯罪に巻き込まれた際は、無理に犯人を追いかけたり、抵抗したりするのは絶対に控えましょう。かえって犯人を刺激してしまい、命に関わる恐れもあります。

特に、強盗犯罪の場合は犯人が銃を所持している危険もあるため、おとなしく指示に従うのが基本です。身の安全を確保できたら、犯人の特徴や被害状況を警察に通報してくださいね。

⑤安全性の高いホテルを選ぶ

photo by Unsplash ※画像はイメージです

シカゴでは、ホテルでの置き引きやスリ被害も報告されているため、多少費用が高くても良いホテルに宿泊するのがおすすめです。治安の良いエリアのホテルを選ぶことはもちろん、周囲の犯罪状況や口コミも確認しておきましょう。

従業員との盗難トラブルも少なくないため、貴重品は必ず金庫に入れ、目につく場所に置かないよう注意してください。また、万が一の時に備えて、部屋に近い非常口や避難経路を確認しておくことも大切です。

日本総領事館発行の「安全の手引き」も確認しよう

在シカゴ日本国総領事館では、毎年安全の手引きを発行しており、ホームページから無料で閲覧できます。主にシカゴ在住者を対象とした資料ですが、注意すべき犯罪や防犯対策などが記載されており、旅行者にも役立つ情報が満載です。緊急時の連絡先も載っているので、渡航前に確認するようにしましょう

もしシカゴで犯罪の被害にあってしまった時の連絡先

最後に、シカゴで犯罪被害に遭ってしまった時の連絡先をご紹介します。海外旅行中に電話を掛けられない場合は、ホテルで電話を借りるか、直接警察署や領事館へ足を運ぶようにしてくださいね。

緊急通報先

Chicago Police Cruiser 7210 by vxla is licensed under CC BY 2.0 DEED

シカゴで犯罪被害に遭った時は、911で連絡できます。警察のほか、消防や救急車も同じ番号でつながるため事前に覚えておくと安心です。緊急時は911に連絡するとオペレーターが出るので、事情を説明してください。ジャパニーズ・プリーズと言えば日本語通訳につないでもらえます。

盗難や置き引きなど緊急事案でない場合は、最寄りの警察署に足を運び、ポリスレポートを発行してもらいましょう。緊急時以外の各警察の連絡先は下記の通りなので、念のためチェックしておいてくださいね。

  • シカゴ市警察:312-744-4000
  • シャンバーグ警察:847-895-4500
  • アーリントンハイツ警察:847-368-5300
  • ホフマンエステイツ警察:847-781-2800 

在シカゴ日本国総領事館

シカゴで思わぬ犯罪に遭って困っている場合は、在シカゴ日本国総領事館に相談するのもひとつの方法です。総領事館に連絡すれば、警察への届け出が難しい場合や盗難被害に遭った場合に必要なサポートを受けられます。

特にパスポートの盗難や紛失被害に遭った場合は、紛失一般旅券等届出書や帰国のための渡航書などの発行手続きを行ってくれます(要手数料)。総領事館へは直接足を運ぶか、電話にて連絡が可能です。詳しくは在シカゴ日本国総領事館の公式サイトを参照してください。

在シカゴ日本国総領事館の基本情報

住所

Consulate-General of Japan,Olympia Centre, Suite 1100,737 North Michigan Avenue,Chicago, IL 60611

電話

312-280-0400(24時間対応)

※土曜・日曜・祝日、平日の夜間は、音声案内での操作後に緊急電話受付につながります

メールアドレス

ryoji1@cg.mofa.go.jp

営業時間

9:30~16:00 (12:15~13:15は受付不可)

休業日

土曜・日曜・祝日

公式サイト

https://www.chicago.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

治安情報をチェックしてシカゴ旅行を楽しもう!

アメリカ・シカゴの治安は年々悪化しており、観光時はスリやひったくり、置き引きなどの軽犯罪に注意が必要です。女性の場合は、夜のひとり歩き、薄暗い路地、観光客が少ないローカルエリアは避けると安心でしょう。

犯罪に巻き込まれないためには、歩きスマホはしない、カバンを前にかけておくなど、自分自身で対策することがポイントです。渡航前のホテル選びも慎重にしておくと、より安全に滞在できますよ。日本とは異なる文化や風習の国に来ていることを意識して、シカゴ旅行を楽しんでくださいね!

 

※治安は地域によっては短期間で変動する場合もあるため、渡航の際には必ず最新情報をお調べください

cover photo by Unsplash

 

NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)NEWT FES 2周年メガセール FINAL【東京発】 | NEWT(ニュート)

アメリカの東京発のおすすめツアー

アメリカ旅行におすすめのホテル

\ 海外旅行のご相談はこちらから️/

LINE
公式LINEアカウント

おトクな海外旅行キャンペーンなどをどこよりも早くお届けします。海外旅行のご相談も受付中です。

海外旅行の情報をお届け✈️

InstagramやXでは、海外旅行の情報を毎日投稿しています。ぜひチェックしてみてください✨

NEWT公式InstagramをみるNEWT公式Xをみる

ほかエリアの旅行・ツアー情報